スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【亘理町】荒浜のはらこめし

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

 今日は海岸線を南に向かってドライブです。お目当ては亘理町荒浜の鮭はらこめしです。今日はお日柄もよく、混雑が予想されるので、早めに到着。この界隈にははらこめしを食べさせる店が何軒もあります。魚市場の人にどこがお薦めかと尋ねると一押しで紹介してくれたのがこの店です。


 旬魚・鮨 あら浜です。お昼前だというのに駐車場にはかなりの車が停まっています。店内もかろうじて1テーブルがちょうど空いたところでした。
arhama1.jpgarahama2.jpg
 とんでもなく人気のある店のようです。ただ、値段も高めです。約半数の人がはらこめし、残りの方は海鮮丼(三色丼)か天丼を食べている様子。



 はい、初志貫徹、迷わず、はらこめし1470円です。
arahama2.5.jpg
 小鉢の煮物、香の物の他に鮭のあら汁が付きます。なかなか豪勢でしょ。



 イクラ(はらこ)がたっぷり、鮭の身も大ぶりで食べ応えがあります。これ見ているだけでまた食べたくまります。^^
arahama3.jpg
 あれっ、このイクラはまだ粒が少し小さめで卵膜も軟らかい。鮭の身もしっとりと脂もあります。これはまだ沖合を回帰中の鮭のようですね。亘理の伝統的なはらこめしは川にのぼった鮭を使うため、もう少し成熟が進んでいますし、はらこ(イクラ)にもさっと、熱を通すはずです。もちろん、ここのはらこめしは絶品で申し分がありません。ご飯もかなりしっかりと味の付いた炊き込みで量も十分。


 鮭のあら汁です。あらと言ってもかなり肉の部分が多いです。
arahama4.jpg
 
やはり、このあらの鮭も川鮭(ブナ鮭)と違って、身に旨味が十分残っています。里芋も入ってボリュームたっぷり。

 



 食べ終わって、12時半頃に店を出たのですが、外には行列が出来ていましたよ。それも頷けるはらこめしでした。三色丼や天丼も気になるなぁ、今度また来てみよう。





 旬魚・鮨 あら浜 

  • 所在地  :宮城県亘理郡亘理町荒浜字中野183-1
  • 電話        :0223-35-2585
  • 営業時間 :(昼) 11:00~15:00 (夜) 16:00~21:00
  • 定休日    :月曜
  • 駐車場    :あり(60台)




            ←   こちらもよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へにほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ                           

スポンサーサイト

朴の実酒を作ってみた

カテゴリー: 料理:農産加工品

  まずはこれをご覧下さい。何だと思いますか?
hou1.jpg

 まるで甲殻類か棘皮動物のようでもあり、熱帯の果物のようにも見える物体ですが、これは朴の木(ホオノキ)の実です。正確に言うとこの塊の中に多数の実が入っていますので集合体です。壽丸さんがご自宅の裏山から採ってきて下さいました(9月10日)。


 

 朴の木は高さ30m位になるモクレン科の大木で、その葉っぱも大きく香りがよいので岐阜県では朴葉味噌(朴葉を鍋替わりにして挽肉や茸を味噌と味醂で炒めた料理)に使われています。
hou20.jpghou10.jpg
   
 我が家の近くの山にも何本か生えているのですが、木が高くて手が出ず、実が落ちてくるのを狙っていたところでした。ただ、落ちた実は大抵虫に食われていますので、助かりました。壽丸さん、ありがとうございます。

 

 この朴の実、とても良い香りがするのです。漢方では和厚朴実といい、樹皮と同じく苦い煎じ汁を健胃剤や腹痛薬にするそうです。壽丸さんは昨年、日本酒に香りを移して楽しんでおられたのですが、これを焼酎に漬けてみたくて時機到来を今か今かと待ってました。



 朴の実の果実酒に挑戦します。いつものようにホワイトリカー35度に漬け込みますが、氷砂糖は入れません(9月11日)。

hou4.jpg


 これはどう見ても、どう見ても海底生物のフォルマリン標本にしか見えませんね。^^



  【20日後】



  漬け込んでから、まだ、20日しか経っていませんが、様子を見てみると既に結構色が出ています(9月30日)。
hou22.jpghou23.jpg
 ちょっと味見してみたら、かなり強い味と香りがするじゃありませんか!でも、なんというか。如何にも漢方と言ったらよいのか。。。表現が難しい風味です。率直に言いますと、杉や松のヤニのようなギンとした強い芳香、仁丹の苦味と甘味、うがい薬の清涼感と薬臭さ、、、、決して、美味しいとは言えませんが、何か体には効きそうなのを直感で感じます。


