スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

かき小屋のまぐろ漬け丼(塩竈@宮城)

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス


 45号線の塩釜魚市場入り口近くでかき小屋の看板を見かけた方も多いのではないでしょうか。隣のやまや本店の方が目立つのですが、負けずに大きな文字でアピールしています。ここは名前のとおり牡蠣を焼きながら食べるお店ですが、牡蠣以外の定食類も美味しいので、こちら方面に出かけた折には、利用させてもらってます。


 

 


 塩竈のかき小屋さん。一年中、牡蠣の料理が楽しめます。
kakigoyazuke1.jpgkakigoyazuke2.jpg
 やまやの看板の方が遠くからでも目立ちますので、これを目印にして下さい。

 


 焼きがきのシステムは、前記事に説明してありますのでご参考にして下さい。食事の献立も前回の訪問時から少し変わっていますので、書き出してみましょう。


お食事メニュー(2008年6月現在)

牡蠣フライ定食840円
お刺身定食1000円 
くじら刺身定食 1000円 
海老フライカレー 1000円 
まぐろ漬け丼  800円
かきラーメン     700円

 この他にも月替わりランチメニュー(700円~800円)が4品ほどあり、こちらにはサラダコーヒーが付きます。


 

 

 

 牡蠣フライにするか悩んだのですが、今日はまぐろの漬け丼800円を頂きます。
kakigoyazuke3.jpg
 小鉢と香の物にお吸い物が付いています。どうでしょう、値段相応と思いますが。

 


 


 

 まぐろは8切れくらい乗ってました。ホタテも付いて紅白の取り合わせが綺麗ですね。
kakigoyazuke4.jpg
 ビンチョウだと思いますが、たっぷり乗っていて、まぐろ好きには堪らない丼です。

 

 

 

 

 これ何だかわかりますか?小さなツブの煮物です。
kakigoyazuke5.jpg
 よく観察すると黒い縞模様が、ちょっと不気味ですが、ツブはツブですパクッ。甘辛く煮付けてあり、コリコリした食感がまぐろ漬け丼の合間に良いアクセントです。

 

 


 

 

 お吸い物にはワカメイサダ(乾燥ツノナシオキアミ)が入って海の香り満載。
kakigoyazuke6.jpg
 やや甘めの醤油味でしたが、イサダが入った吸い物が港町らしくて良いですね。

 


 

 

 このお店は倒産された松木かき店さんの経営だったのですが、独立したのでしょうか。平日にもかかわらず、天板を囲んで豪快に山盛りの牡蠣を焼いて頬張っているパーティーもいました。定食類ランチメニューも安定してきたようですし、平日も繁盛しているようで安心しました。焼きがきを始め、牡蠣フライ牡蠣ラーメンが一年中食べられる貴重なお店です。宮城はかき生産量第2位の県なのですが、広島と違ってこのような店が少ないのですよ。月替わりのメニューには牡蠣カレーが登場することもありますよ。

 

 

  前回の訪問    2007.7.23   牡蠣フライ定食  

 

  

 

  かき小屋  

 

  • 所在地  :宮城県塩竈市新浜町1-5-13
  • 電話        :022-364-7022
  • 営業時間 :平日;11:00~19:00(土日祝~18:00) ランチ11:00~14:00
  • 定休日    :無休(正月1,2日除く)
  • 駐車場    :あり

 

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

スポンサーサイト

即席お茶漬け風稲庭うどん

カテゴリー: 外食:うどん

 先日、勾当台公園で開催されていました秋田県湯沢雄勝広域観光キャンペーン稲庭うどん折れ麺を買いました。稲庭うどんはご承知のように秋田県湯沢市稲庭町周辺で作られる手綯いの乾燥麺です。細いきしめんのように扁平しており、ツルツルしたとした滑らかな喉越しが堪らない伝統的な乾しうどんです。折れ麺は製造の途中で折れて、規格の長さにならないものを袋詰めしたもので、品質には全く問題ありません。


 

