スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

登米名物『はっと』について愚考する

カテゴリー: 外食:他麺類

 今日も仙台市役所前の市民広場から美味しそうな気配が漂ってきす。案の定、登米おいしいもの市が開催されていました。
hat2.jpghat3.jpg
 さて、今日は何を食べようかなっと。見渡すと、なんと行列が出来ています。登米の名物料理はっと汁が1杯200円。即、行列の中の人になっていました。^^

 

 

 

 

 

 つゆ付きの即席はっと汁は1袋200円です。5分くらい並んでやっとありつけました。
hat4.jpghat5.jpg

 


 

 

 

 

 同じく登米名産のあぶら麩入りです。その他には白菜と椎茸が潜んでいました。
hat6.jpghat7.jpg
 
   つゆは醤油味でさっぱりしていますが、あぶら麩がコクを加えています。

 

 

 

 

 

 

 本来、はっととは小麦粉を水で練ってよく寝かせ、指で薄く引き延ばしながら、醤油味のつゆに入れて茹でたものですが、今日のは即席麺、いわゆる茹で麺でした。生麺のシコシコ感はありませんが、生地を練るのは面倒だけど、はっとが食べたい向きにはこの即席はっと汁が便利でしょう。

 

 はっとという名前は、かつて、米を年貢に納めて麦や雑穀しか食べられなかった農民が米の代用食としてこの料理を作り出し、それが殊の外美味しく、米作りが疎かになることを案じた領主が食べることを禁じた(御法度にした)から、はっとと呼ばれるようになったとされています。

 

 この説は面白いのですが、小麦粉を練って伸ばして茹でる料理は日本各地に残されており、似通った呼び名が付けられております。以前より、宮城から岩手にかけての伝統食はっとは甲府盆地に伝わるほうとうが起源ではないかと考えていました。

 

 ただ、ほうとうは味噌味であるのに対して、こちらのはっとは醤油味が基本です。ほうとうも埼玉や群馬に移ると醤油味になってくることやにぼと(煮ぼうとう)とも呼ばれていることなどから、ほうとうほとはっと を連想してしまうのです。

 

 大胆ですが、大分県にもこのような小麦粉料理が多く伝承されており、細く仕立てたものをほうちょうと呼んでおり、ほうとうとの関連を感じさせます。

 

 日本における小麦粉料理の数々は、遣唐使が持ち帰った中国の小麦粉食品が起源となっていますが、面状のはっとほうとうが、麦切りや饂飩(うどん)の原型なのか、中国のワンタンを同一起源とする中国麺文化が後から入ってきたのか等々興味が尽きません。

 

 長くなりますので、また、いつか機会があれば、愚考してみます。

 


 

 

 

 

  

 登米おいしいもの市  公園イベント予定表 

    

 

 

  主 催:登米市産業経済部農林振興課
   電 話:0220-34-2716

      登米市内にははっと料理を供するお店が26軒あります。

 


 

 

 

 

 

  ← もし、はっとに興味がわきましたら、クリックお願いします。   
 

スポンサーサイト

【東松島市】三浦屋のOysy焼きそば

カテゴリー: 外食:他麺類

 45号線を石巻から松島に向かって走っていると東松島市(旧矢本町付近)の大きなカーブのところで気になる看板をご覧になった方も多いはず。

 

 もう古くなりましたが、いわゆるひとつのB級グルメのお店ですと長嶋監督の似顔絵が語っています。というか、長嶋監督の物真似のフレーズを使ってます。^^


miura1.jpg

 

 
 
お勧めはこのお店ならではのOysy(美味しい)焼きそばです。
miura3.jpg

 ソース焼きそばにしては少し高め(750円)ですが、その量を見れば納得するはず。トッピングも様々用意されています。


 健康ひとくちメモ(画像右枠囲い)を見ると焼きそば一人前で1410Kcalとなってます。あちゃー、カツ丼より高いかも。。。 でも、ここに来た時は焼きそばを食べないと後悔します。

 

 

 Oysy焼きそば普通サイズ目玉焼き(片目)乗せで850円(750+100円)です。
miura4.jpg
 
とにかくボリュームたっぷり。大したことないように見えるでしょ。でも、これは皿盛りではなく、浅い丼ですから。小食の方はハーフサイズをお勧めします。これに具沢山のスープも付きます。

 

 

 麺は細くライトな感じのソース焼きそばです。味付けも軽めです。
miura5.jpg
 なにせ、量が多いですから、食べ進むうちに味の変化が欲しくなります。紅生姜を混ぜたり、黄身と絡めたりしながら食べ進めます。さらに卓上のソースで味変をするのもいわゆるひとつの食べ方です。^^



 ソース焼きそばは古くからの人気メニューで独自の細麺とそれに絡めるスープが決め手らしいです。鉄板で焼いたのとは異なり、中華鍋で、しかも強い火力で一気に炒めているので最初はかなり熱く、フーフーしながらしか食べられませんです。

 

 

 「ごはんとみそ汁のうまい店」、「ダシとスープにこだわる店」、「おいしい水の飲める店」が、この店の信条とか。昔から変わらぬ美味しさを長嶋監督の看板とともに守っていって頂きたいですね。


