スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

船岡の桜と団子(柴田@宮城)

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

 宮城もいまや、桜の花の真っ盛り、各地から満開情報が届きます。今日はみちのくでも屈指の桜の名所であり、日本さくら名所100選にも挙げられた柴田町の「船岡城址公園桜祭り」とそのそばを流れる「白石川堤一目千本桜」を楽しんできました。まだ残像がピンクです。^^
それでは、満開の桜をお楽しみ下され。



 船岡城址公園

  船岡城は山本周五郎の小説「樅の木は残った」の主人公である原田甲斐の居城でしたが、伊達騒動以降は柴田宗意が城主となり、幕末まで柴田氏が居城としました。小高い山にはソメイヨシノが800本植えられているとされ、山全体がピンクに染まる様は迫力がありました。

sakura1.jpgsakura2.jpg

 中腹の広場ではイベントも行われており、出店が所狭しと立ち並びます。そこで、団子を仕入れてもうひと登り。急な坂道を観音像のある山頂まで歩いて登ると一汗かきますが、その甲斐は十分あり、眼下に見下ろす絶景に疲れも癒されます。

   レンギョウとのコンビネーション            眼下に見下ろす白石川
sakura3.jpgsakura4.jpg


花より団子ではなく、花も団子もです^^ 山登りで疲れたら甘い物もいいですね。
ずんだ(枝豆の餡)の団子が入っているところがみちのく風です。

sakura5.jpg


白石川堤一目千本桜

  山を下りて、船岡駅の高架を渡ると阿武隈川の支流白石川の堤に出られます。大正時代に植樹された樹齢90年の巨木は迫力満点。両岸に5km以上にわたって桜が並ぶ様は絢爛豪華。JRの東北本線が並行して走っており、この季節は電車も徐行して乗客の鑑楼と桜を背景にした電車撮影へのサービスを行っています。

    お城を思わせるJR船岡駅               駅を越えると桜の巨木が
sakura6.jpgsakura7.jpg


      これぞ一目千本桜               延長5Km、堤の桜トンネル
sakura8.jpgsakura9.jpg

 駐車場は土日に限り、柴田町内各所に設けられます。両方の桜を楽しむ場合は、中間地点の役場周辺に駐車するのが良いでしょう。白石川へは船岡駅を渡ってしか行けません。



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へにほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ  ←こちらもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

石窯パン工房 ばーすでい (利府@宮城)

カテゴリー: 紹介:パン・菓子


 仙台の愛子(あやし)にある石窯で有名なパン屋さんが利府町菅谷台にもできました。
GWにオープンしたらしいのですが、その頃はとんでもない混みようで整理券まで発行したとか。仙台の隣町でも愛子に行くよりは近いので仙台市民もどっと押しかけたそうです。行列が嫌いなので、ほとぼりが冷めるのを今日まで待って、偵察に行ってきました。

 

 石窯パン工房ばーすでい(利府菅谷台本店)です。こっちが本店なのか??birth2.jpgbirth3.jpg

 10時着、第1駐車場はほぼ満杯、かろうじて駐車して、店内に入ると思ったよりは混んではいません。これでゆっくりと試食+買い物が出来そうです。 店内はパンとスィーツのコーナーに分かれており、覚えきれないくらいの種類が並べてありました。でも、試食できるものは思ったより少なかったです。甘いのがあまり得意じゃないので、知らず知らずとビールと合いそうなのばかり選んでしまいました。^^

 
【左】ヘルシーわかめチーズ 1/2 200円
   
ころころチーズとワカメがいっぱい入って、塩味がしっかり付いてます。
【右】カマンベール・ノア 180円 

   カマンベールチーズ風のフィリングがぎっしり。コッテリ度満点。birth7.jpgbirth10.jpg


 
【左】クルミカンパーニュ 1/2 190円
   
皮の歯応えとクルミの食感が堪りません。中はもちろんシットリです。
【右】ペッパーフランク 160円 
   
ペッパーが炸裂、ビールにピッタリ。回りのパンはカリカリ+モッチリです。
birth6.jpgbirth9.jpg


           
【左】森の子(クランベリー、クルミ、クリームチーズ)150円
   
甘さは控えめでクリームチーズとクランベリーが絶妙な味わいです。
【右】お店のテラスでコーヒーとパンを楽しみます。晴れた日は最高ですね。
birth8.jpgbirth11.jpg

 

  コーヒーが無料サービスなのでテラスで購入したパンを食べることもできます。休日のブランチをここでとるのも良さげです。石窯で焼くため温度が300℃まで上がるそうで、短時間で焼けるので表面はカリッの中はシットリ。確かにどれも表面はカリッとしてますが、全体的に皮がかなり硬いです。お年寄りには食べづらそうなものもあります。特にカンパーニュはギザ歯のパンカッターじゃないと上手く切れません。

 

 どれも実に香ばしくて噛みしめるにつれて香りが立ってきます。これから、他のパンも楽しみながら食べていこうと思います。休日は10時前に入店することをお奨めします。

                                     その2を見る

  


  石窯パン工房 ばーすでい(利府菅谷台本店)

  • 所在地  :宮城県利府町菅谷台3-3
  • 電話         :未確認
  • 営業時間 :9:00~20:00
  • 定休日    :水曜日
  • 駐車場    :あり(第1・2駐車場)

 

 

  ←   お役に立てましたら、こちらもよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 

    

榮太楼の生どら焼き (塩竈@宮城)

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

 甘い物はあまり得意ではないのですが、これは美味いなと思うものがあります。
それはどら焼きです。ただし、ただのどら焼きではなく生どら焼きです。もしかしたら、
生どら焼き自体が甘さを抑えているからかも知れませんが。

