スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【美里町】咲耶姫で鶏汁うどん 

カテゴリー: 料理:麺類

 先日、涌谷町に出張の帰り道、美里町で地場物産販売所を見つけました。花野果(はなやか)市場というそうで、新鮮な野菜や果実が安く買えます。

 美里町(旧南郷町)の花野果市場です。交差点の北東角にあり、駐車場は広々として入りやすいです。
hanayaka0.1.jpghamnayaka0.2.jpg
    
 野菜や果物の他に地元で作られたお菓子やお惣菜も多数並べてありました。昼時ではなかったので入りませんでしたが、小さな食堂もあってすいとん定食やはっとう等地元の郷土料理が食べられます。


 目に止まったのがこれ。咲耶姫という生ウドンなのですが、とても美味しそうです。1袋120gで100円です。
hanakaya1.jpghanayaka2.jpg
  
 地元美里町で作られたウドンだそうで、どういう意味かわかりませんが「ぺろっとパック」が気になりました。そういえば、ウドンや麺類のことを地元の年配の方が「ぺろ」と言っていたような記憶がありますな。


 今日は雪もちらつく寒い日なので、温かい汁ウドンが食べたいところですが、初めてのウドンなんので冷やでコシを確かめてみます。でも、つゆだけは熱にしましょう。で、冷蔵庫の中と相談して決定したのが鶏汁うどんです。要するに鴨汁の鴨がないので鶏にしただけです。


 まず、手羽元をじっくりと炒りつけていきます。脂が出てきますのでこれでネギとエリンギも炒めておきます。
torijiru1.jpgtorijiru2.jpg

 鶏はもも肉でも良いのですが、骨からはダシも出るので手羽先や手羽元をよく使っています。


  
炒めた鶏は麺つゆを割った汁でさらに小一時間に込みます。ネギの青い部分と生姜の薄切り数枚も加えます。
torijiru3.5.jpgtorijiru3.jpg
 市販の麺つゆは加減を誤ると甘くなりすぎることがあるので要注意です。煮込むうちに半量ほどになりますので、それを予測して割って下さい。煮込むうちにつゆはどうしても少し濁りますが、美味けりゃ佳しとしましょう。

 

 出来上がった鶏汁うどんです。キリッと締まった麺に旨味たっぷりの温か鶏汁、寒い日でも美味しく頂けます。
torijiru4.jpg

 鶏汁には、柚子の皮や柚子胡椒、七味唐辛子などが合います。



 この麺は澱粉が加えてあるので、やや透明感があります。熱々のつゆに冷たいウドン、この出合い誰が思いついたんだろう。
torijiru5.jpgtorijiru6.jpg


 この食べ方はウドン本来のコシを活かしたまま温かい汁を楽しめる優れた料理と言えそうです。生ウドン咲耶姫もコシと透明感がなかなかよい感じです。




美里町農産物直売所 花野果(はなやか)市場


  • 所在地  :宮城県遠田郡美里町練牛字六号12
  • 電話        :0229-59-1320
  • 営業時間 :10:00~19:00
  • 定休日    :第2・4水曜日
  • 駐車場    :あり

 


にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ       ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m

 

 

スポンサーサイト

ササニシキの米麺でタイ式焼きそば(パッタイ)

カテゴリー: 料理:麺類

 先日、美里町の花野果市場(前日の記時)に立ち寄った際、ササニシキで作られた米麺を見つけました。米の麺というと中国のビーフン(米粉)、ベトナムのフォー、タイのクイッティオが有名ですが、日本では米作と同時に小麦や蕎麦も栽培されるため、麺類は専ら小麦粉や蕎麦粉で作られてきました。



 戦後、中国の焼きビーフンが日本でも普及し始め、テレビでもCMが流れる時期もありましたが、大流行することなく日本の食生活の一部に片隅に落ち着いた感があります。日本人はそばでもうどんでもコシのあるものを好みますので、ボクボクとした食感のビーフンは麺類の主流にはなれなかったのでしょう。



