スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

むぎきり庄内のゲソ天麦切り (本町@仙台)

カテゴリー: 外食:うどん

 今回も長い前振りになります。お急ぎの方は飛ばして下さい。

 


 

  山形県の庄内地方をドライブしたことのある方は麦切り(むぎきり)と書かれた看板を目にしたことがあると思います。鶴岡から湯野浜に行く途中の善宝寺周辺にはむぎきりとはなんぞやという問いかけ看板もあり、気になって引き返した方もおられるのではないでしょうか。実は自分もその一人で善宝寺の龍宮というお店に引き込まれてしまいました。^^

 

 では、麦切りとは一体何でしょう。端的に言うと手打ちうどんです。かつて、蕎麦もそば切りと呼ばれており、小麦粉で作る切り麺を麦切りと言っていました。さらに、茹でた麺を熱いまま食べるのを熱麦(あつむぎ)、水で冷やして食べるのを冷麦(ひやむぎ)と呼んでいました。現在の冷や麦はその流れです。

 

 それでは、なぜ庄内地方だけに麦切りという言葉が残ったのでしょうか。これには稲庭うどんの存在が関係しているらしいのです。稲庭うどんは以前、その製法を説明しましたように、素麺の流れを汲む手延べ麺です。素麺の歴史は古く、室町時代には盛んに作られ三輪(奈良)や播州(兵庫)など、産地間で品質を競うようになっています。その製法が安土桃山時代(慶長年間)に秋田にも移転されましたが、素麺よりも同じ製法の稲庭干しうどんの方がすっかり有名になり、江戸時代には秋田藩の御用品になっています。

 

 稲庭に近い庄内地方では現在でもうどんというと乾麺のことで、手打ちのうどんを冷やして食べる麦切りと区別しているようです。つまり、稲庭うどんによって麦切りという名称が温存された珍しいケースと言えるのではないでしょうか。ただし、近年では麦切りを鶴岡の特産品として売り出すべく乾麺の麦切りも作られるようになりました。

 


 


 さて、この庄内特産の麦切りが実は仙台でも食べられるのです。ニシンの山椒漬けの記事にコメント戴いたkurokuroさんのブログに紹介してありましたむぎきり庄内に行ってきました。


 むぎきり庄内、、、まんまの店名ですね。^^
mugi1.jpgmugi2.jpg
 相当人気があるらしく、正午過ぎは掘り炬燵式のテーブルがほぼ満席。時間をおいて出直しました。12時半頃になると空席が出始めます。

  

 

 あ、山形県人がこよなく愛するげそ天もあるじゃないですか。げそ天むぎきりで決まりです。
mugi4.jpg
 かなり麺量もありますね。これも麺食いの山形県人好みでいい感じ。

 

 

 麺はやや平打ちで、厚さ幅とも一定ではない乱切りです。
mugi5.jpg
 見た目よりコシがありますが、讃岐のようなごつさはなく、口当たりは非常に滑らかです。そうそう、先日食べた稲庭うどんのふし麺の感じかな。

 

 

 げそ天も大盛りです。これで中ジョッキ2杯は飲めますよ。^^  残念ピンボケ~ mugi6.jpg
 このげそ天、山形で食べてきたのよりずっと美味しい。山形では巡り合わせが悪かったのか、衣がガリガリのしか食べたことがことがなかったので、この軽い衣で柔らかなイカのげそ天が別の食べ物のように感じました。

 

 これから猛暑に突入する予報ですが、このげそ天麦切りは強い味方です。

 

 
 むぎきり庄内

  • 所在地  :仙台市青葉区本町3-6-17勾当台さのやビル2F
  •  電 話      :022-216-8763
  • 営業時間 :11:30~14:00 17:30~23:00
  • 定休日      :日・祝日
  • 駐車場      :なし


            ←   ご声援よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へにほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ                           
スポンサーサイト

はなまるうどんのぶっかけ (幸町@仙台)

カテゴリー: 外食:うどん

 苦手なもの、、、甘い物、冷やし中華、ファストフード。
ただ、日本で古くから根付いているファストフードは別です。

 


 

 学生時代、毎年、香川県に行ってました。讃岐うどんが目的ではありませんでしたが、当然、毎日1~2杯は食べていました。その頃は、まだ讃岐うどんのブームが起きる前で関東以北では本物の讃岐うどんを食べさせる店はほとんどありませんでした。そこで、香川滞在中はこの時ばかりと貪ってくるのです。


