スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【石巻市】木の屋の鯨缶詰

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 先日、石巻で仕事があり、魚市場の斎太郎食堂で昼食を取って移動する途中にとんでもないものを発見してしまいました。

 

 

 高さ10mはあるかと思われる鯨大和煮の缶詰です。これは合成写真ではありません。
kinoya1.jpg
 どうやら、オイルタンクに鯨大和煮缶の図柄をペイントしたようですが、しかし、よく出来ているなぁ。通り過ぎる車も一度また戻ってきて、携帯で撮影しています。^^

 

 


 この巨大缶詰の向かい側が水産加工会社木の屋さんの直売所になってました。 せっかくですので、ちょっとお邪魔します。
kinoya2.jpgkinoya3.jpg
 意外や意外、店内は民芸調の内装で、会社の製品が綺麗に並べてあります。

 

 


 缶詰や真空パックなど美味しそうな製品がズラリで目移りしまくりでした。見ているだけでも楽しいですね。店員さんも優しくて、たいそう居心地の良い空間です。
kinoya5.jpgkinoya6.jpg

 サンマやサバ、カレイの縁側などの缶詰が所狭しと並びます。

 

 


 それでもやはり、こちらのお店の主力は製品です。
kinoya4.jpgkinoya7.jpg

 大和煮缶の他にも塩味のステーキ缶、ころ(皮近くの脱脂した脂肪層)のおでん缶などもありました。冷凍・冷蔵品ではベーコンや尾羽もあって、鯨好きには堪らない光景です。

 

 


 見つけました。表にあった巨大缶詰のモデルになっている缶詰です。ひげ鯨だけではなく、歯鯨も使われているようですが、150gで420円はお値打ちでしょう。
kinoya8.jpg
 子供の頃は大変お世話になった鯨の大和煮です。学校給食の鯨の大和煮は硬くて食べるのが辛かったのですが、缶詰は別物でした。懐かしさ余って、お買い上げです。

 


 

 さっそく帰宅後、酒の肴に頂いてみます。その前に、しみじみ観察。
kinoya20.jpgkinoya21.jpg

 デザインも他の缶詰類よりレトロっぽい。木の屋のベストセラーだけに昔のままを護っているのでしょうか。プルトップになっているところは、時代の変化を感じさせます。

 

 

 

 懐かしの鯨の大和煮。。。透明な筋のところもプルプルして美味しいんです。寒い所に置いてたので、脂が固まっていますが、やがて室温で溶けてしまいました。
kinoya22.jpg
 甘めの味付けなので焼酎のお湯割りがよく合います。子供の頃の味と頭の中でクロスオーバーします。昔の缶詰より美味しく感じるのは懐かしさのせいでしょうか。

 

 


 は日本人にとって古くからの伝統食。一時の乱獲によって資源が縮小した鯨種もありますが、現在は持続的に利用可能な種類も多く、むしろ増えすぎて漁業にも影響が出てきているものもあるそうです。大規模な南氷洋での捕鯨はともかく、伝統的な沿岸捕鯨は日本人の食文化として守りたいものです。


 科学的な議論をまったく受け付けないIWCでの反捕鯨国(かつての捕鯨大国も含まれる)の態度や行き過ぎた反捕鯨団体の非合法な行動は本当に鯨が可愛いという動物愛から来るものなのでしょうか。自給率が低い日本の食糧事情ですが、反捕鯨国からの圧力で牛肉を買わされているのは情けないことです。


 は現代の日本人にとって、ノスタルジックな珍味になってしまいましたが、調査捕鯨やIWCが関与しない沿岸の小型鯨類は管理しながら実施されています。石巻にはかつて隆盛を極めた捕鯨基地鮎川もあり、比較的冷凍ブロックや加工品が手に入り街です。こちら方面にお出かけの節は是非、木の屋しみん市場などに寄ってみて下さい。

 

 


 木の屋石巻水産 http://www.kinoya.co.jp/

 

  • 所在地  :宮城県石巻市魚町1-11-4 
  • 電話        :0225-23-1234 
  • 営業時間 : 9:00~16:00 
  • 定休日    :土日祝日
  • 駐車場    : 10台

    ※ 仙台方面から日和大橋を越えましたら、ファミリーマートの前を右折し直進、大きな鯨缶が右手に見えてきます。

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ
スポンサーサイト

【石巻市】木の屋の愛しの舞アミー??