 ただ、本当に35度の焼酎で抽出して良かったのだろうか? 不安になります。さっそく、ネットや本草酒166種が解説されている清水大典著(1983年)薬酒・果実酒全科で調べてみますが、朴の実酒は紹介されていません。ますます不安。はやり、さっと日本酒に香りを移す位が正しい利用法なのだろうか。


 朴の木にはマグノロール、ホオノキオール、マグノクラリンなどが含まれ、特にマグノクラリンはアルカロイドの一種で、神経性の筋弛緩作用も弱いながら持ちます。さらに、マグノロール、ホオノキオールはジフェニル化合物で中枢性筋弛緩作用を持つとされています。こりゃ、とんでもないものを作ってしまったのかも知れない。


 が~ん。。。でも、漢方薬だから劇的な作用はないはず、今日から少しづつ飲んでみよう。それで、体調に変化があったらやめればいいや。いずれにしろ、これ以上濃くなるとやばそうなので、実は引き上げることにします。もしかしたら、一般の果実酒のようにこのあと、2ヶ月くらい寝かせた方が味が馴染むのかも知れませんが、上記のように味の楽しむ酒と言うより、これは薬として服用するものでしょう。なにか変わったことが起きましたら、ご報告します。^^





            ←   こちらもよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ                           


魚がしの魚料理で飲み会です(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 国分町のラーメン国技場の並びに魚がしという鮮魚店もやっている魚料理主体の居酒屋さんがあります。名前のとおり魚料理は安くて美味しいので人気があります。



 まるで鮮魚店のような魚がしの入り口です。。右は日中の横からのビュー。
uogasi-mae.jpguogasi-yoko.jpg
 結構人気がありますので、大勢の時はいつも予約してから使っています。



 この店には日替わりのきき酒セットというのがあります。少しづつですが、3種類のお酒が490円で楽しめます。
uogasi2.jpguogasi3.jpg
 小鉢にイイダコのわさび和えが付いてきました。今日のお酒は乾坤一一ノ蔵と、、、もう1種類は忘れてしまいました。あくまできき酒、酔うにはまるで足りません。

 さて、きき酒を起爆剤にあとは澤の泉日高見をバシバシ飲み倒していきます。



 突き出しのマガレイの煮付けとお造り5点盛り(1500円位)です。
uogasi4.jpguogasi5.jpg
 マガレイはしっかり煮込んであって、骨まで食べられました。お造りはマグロ、ハマチ、タイ、イカ、活ツブです。


 アナゴの白焼き串です。一串180円、面白い供し方ですね。
uogasi6.jpg
 もちろん、山葵醤油で頂きます。熱々の白焼きはいつ食べても最高、酒が進みます。



 続いて、ギンタラのカマ焼きです。
uogasi7.jpg
 脂たっぷりのギンタラは口でとろけます。



 鯨の味噌漬け焼きです。
uogasi8.jpg
 
どうもミンクではないようですが、臭みもなくて軟らかく、良い酒肴です。



 この店では、いつも飲み過ぎてしまいます。従って、予算は4000円を少し超えることが多いですね。でも、これに値する魚とお酒が楽しめますので満足感はありますよ。




 佳味 魚がし

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町2-7-8
  • 電話        :022-265-9865
  • 営業時間 :17:00~2:00
  • 定休日    :日曜
  • 駐車場    :なし



            ←   こちらもよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ    

 

ネットカフェでランチです。

カテゴリー: 外食:その他

 9月25日から自宅のPCに接続しているADSLが全く繋がらなくなり、救援をプロバイダーに求めましたが、いまだに何ともなりません。この間に、大変役に立ったのが、ネットカフェでした。記事のテキストは自宅のPCで書けますが、それを画像とエディットしてアップするのに利用させてもらいました。そして、この記事もカフェからのアップです。


 正直、それまでネットカフェに入ったことは一度もありませんでした。だから緊張しました。だって、中はこんな感じだもの。
cafe1.jpgcafe2.jpg

 これはお仕置き用の独房でしょうか? 自由こそあれ、人間が生存出来る最低限の空間に自分から引き籠もろうとしています。なんて、ことを言っている場合ではない。すでに、タイマーは作動している。一刻も早く、記事をアップしなければ。でも、ここ入会金300円、最初の1時間500円、その後15分100円なんだと。これって安いの?


