スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

くろ田の焼き鳥セット (国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:焼肉・ホルモン

 一番丁商店街をかき徳ビルの角から国分町方面に入った稲荷小路との交差点に小さな焼き鳥屋があります。冬は締め切っているので中の様子がわからず、初めての人は入りにくいかも知れません。夏は開け放してるので中が見えるのですが、18時過ぎにはほぼ満席で諦めることが多いですね。

 

 

 

 稲荷小路の焼とりくろ田です。角地に立地しているので入り口も二つあります。
kuroda1.jpgkuroda2.jpg
 いつ来ても常連さん数名と訳あり風のカップルが楽しそうに飲んでいます。カウンター10席ほどの狭い店ですが、2階もあるらしいです。時間が早かったためか、無口なおじさんはまだ登場しておらず、おばさんとバイト風の女性2名でやってました。

 

 


 ごく普通にホッピーが置いているところもここの魅力です。
kuroda3.jpgkuroda6.jpgkuroda7.jpg
 ホッピーは酎ハイが世に出るはるか以前から、焼酎用の発泡性飲料として東京の居酒屋やホルモン焼きに定着していました。というよりビールのダミーとして作られたノン・アルコールのホッピーが飲み屋では当然アルコールを添加して供されたわけですね。

 


 いまでこそ、焼酎は隆盛を極めていますが、1970年代以前の東京では焼酎というと、金がないから仕方なしに飲むという感じが強かったです。その後、1980年代以降の酎ハイブームを経て、現在はご当地乙類焼酎の時代になり、やっと焼酎の真価が認められる時代になりました。

 


 さてさて、ここのお店のシステムですが、焼き鳥は各種一串130円なのですが、セット(5本)で注文する方が多いようです。セットでもアラカルトでも突き出し替わりの煮込みは黙って出されるようです。なお、ホッピーは450円、ビール(大)は650円、日本酒(一の蔵2合)は550円です。今日はホッピーのセット1550円でお願いしています。

 

 


 このモツの煮込みがなかなか美味しい。醤油と塩で味付けられていてサッパリしていますが、小さな赤い油球が浮いているようにピリ辛です(赤い粉末は自分で振った一味唐辛子です)。
kuroda20.jpgkuroda4.jpg

 

 


 セットの焼き鳥は左からハツ、軟骨、砂肝、豚レバー、ネックのネギマの5本です。
kuroda8.jpg

 

 

 

 レバーとハツの大きさは感動ものです。塩で焼いてあるので、それぞれの持ち味がよくわかります。
kuroda9.jpgkuroda10.jpg

 惚れ惚れする大きさでしょ。軟骨はふえ(気管)ですが、歯応えが心地よいですね。じっくり味わいながら食べていくとお腹は結構満たされます。価値ある1550円ですね。

 

 

 ここのお店では、あまり長居をする客はいないようです。帰りがけのサラリーマンやこれからどこかに行くカップルがサラッと飲んでいく処といった感じでしょうか。なお、常連さんらしき方々ははらみと称する長さ30cmほどのバラ肉とお新香を注文し、ビールから日本酒へと飲み代えていましたね。涎が出るほど美味しそうでしたが、かなりメタボ度は高そうです。

 

 


 く ろ 田


  • 所在地  :仙台市青葉区国分町2-11-23
  • 電話        :022-261-2637
  • 営業時間 :17:00~24:00(売り切れ閉店)
  • 定休日    :日曜日
  • 駐車場    :なし 

 


         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト

冬の夜長の果実酒三昧

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 このところ、厳しい寒さが続いています。昨年にはこのまま暖冬になるのではないかと思っていましたが、年が明けて1月に入ってからはすっかり逆転して各地で記録的な寒さになりました。寒さだけではなく、風も伴う日が多いので海からも遠ざかってしまいがちです。


 このような深々と冷え込む夜には、夏から秋に仕込んで床下収納でじっくりと熟成させた種々の果実酒を取りだしてチビチビ舐めながら、暖かったあの頃を思い浮かべています。そして、今年の畑はあれを植えようとか、今年はあの魚をあの仕掛けで釣ってみようとか計画を立てて時を過ごすのです。