  繊細なうどんなので、あまり甘塩っぱい色の濃い汁では可哀想です。そこで、簡単にお茶漬け感覚稲庭うどんの美味しさを満喫できる食べ方をご紹介します。ダシは取らなくても構いません。その代わり、削り節ととろろ昆布を使います。これらがない場合は、ダシが必要になりますが、くれぐれも甘ったるい市販のめんつゆは使わないで下さい。これでは小野小町ジャージを着せるようなものです。^^

 

 

 

 

 先日買った稲庭うどん折れ麺(稲庭折うどん)です。500gで600円でしたが、二つ買うと1000円とも言ってましたので、地元では500円なんでしょう。
inaniwas1.jpginaniwas2.jpg

 これが折れ麺じゃなく、規格品なら100g200円~300円はするでしょう。たぐり上げてすすり込む喜びこそ足りませんが、半値で高級乾麺である稲庭うどんが楽しめるのですから庶民にとっては限りです。

 

 

 

 

 今日は折れ麺とうどんのダシ用としての削り節とろろ昆布、味付けに梅干しと醤油、薬味として大葉(青紫蘇)と白胡麻を用意しました。
inaniwas3.jpg
 ダシは削り節は外せませんが、とろろ昆布の代わりに塩昆布や昆布茶でも構いません。薬味は好みで葱やおろし生姜も良いでしょう。梅干しはさっぱり感を強調してくれるのであった方がよいですね。大葉は千切り、梅干しは種を取り除いて叩いておきます。最後にうどんにお湯かけますので茹で湯の他に人数分の熱湯を用意しておきます。

 


 

 

 

 稲庭うどんはたっぷりのお湯で約3分半、茹で上げ、ボールの中に入れたザルに受けます。1人前は乾麺重量で100~120gです。
inaniwas4.jpginaniwas5.jpg

  茹で湯はこの後使いますので、流したり水を加えたりしないで、取っておいて下さい。
 

 

 

 

 

 湯から切り上げたうどんは直ちに水に晒します。その後、丼に盛る直前で再度、茹で湯(別に用意したお湯でも良い)の中で、温めます。
inaniwas6.jpginaniwas7.jpg
 うどんは水で直ちによく洗い、ぬめりを取ると同時に引き締めます。こうすると美味しくなるばかりではなく、伸びるのを抑えることができます。茹で湯で温めた後は急いで進めます。丼にうどんを盛り、食卓へ運びます。

 

 

 

 

 うどんの上にダシの素である削り節やとろろ昆布、たたき梅や薬味類を乗せ、熱湯をかけ回します。
inaniwas8.jpginaniwas9.jpg
 良くダシが出るように掻き混ぜます。梅干しからも塩分が出ますので、それを補う程度に醤油を使い、味を調えます。

 

 

 

 あとは一気にすすり込むのですが、冒頭で小野小町ジャージとか言っておいて、これではジャージどころか汚れた作業着だろうが、、、という声が聞こえてきますね。^^
inaniwas10.jpginaniwas11.jpg
 まずは、味わってみて下さい。鰹節と昆布から出る一番出汁を梅干しの酸味と大葉の香りで頂くのですよ。洗練された優雅な風味は小野小町に見立てた稲庭うどんにピッタリです。見栄えが気になる場合は瞳を閉じて味わって下さい。^^

 

 

 

 今回は、用意した材料を一度うどんの上に勢揃いさせてから、お湯を注ぎ込んでからかき回すお茶漬けスタイルで頂きましたが、最初に、丼のお湯に削り節ととろろ昆布を入れてダシを取り、たたき梅を良く溶かし込んから醤油で味を調えたつゆにうどんを入れても良いわけです。ただこれだと、即席ではなくきちんとダシを取ったつゆにうどんを張ったのとあまり変わらなくなって、お茶漬け感覚の簡便さが薄れてしまうのです。お茶漬けにはお茶漬けの醍醐味があるのです。


 

 

 

 

   ← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

【松島町】太陽軒の特大五目焼きそば

カテゴリー: 外食:ラーメン


 松島町役場から高城川の橋の方へ100mほど来たところにユニークなラーメン屋さんがあります。とにかく量が多いのが特徴です。松島には大漁の天丼松島庵の天ざるなど盛りの多い店が幾つかありますが、その一つにランクされます。以前、訪れた時はお店の薦めのままに五目焼きそばの特大を注文してしまいましたが、完敗でした。今日はその手には乗りません。^^

 

 

 

 

 赤い外観が目印の太陽軒さんです。お店の裏側は高城川となります。
taiyou10.jpg

 地元の方に昔から愛されているラーメン屋さんです。

 

 

 

 

 まずはメニュー(2007.6現在)をご覧下さい(クリックで拡大)。基本のラーメンはたったの480円です。特大となるのは、五目焼きそば、特製五目ソバ、ミソラーメン、ラーメン、中華飯の5品です。
taiyou3.jpgtaiyou20.jpg
 問題の五目やきそば特大は880円、味噌ラーメン特大780円です。要するにデフォルトで大盛なので、さらに大盛にすると特大ということなんでしょう。ランチタイムのセットメニューは3種類(730円)。ラーメンにミニの中華飯・炒飯・麻婆丼のどれかが合わされます。

 

 

 

 

 これが、同僚に頼ませた五目やきそば特大です。軽く2玉以上あるでしょう。紅生姜もこれまた特盛りです。^^
taiyou4.jpg
 これでも以前より量が減った感じがします。かつて惨敗した時は、運ばれてきた瞬間、ラグビーボールの縦割りくらいに見えました。餡が少し甘めなのが特徴で、私にとっては、これも敗因の一つ。


 

 ところが、ところが、今日連れて行った同僚は汗もかかずにペロリと平らげてしまったので、ご主人も少しがっかりしたようです。ここのご主人は、特大を食べきれずに目を白黒しているお客を見るのが生き甲斐のようで、私が惨敗した時は「少し物足りなかったかなぁ?」と笑いながら冗談を言われてしまいました。^^


 

 味噌ラーメン特大麺2玉を使うのですが、いつもペロリと食べ尽くす常連には3玉にしてあげているようです。小麦粉の価格が上昇して、軒並み麺類の値上げが続いている昨今、一つの偉大な挑戦といえるかも知れません。

 

 

 

 

 さて、負け組の私は、ノーマルなランチセットのラーメン+ミニ中華飯730円を頂きます。
taiyou5.jpg
 中華飯はミニといってもハーフ以上はあります。これも完食できるか、少し不安がよぎります。

 

 

 

 

 ラーメンは透明なスープでさっぱり系。煮干しの香りをかなり強く感じます。
taiyou6.jpg
 このラーメンは単品で480円ですが、馬鹿にできませんよ。澄み切ったスープは魚と豚の旨味が活きてますし、硬めの麺の噛み心地が何とも言えません。煮豚は茹で豚っぽいですが、そのサッパリ感がこのラーメンにはよく合ってます。

 

 

 

 

 小丼一杯の中華飯は決してミニではありません。中華餡は五目焼きそばと同じで、豚肉もたくさん入ってます。
taiyou7.jpg

 このお店の特徴である甘めの餡は、これ位の量でしたら十分私にも入ります。

 

 

 

 このお店は儲けるつもりがあるのか、疑いたくなります。実はかつてミソラーメン特大も頼んだことがあったのですが、麺に行き着くまでに1袋分以上のもやしを食べる必要がありました。しかも、常連になると、満腹になるまで麺量を増やしているというから驚きです。松島町内の大食漢は幸せですね。
 
ぱんださん、行ってごらん。^^

 


  

 

 

  太陽軒

  •  所在地  :宮城県宮城郡松島町高城字町2-6
  • 電話 :022-353-2685
  • 営業時間 :11:00~15:00/17:00~19:00
  • 定休日 :火曜日の午後だけ
  • 駐車場 :店前に4台、通りの向かいに2~3台

 

 

 

     ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

美らの杜のソーキそば定食(中央@仙台)