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 昨日、鯨の大和煮缶をご紹介しました木の屋で実は不思議な製品を見つけていたのです。本日、あれこれと試食してみましたので、ご報告します。

 


 石巻魚市場近くの木の屋石巻水産直売所です。巨大な鯨大和煮缶がランドマークです。
ami02.jpgkinoya2.jpg
 初めて見ると、その大きさに圧倒されます。高さは10m以上あるでしょう。

 

 

 木の屋は鯨加工品を主力に各種の缶詰や水産加工品を生産しています。
kinoya5.jpgami09.jpg
 鯨や魚の缶詰がたくさん並べてあり、見ているだけで楽しくなります。試食もありましたので、一応、一通り試します、あれ、試食品の右下は何だろう。愛しの舞アミー??

 

 
 どうやら、イサダ(ツノナシオキアミ)の加工品のようです。なんでも水産庁長官賞を受賞したそうですよ。
ami08.jpgDSCF3198.jpg

 イサダはもっぱら、釣りの撒き餌や養殖魚の餌にされるのですが、これを日本人好みの惣菜にしたのは快挙ですね。試食した限りでは、イサダのモサッとした感覚はなく、しっとりして食べやすかったです。アミ以外に、澱粉の粒が入っているようで、しかも、甘めの辛子明太のような味です。これはご飯とのマッチングはグゥーのようです。


 

 

 

 とりあえず、1パック(240円)を購入。面白い形のパッケージです。鯛焼きみたいですね。
ami20.jpgami21.jpg

 ネーミングも二重の洒落になっているし、「プリプリでんでん」とか「いとしの辛さでエビリボディ」とか、弾けすぎじゃないですか。^^

 

 

 

 ご飯に合うと睨んだとおり、ホカホカご飯との相性は完璧。
ami4.jpg
 
 かなり味がしっかり付いていますので、ご飯が進みます。お茶目な名前の割に辛さは強く、子供向きではありません。

 


 

 寿司飯にもピッタリ。これならお酒のつまみにもなりそうです。
ami10.jpg

 鯨の缶詰を半世紀も作り続けてきた木の屋ですが、アイデアマンの常務さんが次々と新製品を作り出しているようですね。巨大缶詰の発想も常務さんとのことです。
 

 

 の加工食品にだけでも有名なのに、それに甘んじることなく、次々と新製品を開拓していく熱意が素晴らしい。しかも、現代の若い世代も取り込もうと、ネーミングにも女子高生の意見を入れたとか。なかなか、やれることではありません。木の屋の今後が楽しみですね。直売店はウィークデイしかオープンしていませんが、石巻方面にお出かけの節は、是非あの巨大缶詰を拝みに寄ってみて下さい。^^

 

 

 木の屋石巻水産 http://www.kinoya.co.jp/

 

  • 所在地  :宮城県石巻市魚町1-11-4
  • 電話        :0225-23-1234 
  • 営業時間 :9:00~16:00
  • 定休日    : 土日祝日
  • 駐車場    : 10台

  ※ 仙台方面から日和大橋を越えましたら、ファミリーマートの前を右折し直進、大きな鯨缶が右手に見えます。

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

青そ麦きりと玄そばの合い盛り(木町通@仙台)

カテゴリー: 外食:うどん

 よく山形の蕎麦屋さんで合い盛りというのを見かけます。大抵は蕎麦麦きりを併せ盛りにしたものです。麦切りとは山形、特に庄内地方でいううどんのことで、なぜこのように呼ぶのかは以前に考察してみました(関連記事)。

 

 今日はただの麦切りではなく、青そ(青苧)と呼ばれる植物を練り込んだものに初挑戦です。青そは標準和名ではカラムシといい、山菜として利用されるアイコ(ミヤマイラクサ)と同じイラクサ科に属します。古くから植物繊維をとるために栽培されてきました。山形では江戸時代より米沢藩の特産品として市場に出されおりますが、上杉鷹山公は、単なる、原料生産にとどまらず、織物加工業を興して藩財政を助けています。これが有名な米沢織りとなって現代にも伝えられています。

 

 この青そには、ガンや糖尿病を予防する抗酸化物質であるポリフェノールを多く含んでいることが判り、現在の産地である南陽市ではこれを用いた食品開発を行っています。

 

 さて、前置きが長くなりましたが、地下鉄北四番丁駅のそばにある麺処桂苑でこの青そ麦きりを頂きます。このお店は麺diningとか麺カフェとか冠が付きますが、基本は山形系の蕎麦と麦きりのお店です。夜はこだわり料理でお酒も飲めます。

 


 