 ですが、私はタイの米麺の焼きそば、パッタイが大好きです。タイの米麺クイッティオは日本のきしめんのように平たいのですが、その幅によりセンヤン(幅広10mm)、センレク(中幅3mm)、センミー(極細1mm)に区分されています。パッタイにはセンレク、センヤンがよく使われます。


 

 ササニシキで作られた米麺。タイのクイッティオ(センヤン)の生麺と言ったところでしょうか。
hanayaka3.jpghanayaka4.jpg
 クイッティオは普通、乾麺で市販されていますが、これは乾燥しておりません。表示上の品名は米粉麺平めん(半生)となっており、原料はササニシキの粉と馬鈴薯澱粉だそうです。これでパッタイを作ったらどのような味わいになるか楽しみです。

 


 タイのクイッティオ(センレク)とササニシキ麺との見た目の違いです。
pattai1.5.jpg
 
幅の違いはともかく、クイッティオは米麺の乾物なので透明感があります。

 


 パッタイの材料ですが、米麺の他、豚肉、海老、卵、厚揚げ、タクアン、ニラ、もやしが具となり、ピーナッツと乾しエビ(オキアミで代用しました。)をトッピングします。タクアンは意外かも知れませんが、タイにもチャイポーという似たような食品があります。
pattai2.jpgpattai3.jpg
 調味料はナンプラー、砂糖、タマリンド、鶏ガラスープを使います。タマリンドはアフリカ原産のマメ科の高木で世界の熱帯域で栽培されています。この実のサヤの中にあるにある甘酸っぱいペースト状の果肉が使われます。これは梅干しの酸味と似ていますので、梅干しをペースト状にして湯を加え、砂糖で甘みを付けて代用します(右画像の右)。鶏ガラスープ(右の左)は濃縮して冷凍しておいたものですが、市販の粉末でも結構です。


 作り方ですが、最初に中華鍋で溶き卵を炒め、8割方火が通ったところで取り出しておきます。続いて、豚肉、海老を炒め、茹で上げた米麺を加えて、ナンプラー、梅干し汁、鶏ガラスープで調味した後、炒り卵、ニラ、もやしを混ぜ合わせて火を止めます。ニラともやしはほとんど生で構いません。味付けは薄目にしておきます。


 

 トッピングのピーナッツと乾しエビを散らして、出来上がり。
pattai4.jpg
 各自が卓上で、ナンプラー、チリビネガー、粉唐辛子、砂糖で味を足しながら食べるのでタイ式です。砂糖をかけるのに抵抗があるので、ビネガーに予め溶かしておきます。


 

 比較のためにクイッティオ(両画像とも左)でもパッタイを作ってみました。
pattai7.jpgDSCF0929.jpg
 両者を比較しますと、ササニシキの米麺の方が、モチモチとした食感とコシがあり、数段美味しく感じました。米粉に澱粉を加えているために、小麦粉の麺のような弾力すらあります。これは日本人好みですね。



 

 このササニシキの米麺も汁麺だけではなく、このような食べ方も紹介しながら販売すればファンが増えるのではないでしょうか。ビーフンやクイッティオが苦手な人でもこれなら美味しく頂けるはずです。

 



にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ       ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m


【大崎市鳴子】日帰り温泉土産です

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 本日(12月2日)、鳴子温泉郷に日帰りでお湯に浸かりに行ってきました。ついでに周辺の観光と美味い物探しもやって来ましたので、3回に分けてご報告します。

 


 

 

 川渡辺りからの鳴子方面の遠望です。右は370もある鳴子温泉郷の源泉の一つです。
waseda1.jpgwaseda1.5.jpg
 鳴子温泉は826年に起きた鳥屋ヶ森山の噴火で温泉が湧出し始めたと言い伝えられています。日本国内にある11種の泉質のうち9種がここに集まっているそうです。

 


 

 

 

 

 今日の目当ては早稲田桟敷湯です。街の共同浴場ですが遠方からも温泉ファンが集まります。
waseda2.jpg
 
 この温泉は1948年(昭和23年)に、早稲田大学の学生がボーリングの実習の際に掘り当てた源泉を利用して造られた共同浴場です。1998年(平成10年)に長く親しまれてきた木造の建物を改築して斬新なデザインの桟敷風浴場に変身しました。駐車は近くの共同駐車場を利用します。

