スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【色麻町】穀菜センターの野菜で精進料理

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 前記事でご紹介しました色麻町かっぱの湯の隣に農産物直売所平沢穀菜センターが併設されています。穀菜センターは国際センターのパロディーでしょうか。穀菜ってググったら、「もしかして国際?」と尋ねられました。それでも38700件がヒットしましたけど。^^

 

 

 

  かっぱの湯の隣の農産物直売所平沢穀菜センターです。
kokusai1.jpg
 温泉帰りのお客さんが必ず寄って行くようです。

 

 

 

 生産者の一人一人の名前が書かれたカゴに野菜や農産加工品が並べられています。
kokusai2.jpgkokusai3.jpg
 どれも目移りするくらい新鮮で安い。山菜コーナーもあったのですが、我が家の畑は端境期。野菜に飢えています。緑の物をたくさん買い込みました。

 

 

 

 椎茸以外はどれも大体100円です。ネギは5本も入っていました。
kokusai4.jpgkokusai55.jpg
 椎茸の大きさも半端じゃない。お茶碗くらいの大きさです。今日はこれらを使って精進料理を作ります。日頃の過激な食生活を少しでも癒したいので。

 

 

 

 まずは、春キャベツの塩揉みです。隠し味に昆布茶を少々入れます。
kokusai6.jpg
 冷蔵庫にあった人参と小蕪を加えて、彩りと味に変化を付けました。春キャベツはしんなりと柔らかいので塩は心持ち少なめにします。

 

 

 

 次はつぼみ菜の芥子醤油浸しです。
kokusai7.jpg
 さっと湯がいたつぼみ菜を麺つゆ少々に醤油、練り芥子を加えて水で割り、蕎麦つゆくらいの味にした調味液に1時間ほど浸します。麺つゆだけでは甘過ぎてしまいます。

 

 

 

 これはほうれん草の白和えです。天にはほうれん草の根元の赤い部分を薄く切って盛りました。
kokusai8.jpg
 擂り鉢で煎った白胡麻を擂り、水気を絞った豆腐を加えて、さらに摺り合わせます。薄口醤油、味醂で好みの味に調味してから、茹でたほうれん草を小口に切って和えます。根元の利用は今は亡き水上勉のエッセイ「土を喰う日々―わが精進十二ヵ月 (新潮文庫) 」から、その心を学びました。

 

 

 

 本日のメインディッシュ、ジャンボ椎茸の山椒醤油焼きふきのとう味噌焼きです。
kokusai9.jpg
 木の芽を刻んで入れた醤油を付けながら焼いたものと途中でふきのとう味噌に卵黄を混ぜたものを塗って焼いた一種の田楽です。ふきのとう味噌はもちろん自家製です。作り方はこちらを参考にして下さい。この椎茸、食べ甲斐がありました。たっぷり食べてもローカロリーなのが嬉しいです。


 

 

 

 本日の夕餉は植物性のものだけで作っています(麺つゆの鰹だしを除く)。
kokusai11.jpg
 またにはこういう精進料理もよいものですが、しっかりこれでお酒を飲んでます。精進の意味がよくわかっておらず、困ったものです。^^

 


 

 田園地帯の農産物直販所に行くと新鮮な野菜が安く買えます。野菜も豊富にあって、本当に外国から輸入しなければならないくらい足りないのかと思ってしまいます。少なくても宮城県は農産物に関しては自給率が高い方でしょう。道中の田畑を見ていると使われないで雑草が生えている所もあります。いざという時はまだまだ作れそうですね。食料に恵まれたみちのくに住めて有り難い限りです。


 

 

 平沢穀菜センター(かっぱの湯となり)

  • 所在地  :宮城県加美郡色麻町平沢字新早坂21番地
  • 電話  :0229-66-1160
  • 営業時間 :10:00~18:00(12月~2月は17:00まで)
  • 定休日    :第2・4月曜日
  • 駐車場    :あり

 

 


         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ
スポンサーサイト

ベラミのチゲ鍋定食(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:焼肉・ホルモン

 晩翠通りのベラミさん、目立たない小さい焼き肉店です。以前、壽丸さんに連れてきて頂いたことがあり、国産牛の焼肉を堪能しました。今日はランチを頂きに参りました。ところで、以前から気になっていたのですが、ベラミって、どういう意味なのでしょう?


