スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

水菜とコウナゴのサラダ

カテゴリー: 料理:買い魚

 今日から4月、年度初めが日曜だと何か得した気分^^ 
昨日と打って変わって、暖かな日ですが、東北地方に遅い春一番が吹き荒れ、黄砂が舞っています。山にでも行こうと思ったのですが、外に出ると目が痒くなります。今日は魚市場も休みだから新鮮な魚も望み薄。


近くのスーパーを物色すると新物のコウナゴが出ていました。20070401150049.jpg

生ではなく、釜揚げを干した物ですが、噛みしめるといい味が湧いてきます。


今日はコウナゴと水菜でサラダを作ってみました。

まず、コウナゴをフライパンで炒めていきます。ほんのりとキツネ色になってカリッとしたらOK。焦げると苦くなるので弱火でカラカラ炒めていきます。
20070401150112.jpg


水菜のシャキシャキとコウナゴのカリカリがマッチして絶妙なハーモニーです。

20070401151444.jpg

   切って盛りつけた水菜に炒めたコウナゴ、ガーリックチップ、クルミと賽の目に切った豆腐をトッピングして、食べる直前にポン酢をかけ回します。


三陸のコウナゴ漁は始まったばかりなので生コウナゴは次の機会に。



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
スポンサーサイト

待望の生コウナゴ!!釜揚げ丼

カテゴリー: 料理:買い魚

待ちに待った生のコウナゴが手に入りました。シラスとも呼ばれますが、イワシの子
ではなくイカナゴの稚魚です。鮮度落ちが早いので巷にはもっぱら煮干しになった姿で
出回ります。この時期は水揚げされたばかりの生コウナゴが魚市場近くの鮮魚店など
で手に入ります。生コウナゴと来れば、よく知られているのは醤油とザラメで煮詰めた
“釘煮”なんですが、私の目当ては違うのです。

 

早速、女川で買い求めてきました。生コウナゴ 340g 500円
kounago1.jpg

もう少し、小さなサイズだとこのまま酢味噌や酢醤油でいけるのですが・・・



小さくても立派な魚です。イワシの稚魚より顔が尖っていてカマスのよう。
CA250448.jpg



茹でたての釜揚 げです。
CA250451.jpg
  崩さないように茹でるのは、結構大変。かき混ぜ厳禁、フワッと浮き上がったら
網杓子でそっとすくい揚げます。


 

 


じゃーん! 釜揚げコウナゴ丼です。
20070407120029.jpg
青海苔と煎り胡麻をパラパラして、醤油を煮きり酒で割ったものをかけながら戴きます。

 

    一年一度の口福です。あ~春だなぁ。


 



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ    ← 参加中です。ご声援よろしくお願いします。

塩釜仲卸で骨はだけ(マグロ)♪

カテゴリー: 料理:買い魚

 今日は松島で仕事なので早めに出かけて塩釜の仲卸市場(なかおろしいちば)を物色することにしました。車にアイスボックスを積んでいそいそと出かけます。塩釜仲卸は鮮魚や活魚だけではなく、加工品や冷凍食品 、珍味などあらゆるものが手に入る総合水産マーケット。店舗も367店がひしめき合ってます。毎回、来るたびに新しい発見がありますが、今朝のお目当ては当然、、、アレです。

 

 

 塩釜仲卸市場の正面玄関です。昭和41年の開設ですが、外装を直してきれいです。中には367の店舗がぎっしり並びます。
maguro1.jpgmaguro2.jpg
あれ?月曜日の朝6時だというのに、人気が少ないなぁ。いつもこんな感じだったっけ?これから混んでくるのか、それとも日曜日も営業するようになったので、一般客が平日に来なくなったのか? なぜか活気も少ないような...

  

 

 塩釜と言えば、やっぱ、マグロでしょう。メインストリート右手には10軒ほどのマグロ専門店があります。

maguro3.jpg

お店の前でマグロを手際よく捌いていきます。包丁も薙刀のようにでかいですね。



 

 今日のお目当てはこれです。作りたてのマグロ骨はだけ!! maguro4.jpg
骨はだけとはマグロを卸した後の中落ちや頭からスプーンで残った身をかき取ったものです。早い話がすき身です。骨はだけはだけは裾がはだけるのはだけるから来ていると思います。赤身だけじゃなく、中トロっぽい身も混じっていたりしてすごく得した感じになります。どこのお店でも大(1,000円)と小(500円)があり、小でも3人前はあります。今日は小を二つ買いましたが、帰ってから重さを量るとどっちも430gでした。

 

 

 

 さてさて、これをさっそくご飯に乗せて、ワサビをチョンで、マグロの骨はだけ丼です。醤油を垂らしながら掻き込みます。マグロ好きには堪えられないよねぇ~ 
honehadake1.jpg
う、うまい!そりゃ美味いよね。冷凍だとは思うけど、今朝までマグロの形してたんだから。



   

 