 

 


 熟成が進み、まろやかになってきた果実酒達。左からガマズミ、ハマナス、ブルーベリーの果実酒です。
kajitushu1.jpg

 私は果実酒には氷砂糖を入れません。ですが、時間が経てばこのように綺麗な色に抽出されます。さらに時とともに円やかさも出てきて糖分に頼らなくとも十分美味しい果実酒ができるのです。それに果実から出るほんのりとした本来の甘さも味わうことができますので。

 


 以下に昨年仕込んで出来の良かった果実酒達をご紹介いたします。

 

 


【ガマズミ酒】
  昨年9月に裏山で集めたガマズミの実を漬け込みました。ルビー色の澄みきった色合いが魅力的です。
kajitushu2.jpggama1_20080127095133.jpg
 高原を吹き抜ける涼風のような爽やかな香りがあります。果実酒界の女王といっても過言ではなく、一番のお気に入りの果実酒です。

 

 

 


【ハマナス酒】
  毎年7月になると海岸の近くの防風林の周囲にピンクの綺麗な花を咲かせ、それに続いて朱色の丸い実を一面に付けるハマナスをお酒にしました。独特の風味を持つ黄金色のお酒に仕上がりました。
kajitushu4.jpghamanas1_20080127095223.jpg
 ハマナスはバラの仲間ですので、ハーブティーのローズヒップに通じる酸味のある実を付けますが、果実酒にするとふくよかなまろ味のある味わいになります。

 

 

 

【ブルーベリー酒】
 最近、ブルーベリーが持つアントシアニンという色素が目に良いということで脚光を浴びています。現在7種類ほどのブルーベリーを栽培していますが、これはラビットアイ系の種類で8月に収穫した実を漬け込みました。
kajitushu6.jpgBB1_20080127095509.jpg
 青い実ですが、抽出すると赤ワインのような色合いになり、少し酸味を補えば、ワインに劣らぬお酒になると思います。収穫期はフレッシュで、それ以外の時期はジャムや果実酒で楽しめるブルーベリーは有り難い作目です。

 

 

 


【金木犀酒】
 中国の桂花陳酒はキンモクセイの花を白ワインに漬け込んだものですが、これはホワイトリカーで漬け込みました。このお酒だけは例外的に氷砂糖を使います。
keika1.jpgkinmoku1_20080127095608.jpg
 キンモクセイの花の香りが鼻腔に広がります。目の前がたちどころに秋の景色となります。この香りにはやはり甘味がよく合います。炭酸水で割って飲むが最適です。

 

 


 色と香りの両方を楽しめる果実酒は食中酒としては使いにくいのですが、炭酸割りをアペタイザーとして、または健康のため寝酒として少量飲むのに適したお酒です。毎年、春までには飲みきってしまうので梅酒のような年代物は我が家では生産されません。^^

 

 

 それぞれの果実酒の漬け込み作業は、以下の記事で見られます。

 

     がまずみ        2007.11.24


    ハマナス        2007.9.25


    ブルーベリー  2007.9.1


    金木犀          2007.10.17

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

 

比呂瀬で軽く一杯 (一番町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 昨日は旧友4人とフォーラス前で待ち合わせて、久々に軽く一杯やることになりました。この周辺で気楽に飲める処はと、頭のメモリーから篩い出されたのが、ここ比呂瀬です。日本料理という看板ですが、アットホームな雰囲気で昔ながらの居酒屋です。ランチタイムはカキフライ定食やまぐろ丼が人気でいつも満席です。

 

 

 

 1階がひろせ庵という蕎麦屋でその2階です。カウンター数席とテーブル2つ、座敷が広くて詰めれば50人位は収容できそうです。
hirose10.jpghirose11.jpg
 ランチタイムは女性の店員さんがキビキビと働き回っているのですが、夜はいないようです。まだ時間も早いので静かに飲めそうです。ストーブでことことおでんが美味しそうに炊けてます。

 

 


 今日は酒込みで3000円で上がるようにお任せでお願いしました。突き出しに松前漬けとおでんがすぐに出されました。
hirose12.jpghirose14.jpg

 下の方に隠れているおでんのがんもどきが特に美味しかったです。

 

