FC2ブログ

山形のだしで夏でも食欲もりもり

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 みなさま、山形のだしをご存じでしょうか。鰹節や昆布で取るだしではなく、夏野菜の細々を調味したご飯とぴったりの郷土料理です。暑さにがおって(弱って)、食欲が落ちている時でもこれならご飯が美味しく頂けます。山形でも内陸部である村山から最上にかけてが本場のようです、あちらではだしだぁっすぃのように発音します。っていうか、こっちの発音が間違っているのです。最近は仙台でも尾花沢のパック入りだし関連記事)が販売されるようになっています。

 

 

 私が最初にだしを知ったのは、山菜の食べ方を調べている時で、タラの芽やミズで作っただしの美味さに驚いたものです。以来、夏野菜だしも作るようになり、夏の我が家の定番お惣菜となっています。だしに限らず、古漬けや味噌漬けも細々にしたものがありますが、やはり、日本人の主食であるご飯との馴染み具合がよいのでしょうね。

 

 

 

 


 さっそく作ってみましょう。山形のだしにも幾つかの種類がありますが、基本に近い醤油味粘りを加えた塩味の2種類を作ります。
dasi08-1.jpgdasi08-2.jpg
 材料はキュウリやナスなどの夏野菜に、香り付けとして長葱、大葉(青紫蘇)、茗荷を使います。まだ、花茗荷(蕾)が出てきてないので若枝の根元を使いますが香りは全く同じです。粘りの素としてはオクラと納豆昆布(松前漬けの昆布)を準備します。

 


 

 

 

 材料(オクラと昆布を除く)をただひたすら5mm角程度になるように刻んでいきます。刻んだあとは軽く塩をしてしっとりさせます。
dasi08-3.jpg dasi08-4.jpg
 
ナスだけは刻んだらすぐに水に放って、アク抜きをします。これによって、茶色になるのも防げます。全部の材料を刻み終わったら、軽く塩をして、しんなりさせますが、塩っぱいと感じない程度にして下さい。しんなりしたら、水分を軽く切ります。塩っぱいようであれば、サッと洗います。

 


 

 

 

 

基本の醤油味には、白胡麻と一味唐辛子を振り混ぜて、香ばしさと辛みを加えます。
dasi08-5.jpg 
 この時決して、めんつゆやだし醤油を使わないで下さい。夏野菜をスッキリ食べるのがだしの身上、甘味や余計な旨味は不要です。醤油を全体に混ぜ合わしながら、味加減して加えて下さい。

 


 

 

 

 粘るタイプのだしには、湯がいたオクラの細々と納豆昆布を水で戻して刻んだものを加えます。
dasi08-6.jpg
 これらの他に、山芋やメカブを刻んで加えてもよいでしょう。これらの粘り成分は種類によって異なり、食物繊維であったり粘性多糖類であったりしますが、糖の吸収を抑制したり、コレステロールを下げたりと効能が多いので積極的に食事に取り入れましょう。

 


 

 

 

 ネバネバタイプの塩味のだしも出来上がりました。
dasi08-7.jpg 
 細々とした野菜は飛び散りやすいのですが、粘りが加わることでまとまりが出て扱いやすくなりました。味が薄い時は塩を補って下さい。今回は醤油味と対極させたかったので塩味にして彩りも優先させましたが、醤油味の粘り入りも美味しいですよ。

 


 

 

 

 丼ごとだしを卓上に並べて、銘々がご飯や豆腐にかけて、味比べをしていきます。
dasi08-9.jpg 
 右下は暑い日の我が家の定番、汁物替わりの冷や汁うどん作り方)です。

 

 

 

 

 

 まずはご飯で醤油味の基本だし。これはご飯が進みます。
dasi08-11.jpg 
 醤油味には唐辛子のピリッとした刺激がよく合います。

 

 

 

 

