FC2ブログ

4月の菜園

カテゴリー: 紹介:生鮮食材

 今週は寒の戻りのように寒い日が続きましたが、週末になってやっと暖かくなってきました。コートを仕舞ったり出したりしていましたが、これで本当に仕舞うことができそうです。今年は記録的な暖冬だったのですが、4月の寒さで取り返されたようです。 
 変化の激しい気候の中でも木の芽は確実に葉を広げています。先週と比べると成長の具合がよくわかります。


 広がり始めた山椒の若葉、料理の天盛りや吸い物に浮かべるのにちょうど良い大きさです。

sansho.jpg


 この分で行くと、ニシンの山椒漬けは連休の頃には作れそうです。


 畑ではこの時期、エンドウ豆しか育っていません。


enndou.jpg

例年ですと、この時期には菜花やつぼみ菜がまだ残っているのですが、今年は暖冬でしたので収穫終了。


 今日は夏野菜に向けて、畑の耕耘と肥料の鋤き込みです。


hatake1.jpg


 以前は牛を飼っている農家まで行って、堆肥をひと山運んでいたのですが、年々、無精になって、市販の牛糞と自家製のコンポストだけでやってます。多めに入れれば収量はあまり変わりません。


 とりあえず、鍬き込み終了、苗の定植は連休の最後の方になるでしょう。

hatake2.jpg

  宮城はみちのくでも暖かい方なのですが、連休の前半に先走って苗を植えたために低温や風でやられてしまったことが、何度かありました。慌てず、気候が安定したら植えることにします。

 
   これ何だかわかりますか?スズランともにていますが、、、、


gyouja.jpg

 山から移植した行者大蒜(ギョウジャニンニク)です。移植してから、10年は経ちますが、毎年ちゃんと出てきてくれます。ニンニクというより、ニラに近いような香りが強烈です。刻んで薬味にしたり、卵とじや酢味噌和えで香りを楽しみます。環境が合わないのか、あまり増えないので、一株から1~2枚だけ利用させてもらってます。

 いよいよ、みちのくにも本格的なアウトドアシーズンの到来です。山や海へと
「滋味」を求めて繰り出しますよ~!



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ                                 ←   こちらもよろしくお願いします。
FC2blogランキング 人気blogランキング

スポンサーサイト



里山の恵み 『片栗と二輪草』

カテゴリー: 料理:山菜・筍・茸

 拙宅のある仙台の郊外も春たけなわです。ウグイスも鳴き、木の芽も日に日に萌えていきます。最近、「萌える」が発情するような意味で使われていていますが、大自然の「萌える」は静けさの中にも、なにか躍動的なものを感じます。今日は陽気も良かったので、裏山を散策してきました。


  水も温んで思わず手を入れてみたくなります。 でも、やっぱり冷たかった^^

yatoyama1.jpg


 この裏山で毎年、楽しみにしていることがあります。ここには近年、開発や盗掘ですっかり減ってしまった片栗(カタクリ)の群落があるのです。落葉樹に囲まれた沢筋に人目を避けるようにひっそりと息づいています。


   カタクリの群落です。淡い紫が綺麗でしょ。

satoyama2.jpg


 葉っぱはくすんだ緑色で斑が入るのが特徴です。下向き加減の花は実に清楚です。

satoyama3.jpgsatoyama4.jpg

 このカタクリ、成長が遅く、花が咲くまでに10年近くかかります。葉も花が咲くまでは1枚しかありません。かつては各地で広く見られ、鱗茎から取ったデンプンを片栗粉として調理に用いていたくらいです。もっとも、現在の片栗粉は馬鈴薯澱粉ですけどね。実はこの片栗は鱗茎だけではなく葉も食べられます。だけど、上記のように葉数が少ないので葉を取ることはダメージが大きいのです。
今回は山の神様のお許しを得て、小さい方の葉だけを数株分頂いてきました。


 続いて、これは二輪草(ニリンソウ)の群落です。半日陰の沢辺でよく見られます。

satoyama5.jpgsatoyama6.jpg

   茎と葉の間から 2本の長い柄を出して、先端に白い小さな花を付けます。だから、二輪草です。この二輪草も多少、苦みと癖がありますが、食用となります。ただ、注意しなければならないのは葉が毒草であるヤマトリカブトとそっくりなことです。毎年、中毒事件が起きているので確実に判別できない方が食べるのは危険です。


 今日は春の里山の恵みをありがたく頂きます。
片栗のお浸し(左)と二輪草の卵とじ(右)です。どちらも栽培された野菜とは違って味に強い生命力が感じられます。日本の自然に感謝!

satoyama7.jpgsatoyama8.jpg

   みちのくの里山の恵みはこれからが本番、GWの頃にはウルイ(ギボウシ類)やシドケ(モミジガサ)も出てくるでしょう。タラの芽ばかりが山菜ではありません。みちのくには美味しい春の恵みが数え切れないほどありますよ。乞うご期待です!

 

 


にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へにほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ         ← こちらもよろしくお願いします。m(..)m

 

| ホーム |