スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

日韓海苔比較

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 韓国旅行に行っていた友人がお土産に焼き海苔を買ってきてくれました。何も韓国まで行って、日本にも山ほどある海苔を買ってくるとは・・・と思ったのですが、このお土産の韓国海苔、何かスナック菓子みたいなパッケージです。


お土産の韓国海苔、仰々しくアルミの袋に納まっております。
20070407195442.jpg

なんと、1袋にたった5枚しか入っていなかった。日本なら10枚1帖が最少ユニット。ところが、これ単なる焼き海苔じゃない!胡麻油の香りぷんぷん、塩まで振ってある。これは、このまんま、バリバリ食べるための調味加工品じゃないですか。よく見ると漉き方もかなり粗く穴だらけで、日本では等級外になりそうな代物。こればかりは、文章で説明するより見てもらった方が早いでしょう。

         
         韓国海苔(左)と宮城県産焼き海苔(右)
20070407195453.jpg

ずいぶん違うものでしょ。漉き方は習慣、文化の違いなので甲乙をつけても仕方がありません。でも、この韓国海苔はビールやワイン、ウイスキーなどの洋酒にはすごく合いますよ。塩加減が絶妙で胡麻油と海苔の香ばしさがマッチします。


よし、この手法は日本の海苔でも試してみなくては! そのうちやってみますね。

スポンサーサイト

お漬物専門店 (旅篭町@山形市)

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

山形食い道楽紀行 その3

 みちのくの冬は長いので、内陸部を中心に保存食としての漬け物作りが盛んに行われてきました。特に山形は漬物の種類が豊富で専門店が今でも多くあります。

 

 その一つが山形駅近くの丸八やたら漬けさんです。昔ながらの店の造りが魅力です。
yatara1.jpg


 どれを買うか、目移りしてしまいます。どれも美味しそう。
yatara6.jpg

 


 ここのお店のもう一つの魅力は、ほぼ全種類の漬け物がお茶を頂きながら試食できることです。
yatara2.jpgyatara3.jpg

yatara4.jpgyatara5.jpg

 一通り食べてみました。全体的に甘めの味付けですね。山形特産の紅花や食用菊を使ったものや杏や桜んぼなどデザート感覚の漬け物もありました。後でのど乾いて大変でしたけど^^

 やはり、選ぶならまず、お店の名前を付けられたやたら漬は本命だろうと勝手に解釈して、もう一度試食し直し。このれの主材料は大根、胡瓜、人参、茄子で細々に刻んであります。でも、やっぱりちょっと甘いかな。同じ材料でも微塵切りにして唐辛子を加えたオーからいはキリッとしていて、きっとご飯に合うだろうと確信しました。

 

 丸八やたら漬さんのやたら漬オーからいです。それぞれ160gで525円。
yatara7.jpgyatara8.jpg

 


 うちに帰って、早速、ご飯でオーからい頂きました。睨んだとおり、ご飯にピッタリ。ピリッとした辛味が堪りません。おにぎりにも良さそうです。yatara9.jpg

 勝手な話ですが試食する時、ご飯もあるといいのになぁ^^

 

 このお店には漬物販売所の他に食事処(香味庵まるはち)もあり、漬物寿司やそばなどが食べられます。時間があれば、偵察してきたのですが・・・また、今度。

 

  丸八やたら漬

  • 所在地  :山形県山形市旅篭町2-1-5
  • 電話         :023-634-4108
  • 営業時間 :9:00~19:00
  • 定休日     :年中無休
  • 駐車場     :あり


にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ           ← 美味しそうでしたら、こちらもよろしくお願いします。
FC2blogランキング

玉松のゆずぽん酢醤油 (大河原@宮城)

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 先月、県南の船岡に花見に行った際、城址公園の売店でゆずぽん酢醤油なるものを見つけ、美味しそうだったので思わず買ってしまいました。

 

 玉松のゆずぽん酢醤油 300ml 370円
yuzpon1.jpg
 既に買ってあったポン酢を使い切り、本日、初めて開栓して賞味してみました。
予想以上に柚香が効いて、実に爽やかなぽん酢醤油です。

 

 ラベルに「北限のゆず」果汁入りと書いてあるので、調べてみましたら、柚子栽培の北限は福島県とも宮城県南部とも言われているようですが、少なくとも宮城の方が北なので北限は宮城でしょう。ただ、規模は小さいのですが、気仙沼市の大島でも栽培されていますので正確には宮城県北部となります。いずれにしろ、本格的な栽培が行われている最北は宮城県ということです。


 なお、宮城県南部のゆずは約400年前にこの地を訪れた修行者によってもたらされ、以来、ゆず栽培が行われてきたらしく、現在でも樹齢100年を超えるゆずの木があるそうです。特に大河原町や柴田町ではゆず栽培が盛んとのこと。

 

 それでは、まず、旬の初鰹にかけてみましょう。
yuzupon3.jpg
 晒さないでも生で食べられる新玉葱のスライスを下に敷いて、やや薄めに切ったカツオを並べたところにゆずぽん酢醤油を回しかけ、味が馴染んだ頃に頂きます。ちょっと甘さが強いかなと感じましたが、カツオには柑橘系の香りがよく合いますね。サラダ感覚でタマネギとカツオを一緒に食べると美味しいですよ。

 

 

 