 続いて、粘るタイプの塩味を豆腐で頂きます。
dasi08-10.jpg 
 見栄えはよくないのですが、豆腐を崩してだしとよく混ぜた方が美味しいですよ。

 


 

 

 

 どんなに暑い夏でも、だしさえあればご飯が美味しく頂けます。さすが、日本の最高気温40.8℃(昭和8年7月25日)を記録した山形の郷土料理には避暑のための知恵の集積を感じます。これから、温暖化で真夏日も増えていくのでしょうけど、夏のきびしい地方の料理を見習って、自然な涼味を取り入れて暮らしたいものです。クーラー効かせて、アイスなめなめでは、体にも家計にも地球にも良くないですから。

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願いいたします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

仙台七夕まつりで抹茶ソフト(一番町@仙台)

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

tanabata08-1.jpg 

 昨日、8月6日から豪華絢爛な仙台七夕まつりが開催されています。10m以上もある孟宗竹に商店街の各店が数ヶ月もかけてコツコツと手作りしてきた笹飾りを取り付けます。これらの飾りは商店街ごとに審査され金銀銅の各賞が決定します。

 


 

 

 昼休みに人で賑わう一番丁を藤崎から市役所方面に向けて歩いてみました。今年の七夕飾りをとくとご鑑賞下さい。
tanabata08-2.jpg tanabata08-3.jpg  
 仙台七夕の笹飾りは昔からの習わしで吹き流し5本が1セットとなりますが、最近はそうでもないようです。

 


 

 

 

 すっかり定着しましたからくり七夕。糸操り人形が自動的に踊り出します。
tanabata08-4.jpg 
 
一番丁商店街ブランドームのフォーラス前です。


 

 


 

 

 少し風が出て吹き流しがたなびき躍動感が出てきました。
tanabata08-5.jpg 
 
やはり、吹き流しは吹き流れてこそ本領を発揮するのですね。

 

 

 

 

 爽やかな水色の吹き流しが目を引きます。右の丹精な作りの吹き流しも圧巻です。
tanabata08-6.jpg tanabata08-7.jpg
 
南の海をイメージさせる水色系の吹き流しは毎年、幾つか出現します。暑い時には涼感を与えてくれます。

 

 

 

 

 なかなかシックで個性的な吹き流しです(左)。艶やか従来のものと対照的ですね。
tanabata08-9.jpg tanabata08-8.jpg
 
ダークで渋い吹き流しは異色な感じです。三越前で見られます。

 

 


 

 

 ゆっくり鑑賞しながら三越まで来る頃には、もう休み時間も残り少なくなりました。また、今年も昼飯を食べ損ねてしまいました。帰還途中でお茶の井ヶ田さんの抹茶ソフトで喉の渇きと空腹を癒します。
tanabata08-10.jpg 
 若いスタッフが一生懸命呼びかけていますよ。

 

 

 

 

 

 いいオジサンがギャルの列に並んでソフトを買おうとしているんですから、これこそ、面白い光景だったと思います。
tanabata08-11.jpg tanabata08-12.jpg
 
本日はSサイズの抹茶ソフトのみ販売ということは、通常はMやLやWがあるんでしょうか?
 


 

 

 

 

 でも、この抹茶ソフト200円はいけますよ。抹茶の苦味と渋味が飲兵衛の中高年にも美味しく感じられます。
tanabata08-13.jpg 
 
列んだ甲斐がありました。ペロペロ舐めながら職場に戻ります。美味しいなぁ、汗が引きます。でも、これだけで夜まで闘うのはきつかったです。

 


 

 

 

 ここ井ヶ田の一番町本店さんではソフトの他にもオリジナルの抹茶パフェなんてのもありますよ。七夕見物で疲れたら寄ってみては如何でしょう。お茶屋さんならではの本物のお茶の風味豊かなスィーツが楽しめますよ。

 

 

 

 お茶の井ヶ田一番町本店 http://www.ocha-igeta.co.jp/top.html

 