 普通、ベラミというと、フランス語のBel(ベル;美しい)+Ami(アミ;友人)がリエゾンしたBel-Ami(ベラミ)を連想します。モーパッサンの小説にもベラミという題名のがありまして、うだつの上がらない美少年が多くの女性を利用しながら立身出世していく話だったように記憶しています。でも、韓国系の焼き肉屋さんですから、何か別の意味があるのでしょう。

 

 

 

 晩翠通りの焼肉店、ベラミさんです。ランチタイムにはリーズナブルな値段の定食が食べられます。
belami1.jpgbelami2.jpg
 ハンバーグやカレー、揚げ物の定食もありますね。小鉢二品付きも魅力です。

 

 

 

 店内には、その日に使用した国産牛の個体識別番号が表示されます。
belami3.jpg
 トレースアビリティーにも神経を使う良心的なお店です。

 

 

 

 今日は雨で肌寒い日だったので、チゲ鍋定食をチョイスしました。
belami4.jpg
 ご飯も丼でボリュームは申し分なしです。


 

 

 

 副菜も充実していますし、栄養バランスも完璧ですね。
belami5.jpg

 ポテトサラダに青菜のお浸し。これに香の物が付きます。

 


 

 

 チゲ鍋は牛のダシがバッチリ効いて、満ち足りた味わいです。
belami6.jpgbelami7.jpg
 表面には良く溶いたかき玉が覆ってます。これが全体を優しい味にしています。具の肉は豚ですが、他にも豆腐、ゼンマイ、白菜、葱などがたっぷり入っていました。

 

 

 

 

  雨に日の昼時にもかかわらず、常連さんが次々やって来ます。女性客も多いのはやはり、このお店の良心的なところに惹かれるのでしょう。こちらのお店の経営者は、仙台駅前の谷風通りの伝統的居酒屋長洲もやっておられます。どちらも、味わいのあるいいお店ですよ。

 

 


 

 焼肉レストランベラミ

 

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町3丁目4-15
  • 電話        :022-264-1245
  • 営業時間 :ランチ11:30~14:00(月~金) 17:30~
  • 定休日    :不定休
  • 駐車場    : なし

 

 


         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m

小料理樹(たちき)で試し飲み(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 以前、東京エレクトロンホール宮城(本年3月まで宮城県民会館)の裏手を歩いていた時にこざっぱりした小料理屋さんを発見しました。何となく気になっていたのですが、先日、初めて伺ってきました。

 


 市役所の西側、徐州楼の少し北側にあります小料理さんです。とかいてたちきと読みます。
tatiki1.jpgtatiki2.jpg
 いつ頃出来たのでしょうか。お店はピカピカに新しいです。


 

 

 

 コースターにも箸置きにもの文字が書かれています。
tatiki3.jpg
 意外だったのは、親方がものすごく若いのです。無礼な言い方ですが、その辺の兄ちゃんくらいに見えました。でも、髪を短くして、とってもいなせな感じです。腕のほどが楽しみですね。今日は初めてなので、お任せで4000円で上げてもらうことにしました。

 

 

 

 突き出しの茄子とひき肉の炒め煮とスルメイカの焼き物です。
tatiki4.jpgtatiki7.jpg
 案外、お総菜的なので、肩の力が抜けました。

 

 

 
 ところが、次に豪華なお造り盛り合わせ(3人前)が出されました。これで卓上はにわかに華やかになりました。
tatiki5.jpg
 マグロ、ハマチ、カジキ、サーモン、タイ、タコ、ウニ、エビ、ホッキガイ、ホタテなんと10種類も盛り込んであります。豪華なエビはタラバエビ科のトヤマエビやモロトゲアカエビによく似ていますが、頭胸部の縞の感じがアラスカやカナダで漁獲されるスポット・シュリンプのようです。上質なこのエビは最近よく使われています。

 

 

 

 ここで熱々の鶏の空揚げ、野菜たっぷりでバランスが取れています。
tatiki8.jpg
 この盛り付けを見ても親方が華やかさを意識しているのではと思えます。

 

 

 

 さっぱりと香の物盛り合わせです。
tatiki9.jpg
 やはり、彩りを意識されていますね。

 

 

  このお店、若々しい親方と(たちき)という店名から青々とした若葉の印象を初め受けましたが、お料理を頂くうちに華やかなの賑わいがある樹であるような気がしてきました。刺身の盛り付けも料理人ごとに特徴がありますが、ここの親方は華やかさを重視されるようですね。お若いので、今後、どのように成長されるか楽しみです。

 

 

 小料理樹(たちき) 


  • 所在地  :仙台市青葉区国分町3-11-32 
  • 電話         :022-711-5886
  • 営業時間 :17:00~
  • 定休日    :日曜?(未確認)
  • 駐車場    :店の前に2台

