FC2ブログ

ずんだ餅を作りました(レシピ)

カテゴリー: 料理:穀・粉類

  宮城や山形の伝統食であるずんだ餅もすっかり有名なって、いまや、ずんだ大福やずんだアイス、ずんだパフェと様々なバリエが世に送り出されています。元々はお盆の料理だったそうですが、宮城の和菓子屋さんでも花見シーズンにはずんだ団子、お彼岸にはずんだぼた餅をおいていたりします。ずんだ餡は小豆やインゲンの餡とは違って粉っぽさがないのと鮮やかな緑色が特徴です。


  

 

 

  畑の枝豆の収穫もかろうじてお盆に間に合いました。
zunda1.jpgzunda2.jpg

 今年は茶豆の一種である山形のだだちゃ豆を植えてました。でも、仙台で栽培しているので正確には仙台茶豆と呼ばないといけないのかな。



 

 さっそく、新鮮なうちに塩茹でし、莢から豆を取り出します。 茶豆の特徴は薄皮が黒ずんでいるところです(左)。ずんだ餅を作るにはこの薄皮を剥かなくてはなりません。これは大変根気が要る作業です。この薄皮を剥くと、まさに一皮剥けて美しい翡翠色の豆となります(右)。
zunda3.jpgzunda4.jpg



 

 

 

  剥いた薄皮(左)は豆と同じくらいの量となり、その多さに驚きます。
zunda5.jpg
 皮がこんなに出るということは、豆もかなり目減りするということです。茹で上がりの莢ごと500gが大体お茶碗一杯くらいの剥き豆となります。これで、5人分くらいのずんだ餡ができます。豆と一緒ならこの皮も食べられるのですが、皮だけだとちょっと無理でした。^^  



 このあとも作業はさらに続きます。従来は擂り鉢で叩き潰していたのですが、現在はフードプロセッサー等の文明の利器が使えます。ただ、お茶碗1杯程度の量ですとフードプロセッサーミキサーでは周りにへばり付いてうまく潰せません。水分を入れすぎると今度は餡としての粘性が確保できません。


 

 

 

 

 

 そこで、このような時に威力を発揮するのが、ハンディーミキサーです。これはカップ内でスクリューを回すようなマシンです。防護カバーも付いていますので、カップに歯が当たることはありません。
zunda.jpgzunda0.5.jpgzunda0.8.jpg


 

 

 

 

 事前に作っておいたシラップ(三温糖を湯で煮詰めたもの)を適度に加えながら、上下に突くように攪拌していきますと僅か数十秒でネットリしたずんだ餡が出来上がります。最後に塩か白醤油でほんの少し塩分を加えて味を整えます。
zunda6.jpgzunda7.jpg



 

 柔らかい餅を餡でくるんでずんだ餅の完成です。自家製ずんだ餅は甘みを加減できるのが嬉しいですね。
zunda9.jpg
 餅はパックの切り餅でも結構ですが、電子レンジで膨らませてから、水を打ちながら擂り粉木で突いて、適当に丸めると雰囲気が出ます。



 

 

 

 

 白玉団子に和えても美味しいですよ。こっちの方が涼味はありますね。
zunda8.jpg

 トッピングは大根の梅酢漬けです。口直しと彩りですね。



 

 

 

 

 でも、枝豆とビールの組み合わせは外せませんよね。^^
zunda10.jpg
 
風呂上がりに初物の茶豆で本物のビールをグビッ。やっぱこれだね~!
ちなみに、美味しい枝豆の茹で方は4%の塩水で3分30~40秒です。



 

 

 

 



 【ハンディーミキサーについて】stickmixer.jpg

 フードプロセッサーを使うほどの量でない場合、つまりカップ1~2杯を擂り潰したり攪拌したりする時にはこのマシンが大変便利です。特にマヨネーズレバーペーストビシソワーズバナナシェイクなどが少量でも気軽に作れますし、後片づけも楽に済みます。調理中の鍋の中で使ったり、一人分をコップで作ってそのままテーブルにといったことも出来るのが魅力です。

 各社から似たような製品が出されています。中でもスイス製のバーミックスが高性能のようですが、値段も高くなります。私はマルチシェフのスティックミキサーを永年、愛用してますが、特に不便は感じません。用途別の替え刃が4種類とふりかけ用のミルも付いてますし、最近は価格も一万円以下で購入できるようです。
 なお、電動の泡立て器もハンディーミキサーと呼ぶことがありますのでお買い求めの際はご注意下さい。

 



  ハンディーミキサー」、「スティックミキサー」、「バーミックス」で
 検索して各機種のスペック・価格を比較してみて下さい。


 






 

 

 

 

        ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト



| ホーム |