カテゴリー: 外食:ラーメン

 アエルの向かいのビルHerb SENDAI の4階に洒落た沖縄料理店があります。いや、料理店というのはふさわしくないかも知れませんね。琉球DINING 美らの杜 (ちゅらのもり) というのが正式な名前です。いつ出来たのかわかりませんが、新しいお店のようです。お昼にはランチメニューも用意されております。


 

 

 

  琉球DINING 美らの杜さんはアエルの向かいのビル4階なので、地上の通りにはこのメニューの看板しかありません(クリックで拡大)。
ganko21.jpgtyuramori1.jpg
 おっ、ソーキそば定食もありますね。これはありがたい、ウチナースバは我が青春のメモリアル。ソーキは時々しか食べられませんでしたけど。

 

 

 

 エレベータで4階に上がると、そこは三線が響く沖縄が広がっていました。
tyuramori2.jpgtyuramori3.jpg
 店内はダイニングと言うだけあって、暗くなるとムードが盛り上がりそうな装飾です。中央に配置される大きな水槽にはウメイロモドキシリキルリスズメが乱舞します。たぶん、夜は薄暗い空間にカラフルな魚たちが浮き上がるのではないでしょうか。アエル側の窓際は駅前通りを見下ろせるカウンター席となっており、最高のデートスポットです。でも、そんなの関係ない。^^


 

 目の前のカウンターが空いていたので、座ろうとしたら店員さんにお待ち下さいと言われて、入り口で待機。ほどなく、チーフキャビンアテンダントのような女性が現れ、やはり目の前のカウンター席に案内されました。こっちはたった一人だし、昼食を食べに来ているだけなのに、ちょっと大袈裟だなぁ・・・

 

 

 

 

 ランチタイムには日替わりの美ら杜ランチ(500円)ほか6種類ありますが、今日はソーキそば定食(750円)です。
tyuramori4.jpg
 小振りのお茶碗のご飯と他に2品付きました。しかし、日替わりランチが500円とは頑張ってますね。

 

 

 

 

 ソーキそば、、憧れの響きです。学生の頃は貧乏で沖縄でも普段はただのスバしか食べていませんでした。
tyuramori5.jpg
 
 紅生姜はビジュアル的には綺麗ですが、沖縄では必ずしも必須アイテムではなかったように記憶してます。アオサも同様ですが、何となくそれらしく感じてしまいますね。白髪葱はあり得ないですが、上品さの演出には有効かと・・・

 


 

 

 このソーキの美味しそうなこと、筋のところがペロンペロンでとろける寸前です。麺もヤマトンチュー向けに手を加えていないようです。
tyuramori6.jpgtyuramori7.jpg
 麺は極太で沖縄より少し柔らかく感じましたが、仙台で食べられるウチナースバでは一番沖縄に近いのではないでしょうか。ただ、私にとっては懐かしさが迫る薄味なのですが、このみちのくでは物足りないと感じる人が多いことでしょう。


 

 

 

 副菜に一口の中華風春雨酢の物と香の物少々。
tyuramori8.jpg
 副菜というより、口直し程度と思った方がよいでしょう。そう言う意味では、ソーキそばに小ライスで750円ですから、お得というより値頃という感じでしょうか。でも、日替わり定食は500円でお得そうでしたよ。

 

 

 

 

 先にも触れたとおり、美らの杜は夜にはかなりムーディーなはずです。おじさんが集まって飲み放題で騒ぐ雰囲気ではありません。沖縄の思い出話を語り合ったり、南方志向の女性とトロピカルな話題でまったりするのによさげです。もちろん、宴会メニューも飲み放題付きで3980円から各種用意されておりますし、アラカルトの料理で泡盛の味比べをするのも楽しそうですよ。そうそう、日替わりの美ら杜ランチ500円というのも気になりますので後日また来てみましょう。


 


 

 琉球DINING 美らの杜 (ちゅらのもり) 
                 http://r.gnavi.co.jp/t217200/

 

  • 所在地  :仙台市青葉区中央1-6-1 Herb SENDAI 4F
  • 電話        :022-716-1410 
  • 営業時間 :月~木 11:30~24:00、金・土・祝前  11:30~05:00、日・祝  11:30~23:00
  •  定休日    :無休
  • 駐車場    : なし 