 

 生どら焼きの基本は、ホイップさせた生クリームと餡を混ぜたものを挟んでいることですが、最近は変化球も出てきているようです。生どら焼きというとこちらでは、塩竈の榮太郎が有名で現在、3種類が発売されています。
dora1.jpg

 


                  極上生どら焼き147円
サワークリーム生どら焼き157円        ごま風味生どら焼き147円
gora2.jpg

 ピンクの包みが、思わずイチゴを連想させますが、この包装は季節限定バージョンに使われています。今の季節はサワークリームですが、カフェオレにもなります。

 


 一番上の極上生どら焼きは小豆あんとクリームで右下のごま風味はそれに黒胡麻のペーストが加えてあるようです。サワークリームは案外軽く、程よい酸味が夏向きです。
dora3.jpg

 生地がフワフワで、餡も生クリーム主体ですから、形はどら焼きでも味的には洋菓子の領域ではないでしょうか。生菓子なので賞味期限が4、5日ほどしかなく、作り立ては是非、宮城にいらしてお召し上がり下さい。^^

 


  菓匠 榮太郎塩釜本店   

  • 所在地  :宮城県塩竈市本町2-16
  • 電話        :022-362-0235
  • 営業時間 :9:00~19:00
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :周辺に有料あり

 

 

 

    ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
    

石窯パン工房ばーすでい その2(利府@宮城)

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

 仙台近郊で人気絶頂の石窯パン工房ばーすでいに今日も行ってきましたよ。ただ、ビールやワインに合うつまみ探しなので、あんまり期待しないで下さいね。^^ birth6.1.jpg
 混雑が嫌いなので、開店と同時に利府菅谷店に突入。GW頃の開店当時の祭りは終わって、やっと平静が戻りつつあります。  さてと、不謹慎ですが、酒肴になりそうなパン(日本酒ではないですよ)を物色して回ります。まずは、ワインに合いそうな、、、っと。

 

 

 

【左】チーズパリパリ 230円
    パリパリというより、パンはモッチリ硬いです。でもチーズは満開です。
【右】フーガス    250円   
   
 これは通常のフガスより凝ってますよ。生地自体にバジルのような細々を練り
   
込み、薄く伸ばした2枚の生地の間にはオイル漬けのドライドトマトらしき小片が
   挟まれています。全体的にパリパリに焼き上がっています。ワインに合いますね
   
これは。^^
birth6.2.jpgbirth6.3.jpg



続いて、


 【左】明太フランス 190円   
     
辛子明太子は日本の国民的食材になりましたが、それとパンの組み合わ
          せはそれほど珍しいものではありません。ただ、この店の商品はパン自体の
    美味さによって、明太子の美味さを逆に引き立てているように感じました。
    パンの上だけでなく、切れ目が入っていて中にも明太子が、、、♪
 【右】クルミリンゴ 300円
     
甘いのも買って帰らないと家で風当たりが強いので、これを選びました。
    これは、もう
この店の定番として定着しつつありますね。甘く煮たリンゴとクルミ
    が仕込まれて、表面にかけられたシナモンとのハーモニーは秀逸です。
    パンそのものもふんわりしており、
具材との調和が感じられました。こういう感覚
    ってにぎり寿司と似てますよね。
birth6.4.jpgbirth6.5.jpg


 

  やっぱり、ばーすでいでは天然パン酵母のパワーが十分に発揮されているパンを求めた方がいいようです。不純な動機では、この店の魅力が霞みます。^^

 

 

    前回の訪問  2007年5月20日 クルミカンパーニュ、森の子ほか4点

 


  石窯パン工房 ばーすでい(利府菅谷台本店)

  • 所在地  :宮城県利府町菅谷台3-3
  • 電話         :未確認
  • 営業時間 :9:00~20:00
  • 定休日    :水曜日
  • 駐車場    :あり(第1・2駐車場)

 

 

  ←   お役に立てましたら、こちらもよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ 

 

 

石窯パン工房 ばーすでい その3 (利府@宮城)

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

 今日(6/24)もばーすでいに行ってきました。先日は、少し変わった物を求めすぎて、パン本来の美味しさから少し遠ざかった感じがしましたので、今日はパンらしいパンにしてみます。

birth6.1.jpg

 


 今日のお昼用に、この二つを選びました。                   

上:クルミカンパーニュ(ハーフ)190円   下:くるみイチジク(ハーフサイズ)260円です。
birth6.23.1.jpg
   
 カンパーニュは半分に切ったハーフ、くるみイチジクは半分のサイズに焼いたものです。

 

 カンパーニュは食事と共に楽しめるパンです。クルミの歯触りがアクセントになってます。
birth6.23.4.jpg

 

 くるみイチジクは南仏でよく作られる干しイチジクがたっぷり入っています。
birth6.23.2.jpg
 甘さも適度でくどくありません。パンの皮と中との食感の対比が堪りません。

 

 

 だんだん、ばーすでいの本領が発揮されるパンが見えてきたような気がします。全粒粉の配合も絶妙です。でも、まだまだ通わないと究めることは出来ませんな。  




   過去の訪問  2007年5月20日 クルミカンパーニュ、森の子ほか4点
            
2007年6月17日 フーガス、明太フランスほか2点

 


  石窯パン工房 ばーすでい(利府菅谷台本店)

 

  • 所在地  :宮城県利府町菅谷台3-3
  • 電話         :未確認
  • 営業時間 :9:00~20:00
  • 定休日    :水曜日
  • 駐車場    :あり(第1・2駐車場)

 

 

     ←   お役に立ちましたら、こちらもよろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ                         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。