スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【松島町】枉駕のラーメン450円

カテゴリー: 外食:ラーメン

 昔、松島に支え棒のある変なタワーがあったのを誰か覚えていませんか?
他県から観光で松島にお越しになり、今はなきこのタワーに登られた方もいるかも知れません。



 

このタワーがあった付近の道路沿い(カーブの所)に枉駕という小さな中国料理屋さんがあります。
ohga1.jpg

 周りは海産物の販売所に囲まれ、漁港のそばという立地条件ながら、上品な感じのするお店です。このお店では麻婆豆腐定食や麻婆湯麺(マーボータンメン)が人気で必ず、誰かが食べています。でも、私がお薦めしたいのはラーメンなのです。


 

 
 枉駕のラーメン450円です。さっぱり癒し系なのが伝わりますでしょうか?
ohga2.jpg
 ここのラーメンのスープは中国料理の上湯を感じさせるような品のよい味わいなのです。
魚系はダシに使っていないようで、和の気配は感じられません。そして今どき珍しい縁赤の叉焼が乗せられていて、懐かしさも加わります。煮豚じゃなくて下味を付けた豚を焼いているようです。



 

 麺は細いストレートで、少し透明感があり、腰もあります。
ohga3.jpg
 よくあるタイプの麺ですが、歯応えが気持ちよく、このスープによく合います。ただ、スープが少し塩辛めなのは、漁港のそばという環境から仕方がないのでしょう。それはご主人自身が感じているはず。



 最近、様々な創作系のラーメンが生み出されましたが、このような基本のしっかりしたラーメンに出会うと何かホッとします。450円という値段もご主人の心意気を感じますね。




 海岸通りのカーブにあり、店の前の駐車場は3台だけなので入り難さを感じます。しかし、店の裏側に広い駐車スペースがありますので、無理して正面に停めないで裏に回しましょう。



 


 中国飯店 枉駕 

  • 所在地  :宮城郡松島町磯崎字磯崎101
  • 電話        :022-354-5339
  • 営業時間 :11:30~14:00 17:00~19:30
  • 定休日    :水曜日
  • 駐車場    :あり(店の前と裏)



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ                       
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ      ←   お役に立てましたら、こちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト

海鮮屋で飲み放題 (国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 名前とエントランスの佇まいに惹かれてちょこっと行ってきました。そして、いつものようにがっつり飲んできたのですが、、、初めてのお店なので、おまかせコース+いつもの飲み放題セットで一応、歯止めをかけておきます。^^



kaisen1.jpgkaisen2.jpg



 


 いきなり先付八寸というか、オードブル盛り合わせで重そうなのが登場します。
kaisen3.jpg

 時計回りで海老のコンソメゼリー寄せ、しんじょの紫蘇巻揚げ、八幡巻き、オクラのベーコン巻き、海老の変わり衣揚げ、、、これ5人分なのですが、全部食べると質量ともに効いてきますよ。



 

 お造りの盛り合わせです。ピントが甘いのが残念ですが、流石に海鮮を名乗るだけのことはあります。
kaisen4.jpg
 同じく時計回りに、北寄貝、鯛の松皮造り、鰹の土佐造り、不明白身、ねぎとろ磯辺巻き、はまち、伊勢海老、帆立貝焙りです。どれも美味しく、普通の居酒屋とはちょっと違うなと感じました。


 

 
 う~ん、これはなんと説明したら良いのでしょう。雲丹のクリーム焼きか、、、
kaisen5.jpg

 殻雲丹の底に生雲丹少々、チーズ味がするベシャメル詰めて空豆を乗せて焼いた???いや焼いていないかも知れない。焦げ目が全くないが、ほんのり温かい。何とも中途半端な一品。雲丹は生で頂きたかったです。



 

 焼き物盛り合わせです。この店のもう一つの名物である牛タンと焙った烏鰈です。
kaisen6.jpg
 牛タンは厚くてしかも柔らかくて看板に偽りなし。烏鰈にはマンゴーか何かのフルーツを練り込んだようなオランデーズ風のソースがかかってました。脇役のキャベツも酸味が効いていて美味しかったです。



 

 煮物の盛り合わせ大鉢盛りです。メインはふかひれです。
kaisen7.jpg
 時計回りにふかひれ、卵の寄せ物、しんじょ冬瓜巻き、青菜、海老です。
主役のふかひれは、こんな小さなサメがいるのだろうかという大きさで気仙沼に水揚げされるサメ類とは違う種類のようです。

 




お料理は食材の質を考えれば、まずまずではないでしょうか?それに値段も値段ですから。クーポン券持参で十四代がプレゼントされますのでお忘れなく(詳しくは↓)。ただ、このお店は地酒のコレクションも自慢のはずだったのですが、飲み放題の田酒も出羽桜もなぜかいつも飲んでいるものとは異なるように感じました。
 

