スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

山形手打ちそば 伴次郎(利府@宮城)

カテゴリー: 外食:蕎麦

 仙台から石巻に向かう通称「利府街道」の菅谷に以前から気になるそば屋さんがあります。普通の民家に「山形手打ちそば」の手作り看板。以前は確か、山形は大石田そば街道の「次年子そば」の看板だったはず。「次年子そば」も地域団体商標登録されたのかな?


banjiro1
 本日、リサーチしました。店内は山形の田舎そば屋の雰囲気で農家の座敷風。八割そばと十割そばがあり、量は五段階(普通270g、大盛400g、特盛540g、超特670g、超々特810g)にチョイスできる仕組み。


 木耳の浸し物が最初に出てくるところが次年子風? banjiro2



 田舎そば(八割そば)大盛400g 880円を頼みました。 20070327223728.jpg
20070327223803.jpg


  

  八割でも十分アゴが疲れる位の硬さと太さで満足感はありました。今度は十割に挑戦してみます。 天ぷらやワラビなどのサイドメニューやランチタイム(平日12:00~14:30)の定食もあります。



 

  山形手打ちそば 伴次郎



  • 所在地    :宮城県宮城郡利府町菅谷字東浦12-1  
  • TEL    :022-356-3717   
  • 営業時間 :11:30~15:30 11:30~20:00(休日)
  • 定休日   :水曜日
  • 駐車場    :あり(6台)



         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト

駒のそば定食(千厩@岩手)

カテゴリー: 外食:蕎麦

 先日、国道284号を気仙沼に向けて車を走らせていた時、ちょうど岩手県の千厩町でお昼になりました。確か、ここを過ぎると気仙沼まで町らしい町はないはず。どこか食事をとれる所はないかとスピードを落として探しましたが、意外にない!このままでは町を外れてしまうと思った時、前方に「とんかつ」の文字が。さらに近づくと「てんぷら」や「そば」とも書いてある。とどめは「コーヒー」、ありゃ~“何でも食堂”で美味かった例しがないんだよなぁ~と思いつつも車を止めてしまいました。

  
koma1.jpg

まだ、時間も早かったためか、お客さんも少なく店内は疎らです。みなさん、天丼や天ザルを注文している所を見ると天ぷらの美味い店らしい。しかし、メニューを見るとトンカツが筆頭みたい。何でも、「どっちの料理ショー」でも紹介されたハーブ豚を使用しているとのこと。う~ん、惹かれるけど今日はちょっと重く感じるなぁ。  


で、結局、迷った挙げ句「そば定食」830円に決めました。しばらくすると、提灯が登場。

koma2.jpg


 よくそば屋さんのセットメニューで見られるやつですね。下段がそばで上段が弁当やカツ重とかの。  


 おおっ、結構美味そうです。

koma3.jpg


  鶏の唐揚げと串カツは揚げたてでアツアツ、そばも茹でたて、汁もダシがよく効いてます。ボリュームも十分で満足できました。


 ところで、千厩町(せんまやちょう)は、岩手県の南に位置していた町ですが、2005年に合併し、新たな一関市の一地域となりました。  千厩町の「厩」は馬小屋のことで、この地では「まや」と呼びます。奥州藤原氏が全盛の頃、厩を数多く造って馬を育てたとされています。源義経の愛馬「大夫黒」もこの地で生まれたとされ、顕彰碑も建立されています。



 和風レストラン駒 

  • 所在地  :岩手県一関市千厩町千厩字下駒場159
  • 電話 :0191-52-3339
  • 営業時間 :11時~20時
  • 定休日 :未確認
  • 駐車場 :あり(結構広いです)



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ                                    ←   こちらもよろしくお願いします。
FC2blogランキング 人気blogランキング

冷やし肉そば まるきや(西川町@山形)

カテゴリー: 外食:蕎麦

山形食い道楽紀行 その1  


 連休中に親子孫三世代で山形美味いものツアーに行ってきました。記事ネタを色々仕入れてきましたので、5回に分けてご報告します。  

 仙台から東北道と山形道を乗り継いで山形県は西川町にやって参りました。連休中でも道路はあまり混んでなく、1時間弱で西川インターに着きました。西川町は月山麓の町で、山菜料理の「出羽屋」や「玉貴」が有名ですが、今日はお蕎麦を頂きます。


 西川町内にも10軒ほどの蕎麦処がありますが、冷たい肉そばが看板のまるきやさんが目的地です。遠くからでもこの登り旗がよく見えました。
marukiya1.jpgmarukiya2.jpg
 

 何か良い感じのする玄関です。
marukiya3.jpg


  そばやさんにしてはあまり品数が多い方ではないですね。
marukiya4.jpg

 そば・うどんの他に中華そばもあって、そそられたのですが、今回は初志貫徹で冷たい肉そばです。品書きには「冷たい」と書いてありませんが、肉そばと山菜そばは冷たくできるのだそうです。肉とありますが、鶏肉です。ただ、「山菜とりそば」は最初からとりと書いてありますね??