 


 食事処 三浦屋

  • 所在地  :宮城県東松島市大曲字寺沼2
  • 電話        :0225-82-3424
  • 営業時間 :11:00~21:00
  • 定休日    :水曜日
  • 駐車場    :あり

 

 

 

         ←   ご声援よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

なかゆくいの沖縄そば(一番町@仙台)

カテゴリー: 外食:他麺類

 一番町の三越南側の東一市場にウチナースバ(沖縄そば)を食べさせてくれるお店を見つけました。沖縄そば、、、懐かしいなぁ。学生時代は勉強より旅をしていた時間の方が長かったかも知れない。沖縄にも本島、慶良間、八重山に合わせて90日くらい滞在し、沖縄そばや豆腐チャンプルーはランチで随分お世話になりました。



  そのお店は「なかゆくい」。途中(なか)でゆっくりゆくい)する。つまり、一休みという意味でしょう。
nakayuku1.jpgnakayuku2.jpg
  小さなお店でカウンターだけ6席くらいでしょうか。ランチタイムは若い女性が1人でやってます。

 


  日替わりで、ソーキそば・ラフテー(三枚肉の角煮)そば・ゆし(おぼろ)豆腐そばなどが食べられます。今日はラフテーそば(750円)の日でした。
nakayuku3.jpg
 小さなお椀のご飯が付きます。さっと、塩と白胡麻が振ってありました。  

 


 具には沖縄直送のラフテーが乗ってます。麺は独特のウチナースバ(沖縄そば)で、スープは鰹や昆布が効いて、薄い醤油のサッパリ味です。  
nakayuku4.jpg
 那覇の沖縄料理店「びぃどろ」の姉妹店のようで、食材を送ってもらっているとのこと。

 


 沖縄そばは、初めて食べるとモソモソした感じが中華そばとはかなり違って、驚きますが、食べ慣れると病み付きになりますよ。
nakayuku5.jpgnakayuku7.jpg
    
 カウンターには自家製のコーレーグス(島唐辛子の泡盛漬け)が置いてあり、そばの味に途中で変化を付けられます。なんと女性はデザートが無料だそうです。(-_-;)  



 

 本当に久しぶりに仙台で沖縄の懐かしい味をいただきました。独特の麺、澄んだスープは、はるか昔の青いラグーンを脳裏に蘇らせました。どちらかというと女性向けのお店のようで、サラリーマンの昼食には少し物足りなさもあります。でも、オリオンビールや各種泡盛が常備されており、放課後、沖縄の雰囲気を楽しみながらちょこっと飲むのによさげですよ。     

 





  沖縄遊食茶屋 なかゆくい  ブログ


  • 所在地  :仙台市青葉区一番町4丁目5-16
  • 電話 :070-5530-0330
  • 営業時間 :12:00~15:00 18:00~22:00
  • 定休日 :日曜・祝日
  • 駐車場 :なし

 


にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ          ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
        

 

フェリーチェのパスタランチ (本町@仙台)

カテゴリー: 外食:他麺類

 定禅寺通と広瀬通の中ほどの東三番丁にfelice(フェリーチェ)というイタリア料理店があります。フェリーチェとはイタリア語でしあわせと言う意味です。菊田屋酒店の2階にあり、日当たりの良い店内で気持ちよいランチが頂けます。


 このお店はランチタイムに前菜とドリンクが付いたスパゲッティを750円で提供しており、なんと火・金曜日には大盛りが無料(通常100円増し)となります。



 スパゲッティはロッソ ビアンコ の2種から選択します。本日は大盛りサービスデイではなかったのですが、ロッソカキのトマトソーススパゲッティだったので、迷う暇なく飛び込みました。
felice1.jpgfelice2.jpg
  
  スタッフの対応も心地よく、お客の大半は女性です。これには別の理由もあるのですが。

 


 本日のアンティパスト(前菜)はカポナータとフリッタータにパンが付きました。
felice3.jpg
 ほんの一口ずつですが、気分が盛り上がります。これにインサラータが付けば文句なしなんですが・・・。



 こちらはカキのトマトソースです。大粒のカキが3個も乗ってました。
felice5.jpg
 カキはカリッとソテーしてあり、ソースで煮込んだものではありません。しかも、このソース、ただのトマトソースではありません。デミのような香ばしさと滑らかさがあります。パスタはやや細めでスパゲッティーニでしょうか。茹でたての腰と透明感が堪りません。



 こちらは、連れ込んだ同僚が頼んだ(に頼ませた^^)ローストチキンとルッコラの塩味スパゲッティです。
felice4.jpg
 この塩味が何とも言えず良い具合です。ルッコラは宮城県でもすくすく育つし、冬でも収穫出来るのでありがたい野菜です。胡麻の風味とピリッとしたルッコラの刺激が塩味のパスタとこれほど合うとは知りませんでした。



 食後はコーヒーを頂きました。数種類のドリンクからチョイス出来ます。
felice6.jpg
 なお、150~180円でパンナコッタやティラミスなどのデザートを付けることができ、ほとんどの女性は注文しています。



