FC2ブログ

待望の生コウナゴ!!釜揚げ丼

カテゴリー: 料理:買い魚

待ちに待った生のコウナゴが手に入りました。シラスとも呼ばれますが、イワシの子
ではなくイカナゴの稚魚です。鮮度落ちが早いので巷にはもっぱら煮干しになった姿で
出回ります。この時期は水揚げされたばかりの生コウナゴが魚市場近くの鮮魚店など
で手に入ります。生コウナゴと来れば、よく知られているのは醤油とザラメで煮詰めた
“釘煮”なんですが、私の目当ては違うのです。

 

早速、女川で買い求めてきました。生コウナゴ 340g 500円
kounago1.jpg

もう少し、小さなサイズだとこのまま酢味噌や酢醤油でいけるのですが・・・



小さくても立派な魚です。イワシの稚魚より顔が尖っていてカマスのよう。
CA250448.jpg



茹でたての釜揚 げです。
CA250451.jpg
  崩さないように茹でるのは、結構大変。かき混ぜ厳禁、フワッと浮き上がったら
網杓子でそっとすくい揚げます。


 

 


じゃーん! 釜揚げコウナゴ丼です。
20070407120029.jpg
青海苔と煎り胡麻をパラパラして、醤油を煮きり酒で割ったものをかけながら戴きます。

 

    一年一度の口福です。あ~春だなぁ。


 



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ    ← 参加中です。ご声援よろしくお願いします。

白石温麺(うーめん)でけんちん温麺

カテゴリー: 料理:麺類

 温麺は「うーめん」と読みまして、素麺の一種です。宮城県南部の白石市の名物で、東北地方ではよく知られているのですが、初めての方は大概「おんめん」と読まれます。中には韓国冷麺のホットバージョンを想像される方もおられるかも知れません。実際、焼肉店で冷麺の麺を暖かいスープで食べる汁そばを温麺「おんめん」として供している所もあるのでますます紛らわしい。温麺(以下は「うーめん」のことです)の特徴は、一般の素麺が粉を練る時に油を入れるのですが、温麺は油を使わないことにあり、胃に優しいとされています。

 長さも9cmで他の乾麺よりかなり短いのも特徴です(右はペットボトルの蓋)。
umen0704-3.jpg



一束がちょうど100gで一人前となります。通常、3束一括りで販売されていますが、価格は100~300円で様々です。 我が家は消費量が多いので箱買いです^^
umen0704-2.jpgumen0704-1.jpg

 夏は冷やして胡桃ダレや醤油味のつゆにつけて食べるのが一般的ですが、冬は暖かい汁で戴きます。最近はカレー温麺や中華風温麺まで出す店もあるとか。


 今日はすこし肌寒いので暖かいけんちん温麺を作りました。
umen0704-4.jpg

茸類、牛蒡、人参、大根、葱など好みの野菜を胡麻油で炒め、潰した豆腐も加えてから、だし汁で煮込み、最後に醤油で味を調えます(今日はけんちんの領域を外れますが、豚肉も入れました)。茹でた温麺にかけてアツアツを戴きます。味噌味のけんちん温麺も美味しいですよ。

 


 けんちん汁に片栗粉でとろみをつけて、あんかけ温麺も即興で作ってみました。umen5.jpg


どちらも深い味わいですが、あんかけの方がボリュームもあって最後まで冷めずに戴けます。

 


にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ           ← こちらもよろしくお願いします。




 ▼ お買い求めはこちらから。「白石温面」で検索して下さい。様々な温麺が
   紹介されてます。

 

塩釜仲卸で骨はだけ(マグロ)♪

カテゴリー: 料理:買い魚

 今日は松島で仕事なので早めに出かけて塩釜の仲卸市場(なかおろしいちば)を物色することにしました。車にアイスボックスを積んでいそいそと出かけます。塩釜仲卸は鮮魚や活魚だけではなく、加工品や冷凍食品 、珍味などあらゆるものが手に入る総合水産マーケット。店舗も367店がひしめき合ってます。毎回、来るたびに新しい発見がありますが、今朝のお目当ては当然、、、アレです。

 

 

 塩釜仲卸市場の正面玄関です。昭和41年の開設ですが、外装を直してきれいです。中には367の店舗がぎっしり並びます。
maguro1.jpgmaguro2.jpg
あれ?月曜日の朝6時だというのに、人気が少ないなぁ。いつもこんな感じだったっけ?これから混んでくるのか、それとも日曜日も営業するようになったので、一般客が平日に来なくなったのか? なぜか活気も少ないような...

