スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

有頂天の元祖(大の目温泉@山形)

カテゴリー: 外食:ラーメン

  まだまだ、書き方がよくわからず、お見苦しい記事が続きますが、ご容赦です。 さて、今日は営業で山形に行って来ました。山形自動車道山形北インターから5分のところに大の目温泉があります。泉質は含塩化土類・芒硝泉とかでリュウマチ性疾患・動脈硬化症・高血圧症に効くらしいです。薄く黄緑色に濁るお湯で、体に浸みてくるのを実感できる温泉です。もちろん、かけ流しで入浴料も300円なのは有り難い限りです。

 この温泉はお湯以外にもラーメンが有名で、地元の方々に愛されています。温泉旅館の一部がラーメン店有頂天の元祖になっており、休日の昼時ともなると、ラーメン店だけでは足りず、温泉の大広間も埋まります。



utyoutenn
ゲソ天ラーメンが有名ですが、辛味噌が効いた味噌ラーメンを注文する人も多いようです。でも、


 

今日は定番のゲソ天ラーメン700円を頂きました。
utyouten3
 ゲソ天はバリバリに揚げてあり、汁が馴染むといい具合です。



相棒はラーメン550円を注文  
utyouten2
ゲソ天ラーメンよりノーマルのラーメンの方がチャーシューが大きいように見えますが・・・

 


どちらもこってりスープに太麺でボリュームタップリ、青海苔の香りが個性的です。ただ、かなりオイリーなので苦手な方はゲソ天は控えた方が・・・


 有頂天の元祖



  • 所 在 地 :山形県山形市平久保34
  • TEL  :0236-32-0605
  • 営業時間 :11:00-21:30 
  • 定休日  :月曜日
  • 駐車場  :あり(20台位)



にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ    ← 参加してみました。ご声援よろしくお願いします。
スポンサーサイト

仙台伝統ラーメン 徐州楼 (国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:ラーメン

 仙台市役所近くにある大正11年創業の老舗のラーメン屋さんです。ここ仙台でも創作ラーメンやご当地ラーメンが全盛期の昨今に頑なに伝統を守り抜いている貴重なお店です。 

 


 

 

 

 

 入り口が奥まっていて、暖簾もありません。唯一、小さなスタンド看板が店の存在を示しています。初めての方はこれを見落とすと、通り過ぎてしまいます。根強いファンが多く、昼飯時はサラリーマンで満席になります。


shoshuro1.jpg joshuro2.jpg
  何とか店を   見つけて入っても、最初は正直戸惑うでしょう。薄暗い店内、60席はあろう席はぎゅうぎゅう詰め、席に座れても水も出なければ注文も聞きに来ません。

 


 

 ここでは、まず正面のカウンターで番号付の食券を買い、水はセルフで空いている席に運びます。混雑時はラーメンか焼きそばにしないとかなり待たされます。

shoshuro3.jpg


 着席したら心穏やかに待つしかありません。やがて、「○○番でお待ちのお客様~。」まるで病院か銀行の待合所のように呼ばれます。多少、順番が狂うことが、ありますが、同じ品をまとめて作るのでしょうから我慢して下さい。呼ばれたら、即座に自分の食券の番号と照合して一致していれば、元気よく手を挙げて「は~い!!」と自分の所在を示して下さい。直ちに注文の品が届けられるはずです。

 


  

 

 

 

 

 

 伝統のラーメン550円です。小振りの鉢にタップリ入ってます。 大盛に見えてしましますね。

shoshuro4.jpg 

 


 

 

 

 

 

 

 具には縁赤チャーシュー、多めのメンマ、刻み葱。今どき、珍しい赤縁のチャーシューですが、味付け肉を窯で焼いた、いわゆる叉焼ではないようです。
joshuro5.jpg
 スープには細かい油球が一面を覆い、少しくどさを感じます。最初、魚系の香りを感じますが、あまり主張せず、むしろ鶏の香りと野菜の甘さが広がります。麺は冷や麦のような角線で、かん水を使用しないやや白いストレート。最初、腰はあるのですが、伸びやすいの一気に行きましょう。  