 もう一つは、鶏の胸肉に塩胡椒してポワレしたものに大根おろしをのせて、ゆずぽん酢醤油をかけました。
yuzupon2.jpg
 これも相性抜群ですね。脂とおろしぽん酢が打ち消し合うのではなく、両者が鶏の旨みを引き立てています。

 

 


 玉松のゆずぽん酢醤油は仙台(仙台支店燦燦館)でも買えますし、通販もしているようです。鍋の季節は過ぎましたが、焼き魚や焼き野菜、揚げ物などに広く使えそうです。

 


【ラベルの表示】

名  称 :ゆずぽん酢しょうゆ 
現材料名:しょうゆ(本醸造;遺伝子組換えでない)、醸造酢、ゆず果汁、砂糖
       米発酵調味料、調味料(アミノ酸等)(原料の一部に大豆、小麦を含む)
内 容 量 :300ml
製 造 者 :玉松味噌醤油株式会社   
          宮城県柴田郡大河原町字町210 TEL:0224-53-1107

 



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ             ←  参加中です。こちらも何卒よろしくお願いします。

古川八百屋市 in 仙台 de お漬け物

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 今日と明日(5/14~5/15;10~15時)、仙台市役所前の市民広場で古川八百屋市が開催されます。正確に言うと、大崎市古川で開催されている八百屋市の出前興行と言いますか、出張実演という感じでしょうね。


 古川の八百屋市は約400年前の慶長九年(1604年)に始められた歴史のある市で、現在は4~6月までの3と7のつく日に熊野神社境内で開かれています。採れたての新鮮な野菜、山菜を始め、漬物や園芸用品、生花、果樹や野菜の苗などが境内いっぱいに並びます。


 市民広場で開催される八百屋市はそのミニチュア版といったところですが、一通りの品々は並んでいましたよ。
yaoya1.jpgyaoya2.jpg

 

yaoya4.jpgyaoya3.jpg

 


 お漬け物のテントで試食をしていると、お店のおばちゃんが「これのお茶漬けがね、うんとうめぇの。」といって奨めてくれたのが、これです。
yaoya6.jpg

 先日山形で買ってきたやたら漬の「オーからい」と似ていますが、辛くはありません。何という名前か聞いたのですが、「ん~、味噌漬けを細かくしてねぇ・・・」 特に名前はないそうです。ただ、これは味噌漬けがベースかも知れませんが、かなり色々なものが混じってますよ。


 人参、大根、胡瓜、生姜、フノリ、食用菊、紫蘇の実までは確認できました。なるほど、複雑な味なわけです。山形の漬物のように甘みがなく、自家製味噌の塩辛さ一本なのが特徴です。

 

 さっそくお茶漬けです。この景色、食欲が湧きますよねぇ。
yaoya7.jpg
 こりゃうまい、サラサラといくらでも行けてしまうのが怖いです。^^  ちょうど、山形の「オーからい」がなくなったところだったので助かりました。

 

 本家古川の八百屋市はこれから6月まで3と7のつく日に熊野神社境内で開かれています。
  

 お問い合せ先  :  古川商工会議所 


 

にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ                            ←   こちらもよろしくお願いします。
FC2blogランキング

手作り味噌のヌーヴォーを味わう

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 先日、料理を少しお裾分けしたご近所の方から、お返しに丼一杯の何かを頂きました。ただ、「召し上がってみて下さい。」と言っておいていかれたので、てっきりお惣菜だとばかり思っていました。
 miso1.jpg
 実物はこれよりかなり白く、ラップもかかっていたので卯の花煎りかと思いました。食べてみてもびっくり。これが味噌だとわかるまでに少し時間がかかりました。というのは、これ、そのままで美味い。味噌らしい匂いが全くなく、大豆の味が生き生きとしていて甘みもかなり強い。ただ、そのままではちょっと塩辛い感じ。いわば、大豆の塩辛と言ったところでしょうか。

 

  画像と文章でこの味を表現するのは困難です。色合いも実物はこの写真より白っぽく味噌らしくありません。
miso2.jpg
  とにかく美味い、ご飯とよく合う。もう既に一膳頂きました。これは完全なるおかずです。電話で正体を確認すると、やはり、手作りの味噌でした。ただし、大豆は秋田県産麹は岩出山の石田こうじやので昨年の10月に仕込んだとのこと。

 

 

 作り方も教わると、材料は大豆2.5Kg、麹2.5Kg、塩1Kg(麹と塩は摺り合わせておく)で大豆を茹でた後、ミンサーで潰し、材料をよく混ぜ密閉容器に詰めて物置で寝かせたそうです。大体、8ヶ月頃より利用でき、ちょうど今、出来たてを分けてくれたそうです。つまり、味噌のヌーヴォーですね。この味噌も時間が経つと熟成が進み、色も濃くなっていわゆる普通の味噌に近づいていくらしい。ご近所でも大豆の香りがまだ残っている新物のうちからどんどん使っていくそうです。

 

 

 この新味噌で色々な食材で楽しんでみましょう。 miso3.jpg
 まだ、小さい畑の胡瓜、新生姜、エシャロット、大根、人参、そして何より合うのがご飯です。程よい塩辛さと麹の甘みがどの素材にもよく合います。もろみのようにトロリとしていないので、ご飯にも塗りやすい。これは単なる調味料としての味噌ではなく和製ディップとしても十分通用するのではないでしょうか。

 

 

 昔、おかずがなくて味噌でご飯を食べた話を聞いたことがありましたが、手作りの新物なら喜んで頂きますよ。^^



 

   ← 美味しそうに感じましたら、こちらもよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。