 まだ、四国に渡る橋もなく、金もないので飛行機にも乗れず、岡山県の宇野から宇高連絡船に乗るのですが、この船の中にある立ち食いうどんがバリバリの讃岐うどんで高松に着くのを待ちきれず、すすってしまうのでした。


 高松市街地のうどん屋さんはともかく、少し郊外に行くとカウンターに並んだトッピングを選び、麺の量や冷・熱を指定して自分で席に運ぶスタイルが一般的で、いわゆるファストフード店形式のお店が多くなります。中には自分で麺を湯がいて、湯切りしなければならないお店もあります。初めて入った時は勝手がわからず、固まっているとすかさず地元の方の指導が入りました。

 


 

 

 さて、本題に入りますが、幸町の大型店舗に讃岐形式でうどんを食べさせる店があるとの情報をもらいましたので、行って参りました。

 

 

 全国チェーンのはなまるうどんです。見るからにファストフードしてます。
hana1.jpg

 天ぷらの品揃えが豊富で、おにぎりや稲荷寿司もあります。カウンターにおぼんを乗せて、まず、天ぷらをチョイスします。カウンター沿いに動いて、次にうどんの種類とサイズを指定して、全部揃ったら、カウンターの終点のレジで料金を払います。

 

 

 冷ぶっかけ(中)に天ぷら2品を付けました。
hana2.jpg
 ぶっかけは中サイズで399円。ところが、温玉(温泉玉子)が乗ったぶっかけもきつねうどんもかま玉も同じ399円でした。もう少し、探索してから注文すればよかったかな。

 


 うどんは茹で立てではないようですが、時間は経っておらず、コシと弾力は讃岐そのもの。
hana3.jpg

 


 懐かしい半熟玉子の天ぷら(95円)もありました。げそ天(126円)もでかい。
hama4.jpg

 

 

 

 大型量販店の中にある全国チェーンのファストフード。普段なら滅多に近寄らないジャンルですが、讃岐うどんに関しては上記の理由により例外です。^^

 

 


 はなまるうどん(仙台幸町店)

  • 所在地  :仙台市宮城野区幸町5-10-1
  • 電話        :022-292-0087
  • 営業時間 :9:00~23:00
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :あり


 

 

                ←   こちらもよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へにほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ                         

【大郷町】さぬき一代のぶっかけ

カテゴリー: 外食:うどん

 宮城県内にも本格的な讃岐うどんを食べさせてくれるお店がかなり増えてきました。一時のブームも手伝ったのでしょうが、讃岐うどんフリークの自分には有り難い限りです。なにせ、学生時代には年に1回香川に行って、毎日讃岐うどんを頬張ってましたから。^^



 ただ、ここのお店はちょっと変わってます。大郷にあるさぬき一代です。
sanuki1.5.jpgsanuki1.jpg

 三陸道の松島大郷インターから西へ1Kmほど走ったところにあります。交差点の角の広いコンビニの敷地内にありますが、コンビニに隠れて通りからは見えません。屋根の上の看板にはうどんとしか書いてありませんが、地域団体商標に登録されたのでしょうか? それとも、以前からこうだったかな。



 メニューには冷・温6種類づつありますが、やはり、さぬきはぶっかけでしょう。さぬきのサイドメニューといえば、いなりです。
sanuki2.jpgsanuki3.jpg
 メニューはクリックすると拡大します。実はここのカレーうどんは人気があります。ま、これは冬になってからのお楽しみ。

 


 今日はきつねぶっかけを頼みました。
sanuki4.jpg
 きつねは甘辛く炊いてあります。どちらかというと、焙って刻んだきざみの方が好きなんですが。



 あれ、なんか麺がまた細くなっているんですが・・・
sanuki5.jpg
 ここのうどんは本場の讃岐と比べて、元々、細めだったのですが、さらに一段と細くなり、極太のラーメンくらいの太さに近づきつつあります。つゆもかなり色が濃く、段々みちのくに馴化しているみたいです。

 ご主人は讃岐で修行された方なんですが、おそらく、場所が場所だけに地元の方の好みが優先され、本物を貫くことが難しくなっているのかも知れません。ま、これはこれで美味しいのですが。



 ここのいなりはお得です。2個でたったの150円。
sanuki6.jpgsanuki7.jpg
 しかも、片方は裏詰めですし、中の寿司飯にも人参、椎茸、レンコンと具もたっぷり。



 冷たいうどんにはスダチの絞り汁を付けてくれます。途中で味変を楽しめます。揚げ玉サービスもありますよ。
sanuki8.jpgsanuki9.jpg

 スダチ果汁100%の小瓶は店内でも買えますよ(400円)。そうそう、前から気になってたのですが、この店たぬきがないんです。これを使って勝手にたぬきぶっかけやたぬきうどんにしてもいいのだろうか?^^