 


 

 

 

 

 所々に行灯が配置され、なかなか良い風情。カメラは脱衣所までで勘弁です。
waseda2.6.jpgwaseda2.8.jpg
    
  黄色を基調にした前衛的な内外のデザインは共同浴場としては異例でしょう。ロッカーはなく、下足入れに貴重品を保管しますので、大きな荷物は持ち込まないように。浴室にはボディーシャンプーだけが装備されています。お湯は無色透明ですが、少しゆで卵のような硫化水素臭がします。

 

 

 

 

 

 

 今年(2007年)6月、「旅の手帖」による温泉番付で東の横綱に認定されたそうです。そのお祝いで温泉玉子が振る舞われていました。
waseda3.jpgwaseda2.5.jpg
   ちなみに西の横綱は別府温泉(八湯)でした。お風呂上がりは桟敷でゆったりくつろげます。元気なおばちゃんの集団の餌食にならなければですが。^^ 

 


 

 

 

 

 ここの温泉玉子は固茹です。帰宅後に岩出山で買った焼きとうがらし次記事で紹介を乗っけて頂きました。
waseda3.2.jpgwaseda3.6.jpg
 この温泉の源泉は90℃以上あるので、玉子は固茹でになるそうです。でも、これは普通のゆで卵とは異なり、黄身はしっかり硬く固まっているのですが、白身が寒天のように脆い感じがしまた。ゆで加減によるものか、温泉の化学反応か?

 



 

 

 

 

 さて、鳴子温泉といえば、栗だんごが名物です。老舗の一之坂餅屋さんに寄ってみました。
waseda4.jpgwaseda4.2.jpg
 栗だんごは大きな栗を丸ごと一つ餅で包んで、熱々のみたらしをかけたもの(右写真の右、左はしそ巻き)で、いつも買って帰るのですが、今日は流れを変えてみました。

 


 

 

 

 

 今日は試食を勧められた栗むしまんじゅうにしました。
waseda4.5.jpgwaseda5.jpgwaseda6.jpg
 6個入って530円です。ほかほかの蒸し立てが美味しかったです。中の粒あんも甘さ控えめでいい感じ。

 

 

 

 

 

 

 

 もう一つの名物しそ巻きも買いました。
waseda7.jpgwaseda10.jpg
 しそ巻きは甘辛い味噌を大葉(紫蘇の葉)で包んで揚げたものです。味噌には胡麻や胡桃、七味唐辛子が混ぜてあり、ご飯のおかずやお茶受けにも最高です。  

 


 

 

 

 鳴子の日帰り温泉は共同浴場だけではなく、旅館がやっているものもあり、入浴料も400~1000円と安いのが特徴です。宮城県内にも町おこしでいくつも温泉が造られましたが、スパリゾート風のものが多いのですが、このような歴史のある温泉街は深い味わいがあって良いものです。

 

 

 

 

 

 早稲田桟敷湯


  • 所在地  :宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷124-1
  • 電話        :0229-83-4751
  • 営業時間 :8:30~21:30
  • 入浴料 :大人530円、子供320円 
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :そばに共同駐車場あり

 


 (株)本舗一之坂餅屋
http://www.ichinosakamochiya.com/shop.html

  • 所在地  :宮城県大崎市鳴子温泉字新屋敷35-1
  • 電話        :0229-82-2176
  • 営業時間 :7:00~17:00 
  • 定休日    :無休 
  • 駐車場    :店向かいに数台程度

 

 


 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

【大崎市鳴子・岩出山】焼きとうがらし

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 鳴子日帰り温泉ツアー第2弾です。鳴子の早稲田桟敷湯で温まった後、さらに国道47号線を西に進み、中山平に向かいます。鳴子熱帯植物園が次の目的地です。冬はこういう暖かい所を回るのが何よりですね。

 

 中山平温泉の地熱を利用した熱帯植物園です。入園料は大人420円です。
nettai1.jpg
 
 常に20℃に保たれた温室内には、熱帯・亜熱帯性の植物が生い茂っています。左端に温泉の湯煙が見えています。

 