 この骨はだけ丼骨はだけ定食は仲卸市場周辺の食堂でも食べられますが、味噌汁と小鉢が付いて700~900円はします。早起きすれば、三文以上の得がありますよ。


 

 塩釜水産物仲卸市場

  

  ・所在地  :宮城県塩釜市新浜町1-20-74 
  ・電話 :022-362-5518
  ・営業時間 :月曜日~金曜日 午前3時より午後1時まで
                 土曜日           午前3時より午後2時まで
                 日曜日           午前6時より午後2時まで
  ・定休日 :臨時休業日(月に一度位、水曜日)・祝祭日・正月(1月1日~4日)
  ・駐車場 :7,000坪(年末以外は大抵駐車できます)





 

 

← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

生コウナゴのかき揚げと卵とじ

カテゴリー: 料理:買い魚

 またまた、生コウナゴ(シラス;イカナゴの稚魚)を買ってきてしまいました。営業の帰りに石巻しみん市場に寄ったら、なんと生コウナゴがあるじゃありませんか!この季節だけの旬味なので、お店の前を素通りすることができませんでした^^  


 

 コウナゴも日に日に成長し、シラスと呼ばれる時期はせいぜい今月いっぱい。今年は水温も高めなので、成長が速まるかも知れません。いまのうちに存分に楽しんでおきましょう。


 




 生コウナゴ 340g 500円です。鮮度も良好、さて、何にしていただきましょうか。
ikanago1.jpg
 
これは鮮度が命、氷をもらって冷やしながら帰ります。


 






 先日は釜揚げ丼で堪能したので、今回は根三つ葉と合わせて調理してみます。
ikanago7.jpg
 
ミツバやセリとコウナゴは相性がよいように思います。



 

 

 まずは、生コウナゴと三つ葉のかき揚げです。白魚の定番をヒントにしてみました。
ikanago8.jpg
  生コウナゴのかき揚げは揚げるのにコツが要ります。気を許すとパラパラになり、霰になってしまいます。かといって、衣を濃くするとお好み焼きのようになります。衣に混ぜた具をシャモジに乗せるか、鍋の縁に沿わせて油へ滑り込ませます。その後、散った具を箸でかき集めながら、衣を少し垂らしながら成形します。


 







 続いて、コウナゴの卵とじです。いわゆる柳川ですね。小分けしたら迫力なくなってしまいました。^^
ikanago9.jpg
  ダシ汁と醤油、味醂、酒を煮立てて味を調えます。コウナゴを加え、全部が白くなったら、溶き卵を回しかけ、最後に三つ葉を散らします。コウナゴも卵も煮過ぎないことが大切です。


 

 

 なんだかんだと言って、今年は結構コウナゴを食べているなぁ~  


 

 

  石巻しみん市場
  


  • 所在地   :宮城県石巻市魚町3-6-1
  • 営業時間  :9:00~17:00
  •  定休日   :水曜日
  • 電 話    :0225-96-3567
  • 駐車場   : 100台



 

 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

メロード(イカナゴ)の塩焼きと南蛮漬け

カテゴリー: 料理:買い魚

ikanago2.jpg
 宮城では大きくなったイカナゴのことをメロードと言います。つまり、コウナゴの親のことですね。コウナゴ同様、一年でもこの時期に漁獲されます。身は白身で柔らかく、様々な料理が可能です。生で鮮度の良いものは、魚市場近くの魚屋さんでしか手に入りません。これも石巻しみん市場で買いました。


 





 23~25cmの立派なサイズのメロードが9尾1パックで300円でした。
ikanago3.jpg
 
よく見ると、顔が尖っていて、カマスのような風貌ですが、体はウナギのように円筒形です。夏場、砂に潜って避暑するので英語で Sand eel(砂鰻)とも言われるそうです。







 まずは、メロードそのものの味を楽しむためにサッパリ塩焼きにします。
ikanago6.jpg
 アツアツは美味いのですが、冷めるとてきめんに独特の香りが強くなりますので、お早めに。


 






 続いて、南蛮漬けです。これは保存食としても便利でまとめて作っておくと1週間は楽しめます。冷めても美味しく、酒肴としてもご飯のおかずとしても重宝です。
ikanago5.jpg
 
頭と内臓を取ったメロードに軽く塩胡椒して、片栗粉をまぶして揚げます。見た目より骨の硬い魚なので骨が食べられるほど揚げてしまうと身がパサパサになります。食べる時に骨を残しましょう。揚げたてを南蛮酢にジュッと浸して出来上がりです。千切りの野菜も一緒に漬けると味に深みが出ます。

 

 宮城ではこれらの他にも、味噌煮や干物でもよく食べられていますよ。

 

  




石巻しみん市場  

  • 所在地   :宮城県石巻市魚町3-6-1
  • 営業時間  :9:00~17:00
  •  定休日   :水曜日
  • 電 話    :0225-96-3567
  • 駐車場   : 100台



 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。