 北四番丁の桂苑(かつらえん)です。蕎麦や麦きりをモダンで洒落た食環境で楽しめます。
katura1.jpgkatura2.jpg
 黒を基調としたシックな店構え、青そ麦きりを宣伝していますね。


 

 

 店内はこんな感じで、和と洋をうまく組み合わせています。
katura4.jpg
 女性の店員さんが、これまた清楚で上品で、こちらも身を正さないといけなくなります。^^

 

 

 

 名物の青そ麦きりの他にも、美味しそうな出羽かおりの玄そばもあります。ここで悩む・・・
katura5.jpgkatura6.jpg
 蕎麦は挽きぐるみの手打ち十割で数量限定となっています。初志が崩れ始めた頃、メニューをさらに注視すると、合い盛りの文字が。助かりました。これでどちらも頂けます。


 

 

 

 青そ麦きり玄そば合い盛りです。つゆは別々になってます。
katura7.jpg
 山葵はおろし立てですね。小鉢も付いています。


 

 

 

 青そ麦切りは想像していたより、かなり細めです。この写真は緑がきれいに出ていません。
katura9.jpg
 うどんと言うより蕎麦の細さです。宣伝のとおりつるっとしこしこの絶品です。これは、麦きり本体がかなり美味しいです。青その香りはよくわかりませんでした。


 

 

 

 この玄そばは、はっきり言ってすごいです。十割なので蕎麦の角がキリッと立っています。
katura8.jpg

 蕎麦はやや短めですが、歯応えが最高、噛みしめる度に蕎麦の味と香りが湧いてきます。


 

 

 

 麦きり用のつゆ(右)はやや味が淡く、紫蘇のような爽やかな香りがします。一方、蕎麦用のつゆ(左)はキリッと醤油が効いて、かなり味が濃いめです。
katura11.jpgkatura10.jpg

 頃合いを見計らって蕎麦湯が届けられます。トロッと白濁した蕎麦エキスたっぷりの蕎麦湯でした。小鉢は青菜ともやしの胡麻和えですが、もしかしたら、これにえごまが使われているのかも知れません。

 

  


  

 ランチタイムには蕎麦・麦きりとビーフカレーを組み合わせたセット880円があり、よく出ています。この店のもう一つの名物にえごまラーメンというのがあります。大変気になりますが、これは次回のお楽しみ。


 

 麺dining 桂苑


  • 仙台市青葉区木町通2-1-55 第八丸昌興業ビル1階 
  • 022-718-8476 
  • 11:00~22:00
  • 第1・3水曜日 
  • なし

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

田舎やの日替わりランチ(上杉@仙台)

カテゴリー: 外食:その他

 このところ、北四番町周辺で仕事をしていますので、この周辺のお店を開発しています。今日は裏通りの小さな居酒屋さんなのですが、丁寧に作られた弁当風のランチを発見しましたので、リサーチしました。

 

 


 北四番町の裏通り角にある居酒屋田舎やです。この弁当風のランチが美味しそうで惹かれました。
inaka1.jpginaka2.jpg

 今日は若鶏のトマトソース煮、煮物、和え物、さんま味噌煮、卵焼き・・・と品数も多いですね。

 

 

 

 店内は伝統的な居酒屋です。カウンター数席とテーブル4卓ほどでしょうか。
inaka3.jpg
 作務衣姿の頭を丸めた親方が雰囲気を引き締めております。それを愛想がよくて優しそうな兄さんがうまい具合に中和させています。

 

 

 

 本日の日替わりランチ680円です。二段重に綺麗に詰められています。
inaka6.jpg
 ご飯は100円で大盛りにできますし、豚汁はお代わりOKだそうです。

 

 


 残念ながらピントが今一ですが、この若鶏のトマトソースがまろやかで美味しかったです。洋食屋の味がしましたよ。
inaka5.jpg
 つぼみ菜も胡桃和えのようで濃厚。だし巻き卵もダシがじゅわっでよく出来ています。

 

 


 セルフサービスですが、コーヒーは無料です。
inaka7.jpg
 次から次とお客が入ってくるところを見ると常連さんがかなり付いているようです。この値段で豚汁お代わり可でコーヒーがサービスですから、また来たくなるわけです。

 

 

 

 小さな裏通りの居酒屋さんですが、このランチの出来からすると、夜もかなり期待できそうです。チェーン店のようなキラキラ感はありませんが、落ち着いた雰囲気と親方の料理でまったり飲むのも良さそうです。


 

 

 居酒屋田舎や

 