 温室の中はトロピカルムード全開です。まるで熱帯雨林の中を散策しているようです。
nettai2.jpgnettai3.jpgnettai4.jpg
 真ん中のの高木はマンゴーです。こんなに高くなるんですね。右のスターフルーツは海外では比較的ポピュラーな果物です。南米の赤道近くでも庭によく植えてありました。

 

 ブーゲンビリア、サンゴバナ、ストレチアの百花繚乱です。
nettai5.jpgnettai6.jpgnettai7.jpg
 常夏のシンボル、ブーゲンビリアはいつ見ても豪華絢爛。右のストレチアは茂みから鳥が顔出しているようです。


 サボテンが圧巻でした。高さ10mを超える柱サボテンは大迫力。下の玉サボテンも直径60cm以上ありそうです。
nettai8.jpgnettai9.jpg
 見た目より室内が広く、内容も充実していたので満足しました。20℃の温室から急に外に出ると寒さが一段と身に染みます。

 


 温室のそばに野菜の直販所があります。なにやら良い匂いがしてきました。
nettai10.jpgnettai11.jpg
 良い匂いは豚汁無料サービスでした。寒い時は何よりの御馳走ですね。野菜は激安、市価の半値くらいでしょうか。明日から春まで閉店とのことで在庫一掃セールだったようです。野菜も自宅で栽培していないものを山ほど買ってしまいました。^^


 

 大根の漬け物も試食もさせてもらいました。
nettai13.jpgnettai12.5.jpg
 何種類かあったのですが、麹漬けが一番美味しかったので、即購入。一袋たったの150円。

 



 熱帯植物園を後にして帰路に付きます。鳴子を過ぎて岩出山に入ると右手に赤い登り旗が見えてきます。焼きとうがらしと書いてあります。


 すっかり岩出山の名物となった焼きとうがらし。プレハブにも赤い看板が。
yakitou1.jpgyakitou2.jpg
  
 最初、運転中にこの看板をチラッと見た時、焼きトウモロコシだとばかり思ってましたが、ある日、とうがらしとと読み取れた時、わざわざ引き返して門を叩きました。来るたびに登り旗も多くなり、繁盛している様子が伺えます。

 



 店内はプレハブの飯場風(失礼)ですが、乾燥唐辛子やイルミネーションで一生懸命装飾してます。休憩場所もあって、和める雰囲気ですよ。
yakitou3.jpgyakitou4.jpg

 焼きとうがらし
にはいくつかのバリエーションがありますが、基本は日光唐辛子を使った焼いてからたまり醤油につけ込ん製品です。大瓶詰めは1000円ですが、プラ容器詰めは500円です。

 


 病み付きなる美味しさの焼きとうがらしですが、辛さには結構ムラがあるようです。
yakitou6.jpg
 前回、購入した時は葉唐辛子の佃煮くらいの感じでパクパク食べれたのですが、今回のはかなりピリピリ刺す感じが強いです。いずれにしろ、これは酒肴というより、ご飯との相性がピッタリですね。辛さに打ちのめされても、また、摘みたくなる美味しさです。

 


 この焼きとうがらしは、次の記事で報告予定のあ・ら伊達な道の駅にも売ってます。毎回、鳴子方面に行く時は必ず買ってくるようになってしまいました。今回、唐辛子の品種がわかりましたので、来年は栽培して自家製に挑戦してみます。

 


   鳴子熱帯植物園

  • 所在地  :宮城県大崎市鳴子温泉字星沼 20-12
  • 電話 :0229-87-1030(代) 、0229-87-2011
  • 営業時間 :8:30~17:00(12・1月は~16:30)
  • 定休日    :年中無休
  • 入園料:大人 420円 、中学生 315円 、小学生以下 無料
  • 駐車場    :60台 

 

  小野松農産(みちのく焼きとうがらし)

  • 所在地  :宮城県大崎市岩出山下一栗字畑田4-1
  • 電話 :0229-72-1019
  • 営業時間 :?~19:00(17:00のことも)
  • 定休日 :不定(月2回火曜日らしい)
  • 駐車場 :数台

