FC2ブログ

イナダの竜田揚げ

カテゴリー: 料理:釣り魚

 昨日の釣りはサバ主体となりましたが、走りのイナダも釣れてきました。イナダとは30~40cmのブリの未成魚のことで、この時期から仙台湾に来遊し晩秋の頃まで釣れ続けます。ブリは出世魚で成長に伴い名称が変わりますが、それも地方によって異なるようです。


関東ではワカシ → イナダ → ワラサ → ブリが一般的ですが、 関西ではワカナ・ツバス → ハマチ → メジロ → ブリとなるようです。古くから日本各地で親しまれてきた魚だからこそ様々な呼び名を付けられたのでしょうね。


 まだ、走りなので30cm前後のイナダです。これでも、今年の冬から春に生まれた当歳魚です。このあともカタクチイワシをバンバン食べて、どんどん成長します。
inada2.jpg





 イナダと雖も立派なブリの子です。精悍な顔付きはまさにブリ。
inada4.jpg
 まだ、小さいので苦もなく釣り上げることができますが、40cmを超えるようになると1尾1尾と格闘しなければなりません。




 走りのイナダは脂も少なく、サッパリとしすぎていますので、揚げ物で頂きます。
味醂醤油に浸けてから片栗粉で揚げた竜田揚げです。
inada5.jpg

 付け合わせに長ナスと万願寺唐辛子の素揚げを添えました。さくっとした衣とふんわりした身のハーモニーは絶妙です。味醂を使いましたので少し焦げやすく、やや低温で揚げる方が良いでしょう。

 

 

 今年の仙台湾は水温が高めなので、黒潮に乗ってやってくる回遊魚がたくさん入ってきてくれることを期待しましょう。サワラも三陸沿岸では初夏からずっと獲れ続けているみたいだし、海の夏である秋が楽しみです(海水温は気温より一月半ほど遅れて推移します)。



 

     ← 頑張ってます。ご声援よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ               

 


 

スポンサーサイト



サバのフリト・コン・サルサ

カテゴリー: 料理:釣り魚

 魚が食べたくなったので、ちょいと海に調達に行って参りました。波もなく穏やかだったのですが、予想以上に暑くて苦戦しました。



 目の前を巨大なフェリーが通り過ぎていきます。
sabasalsa1.jpg
 こんなのに乗って優雅に旅行でもしてみたいものです。と思いにふける間もなく大きな波に煽られて船縁にしがみつきました。^^




 水面にイワシが盛り上がっていたので、すぐさま擬餌針を投入。40cm級のサバがすぐに釣れてきます。



 釣れたサバは鮮度保持のため、釣れる傍ら首を折って血抜きをします。
(血抜きが終わって水を換えたところです)
sabasalsa2.jpg

 さて、しめ鯖も続いたので、今日はスペイン風の揚げ物 Frito con salsa にしてみます。カラッと揚げて夏野菜たっぷりのサルサをかけて頂きます。



 最近はサルサというとダンスの方がすっかり有名になってしまいましたが、サルサは、スペインや中南米の食卓には付き物のソースで、トマト、玉葱、青唐辛子の微塵切りを塩とレモン酢で和えたものです。そして不可欠なのが、コリアンダー(香菜、パクチー、シラントロ)で、これの香りがオイリーな料理をシャッキとさせてくれます。



 ところが、我が家ではコリアンダーは御法度、誰もその香りを理解してくれません。やれドクダミだの、カメムシだのと言って近づきもしません。そこで、100歩譲って、日本のハーブに食材変換します。



 材料の野菜とコリアンダー替わりの青紫蘇です。
sabasaisa3.jpg

 全てを微塵切りにして、塩とレモンだけで味付けます。唐辛子は好みで加減して下さい。本場もんは「あひぃ~ Aji~」というくらい辛いです。




 中南米のレストランではこんな感じでテーブルに無造作においてあります。
揚げ物や炒め物、セビッチェなどに各自がかけて頂きます。
sabasalsa4.jpg




 揚げ立ての熱々のサバにジュッとサルサをかけます。
sabasalsa5.jpg
 酸味と辛みの効いたサルサが揚げ物をサッパリ食べさせてくれます。




 サルサはフレンチのラビゴットソースとも似ていますが、こちらはベースが油とビネガーのフレンチドレッシングなので、さっぱり感は劣ります。やはり、夏にはサルサが一番です。刻み込む野菜もセロリやピーマンなど生食できるものを何でも使えます。辛みやコリアンダーの香りを抑えれば、子供にも喜ばれますし、野菜をたくさん摂ることができるので便利ですよ。

 



 

     ← お役に立ちましたら、こちらもよろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ               

 

| ホーム |