 


 

  正直、インパクトこそ強くはありませんが、飽きが来ない癒し系のラーメンと言えましょう。だからこそ、いつの時代にも連日通うファンがいて仙台の伝統と成り得たのでしょう。  

 


 

 

 

 

 伝統ラーメン 徐州楼

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町3-9-13
  • 電 話 :022-222-0767
  • 営業時間 :11~19時
  • 定休日 :日曜・祝日
  • 駐車場 :なし

 



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へにほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ   ←   こちらもよろしくお願いします。

味の五右エ門 ランチタイムサービス(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:ラーメン

 仙台の飲屋街、稲荷小路にあるラーメン屋さんです。
ちょっと見て下さい。トリックアートのようなこの看板。
 
goemon3.jpggoemon2.jpg


 しゃがんでいる子供は誘拐されないようにチェーンでつながれてます。^^

 ここの魅力はランチタイムのサービス(平日のみ)。人気はラーメン+餃子+ライスで720円のランチセットですが、味噌ラーメンが750円→650円、支那ラーメンが600円→500円になります。なんと半チャーハンは50円になります。いや、正確に言うとメニューにはチャーハンがないから、ランチタイムだけ半チャーハンを50円で提供していますと言った方が良さそうです。




 まず、券売機で食券を買ってから着席。回りのお客さんは味噌ラーメンの方が多いようですが、今日は支那ラーメン(500円)+半チャーハン(50円)のお昼です。

goemon4.jpg



 ↑
半チャーハンがなかなか出てこなかったので、ラーメンは少し食べてます。^^
 ↓これが原型です。

goemon5.jpg
 ラーメンはやや縮れのある細麺、スープは鶏豚系で細かい脂がかなり浮いてます。
トッピングは脂の多い巻きバラ煮豚と海苔、メンマはかなり多いです。

 

 チャーハンは熱々で、量も「半」ではなく通常の80%はありました♪
goemon6.jpg

 香ばしくて美味しいのですが、ご飯が少し柔らかめかな、、普通に炊いたご飯のようです。

 

 でも、これだけ頂いて、550円なら文句なしです。庶民の味方ですね。


 味の五右衛門

   ・ 所在地  :仙台市青葉区国分町2-11-21
   ・ 電話      :022-264-1503
   ・ 営業時間  :11時~翌5時(日曜・祝日は~翌4時) 
           ランチタイムは(11時~14時)
   ・ 定休日    :無休
   ・ 駐車場    :無




にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へにほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ        ←   こちらもよろしくお願いします。

 

ワンタン専門店のワンタン麺 (国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:ラーメン

 定禅寺通りに面した「ワンタン・ぎょうざ専門店」というお店です。台湾風ということでスタッフの方々は接客以外、中国語を話しています。このお店、以前は「衛漢全ワンタン」という名前で有名な料理人がやっていたように記憶していますが、経営者が変わったのでしょうか?


wantan1.jpgwantan2.jpg 

 ここのワンタンは日本のワンタンとはまるで違い、てるてる坊主のように丸くて大きく、中にエビがころんと入っているのが特徴です。以前と変わってなければ良いのですが・・・  

 今日は「ワンタン麺」714円をいただきます。


wantan3.jpg

 塩味のスープはほんのり胡麻油の香りで大きな丸いワンタン5個と野菜がいっぱい乗っています。白菜、もやし、タケノコ、人参、木耳にクワイ、フクロタケまで入っているところが、本格的です。中太麺はぷりぷり弾力があって美味しいです。ワンタン入りタンメンといった方がわかりやすいかも。