  • 所在地  :仙台市青葉区一番町三丁目8-11
  • 電話        :022-261-1351
  • 営業時間 :10:00~19:30(ソフトコーナー10:30~19:00)
  • 定休日    :元日のみ
  • 駐車場    :なし(周辺有料多数)

 

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

 

 

 

魚が美味しい冨澤食堂(本町@仙台)

カテゴリー: 外食:寿司・魚貝類定食

   定禅寺通りを挟んだ錦町公園の向かいに国の合同庁舎がありますが、先日、そこで2日間缶詰の研修がありました。もちろんお昼は釈放されますので、そのそばにあります大衆食堂冨澤食堂さんにお世話になりました。めしのはんだやさんのように何でもあって激安ではありませんが、魚料理をリーズナブルなお値段で食べさせてくれるので、ランチタイムも夜の居酒屋の部もいつもサラリーマンで賑わいます。店の場所が一度、移転しましたが、昔からの人気の大衆食堂です。


 

 

 

 

 合同庁舎裏通りにあります冨沢食堂さんです。地下一階にありますが、道路に置かれた左の看板が目立ちます。
tomizawa2.jpgtomizawa1.jpg
 以前は、この近くの大通りに面したところにあったのですが、おせいじにもきれいと言えるお店ではありませんでした。m(..)m いまはこざっぱりとして綺麗ですよ。



 

 

 

 ランチタイムは刺身・煮魚・焼き魚定食がいずれも650円です。
tomizawa3.jpg tomizawa9.jpg
 お店に入ると、「今日の刺身は○○○ね。」と親父さんが伝えてくれます。焼き魚と煮魚はカウンターに並んでいますので、自分でチョイスします。もちろん、単品の自由な組合せで刺身+煮魚定食なんてのもOKで、料金を計算してくれます。

 

 


 

 

 第1日目は刺身定食にしました。この日の刺身はカツオです。副菜も3品付いて650円はお値打ちですね。
tomizawa5.jpg 
 
味噌汁はワカメと油揚げ、香の物も付きます。

 

 

 

 

 

 カツオは鮮度抜群で量もたっぷり。
tomizawa6.jpg 
 
この色が全てを物語ってます。カツオは北海道沖まで回遊し、秋には脂たっぷりの戻りカツオとなって、金華山沖でも漁獲されるようになります。

 

 

 

 

 

 副菜は茹で野菜に冷や奴で、栄養面でも安心していただけます。
tomizawa7.jpg tomizawa8.jpg
 
魚の目利き抜群な親父さんとサラリーマンの健康を考えてくれる惣菜作りの名人である奥さんが良いコンビでやってます。バイトのお姉さんが来ている時もありますよ。

 

 

 

 

 

 

 次の日は焼き魚にしました。サバや赤魚もありましたが、ニシンをチョイス。
tomizawa10.jpg 
 
ニシンはかつてロシアや北米から輸入していましたが、現在は大西洋からもタイセイヨウニシンという日本のと別の種類も大量に輸入されており、区別されずにニシンとして出回っています。でも、ほとんど違いがないんですよね。

 

 

 

 

 ニシンの焼き魚定食650円です。今日の副菜は金平ゴボウと冷や奴です。数の子も美味しかったぁ。
tomizawa11.jpg tomizawa12.jpg
 ニシンは食べ応えがありますね。脂も乗っていて美味しかったです。しかも数の子がパンパンに入った雌でした。塩蔵数の子と違って、焼いた数の子もなかなか乙な味です。少し得した気分になりましたよ。^^
 なんでニシンの卵を数の子と呼ぶのでしょうか。卵粒の数が多いからでは、他のほとんどの魚卵もそうなります。やはり、ニシンをカドイワシ(角張ったイワシ;腹側に棘がある)とかカドと呼んだことから、カドの子が数の子になった説に一票。
 

 

 

 

 