 

 


  海鮮屋   

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町2-1-22 2F
  • 電話        :022-261-5559
  • 営業時間 :17:00~23:00
  • 定休日    :日曜日
  • 駐車場    : なし

 



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へにほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ     ←   こちらもどうぞよろしくお願いします。
 

 


 ▼ クーポン持参で十四代がサービス。宮城県選択→海鮮屋入力でご参照

 

いわまのひやっこいラーメン (一番町@仙台)

カテゴリー: 外食:ラーメン

 いつもワンコインランチを利用させてもらっているいわまさんですが、昨日、前を通ったら、季節限定ひゃっこいラーメンの看板が出ていました。今日は暑さもきびしいので思わず入ってしまいました。

hiyara1.jpghiyara2.jpg

 



 一応、お店の中で酸っぱくないことを確認して注文しました。
 いわまのひやっこいラーメン700円です。ライスかおにぎりが付きます。
hiyara3.jpg
 トッピングもたっぷりで、半熟味付き卵、煮豚、メンマ、キュウリ、ノリで麺が隠れています。おにぎりも大きくボリュームたっぷり。

 

 

 この煮豚が良い出来で口の中でとろけます。しかも厚さが5mm以上ありました。
hiyara4.jpg
 スープは魚系のダシが良く効いており、米沢ラーメンを感じさせますが、若干とろみがあって、コクもあります。山形の冷やしラーメンのようなさっぱり系ではありませんが、これはこれで美味しかったです。麺は中細のストレートでやや柔らかめでしたね。

 

 

 他にも色々なラーメンが揃っていますので、涼しくなったら、一つ一つ試してみましょう。
hiyara5.jpg



 

     前回の訪問      2007年4月25日     ワンコインランチ



 

  いわま

  • 所在地  :宮城県仙台市青葉区一番町4-7-7
  • 電話        :022-225-0245
  • 営業時間 :11:30~14:00 17:00~23:00
  • 定休日    :日曜
  • 駐車場    :なし(周辺に有料多数あり)

 

 

     ← ご評価よろしくお願いいたします。 

 


【東松島市】三浦屋のOysy焼きそば

カテゴリー: 外食:他麺類

 45号線を石巻から松島に向かって走っていると東松島市(旧矢本町付近)の大きなカーブのところで気になる看板をご覧になった方も多いはず。

 

 もう古くなりましたが、いわゆるひとつのB級グルメのお店ですと長嶋監督の似顔絵が語っています。というか、長嶋監督の物真似のフレーズを使ってます。^^


miura1.jpg

 

 
 
お勧めはこのお店ならではのOysy(美味しい)焼きそばです。
miura3.jpg

 ソース焼きそばにしては少し高め(750円)ですが、その量を見れば納得するはず。トッピングも様々用意されています。


 健康ひとくちメモ(画像右枠囲い)を見ると焼きそば一人前で1410Kcalとなってます。あちゃー、カツ丼より高いかも。。。 でも、ここに来た時は焼きそばを食べないと後悔します。

 

 

 Oysy焼きそば普通サイズ目玉焼き(片目)乗せで850円(750+100円)です。
miura4.jpg
 
とにかくボリュームたっぷり。大したことないように見えるでしょ。でも、これは皿盛りではなく、浅い丼ですから。小食の方はハーフサイズをお勧めします。これに具沢山のスープも付きます。

 

 

 麺は細くライトな感じのソース焼きそばです。味付けも軽めです。
miura5.jpg
 なにせ、量が多いですから、食べ進むうちに味の変化が欲しくなります。紅生姜を混ぜたり、黄身と絡めたりしながら食べ進めます。さらに卓上のソースで味変をするのもいわゆるひとつの食べ方です。^^



 ソース焼きそばは古くからの人気メニューで独自の細麺とそれに絡めるスープが決め手らしいです。鉄板で焼いたのとは異なり、中華鍋で、しかも強い火力で一気に炒めているので最初はかなり熱く、フーフーしながらしか食べられませんです。

 

 

 「ごはんとみそ汁のうまい店」、「ダシとスープにこだわる店」、「おいしい水の飲める店」が、この店の信条とか。昔から変わらぬ美味しさを長嶋監督の看板とともに守っていって頂きたいですね。


 


 食事処 三浦屋

  • 所在地  :宮城県東松島市大曲字寺沼2
  • 電話        :0225-82-3424
  • 営業時間 :11:00~21:00
  • 定休日    :水曜日
  • 駐車場    :あり

 

 

 