 

 続いて、モズクの酢の物と刺身の盛り合わせです。
hirose13.jpghirose15.jpg
 刺身はマグロとハマチとタコです。気取らない盛り付けが家庭的でよいですね。お店の方々の対応も優しくてとても癒されるお店です。

 

 

 ここのカキフライは人気商品ですので、これだけはリクエストさせて頂きました。
hirose18.jpg
 熱々のエキスが飛び出しますので火傷にご注意。ハフハフ言いながら、みんな無心で頬張っています。中粒ながら正真正銘の1個揚げです。

 

 

 

 さらに、焼き鳥とギンタラの照り焼きが出されて留め皿です。
hirose16.jpghirose17.jpg

 焼き鳥は砂肝とぼんじりでしたが、両方とも臭みがなくて最高。ギンタラってなんでこんなに美味いのだろう。メルルーサ(銀ムツ)のように乱獲で問題にならないようにいつまでも食べられるような獲り方をしてもらいたいものです。

 

 


 昔ながらの家庭的な居酒屋さんは気取ったところがなくていいですね。酒肴の種類もチェーン店のように多くはありませんが、どれも手作りでホッとするものばかりです。歳を取るに従い、このような居酒屋の良さがわかってきたような気がします。

 

 

      前回の訪問     2007年12月6日     まぐろ丼

 

 



日本料理 比呂瀬

 

  • 所在地  :仙台市青葉区一番町4丁目2-3 広瀬通りフォーラス向かい
  • 電  話 :022-262-9198
  • 営業時間 :1:00~14:00/17:00~22:00
  • 定休日    :日曜
  • 駐車場    :なし

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

中国製冷凍食品による薬物中毒事件について

カテゴリー: 未分類

 連日の報道でご承知のとおり、中国の食品会社で生産された冷凍餃子に有機リン酸系殺虫剤メタミドホスが混入し、それを食べた千葉・兵庫両県の家族計10人が中毒症状を訴えました。このうち5歳の女の子は一時、意識不明の重体になっていたそうです。食べ物ブログをやっている者の一人として、これは看過できない事態です。

 

 1月30日に発覚したこの事件は、その後、波紋を呼び、この食品会社の製品を食べて、約500人(2/1現在)の方々が体調不良になったと地元保健所等に届け出たそうです。感染性胃腸炎が流行している時期なので、必ずしもこれらが全てメタミドホスによる中毒ではないでしょうが、ノロウイルスの潜伏期間より早く発症し、めまいも伴っている方もいることなどから、不幸にして中毒となられた方は実際はもっと多かったのでしょう。

 

 このメタミドホスは中国の農作物に広く使われてきましたが、2004年に四川省で死亡事故もあり、それを受けて中国政府は昨年1月に、国内での使用・販売を全面的に禁止にしていたそうです。以前、中国産のホウレンソウから日本の規制外の農薬が検出され、我が国は一昨年、食品衛生法を改正して食品中の残留農薬のポジティブリスト制度を導入したばかりですが、今度は冷凍食品から残留農薬とは考えられないほど高濃度の農薬が検出されました。毒性の強さを考えると死亡事故に至らなかったのが不幸中の幸いです。

 

 パッケージからも検出されているので、包装工程か、その直前で混入した可能性もあるそうです。食品工場の生産ラインにこのような毒物が近づくこと自体、食品衛生や薬物管理のずさんさの証です。我が国もかつてそうであったように、中国では農薬に対する認識がまだ発展途上であるようで、いつどこでこのような混入事故が再発するか不安が捨て切れません。中国政府は今回の事件後に食品会社を立入検査して、農薬が検出できなかったから、原因は中国側にないと発表しましたが、当該食品が生産されたのは昨年の10~11月のことです。

 

 


 

 


 中国と原産地が表示されている場合は消費者も選択できるのでよいのですが、中国で加工してそれを輸入して日本でさらに加工した場合は、国産となることがあります。例えば、以下のような場合、

  