 前菜から始まりデザートで終わるランチコースを1000円以下で楽しめるので人気のはずです。その分、回転が遅く、出遅れると時間に限りのあるサラリーマンはまたの機会に見送らざるを得ません。なお、スパゲッティですが、ノーマルが90g(乾重量)で大盛りは120gだそうです。男性は大盛りでないと夕方まで腹が保たないかも知れません。火・金曜(大盛り無料)が狙い目です。



 水曜日のランチは、2種のスパゲッティの他にイタリア料理+パンまたはライスのランチもありますよ。

 


 イタリア料理 felice(フェリーチェ)

  • 所在地  :仙台市青葉区本町2-13-10 菊田屋ビル2階
  • 電話        :022-264-5321
  • 営業時間 :ランチ11:15~15:00(なくなり次第終了) ディナー17:30-23:00
  • 定休日    :日曜、祝祭日は不定休
  • 駐車場    :なし 



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ       ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m


 

【福島県本宮】美福レストランの中華ランチ

カテゴリー: 外食:他麺類

 そういえば、隣県でありながら福島県にしばらく行っていませんでした。3年ほど前に喜多方ラーメンを食べに行ったのが、最後だったように記憶しています。そこで、先週末、小旅行をしてきましたので、福島美味紀行全6編でご報告いたします。


 旅程は東北自動車道を南下して郡山より磐越道に入り、いわき市を目指します。湯本の温泉と小名浜の魚料理で1泊、翌日は三春郡山で美味いもんと温泉を楽しんでくる予定です。第1編は安達太良サービスエリア(SA)でのランチです。

 

 

 

 東北自動車道を南下して国見インターで休憩、さらに南下すると安達太良連邦が見えてきます。
F1-1.jpgF1-2.jpg
 学生の頃、東京から東北方面にドライブに来たことがありましたが、相棒が「次のあだちたりょうSAで休んでいくぞ!」と言っていたのを覚えています。^^  

 

 

 

 安達太良SAから見た安達太良連峰。右奥の雪を被った山が安達太良山標高1699.6mです。
F1-3.jpg
 安達太良(あだたら)連峰は、磐梯朝日国立公園の南端に位置し、南から 和尚山、安達太良山、船明神山、鉄山、箕輪山、鬼面山と南北に9kmにわたって連なっています。 この主峰である安達太良山は、別名「乳首山」とも呼ばれる休火山です。 

 

 


 

 安達太良SA上り車線の美福レストランは中華が美味いと評判です。
F1-4.jpgF1-5.jpg

 休日の昼時は行列が出来ます。正午から12:30は外した方が良さそうです。

 

 

  

 

 エントランスを入ると正面に五目焼きそばがでかでかと迎えてくれます。
F1-6.jpg
  どうやら、これが安達太良SA名物のようです。少し高め(950円)ですが、具沢山で食べ応えはありそうですね。

 

 

 

  これが、安達太良SA名物の五目焼きそば950円です。確かにでかい。皿は直径30cmくらいありそうです。
F1-7.jpg
 いわゆる、あんかけ五目焼きそばですが、餡が少し甘めです。具は豪華でエビ、イカ、豚、木耳、白菜、人参、筍、青菜・・・で五目は超えています。でも、これくらい量があると最後の方は単調な味に飽きてきます。

 


 

 

 麺は軟らかめですが、しっかりと焦げ目が付けてありました。
F1-8.jpg
 なにせ量が多いので、最後の方は芥子と酢を巧みに使いながら飽きないように食べていきます。

 

 

 

 

 こちらは娘が頼んだ中華あんかけご飯950円。
F1-9.jpg

 春巻きや搾菜も付いて飽きずに食べられそうですね。

 

 

 

 

 餡はどうやら焼きそばと共通のようです。
F1-10.jpg
 いわゆる、中華飯セットですね。量も手頃でちゃんとした食事をしたい向きにはお薦めです。

 

 

 

 

 こちらは細君のクーロウ湯麺880円です。よく煮込んだ厚切り豚バラ肉が美味しそうです。
F1-11.jpg

 スープも焦がしネギの風味が効いて美味しいです。

 

 

 

 

  味見させてもらった豚バラ肉の煮込みは口の中でとろけます。
F1-12.jpg
 ところで、クーロウって何でしょう? ちょっとネットで調べてみるとクーロウという女子高生がヒロインの台湾映画があるようですね。それとドクロの中国語読みがクーロウとも・・・ ますます、わかりません。


 

 

 

  安達太良SAは景色もよく、美福レストランも美味しいので昼時は大変混雑します。なお、このレストランでは平日の11:00~14:00限定でお得なランチメニューも提供していますよ。内容は一定期間で変更するようなのでHPでご確認下さい。

 

 

 

 

 


安達太良SA(上り線)  美福レストラン  
                 http://www.mifuku.com/adatara/

 

  • 所在地  :福島県本宮市本宮字天ヶ221
  • 電話        :0243-33-1151(美福商事株式会社)
  • 営業時間 :7:00~21:00
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :小型221台 大型32台

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。