 1時間半ほどで、5件の記事をアップし終えて、やっと、貯まったコメントへのレスを書く余裕が出てきました。すると、急激に空腹感が。。。置いてある解説書に目を通すと、ななな、なんと昼時に2時間利用するとランチが無料になるサービスがあるじゃありませんか。


 本日のランチは、味噌カツ定食、マヨから丼、炊き込みご飯と天ぷらうどんのセットの3種類。ここは冷静に排他法で決定することにしました。まず、味噌カツは名古屋で本場物を食べたけど、生理的に合わない。マヨから丼は鶏の唐揚げにマヨネーズをかけたお子ちゃま向けのジャンク。


 そうなれば、地味だけど炊き込みとうどんしかないでしょう。でも、これ正解だったかも。
cafe4.jpg
独房に昼飯が運ばれてきました。運んできたのはゴッツイ看守ではなく、綺麗なお姉さんでしたよ。^^
 


 ただ飯ですから、それなりを覚悟していたのですが、うどんは冷凍のさぬき風でシコシコ。
cafe5.jpg
 かき揚げにも、ちゃんと海老が入っています。



 炊き込みご飯にも鶏肉と牛蒡が入っていて普通に美味しかったです。
cafe6.jpg

 なんかここ、居心地良いなぁ。こうやって、ドリンクバーとランチが付いた独房で社会の喧噪からも隔離され、誰にも邪魔されずネットに向かっていられる。これって、引き籠もりの目覚めなのでしょうか??




 対応の遅いプロバイダーへの苛立ちが募っていただけに、ネットカフェのお陰で少し癒されました。なんとか記事のブランクも最小限に止められました。これから、荒天で釣りにも山にも行けず、畑作業も出来ない日にはサービスランチ付きのネットカフェで過ごすのも悪くないかも。



 ネットカフェ花子.com

  ■ 一番町店
      所在地  :仙台市青葉区一番町3-10-23
      
電 話    :022-216-8789

  ■ 苦竹店
      所在地  :仙台市宮城野区苦竹1-11-1
      電 話    :022-782-3070
  ■ 泉店
      所在地  :仙台市泉区天神沢1-1-5
      電 話    :022-771-0969

  ■ 多賀城店
      所在地  :多賀城市八幡1-2-34
      電 話    :022-367-7889


            ←   こちらもよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ    

 

海鮮館の日替わりランチ680円(二日町@仙台)

カテゴリー: 外食:その他


 今日はいつも、コメントを頂いているゆいさん、mixiの方で知り合ったBeer樽さんご推奨の海鮮館二日町店に行ってきました。派手な黄色い看板が一度見ただけで脳裏に焼き付きます。
kaisenkan1.jpgkaisenkan2.jpg
 ランチタイムには日替わりランチのお総菜2品が透明ケースに展示してあり、いつも美味そうだなぁと思いつつも、混んでいるので入りそびれていました。ぎゅうぎゅう詰めの相席でバシバシ撮影するほど肝が据わっていないのです。今日は幸運にもすいていました。



 店内では中国(台湾)語が激しく飛び交います。いいですね、こういうお店は外れがありません。知らなかったのですが、名古屋を中心に展開しているチェーン店らしいです。


 本日の日替わりランチは肉団子と野菜の酢豚風とトマトと卵の炒め物でした。
kaisenkan3.jpg

 卵スープはやはり期待通りの本場の味でした。優しい味でとろみ具合が絶妙です。



 肉団子は揚げ立てでまだ周りがカリカリしてますよ。
kaisenkan4.jpg
 てっきり甘酢あんだと思ったのですが、普通の旨煮の味付けです。しかし、これは計算されています。もう1品がトマト味ですから、甘酢あんでは味がバッティングしてしまいますね。

 

 トマトと卵の炒め物はちょっとケチャップの味が立っていました。
kaisenkan5.jpg
 この料理も日本にすっかり定着しましたね。これをオーバーライス風にしても美味いかも。

 

 なんと、食後にはアイスコーヒーが付きました。
kaisenkan6.jpg
 料理だけでも普通一皿400~500円、それにドリンクも付いて680円は相当お得でしょう。




 今、このお店の特製台湾ラーメンが話題を呼んでいます。台湾ラーメンは台南名物の担仔麺を名古屋人好みに激辛に改良されたものとされ、目にもくる辛さが病み付きになるそうです。辛さが適度の台湾ラーメンもありますので、お間違えのないように。
 

 麺類とのセットが750円で看板の通り、コーヒーかデザートが付きますよ。夜は飲み放題コースもあり、9品で2980円(90分)、11品で3500円(120分)いずれも2名以上からだそうです。お酒もビールや中国酒だけではなく、一ノ蔵等の日本酒もあるそうです。

 

 

 



 台湾料理 海鮮館 二日町店

  • 所在地  :仙台市青葉区二日町14-13
  • 電話        :022-712-0322
  • 営業時間 :11:30~14:00 17:30~翌1:00
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :なし

 



            ←   こちらもよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ    

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。