  : アラスカ産の魚を原料とし、中国で調味加工して輸入し、日本国内で
         小分けして包装した場合


  : 豪州産の牛スジを中国でボイル後、串刺ししたものを輸入し、国内で
         さらに焼きを入れて調味した場合

 

 

 は中国産ですが、は国産となるそうです。要するに加工品の原産国は「その商品の内容に実質的な変更をもたらす行為が行われた国」ということになります。ただ、50%未満の材料として輸入品を使った場合は、その原産国は表示しないでも良いそうです。今回の場合は中国の当該食品会社が作ったカルビ加工品を使って日本で作った冷凍炒飯には材料の原産国表示はなかったそうです。この材料の原産国表示の規定は見直しを求める声が大きくなっています。

 

 

 従って、我々は知らないうちに中国産の食品を喫食していることになります。食糧自給率が世界でも低い方にランクされる(173カ国・地域中124番目;2002年時点)日本とはいえ、安さだけを追求して安全安心が確保できない国や会社から食品を輸入することは、今後、見直さなければならいでしょう。

 


 

 

 

 現在、問題となっている中国の食品会社に作らせた商品、もしくはそれを材料として作った商品を輸入・販売した日本企業が回収しています。もしご家庭にありましたら、食べるのを止め、その処分は購入店や保健所に相談するべきでしょう。

 

 現在、回収されている中国製の商品については下記のサイトでご確認下さい。

 

      JTフーズ      加ト吉       味の素冷凍食品  


      江崎グリコ      日本ハム      マルハ  

     

      神戸物産      カネテツデリカフーズ       日本食研  

 

       (株)ジオラ      

 

 

 なお、該当商品は日に日に増えていますので、最新の情報を入手して下さい。

 
回収商品一覧        毎日(1/31)       朝日(1/31)      宮城県(2/1) 


 

 

 こちらからも関連情報をご覧下さい。

  

       厚生労働省            宮城県 (県内の有症苦情あり)           

 

 


 

 


 ところで、我が家ではお総菜の冷凍食品が食卓に上ることはほとんどないのですが、娘の弁当に時折使っていました。幸い、冷凍食品はすべてあいコープみやぎ(旧仙台共同購入会)から購入しており、こちらのHPでは今回、自主回収の対象となっている商品はいまだかつて扱ったことがないとのことでした。

 

     あいコープみやぎ  

 

 

 残念ながら、我が家も組合員ともなっているみやぎ生協では、JTの商品やJTに委託生産させていた商品を扱っており、店舗販売、宅配、共同購入のメンバーにその回収を広く呼びかけています。購入したメンバーの記録から、電話連絡をしているそうですが、思い当たる方は下記のサイトで商品やその対応を確認された方がよいでしょう。

 

      みやぎ生協 

 




 被害者の皆さまの一刻も早い回復をお祈りし、この事件の徹底的な原因究明と再発防止を強く望みます。

恵方巻き食べました?

カテゴリー: 料理:穀・粉類

 昨日は節分、立春の前日で旧暦では大晦日に当たり、今日が元日。みちのくではまだまだ寒さも衰えを見せませんが、晴れた日の陽射しが少しずつ力強くなっているのを感じます。節分といえば、豆まきですが、近年は太巻きを丸かぶりで食べるのが流行しています。そうです、恵方巻きですね。節分の夜にその年の恵方に向かって、目を閉じて無言のまま太巻きを丸かぶりするとその年の災難をのがれることができるとされています。丸かぶりという言葉からもわかるように、これは大阪で始まった習わしとされています。

 

 この際だから、少し調べてみると、確かに大阪の船場の商人の間では商売繁盛の祈願事として古くから行われていたようで、昭和の初期には節分丸かぶりずしの広告も出されています。しかしながら、その他の地方では突然恵方巻きが降ってわいたような感じでしょう。実際、戦後はこの習わしも廃れていたようですが、1970年代に大阪海苔問屋協同組合海苔の販売促進の一環としてポスターを作り、節分のイベントして海苔巻きの早食い競争を行ったことが復活の原因らしいです。

 