 

 

 

 
 

  ← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

かきちしゃ(サンチュ)をモリモリ食べる

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 今年はサンチュの種を丸々一袋、畑の空いている所や縁に蒔いてしまったものだから、毎日、食べ切れないくらいの収穫が続いております。毎晩、焼き肉をするわけにもいきませんし、サラダも食べられる量に限界があります。そう言えば、サンチュは近年の韓国ブームでリバイバルを果たした葉菜で、実は奈良時代くらいから日本でも栽培され、かきちしゃ(掻きちしゃ)との和名もつけられていたのでした。せっかく和名があリますので、以下、かきちしゃで行きます。


 

 かきちゃは日本でも長い間、食べられてきた葉菜ですので、どこかの郷土料理にかきちしゃを使った物が残っていないかと調べましたら、胡麻よごし浸し物などで食べられていたようです。サラダという概念がなかった時代でも和え物や浸し物という食べ方で親しまれていたのでした。

 

 

 

 

 毎日、収穫が続くかきちしゃ(サンチュ)です。
tishaae1.jpgtishaae2.jpg
 結球しないサラダ菜みたいな感じです。外側の大きくなった葉から掻いて利用します。

 

 

 

 

 毎回、大きなボール一杯は収穫できます。無農薬・有機栽培なので虫も喜んで食べに来ます。^^
tishaae3.jpg
 生でサラダとして食べるには多すぎますので、今日は少し工夫して食べてみます。

 

 

 

 

 どこかの郷土料理を参考に、かきちしゃの胡麻酢味噌和えを作ります。
tishaae4.jpgtishaae5.jpg

 和え衣の材料は白胡麻、キビ糖(砂糖)、仙台味噌、レモン酢です。胡麻を擂り、キビ糖と味噌を加えてさらに摺り、レモン酢で延ばしていきます。さらにだしか水で少し緩めます。

 


 
 

 

 擂り鉢の衣に千切ったかきちしゃを和えます。彩りが単調なので、トマトの賽の目を散らしました。
tishaae6.jpgtishaae65.jpg
 食卓に擂り鉢ごと出して、取り分けます。和製のサラダボールということで、ご勘弁。食べる直前に和えないとちしゃから水分が抜けてへたり過ぎてしまいます。

 

 

 

 

 もう1品はレタスの入った炒飯を参考に、かきちしゃ入り鮭の炒飯を作ります。
tishaae7.jpgtishaae8.jpg

 油を敷いた中華鍋で溶き卵を炒り、続いて焼きほぐした鮭を炒め合わせます。味付けは魚系の炒飯なのでナンプラー(魚醤)を使います。香り付けに大葉の微塵切りも加えます。


 


 

 固めに炊いたご飯を加え、出来上がり寸前で千切ったかきちゃを一山加えます。
tishaae9.jpg
 熱ですぐへたりますので、山盛り入れても大丈夫。

 

 

 

 

 出来上がったかきちしゃ炒り鮭の炒飯です。彩りが何とも良い感じに仕上がりました。
tishaae10.jpg
 あんなにあったかきちしゃもすっかり炒飯に取り込まれています。

 

 

 

 

 今晩はかきちしゃがメインの献立です。和えたり熱を通すといくらでも食べられます。
tishaae11.jpg
 明日からは炒め物にも入れてどんどん食べていきましょう。

 

 

 

 

 一時、栽培が陰を潜めていたかきちしゃですが、最近はスーパーでも常備するようになりました。でも、それは焼き肉の時の添え物としての出番を待っているのでしょう。レタスとサラダ菜の中間のような食感はどんな料理にも使えます。もっと、利用してもらいたいと思うのですが、栽培して思うのはかきちしゃの名前のように、外側の成長した葉から掻いて利用していくので。結球タイプのレタスやサラダ菜のように1回で収穫が決まらないのです。これは生産する方にとっては手間が掛かります。やはり、これは家庭で栽培して新鮮な葉を楽しむ方が良さそうです。

 

 

 

 

  ← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。