 どんどん、変化をしているさぬき一代ですが、独自のうどんの領域に到達するかも知れません。少なくとも、現段階でも香川の人がここのうどんをさぬきうどんとして認めるか怪しくなってます。十分に美味しいのだから大郷うどんとでもして旗揚げしたらどうでしょう。




  さぬき一代

  • 所在地  :宮城県大郷町川内字中t卆山37-4
  • 電話        :022-359-5556
  • 営業時間 :11:00~15:00
  • 定休日    :水曜日(祝日の場合は翌日)
  • 駐車場    :あり(10台以上)



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ          ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
    

むら泉の讃岐うどん(寺岡@仙台)

カテゴリー: 外食:うどん

 泉区寺岡の住宅地の中に普通の住宅を改装した讃岐うどん屋さんがあります。讃岐うどんフリークの間では有名なむら泉に行ってきました。讃岐うどんの本場香川県出身のご主人が自家製麺をオーダーが入ってから茹でてくれるそうです。



 本当に普通の住宅でした。玄関に土足ままお上がり下さいと書いてありましたが、ためらってしまいます。
murasen1.jpgmurasen2.jpg

 駐車スペースは4台分だけなので、休日の昼食時はすぐ埋まってしまうでしょうね。店内ではご主人を含めて3人のスタッフが働いておりました。

 


 広めのをダイニングを改装した店内、右手のカウンターの奥が厨房となります。
murasen3.jpg
 さすがに平日の12時直前には、まだお客さんはいませんでした。テーブルが5卓にカウンターに4席位でしょうか。接客担当の女性の方は説明が丁寧でテキパキとした気持ちの良い対応です。

 


 うどんは注文後に茹でるため、15分くらいかかるそうです。その間、前菜を摘んで楽しみながら待って下さいという計らいでしょう。嬉しいですねぇ。^^
murasen4.jpg

  

 左からオクラの胡麻和え、大根の漬け物、讃岐名物のしょうゆ豆。
murasen5.jpgmurasen6.jpgmurasen7.jpg

 しょうゆ豆は空豆を炒って、醤油・砂糖・唐辛子の調味液に漬け込んだ物だそうで皮ごと食べられます。甘塩っぱい味が癖になりそうです。これは店内でも550円(500g)で販売されていました。

 


  初めてのお店なので基本の冷やで様子を見ます。
murasen9.jpg

 これはおろししょうゆうどん(680円)なのですが、半熟揚げ卵が標準装備されています。お得ですよね。メニューにはあったかいうどん13品、冷たいうどん9品がありました。一番高い天ぷら付きの釜揚げやざるうどんでも1100円です。

 


 レモンを搾って、右上のつゆをかけながら頂きます。
murasen8.jpg

 店員さんが「一遍にかけないで、加減しながら使って下さい。」と注意を促していました。かけてみて納得、これは通常のぶっかけのつゆよりかなり塩っぱく、ダシが少し入った醤油みたいです。おそらく、全部一遍にかけたら食べられなくなるでしょう。そうなんです。これはぶっかけではなく、しょうゆうどんなんです。生醤油うどんのつもりで取り扱う必要があります。


 うどんは噂通り、シコシコ、ツルツルで噛もうとするとツルリと逃げますよ。うどんの活きのよさを感じます。やはり、美味しいうどんは冷やですね。

 


 こちらは同僚が頼んだぶっかけとろろうどん(780円)。
murasen10.jpg
 生卵、削り節、揚げ玉、海苔、青葱、白胡麻の下にとろろが隠れています。今まで食べた讃岐うどんの中で一番美味いと申しておりました。

 


 讃岐うどんのお供はやはり竹輪天でしょう。こんなに大きくてもたったの100円です。♪
murasen11.jpg

 この竹輪はすごい、いつも食べている物よりフワッとしていています。トッピング用の揚げ物は他にも揚げ餅、半熟卵天、はらんぼ天等があります。はらんぼとは瀬戸内海で良く取れるホタルジャコという小魚、これで作った宇和島のじゃこ天が有名です。素朴なやや色黒の薄い薩摩揚げです。

 


 限定15食のカレーうどんもそそられますなぁ~。冬になったら来てみますか。しょうゆ豆の他にはらんぼ天も販売してくれてます。
murasen12.jpgmurasen15.jpg

 いやぁ~美味かった。香川に行かなくても讃岐うどんの茹で立てが食べられるのは嬉しい限りです。セットメニューも3種類があり、ご飯物との組み合わせが頂けます。ビールは置いてあるみたいなので前菜で飲んでみたいなぁ。誰かに運転させて。^^