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

とんぼりの板そば(本町@仙台)

カテゴリー: 外食:蕎麦

 定禅寺通りの東端のサンクスの向かいに村松ビルがありますが、その地下1階にそば処とんぼりさんがあります。そばを主体としながらも夜はお酒も飲ませてくれるお店らしいです。とんぼりって、大阪の道頓堀の略称なんだけど、まさか関係ありませんよね。考え始めるといつもの詮索癖に火が付いてしまいました。


 このお店は板そばが名物なので、もしかしたら山形県に縁のあるとんぼりかとさらに調べを入れましたら、酒田駅前にもとんぼりという食事処がありました。でも、その意味は不明です。さらに鶴岡市で外堀堰の再生・保全を行っている団体がとんぼり通信というのを発行しています。外堀のことを鶴岡ではとんぼりというのでしょうか?鶴岡なら板そばとの関係も深いので頷けますが、さぁどうでしょう。

 

 また、北陸から近畿にかけて、さかとんぼりという方言がありますが、真っ逆さまとか頭をしたにした状態のことを言うようです。さらに、さかとんぼりさかとんぼ(逆蜻蛉)となっている地方もあり、とんぼりはトンボ(蜻蛉)のことかなとも思ったのですが、現在、トンボとんぼりと呼んでいるところは見つかりませんでした。ただ、東北地方では、かつてトンボのことをだんぶりと呼んでいたそうで、もしかするとその変化系でとんぼりと呼んでいた地域があったのでしょうか。庄内人さん教えてください。とんぼりってなに?

 

 

 

 定禅寺通りの村松ビル地下一階にそば処とんぼりさんはあります。ビルの入り口の左手に地下街への階段がありますよ。
tonbori1.jpgtonbori12.jpg
 東北6県の地酒や海鮮の方も気になりますね。^^

 

 

 階段を下りると、右手にとんぼりさんがあります。板そばや合い盛がありますね。
tonbori3.jpgtonbori4.jpg

 

 

 

 お昼の定食もボリュームたっぷりで人気があります。
tonbori5.jpg
 ほとんどのお客さんが定食を食べておられましたね。

 

 


 

 でも、今日は山形の田舎そばを食べたい気分だったので、板そばをいきます。麺量もたっぷり。
tonbori6.jpg
 おや、ゆで卵まで付いてます。これで600円はお値打ちですね。

 

 

 

 太くてコシのある田舎そばです。ホシは少なめですが、挽きぐるみの二八くらいかなぁ。
tonbori7.jpg
 ごつごつと硬くて、香りも強いそばです。よく噛まないと飲み込めません。

 

 

 

 半分くらい食べ進んだ頃、ゆで卵を食べようとしたら、なんと、生卵でした。
tonbori8.jpg
 危うく、テーブルが悲惨な状態になるところでした。初めてなんだから、言ってほしいなぁ。寸前でそば猪口に回収。さて、何としたものか。この店では生卵でそばを食べさせるのでしょうか。確かに月見そばがあるくらいなので、そばと生卵の相性は悪くはないのでしょう。

 

 周りのお客を見渡すと、やはりそば猪口のつゆに溶き混んでそばを啜っています。思い出したぞ。池波正太郎の小説だったか、エッセイだったかに、ざるそばに生卵を混ぜ込んで食べる記載があった記憶が蘇りました。あの食通の大御所が食べるのだからきっと美味いのでしょう。


 

 試してみると、これは美味い。卵かけご飯のような感じですね。そば通が出入りする神田や並木の藪蕎麦でやったら、きっと叩き出されるでしょうが、田舎そばなら、これもありですね。なお、池波正太郎は卵をつゆに溶くのではなく、麺にかき混ぜるとしていますが、器も汚れますし、さすがにお店ではできませんよね。自宅でやってみます。

 

 


 

 最後のそば湯は卵入りなので、かき玉が粒子になったなったような感じです。
tonbori9.jpg
 やはり、そば湯はさっぱりと仕上げたいので、初めに卵入りのつゆでそばを食べ、後半に新しいつゆを注いでノーマルに戻した方が良いかも知れません。

 

 

 色々、ビックリさせられたとんぼりさんですが、ボリュームのある田舎蕎麦の板盛りが600円で食べられるのは有り難いことです。地酒の他にも焼酎のボトルがズラリと並んでいました。夜はどのような感じか気になります。いつか来てみないといけないですね。

 

 

 