  

 

 塩釜と言えば、やっぱ、マグロでしょう。メインストリート右手には10軒ほどのマグロ専門店があります。

maguro3.jpg

お店の前でマグロを手際よく捌いていきます。包丁も薙刀のようにでかいですね。



 

 今日のお目当てはこれです。作りたてのマグロ骨はだけ!! maguro4.jpg
骨はだけとはマグロを卸した後の中落ちや頭からスプーンで残った身をかき取ったものです。早い話がすき身です。骨はだけはだけは裾がはだけるのはだけるから来ていると思います。赤身だけじゃなく、中トロっぽい身も混じっていたりしてすごく得した感じになります。どこのお店でも大(1,000円)と小(500円)があり、小でも3人前はあります。今日は小を二つ買いましたが、帰ってから重さを量るとどっちも430gでした。

 

 

 

 さてさて、これをさっそくご飯に乗せて、ワサビをチョンで、マグロの骨はだけ丼です。醤油を垂らしながら掻き込みます。マグロ好きには堪えられないよねぇ~ 
honehadake1.jpg
う、うまい!そりゃ美味いよね。冷凍だとは思うけど、今朝までマグロの形してたんだから。



   

 

 この骨はだけ丼骨はだけ定食は仲卸市場周辺の食堂でも食べられますが、味噌汁と小鉢が付いて700~900円はします。早起きすれば、三文以上の得がありますよ。


 

 塩釜水産物仲卸市場

  

  ・所在地  :宮城県塩釜市新浜町1-20-74 
  ・電話 :022-362-5518
  ・営業時間 :月曜日~金曜日 午前3時より午後1時まで
                 土曜日           午前3時より午後2時まで
                 日曜日           午前6時より午後2時まで
  ・定休日 :臨時休業日(月に一度位、水曜日)・祝祭日・正月(1月1日~4日)
  ・駐車場 :7,000坪(年末以外は大抵駐車できます)





 

 

← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

春の恵み ツブ(レイシガイ)

カテゴリー: 料理:貝類

海辺に住んでいる友人から「ツブ」を戴きました。宮城では巻き貝のことを「ツブ」と呼びます。春は日中、潮が引くので磯物取りが各浜で行われます。戴いた「ツブ」は「レイシガイ」という貝で、イボニシやクボガイと並んで磯のツブの代表格です。

春の味覚レイシガイを戴きました。
CA250447.jpg

殻にボツボツと凸凹があって、内側がオレンジ色なのが特徴です。
CA250449.jpg

食べ方は簡単。塩茹でして、楊枝でほじくり出してパクリ。
CA250450.jpg

小さいけれど、肉はコリコリとした歯ごたえがあり、ほろ苦さとピリッとくる辛味が刺激的です。
ビールで口をリセットして、また一つほじくってパクッ!

ありゃ~、全部食べてしまいました^^

日韓海苔比較

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 韓国旅行に行っていた友人がお土産に焼き海苔を買ってきてくれました。何も韓国まで行って、日本にも山ほどある海苔を買ってくるとは・・・と思ったのですが、このお土産の韓国海苔、何かスナック菓子みたいなパッケージです。


お土産の韓国海苔、仰々しくアルミの袋に納まっております。
20070407195442.jpg

なんと、1袋にたった5枚しか入っていなかった。日本なら10枚1帖が最少ユニット。ところが、これ単なる焼き海苔じゃない!胡麻油の香りぷんぷん、塩まで振ってある。これは、このまんま、バリバリ食べるための調味加工品じゃないですか。よく見ると漉き方もかなり粗く穴だらけで、日本では等級外になりそうな代物。こればかりは、文章で説明するより見てもらった方が早いでしょう。

         
         韓国海苔(左)と宮城県産焼き海苔(右)
20070407195453.jpg

ずいぶん違うものでしょ。漉き方は習慣、文化の違いなので甲乙をつけても仕方がありません。でも、この韓国海苔はビールやワイン、ウイスキーなどの洋酒にはすごく合いますよ。塩加減が絶妙で胡麻油と海苔の香ばしさがマッチします。


よし、この手法は日本の海苔でも試してみなくては! そのうちやってみますね。