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

【大崎市岩出山】あ・ら・伊達なレストランでランチです

カテゴリー: 外食:その他

 鳴子日帰り温泉ツアー第3弾(最終回)です。鳴子の温泉、早稲田桟敷湯で温まって、中山平の熱帯植物園も見て47号線を下ってくると、池月駅の近くに評判あ・ら伊達な道の駅があります。



 

 

 

 

 

 いつも車の絶えない岩出山のあ・ら伊達な道の駅です。温泉の行き来に必ず寄ってます。横に広がった中身の濃い道の駅です。
date1.jpg date2.jpg
  この道の駅は鳴子への道筋にあるという立地条件だけでなく、地場産品販売所レストランに加え、コンビニ、ファストフード、パン工房、手作りそば、産直米の精米販売、クリーニング店まで装備されているところが人気の一因です。その機能は十分全国に誇れるものです。


 

 

 

   名前の「あ・ら・」は、フランス語の「a la」を使ったということですが、ちょっと引っ掛かります。強いて言えば、道の駅 a la 伊達かなぁ。でもまあ、音で聞く分には可愛さもあって馴染みやすいのでしょう。伊達はもちろん、伊達政宗公が仙台に居城を移すまでのここ岩出山で青年期を過ごしたことに因んでおり、洒落た、派手なという意味でもある伊達な道の駅を目指して命名されたそうです。



 

 

 

  正面からはいると中央部の吹き抜けに大きなツリーが。地場産品の直売コーナーも他より洗練されています。
date3.jpg date4.jpg
   野菜や乾物類が豊富で安く、籠を使ってレイアウトするなどディスプレイも拘りがあります。さっき、熱帯植物園で色々買ってきたばかりなのですが、またまた、納豆やら野菜やらを買い込んでしまいました。


 

 

   ここに寄った目的は実はレストランだったのです。あら伊達なレストランのエントランスです。
date5.jpg date6.jpg
      
このレストランは道の駅にありがちな何でも食堂ではなく、オリジナルな気の利いたメニューを用意しています。カレーのバイキングもあり大食漢も満足できそうです。


 

 

 

 

 

 当店いちおしメニューがお薦めです。ヘルシーを意識しているのがわかります。
date7.jpg
 今日のランチにはヘルシー野菜ランチとまんまるトマトのコロッケ定食をチョイス。

 


 

 

 

 

  ヘルシー野菜ランチです。見て下さい。綺麗でしょ。
date8.jpg 
date10.jpg
 
10種類ほどのお惣菜がちょぼっとずつ乗っていて、いかにも女性好みですね。これで、お酒を飲んでみたい気もしますが。^^ 小さなコロッケやハンバーグもあって、バラエティーに富んでいます。豆腐のように見える小鉢はなんとレア・チーズケーキでした。



 

 

 

 

 

 

    まんまるトマトのコロッケ定食です。お皿にコロッケがどんと鎮座しております。 副菜にもサラダ、きんぴら、香の物も付いて満足度も高いです。
date11.jpg


 

 
  

 

     湯むきしたトマトの中を繰り出して、コロッケの餡を詰めているのですね。なかなかのGJです。出来ることならナイフで一刀両断してみたかったなぁ。
date12.jpgdate13.jpg


 

 

 

 

 

 

     これも名物の岩出山う米麺です。これは以前食べた時の写真ですが。
20071204055720.jpg
 米麺で作った汁麺です。味付けは牛のスープが美味しい韓国のクッパ風です。先日、美里町の米麺を紹介しましたが、あれより幅が狭く、厚さも薄い感じです。 これに卓上のコチジャンを溶かし混ぜながら食べると、日韓融合の味になります。

 

 


 

 

 

 

  あ・ら・伊達なレストラン(道の駅内)
 

  • 所在地  :宮城県大崎市岩出山池月字下宮道下4-1
  • 電話 :0229-73-2236
  • 営業時間 :10:00~19:00(ご予約があれば21:00まで)
  • 定休日 :年中無休
  • 駐車場 : 102台(大:11 普:89 身障者用:2)

 


 

 

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ       ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。