  • 所在地  :仙台市青葉区上杉1-16-6上杉ハイホーム1F 
  • 電話        :022-263-6368
  • 営業時間 :11:30~14:0017:30~24:00
  • 定休日    :土曜
  • 駐車場    : なし

 


 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

おとな飯和(かず)で酒宴です(上杉@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 先日、日替わり定食を頂いて、すっかり気に入ってしまった上杉21ビル地下1階の おとな飯和関連記事)。いつか、ここで飲んでみたいと機会を伺っていましたが、やっとチャンスが到来しました。若い親方の腕のほどをじっくり拝見させて頂きます。それにしても楽しみだぁ。^^

 



 上杉21ビル地下1階のおとな飯和です。入り口のロゴにもこだわりが・・・。
otona1.jpgotona2.jpg
 ランチタイムと異なり、座敷が襖で仕切られて、いくつかの小部屋になってます。

 

 


 はじめに、出されたのがこの四角い物体??? 何かのしん薯淡雪羹のように見えますが・・・
otona3.jpg

 最初から悩ませてくれます。味は意表を突かれてマヨネーズ味! すり身、山芋をベースに蒸したしん薯というより、少し重めですが、メレンゲをゼラチンで固めたムースに近いような感触です。親方に落ち着いて聞ける状況じゃなかったので、結局、不明なのですが、蟹の何とかと店員さんが言っていたので、加熱した蟹を使ったマヨ味のムース仕立てと勝手に解釈しました。なお、初めのビールはキリンのハートランド、例の緑のボトルのヤツでした。


 

 

 続いて、気仙沼名産「もうかのほし」、つまり、ネズミザメの心臓ですね。しかも、これを胡麻油と塩で供したのです。
otona4.jpg

 驚きました。もうかのほしをレバ刺しの感覚で捉えるとは。何本も取られた感じです。それにしても、この胡麻油が殊の外美味しい、どこぞの玉締めだろうか。

 

 

 

 続いて、お造り。マグロ、タイ、ヒラメになんと、鯨のさえずりです。泣かせますねぇ。
otona6.jpg

 さえずりは鯨のタン。関西では関東炊き(おでん)で普通に食べられている食材です。関西に住んでいたことがあるので思わずぐっと来ました。とは言っても、親方が私の素性を知っているはずもありませんが。^^

 

 

 

 次も魚です。これはメカジキの焙りポン酢です。
otona8.jpg

 メカジキはコリッとしたトロのような味わい。それをこのような形で、、、非凡ですねぇ。造りの後だけに出し方に工夫が見られます。

 

 

 

 蛸の桜煮です。春らしく早筍と莢豌豆を添えています。それも莢を開けて中の豆の配列の美しさを見せています。
otona9.jpg

 は柔らかく煮えていますが、皮が崩れていません。サイダー使ったのだろうか。。。

 

 

 

 続いて、ウスメバルの開き干しです。自家製でしょうね。
otona10.jpg

 小ぶりですので、背骨以外、鰭や頭までパリパリ食べられて美味しかったです。でも、自分で釣ってかなり食べているので珍しさは感じませんでした(釣り人の悲しさですね)。

 

 

 

  まだまだ続きます。こちらはミンク鯨のたたき(焙り)に焼き肉のタレのような風味のソースがかけてあります。
otona11.jpg

 これも、また大胆ですね。ミンク鯨が手に入っても、こう料理する勇気がありません。全体の流れからするとこの刺激的な味付けはGood timingではありますね。

 

 

 

  最後まで、お酒が進む料理が続きます。フキノトウウドの天ぷらとあん肝にアカモクの刻みです。
otona12.jpg

  天ぷらにはしん薯のアーモンド揚げも添えてありました。アカモクは近年、宮城でも喧しいのですが、魚の揺りかご(育成場)まで食べることはないと思いますがねぇ。

 

 

 


  いやぁ~、感服しました。どの料理も親方の工夫が感じられ、最後まで何が出されるか想像出来ない楽しさがありました。若いのに大したものです。自称熱血料理人だそうですが、ギラギラした感じはなく、飄々とした好青年に見えます。いつまでも、私のような庶民でも何とか手が届く範囲で、美味しい料理を提供して頂きたいものです。

 

 

 


 おとな飯 和(かず)


  • 所在地  :仙台市青葉区上杉1-8-17 上杉21ビルB1F
  • 電話        :022-721-9190
  • 営業時間 :月~金 11:30~13:30 17:00~23:00 土 17:00~23:00 
  • 定休日    :日曜・祝日定休
  • 駐車場    :なし

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。