 かつて移転前冨澤食堂(愛宕上杉通りに面していた)で美味しい魚をあてに何度か飲んだ事がありました。刺身煮魚、天ぷらや漬け物などを突きながらポットで運ばれてくる熱燗をしこたま飲んで3000円しなかったように記憶しております。本当にこのところ足が遠のいておりましたので、久々のアットホームなお店の雰囲気が大変懐かしかったです。

 

 
 

 

 

 冨澤食堂

 

  • 所在地  :仙台市青葉区本町3-1-17
  • 電話        :022-265-1914
  • 営業時間 :11:00~13:00/17:00~
  • 定休日    :土日祝日
  • 駐車場    :なし

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

夏野菜でガスパチョ Gazpacho

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 暑い日が続いておりますが、食欲が落ち気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな時にピッタリな冷製スープがガスパッチョです。ガスパッチョは夏がきびしいスペインのアンダルシア地方に伝わる郷土料理です。スープと言うより野菜がたっぷり摂れるので、飲むサラダとも言われています。いま、旬の夏野菜が出盛りの季節ですので是非試してみて下さい。火を使わず、ミキサーでガーッと一発で出来てしまいます。


 


 

 

 

 材料はトマトを主体に、キュウリ、タマネギ、セロリ、ピーマンなど好きな物を取り揃えます。
gazpacho1.jpg 
 これらに外せないのが、パンとニンニク、レモン汁。それに塩とオリーブオイルです。本場のスペインでは生の空豆やアーモンドのガスパッチョもありまて、必ずしもトマトの入った赤いものばかりではないようです。ポルトガルにもありますが、もっとパンの割合が多くなり、スープと言うよりお粥の感じがしてきます。

 

 今回の材料(5人分)

    

材 料 名

分  量

トマト(中)

4個

キュウリ1本
パプリカ1/2個
タマネギ(小)1/2個
レモン汁半個分
バケット

1/4本

ニンニク1かけ
EXオリーブオイル大匙1
塩・白胡椒適量
2カップ

 

 

 始めに野菜類は小さく切って、パンは千切って水で湿らせておきます。キュウリは皮を剥いておいた方がきれいな色に仕上がりますよ。レモンも搾っておきましょう。
gazpacho2.jpg gazpacho3.jpg
 トマトは皮を湯剥きしましたが、あとで漉すので省略できます。タマネギやニンニクなどの香辛野菜は入れすぎると飲みにくくなりますので、控えめにするのがコツですね。あと、ニンニクはおろし金で塩を加えながら擂ると香りが柔らかになります。パプリカやキュウリなどを浮き身用として、少し賽の目に切ってとっておきます。

 


 

 

 

 野菜類とパンを何回かに分けてミキサーに入れ、撹拌していきます。
gazpacho4.jpg gazpacho5.jpg
 おろしたニンニクとオリーブオイルも最初から加えて下さい。良く撹拌したら、水を加えながら濃度を加減して、レモン汁、塩胡椒で味を決めます。最後にザルで漉して、滑らかにします。出来上がりましたら、冷蔵庫でギンギンに冷やして下さい。

 

 

 
 

 

 

 今日のブランチはガスパッチョとガーリックトーストです。
gazpacho6.jpg 
 
これで、野菜もバッチリ摂れます。食欲があれば、これにスクランブルエッグかオムレツでもあれば完璧ですね。

 


 

 

 

 ガーリックトーストはオリーブオイルにおろしニンニクと塩を加えた物を塗って焼いただけです。仕上げに乾燥パセリを少々。
gazpacho7.jpg gazpacho8.jpg
 ボリュームを出したい時は、浮き実にはパンの角切りを入れるとよいでしょう。

 


 

 

 

 

 浮き実を浮かべて、さあ、頂きましょう。 
gazpacho9.jpg 
 パンやオリーブオイルも入っているのでトロリとしていますが、野菜とレモンの爽やかさが食欲を増進してくれます。


 

 

 

 

 