 とんぼり

 

  • 所在地  :仙台市青葉区本町1-13-22 村松B1
  • 電話        :022-227-6276
  • 営業時間 :11:00~14:00 17:00~20:00
  • 定休日    :日・祝日
  • 駐車場    :   なし

 

 

 


         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

【名取市】さがののホワイト餃子

カテゴリー: 外食:その他


 GWに行楽地や人気スポットに出かけるなど愚の骨頂と自宅でまったりと休養を決め込んでいた一昨日ですが、あまりに陽気がよいので、釣られてふらりと車を走らせました。名取や岩沼などの海岸沿いを南下しますが、やはり、幹線道路以外でも県外ナンバーの車が多く、交差点では渋滞も見られます。

 

 

 

 どれ、どこかで昼飯を食べて引き返すかと、寄ったのが名取市増田にあるホワイト餃子のお店、さがのさんです。
sagano1.jpgsagano2.jpg
 ここのお店、まだ子供が小さかった10年ほど前にやって来たことがありました。その頃の場所と変わっていたので、探すのが一苦労でした。店構えもすっかり立派になって、あれから幾星霜を感じます。大袈裟か・・・^^

 

 

 ところで、ホワイト餃子ってご存じですか? 創業者の水谷信一さんが戦時中、満州で(パイ)さんという中国人から作り方を習った餃子で、戦後、白さんに因んでホワイト餃子として売り出したところ大ヒット。今では千葉県野田市に本部を置き、全国に30店舗近くを展開するまでに成長した餃子専門店です。

 
 

  ホワイト餃子には本店で技術指導を受けてのれん別けした支店と技術指導のみを受けた技術連鎖店があります。ここさがのさんは技術連鎖店です。なお、各店舗の所在は公式サイトで一覧できます。

 

 


 

  多少値上がりはしているものの、メニューも一新されて、多様なニーズに対応しています。
sagano3.jpgsagano4.jpg
 どれを食べるか散々迷ったのですが、スープの味も確認したいので、定食にしました。

 

 

 

 

 これは焼き餃子8個の定食690円です。
sagano5.jpg
 餃子の他には卵スープと漬け物が副菜として付きます。

 

 

 

 

 見て下さい。このまん丸とした雄姿を。まるで、揚げ饅頭ですね。
sagano6.jpg

 

 ホワイト餃子は皮も厚く、丸いので中心部まで熱を通すために独特の焼き方をしています。最初、熱湯を餃子の肩まで入れて煮るように加熱するのは同じですが、この後、大量の油を注ぎ、ほとんど揚げるように仕上げます。その結果、下半分はパリパリ、カリカリの皮となっていますが、上半分は通常の餃子のようにモチモチ、シコシコの食感が楽しめます。

 

 なお、調理時間は楽に15分くらいはかかってしまいます。焼き餃子をテイクアウトしにやって来るお客さんも慣れたもので、注文をすると椅子に座って週刊誌を読んで、出来上がりをゆったり待っています。

 

 

 

 

 これが、さがのの焼き餃子の断面です。
sagano7.jpgsagano8.jpg
 大きさの割にふんわり軽いなと思ったら、中にはかなり空洞があります。昔から、このような構造だったか、記憶がありませんが、もし、これで中身がぎっしり詰まっていたら、ふんわり感はなく、どっしりとした餃子になっていたでしょう。でも、これは意匠なのか結果なのか・・・

 

 

 

 

 卵スープには鶏団子も入っていて美味しかったです。
sagano9.jpg
 鶏のダシが効いていて、具も多く、単品150円はお値打ちなスープです。

 


 

 10年ぶりのさがのさんでしたが、まだ、お店を遣り繰りしている高齢のご主人と奥さんがお元気で何よりでした。以前、来た時もずいぶん年配の方が作っているなと感じたので、今回の再会は少し胸が熱くなりました。厨房の方から若い男性の「つぎ、15個焼けましたぁ~。」と声がしましたので、後継者も付いたのでしょう。以前にも増して人気もあるようで客足が途切れないのが素晴らしい。サンダル履きの地元の方が餃子だけを食べに来る光景が嬉しかったです。


 

 

  ホワイト餃子の店 さがの http://www.sagano-gyoza.com/

 

  • 所在地  :宮城県名取市増田3-1-40
  • 電話        :022-382-4880
  • 営業時間 :11:30~14:00/17:00~20:00
  • 定休日    :月曜日/年末年始
  • 駐車場    :店の前4台と離れた所にもあります(お店で確認)。

 

 


         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。