  ころんとしたワンタン、皮もプリプリです。


wantan4.jpg

 よかった、エビもころんと入っていて、変わらぬ美味しさです。日本ならあえて「エビワンタン」と名付けるところをさらりとワンタンとしているところが憎いです。


  この他にも、ワンタン、餃子、水餃子とチャーハンを組み合わせたランチが同じく714円で頂けます。テーブル2卓とカウンターだけの狭いお店なので、昼時は混みますが、待つ甲斐はありますよ。



 ワンタン・ぎょうざ専門店

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町3丁目2-3
  • 電話 :022-216-8717
  • 営業時間 :11:30~14:30 17:30~2:00
  • 定休日 :不定休
  • 駐車場 :なし


にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ           ←ワンタンが食べたくなりましたら、こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキング

満びのらーめん (鶴岡@山形)

カテゴリー: 外食:ラーメン

山形食い道楽紀行 その2

 

 112号線を庄内方面に向かい、かつての藩都、鶴岡市にやって参りました。
なんでも、ここに地元の方々が絶賛するラーメン屋さんがあるとの情報を得て探索開始。そのお店は鶴岡市郊外の住宅地にあるのですが、慣れないため、なかなか辿り着けません。店が混む前に入ろうとしたのですが、結局、昼近くになってしましました。

 

 そのお店は「満び」といいます。もうすでに駐車場はいっぱいです。
manbi2.jpg

 「満び」と書いて「まんび」というそうです。縁起をかついで命名したらしいのですが、
意味はよくわかりません。とにかく人気があるらしく、店内は満席でした。

 

 メニューはシンプルですが、「細麺と太麺」、「こってりとあっさり」がチョイスできるのでラーメンだけでも4種類になります。それとここは前金制で先に支払ってから席で待ちます。ラーメンの下に「小550円」ってあるでしょ。これに気付かなかったため、あとで大変なことに・・・
manbi1.jpg
 岩海苔ラーメンを食べているお客さんがいましたが、丼にこんもり鳥の巣が乗っているみたいでした。


 でたっ!! 満びのラーメン「こってり細麺」です。大盛じゃないですよ、これでも普通盛りなのです。
hosokote.jpg

 なんでも、麺重量が普通でも300gほどあるそうです。通常の倍はありますね。
小食の娘は泣き出しそう。家人は怒り出す始末。もう、えらいこっちゃ。
細麺といっても世間一般では太麺の部類に入ります。ということは、ここの太麺って??

 

 これが、満びの「こってり太麺」です。これはきしめんの領域に入りそうな幅広の平打ち麺ですね。
hutokote.jpg

 メニューに大盛り150円増しと書いてあるけど、誰がそんなもん頼むかと思っていたら、隣の客が頼んでしまいました。こりゃ悲劇が起こるわと観察していたら、現物を見ても全く驚く様子もない。地元の常連らしいことが後でわかりましたが、鶴岡の人ってみんなこんなに麺食いなの??
 麺の量にはすっかり圧倒されてしまいましたが、スープは魚の香りが効いて、悪くないです。麺の歯ごたえはかなりあり、よく噛まないと飲み込めません。山形のそばも概して太くて硬いですが、当地ではこのような麺が好まれるのかも知れません。

 
 そうそう、この店のこってりには脂身が数個乗ってきます。そうです、こってりあっさりはスープが異なるのではなく、脂身のトッピングがあるかないかだけなのです。メニューにはちゃんと書いてあるのですが、初めての人は勘違いしますよ。

 

 まずまず、お陰様で夕方までお腹が張っていましたよ。ガッツリ食べたい向きにはお奨めですが、自信がない方は「小」で様子を見た方が無難でしょう。

 

 でも、本当に恐い激盛りラーメンは実は宮城にあるのです。これは後日報告します。

 


  らーめん満び

  • 所在地  :山形県鶴岡市日出1丁目22-8
  • 電話        :0235-25-5338
  • 営業時間 :11:00~3:00
  • 定休日    :月曜日(祭日は営業ですが翌日休業)
  • 駐車場    :あり(15台)


にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ             ← 食べてみたくなりましたら、こちらもよろしくお願いします。
FC2blogランキング

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。