 ガスパッチョは元来、硬くなったパンを食べやすいように、水でふやかして磨り潰し、塩やオリーブオイル、ニンニクで味付けした、日本で言えばお冷やご飯の雑炊のような庶民料理。その後、トマトなどの野菜が入るようになり、いまや、レストランでも供される冷製スープの座まで獲得した出世頭です。決して気取って飲むものではありません。あり合わせの野菜とパンをミキサーでガーッとやって、夏バテ防止に努めましょう。

 

 


 

 

← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

涼味一番 冷やしワンタン

カテゴリー: 料理:麺類

 hiyasiwantan8.jpg


 暑かった一日、外から帰って一風呂浴びて、ビールを煽る時に最適な逸品があります。それは冷やしワンタンです。ひんやりとした舌触りに加え、つるんとした喉越しが火照った体を癒してくれます。それでいて、単なる涼味だけではなく、辛味酸味の効いた肉の満足感も楽しめる夏ならではの料理です。

 

 

 

 

 作り方は基本的に普通のワンタンと同じです。ワンタンの皮を買い求め、豚挽肉をワンタン30個当たり200gほど用意します。その他には長葱、生姜と好みの生野菜が主な材料で、今回は水菜を使いました。
hiyasiwantan1.jpg 
 味付けは餡の挽肉におろし生姜、刻み葱、塩胡椒。たれ用に醤油、味醂、レモン酢、豆板醤、ラー油、粉山椒です。


 

 


 

 

 まず、挽肉に刻み葱とおろし生姜、塩胡椒を加えてよく練ります。それをワンタンの皮の枚数分に見当を付けながら包んでいきます。
hiyasiwantan2.jpg hiyasiwantan4.jpg
 通常のワンタン麺のワンタンはほんの少々の餡を皮で二つ折りにするように包みますが、餡を皮に親指の頭くらい乗せて、周囲から合わせるように十字に閉じます。コロンとした感じの花のように包み上げます。

 


 

 

 茹でる前にタレを作っておきましょう。
hiyasiwantan3.jpg 
 
 醤油と味醂とレモン酢をベースに豆板醤、ラー油、粉山椒で辛味と香りを加えます。辛味を抑えたい時は豆板醤を減らし、ラー油を胡麻油に替えて下さい。味醂を加えるのは尖った酸味と辛味を丸めるためです。
 

 

 

 

 

 

 沸騰したたっぷりのお湯で、ゆったり茹で上げます。浮き上がってきましたら、氷水にとります。
hiyasiwantan6.jpg hiyasiwantan7.jpg
 量をこなす場合は、茹で上がったワンタンをザルに上げて冷水に浸け、粗熱を取ってから氷水で冷やして下さい。十分に冷えましたら、ザルにとってよく水を切って下さい。

 

 

 

 


 

 皿に水菜を敷き、ワンタンを盛り付け、天に白髪葱と彩りに糸唐辛子を乗せました。
hiyasiwantan9.jpg hiyasiwantan10.jpg
 野菜も一緒に食べたいので、タレはかけてしまいましょう。

 

 

 

 

 

 もちろん、小皿でつけだれ式で頂いてもよろしいでしょう。hiyasiwantan11.jpg 
 さっぱりとポン酢で食べてもよいかも知れませんね。

 

 
 

 盛夏の料理は実際の冷たさも然る事ながら、見た目の涼しさも重要ですね。食欲のない時も涼しげに感じる料理には箸が向くものです。さらに夏バテ防止には肉と共に野菜もバランスよく摂ることが大切です。この料理は辛ささえ加減すれば子供も喜んでくれるので、猛暑が続くこの時期の栄養補給には好都合です。なお、生のエビの身を荒く叩いて餡に加えると、赤く透けて見えて彩りも華やかになります。さらに、クワイの替わりにタケノコやレンコンの細々も混ぜ込むと歯触りにも変化が出て食べるのが楽しくなりますよ。

 

 

 


 

← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