 それが、なぜ全国に普及したかというと、売り上げが落ちるこの時期の販売イベントとしてコンビニが飛びついたからです。それと掃除が伴う豆まきより、夕食兼用で後片づけの要らない海苔巻きは奥様方にも歓迎されたためとされています。御利益のほどはともかく、近年の売り上げが140億円にも上ると推定されていますので、1本400円としますとこの日1日で3500万枚もの海苔が消費されることになり、海苔問屋さんの作戦は大成功ということになりますね。

 


 ともあれ、海苔巻きは好きですし、楽しそうなので我が家でもやってみます。でも、海苔巻きくらいはご家庭で作るようにしましょう。巻き寿司も日本の文化です。このイベントと共に伝承していければよいのですが。

 

 

 


 まずは、寿司飯を作ります。巻き込む具は諸説有り、干瓢と高野豆腐くらいとする質素なものから、七福神に因んで7種類ともいわれています。
efo1.jpg efo2.jpg
 
寿司飯は昆布と塩を加えて炊き、炊き上がったら砂糖を溶かした酢を打って冷まします。今日は太巻きに卵焼き、焼き穴子、カニかま、三つ葉、乾し椎茸、干瓢を準備しました。よく彩りにピンクの桜でんぶが使われますが、あれ苦手なんです。太巻きの他に遊び心でチーズやネギトロの細巻きも作ってみます。

 

 

 


 海苔巻きは海苔を1枚半使う極太巻きから半枚で巻く細巻きまでありますが、今日は1枚で巻く太巻きと半枚の細巻きです。海苔巻きはあまり具を欲張ると閉じなくなりますのでご注意。
efo3.jpg efo4.jpg
 寿司飯は厚さ7~8mmで前後にとじしろを取るように海苔に均していきます。手前から巻きますので、向こう側のとじしろに糊の代わりのご飯粒を付けておきます。中央部のご飯を少し凹ませて、卵焼きなどの太い具材をその溝に配置します。

 

 

 


 大胆に巻かないと具が崩れて閉じなくなります。ご飯と具材の量のバランスは体得するしかありません。
efo5.jpg efo6.jpg
 
両方の親指で巻き簀を、その他の指で具を押さえて、軽く巻き上げ、その後くるんと二段階で力強く巻き締めます。巻き簀を巻き直して形を整えながら押さえます。その後、巻き簀を巻いたまま3分くらい安定させましょう。

 

 


 恵方巻きは包丁で切ると縁も切れるといい、丸かぶりするのが習いです。しかし、巻き寿司で重要なのは断面の美しさです。料理をとるか縁起を担ぐか悩んだのですが、海苔問屋とコンビニが販売促進のためにプロモートしたイベントですので、海苔巻きを美しく食べてあげることにしました。それに何も言わず、もぐもぐと1本食べてしまうのも、食べ物や作った人への感謝が薄れそうです。海苔を確実に一人一枚食べさせる手段としては最高ですが。

 


 

 

 

 

 盛り付けた海苔巻き各種です。太巻きの手前には左からネギトロ、チーズ+ハム、干瓢の細巻きです。
efo7.jpg efo18.jpg
 チーズ+ハムには山葵ではなく、芥子を使っています。とりあえず、簡単な豆まきもやりました。でも、歳の数も豆食べたら、巻き寿司が美味しくなくなるので、ちょっとだけ。


 

 

 

 

 もう少し、具が多くても良いくらいですね。この辺の加減が難しいのですよ。
efo9.jpg
 巻き寿司は出来たてでなくても美味しく頂けるので、ゆっくり作って一風呂浴びてからビールと共に頂きます。これじゃ、御利益ありませんね。^^ 

 

 

 


 

 

 干瓢巻きは歌舞伎で有名な助六寿司になくてはならない古典的な細巻きですが、これに山葵を効かせると通好みの逸品となります。
efo10.jpg

 醤油は付けません。干瓢の甘辛さと山葵の刺激が絶妙なコンビネーションです。

 

 

 すっかり、海苔問屋さんとコンビニに踊らされている恵方巻きですが、海苔の消費拡大と巻き寿司という日本の伝統食を伝承するためにも好都合なイベントですので、みんなで楽しみましょう。

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。