 



 讃岐うどん むら泉

  • 所在地  :仙台市泉区寺岡6-14-2
  • 電話        :022-378-3329
  • 営業時間 :11:00~15:00 17:30~20:00
  • 定休日    :月曜(祝日の場合は火曜)
  • 駐車場    :あり4台

 

 



 おまけです。むら泉の全メニュー(2007.10現在)
murasen13.jpgmurasen14.jpg



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ          ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
 


青そ麦きりと玄そばの合い盛り(木町通@仙台)

カテゴリー: 外食:うどん

 よく山形の蕎麦屋さんで合い盛りというのを見かけます。大抵は蕎麦麦きりを併せ盛りにしたものです。麦切りとは山形、特に庄内地方でいううどんのことで、なぜこのように呼ぶのかは以前に考察してみました(関連記事)。

 

 今日はただの麦切りではなく、青そ(青苧)と呼ばれる植物を練り込んだものに初挑戦です。青そは標準和名ではカラムシといい、山菜として利用されるアイコ(ミヤマイラクサ)と同じイラクサ科に属します。古くから植物繊維をとるために栽培されてきました。山形では江戸時代より米沢藩の特産品として市場に出されおりますが、上杉鷹山公は、単なる、原料生産にとどまらず、織物加工業を興して藩財政を助けています。これが有名な米沢織りとなって現代にも伝えられています。

 

 この青そには、ガンや糖尿病を予防する抗酸化物質であるポリフェノールを多く含んでいることが判り、現在の産地である南陽市ではこれを用いた食品開発を行っています。

 

 さて、前置きが長くなりましたが、地下鉄北四番丁駅のそばにある麺処桂苑でこの青そ麦きりを頂きます。このお店は麺diningとか麺カフェとか冠が付きますが、基本は山形系の蕎麦と麦きりのお店です。夜はこだわり料理でお酒も飲めます。

 


 

 北四番丁の桂苑(かつらえん)です。蕎麦や麦きりをモダンで洒落た食環境で楽しめます。
katura1.jpgkatura2.jpg
 黒を基調としたシックな店構え、青そ麦きりを宣伝していますね。


 

 

 店内はこんな感じで、和と洋をうまく組み合わせています。
katura4.jpg
 女性の店員さんが、これまた清楚で上品で、こちらも身を正さないといけなくなります。^^

 

 

 

 名物の青そ麦きりの他にも、美味しそうな出羽かおりの玄そばもあります。ここで悩む・・・
katura5.jpgkatura6.jpg
 蕎麦は挽きぐるみの手打ち十割で数量限定となっています。初志が崩れ始めた頃、メニューをさらに注視すると、合い盛りの文字が。助かりました。これでどちらも頂けます。


 

 

 

 青そ麦きり玄そば合い盛りです。つゆは別々になってます。
katura7.jpg
 山葵はおろし立てですね。小鉢も付いています。


 

 

 

 青そ麦切りは想像していたより、かなり細めです。この写真は緑がきれいに出ていません。
katura9.jpg
 うどんと言うより蕎麦の細さです。宣伝のとおりつるっとしこしこの絶品です。これは、麦きり本体がかなり美味しいです。青その香りはよくわかりませんでした。


 

 

 

 この玄そばは、はっきり言ってすごいです。十割なので蕎麦の角がキリッと立っています。
katura8.jpg

 蕎麦はやや短めですが、歯応えが最高、噛みしめる度に蕎麦の味と香りが湧いてきます。


 

 

 

 麦きり用のつゆ(右)はやや味が淡く、紫蘇のような爽やかな香りがします。一方、蕎麦用のつゆ(左)はキリッと醤油が効いて、かなり味が濃いめです。
katura11.jpgkatura10.jpg

 頃合いを見計らって蕎麦湯が届けられます。トロッと白濁した蕎麦エキスたっぷりの蕎麦湯でした。小鉢は青菜ともやしの胡麻和えですが、もしかしたら、これにえごまが使われているのかも知れません。

 

  


  

 ランチタイムには蕎麦・麦きりとビーフカレーを組み合わせたセット880円があり、よく出ています。この店のもう一つの名物にえごまラーメンというのがあります。大変気になりますが、これは次回のお楽しみ。


 

 麺dining 桂苑


  • 仙台市青葉区木町通2-1-55 第八丸昌興業ビル1階 
  • 022-718-8476 
  • 11:00~22:00
  • 第1・3水曜日 
  • なし

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。