         ←   ご声援よろしくお願いします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

【仙台市秋保】温泉で宴会してきました

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 毎年、この季節に仲間と温泉+宴会で暑気払いをやっています。今年は近場にしようということで仙台市内の秋保温泉に決めたのは良いのですが、迂闊なことに8月5日は仙台七夕前夜祭の花火大会、翌日からは本格的な七夕祭りで宿は一月も前から予約で一杯です。


 幹事役が苦労の末、何とか宿を確保してくれましたが、今度は台風5号の接近で海山は大荒れの予想。もう踏んだり蹴ったりです。それでも、4日の昼には日本海沖を北上し、午前中、一時強い雨も降りましたが、午後には日射しも差すまずまずの天気となりました。ホッ こういう状況になると、いくつになっても俺の行いが良いからだ。とお決まりのセリフを言うとっちゃん坊やがいるものです。^^



 さて、秋保といえば秋保大滝、その入り口には慈覚大師が不動明王を安置したとされる秋保不動尊があります。 ここは山形県の山寺立石寺の奥の院とされているそうです。 右は秋保不動尊から滝へと向かう途中にある茶店です。
akiu1.jpgakiu2.jpg
 茶店の竹とうふにもの凄く惹かれたのですが、夜のためにお腹を空かせておきました。辺りはヒグラシの大合唱、一定間隔でシンクロして鳴き始めます。クラクラするような大音響。蝉時雨とはよく言ったものです。  


 

  秋保大滝の雄姿です。遙か下から轟音が響いてきます。
akiu3.jpgakiu4.jpg
 那智、華厳と並ぶ日本三瀑布の一つで、落差は55mあるそうです。日本三瀑布のうち那智と華厳は異論がないようですが、3番目は結構ありますね。^^ それでも、秋保大滝の滝壺はマイナスイオン濃度が日本一とのこと。なんとなく胸が清々しくなったような気がしました。


 

 今日のお宿はここです。  さっそく、温泉に浸かり疲れを癒します。
akiu4.5.jpg
 さすがに風呂にはカメラを持ち込めません。^^  露天風呂と続いた清潔感あふれる
湯殿でした。弱塩泉のお湯は透明で匂いもなく、さらっとした感じの湯上がり感です。




 
  さてさて、待ちに待った宴会です。あまり気取らない料理がかえって癒されます。
akiu5.jpg

 今宵のお献立を書き写しておきます。


  【お献立】

 小  鉢: 山菜 膳 菜:海の幸、山の幸
 刺  身: 鮮魚色々あしらい一式 
 凌  ぎ: 紅梅温麺 
 鍋    : 九絵、豆腐、栗麩、若布
 陶板焼: 牛肉、野菜
 焼  物: 赤魚西京焼
 蓋  物: 胡麻豆腐、蓴菜(じゅんさい)
 揚  物: 天麩羅 海老、野菜
 酢の物: あぶり鰯
 飯   :  ひとめぼれ
 汁   :  きのこ汁
 香の物: 三種盛り
 水菓子: 季節の物

 
  お凌ぎの紅梅温麺と蓋物の胡麻豆腐です。お造りはマグロとハマチとイカでした。
akiu6.jpgakiu7.jpg



  陶板焼きの牛肉とデザートです。
akku8.jpgakiu9.jpg
  デザートの頃はいつものように酔っ払ってあまり記憶がありませんが、フルーチェのようなミルク・ペクチン系にフルーツ細々だったような・・・

 


 

  さて、酔いつぶれて、いつもより早く寝てしまったので朝は暗いうちから目が覚めてしました。窓を開けると渓流のせせらぎヒグラシの声が聞こえます。日中の蝉時雨と違ってソロで歌っています。まだ気温が低いためか声に力がありませんが、それが朝ぼらけに心地よく響きます。

  朝風呂を浴びてもまだ朝食の時間までしばらくあるので、周囲を散歩、ますますお腹が減ってしまいました。^^  




   朝食はバイキング形式でした。欲張ってあれやこれや皿に乗せてきました。
akiu10.jpg
  おかずを欲張ったのでご飯はおかゆをチョイスしました。和食・洋食どちらも用意されて
いて目移りがしてしまいます。味噌汁も2種類あり、飲んだ翌日なのでシジミ汁を頂きます。

 

 右端のだし巻きは、板前さんが目の前で焼いてくれたものです。ダシが溢れ出ます。
akiu11.jpg
  これだけあれば、また酒盛りが出来ますが、ぐっと堪えます。^^  

 

   仙台から車で1時間もかからない距離にある秋保温泉はまさに仙台の奥座敷。お手軽な日帰り温泉も多くの旅館でやってますし、共同浴場(300円)もあります。観光や宿の予約は以下のHPを参考にして下さい。


 

    秋保情報局(秋保温泉旅館組合) 
   
   秋保・里センター       




  ←  お役に立ちましたら、クリックよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。