 

 冷たい肉そばです。思ったよりシンプルですが、鶏肉は多めでちと嬉しい。
marukiya5.jpg

 汁は程よい冷たさで鶏のダシが濃厚に出ています。そばは山形としては色白の柔らかめでボクボクとした感じはありません。  


 程よく味付けしてある鶏肉ですが、かなり硬いです。  なるほど、確かに宣伝どおり「かむ程に味のでるとり肉」です。ダシのよく出る老鶏を丸で仕入れているのでしょうか。
marukiya6.jpg

 

  爺さまの頼んだ「ざるそば」と婆さまの「暖かい山菜そば」です。
marukiya8.jpgmarukiya7.jpg

  「ざるそば」といっても皿で出てきました。「山菜そば」の山菜は、ワラビ、山ウド、コゴミ、ナメコとたっぷり。ナメコ以外はこの季節、採り立てです。

 

  西川町に隣接する大江町を通過した時、「日本一」の登り旗に釣られて立ち寄った楯山公園です。
tateyama0.jpg

 

  確かに日本一というだけに、ここからの最上川は絶景でした。
tateyama1.jpgtateyama2.jpg
 カメラがいまいちなので迫力ある最上川のV字型の流れがわかりますでしょうか?



   まるきや

  • 所在地  :山形県西川町睦合丙107
  • 電話 :0237-74-3722
  • 営業時間 :11:00~19:00
  • 定休日 :第2・4火曜日
  • 駐車場 :あり


     ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

八重車の粗挽きざるそば(二日町@仙台)

カテゴリー: 外食:蕎麦

 昨日の仙台は夏を思わせる日射しとなりました。こんな日はさらっと蕎麦が食べたくなりますね。GWに山形で歯ごたえのある蕎麦を食べてきたばかりなのですが、もう恋しくなっています。さてと、昼休みに行ける蕎麦屋は多々ありますが、ガッチリした蕎麦となるとあそこしかありません。

 

 二日町の八重車です。ごく普通の蕎麦屋に見えますが、石臼で自家製粉した粉を打ってくれます。
yaeguruma1.jpg



 そば粉100%の蕎麦は「田舎そば」と「粗ら挽きざる」の二品あり、それぞれ800円。
yaeguruma2.jpg


 今日は初めて「粗ら挽きざる」を注文しました。
yaeguruma3.jpg
 ありゃ意外でした。田舎より白くて細くてかなり上品です。粗挽きという言葉から田舎そばよりごつい感じを想像していました。

 

 

 よく見ると黒い粒子が散在し、なるほど粗挽きかと納得しますが、口の中ではざらつきません。
yaeguruma4.jpg

 麺の歯ごたえは申し分なく、噛むほどに香り立ちます。麺はやや短めで幅もまちまちの乱切りといった感じです。量はちょっと物足りないくらいで大盛りにすれば満足できそう。つゆも美味しかったのでそば湯をたっぷり頂けました。

 


「田舎そば」と「粗ら挽きざる」以外は二八ですが、ランチタイムのそば定食もありお得です。


  八 重 車

  • 所在地  :宮城県仙台市青葉区二日町15-15
  • 電話        :022-227-9828
  • 営業時間 :11:00~20:00
  • 定休日    :日曜・祝日
  • 駐車場    :なし


 

   ← 蕎麦を手繰りたくなりましたら、こちらもよろしくお願いします。   
FC2blogランキング

 

みたての十割そばランチ (国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:蕎麦

  今日も仙台は五月晴れ。欅の葉っぱも樹を覆い、日陰と日向のコントラストが強くなってきました。木漏れ日の降り注ぐ樹のトンネルを歩くのは実に気持ちいい。
mitate1.jpg

 


 さて、今日のお昼は以前から気になっていたみたての十割そばをいただいてみます。
20070527112502.jpg20070527112414.jpg

 

 エレベータでビルの二階に上がると、びっくり仰天、いきなり和の空間。入り口まで続く敷石もあります。そばに対する期待度も一気に上昇、でも、値段が心配になってきました。ところが、お値段は非常に良心的で、またびっくり。
CA251012.jpgCA251006.jpg
 十割そばランチはミニ丼かおむすびとの組み合わせで700円。ざるそばか温かいそばかもチョイスできます。

 
 Aの日替わりミニ丼とざるそばのセットです。今日はミニ鰻丼でした。
mitate4.jpg

  このところ、そばというと挽きぐるみばかり食べていました。てっきり色黒の太麺が出てくるものと勝手に思いこんでいましたので、またまたびっくり。色も淡く細麺でちょうど藪そばくらいの感じのそばでした。考えてみるとこのお店の雰囲気で田舎そばは似合わないですよね。

 
 そば粉十割のみたてのざるそばです。
20070527112805.jpg
 機械打ちですが、粉と水には拘っているとのことです。ただ、つゆの味が薄く、藪のように
ちょっと付けてすするというわけにはいきません。

 

 夜は居酒屋もやっているので、飲んだ後にさっぱりとそばが頂けるのは魅力ですね。

 ※ 2008.6.30 惜しまれつつも閉店しました。

 

 

  そば酒房みたて

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町3-6-12佐正凱洋ビル2F
  • 電話        :022-213-1914
  • 営業時間 :11:30~14:00  17:00~24:00
  • 定休日    :日曜日・祝祭日
  • 駐車場    :なし

 

    ←   頑張ってます。ご声援よろしくお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ                         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。