スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【山形市本町】山形銘菓佐藤屋の乃し梅

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

nosiume1.jpg nosiume2.jpg
 山形に来るといつも馬見ヶ崎川の河原で休憩します。綺麗な水と宮城と違う山並みを眺めて物思いに更けます。食べ物のことしか考えていませんけど。^^ 河川敷には誰が植えたのか、それとも自生しているのか百日紅(サルスベリ)の若木が薄紅色の花を誇らしげに咲かしていました。その横には尾花(ススキ)が穂を天に向けて伸ばしています。

 


 

 山形市内食探訪の第3・4弾はお土産探しを兼ねて山形銘菓の老舗を訪ねてみましょう。まずは、乃し梅(のし梅)で有名な佐藤屋さんです。のし梅といいますと、水戸が有名でよく出張土産に頂いたりしますが、実は山形も梅の栽培が盛んだったのです。山形は紅花の栽培でも有名ですが、紅花の色をきれいに発色させるために酸が必要で、これに梅から抽出する梅酢を利用していたそうです。文政4年創業の佐藤屋さんでは、この梅の実を利用してのし梅作りを始め、180年あまり作り続けてきたそうです。現在の社長さんは七代目佐藤松兵衛さんです。

 

 

 

 

 山形駅前の商店街本町にある乃し梅の老舗佐藤屋本町店さんです。
nosiume3.jpg nosiume4.jpg
 
国道112号沿いのグランドホテルの真ん前にあり、車も2台程駐車できるスペースがあります。

 


 

 

 


 店内には梅製品以外にも種々の和菓子が並んでいます。
nosiume5.jpg nosiume6.jpg
 
雑誌に取り上げられたようで記事をショーケースの上に展示してあります。

 


 

 

 


 こちらは甘露梅という商品でいわゆる梅ジャムです。
 
 nosiume7.jpg
 これがのし梅の前の段階でして、これに寒天を加えて固めたものがのし梅とのことです。江戸時代は梅を薬としても利用していたそうです。

 

 


 

 


 お土産用と自家用に乃し梅を買い求めます。お得な袋入り(5枚入り483円)もあります。
nosiume8.jpg nosiume9.jpg
 
のし梅自体は水戸のものと大きく違いません。これはこのまま頂くものですが、ヒレ肉やササミに挟んで揚げてみたらどうなるとか、すぐ余計なことを考えてしまいます。^^

 

 

 

 

 

 こちらはやや厚めののし梅を短冊に切って砂糖を塗した梅しぐれです。140g入りで483円。
nosiume10.jpg nosiume11.jpg
 
さすがに私には甘すぎて味見だけでしたが、甘党には乃し梅よりがっつり甘くてよいのでしょう。

 


 

 

 

 山形のお土産で比較的日持ちのするものが欲しい時にはこの乃し梅が最適です。だいたい90日くらい持つそうです。ふと思ったんですが、梅のエキスにはクエン酸が多く含まれており、糖分も使われているので、登山の途中の疲労回復に乃し梅はいいんじゃないかな。そう言えば、梅に含まれるピルビン酸が骨粗しょう症予防にいいなんても聞いたことがありますね。

 

 いずれにしろ日本人は梅干しとともに生きてきたのですから、今後も末永いお付き合いになるのでしょう。ところで、梅と言えば紀州が日本一の産地はず。のし梅は作っていないかと調べてみたら、やはりありました。しかも、柚子味、抹茶味、花螺李(すもも)味などのバリエーションまでありましたよ。^^

 

 次の記事では日持ちはしないのですが、素晴らしく美味しい山形の伝統的な銘菓をご紹介します。

 

 

 

 
佐藤屋本町店 http://www.mountain-j.com/sinise/satoya/

 

  • 所在地  :山形県山形市本町2-4-62
  • 電話        :023-622-2433 
  • 営業時間 :8:30~18:30
  • 定休日    :不定休
  • 駐車場    :2台
     

 本店は十日町に、支店は他に山形市内に6店舗あります。

 

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
 
スポンサーサイト

【山形市本町】山形銘菓山田屋のふうき豆

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

huuki1.jpg  
 これ、ホッコリしていて見るからに美味しそうでしょ。ふっくら炊いた煮豆のような、ぬれ甘納豆のようなお菓子です。山形の知る人ぞ知る銘菓の一つですね。

 

 

 


 

 

 また、例によって馬見ヶ崎川の風景です。穏やかな季節の河原はいつまで見ていても飽きることを知りません。
huuki2.jpg 
huuki3.jpg
 子供の頃から見慣れた広瀬川と比べて何とのどかなことでしょう。冬のきびしさを考えなければ楽園のような世界です。

 


 

 

 山形市内食探訪ツアーの第4弾(最終)は、山形の老舗山田屋さんの白露ふうき(富貴)豆をご紹介します。ふうき豆とは青豌豆を砂糖でふっくらと甘く炊いて、粉ふきいものように水分を飛ばしたものです。大変人気があり、休日は行列が出来ることもあります。

 

 

  山形の繁華街本町にあります山田屋さんです。間口も2間ほどの小さなお店です。
huuki4.jpghuuki5.jpg
 
昭和6年創業の老舗の和菓子屋さんですが、ほとんどの方がふうき豆を買いに来られているようです。

 

 

 

 

 

 店内に入ると、モワッと豆を茹でた臭いに包まれます。目の前で炊きあがったふうき豆を計量して包装してくれます。
huuki6.jpg huuki7.jpg
 
はままるカフェで紹介されたようですね。1998年のはなまるランキング第2位とか。あの服部幸應氏も絶賛しておられます。店員さんがすごいスピードでこなしていきますが、次から次とお客が絶えません。

 

 


 

 

 

  これは一番小さいサイズで330g、600円。もちろん自家用には袋詰めもあります。
huuki8.jpg 
 袋詰めの場合は潰さないように気遣って運びましょう。上に重いものを置いたりすると餡のような状態になってしまいます。

 

 


 

 

 

 

 よく見ると豆もかろうじて形を維持しているようです。ギリギリの線の炊き具合と言えますね。それによく見て下さい。丁寧にが取り除かれているのです。
huuki9.jpg 
 だからこそ、この柔らかさとふんわりした口当たりが出るのでしょう。甘みも甘納豆のようにくどくありません。実に爽やかな甘みです。従って、私でもパクパク食べられるのです。

 

 


 

 

 このふうき豆は暖かい季節ですと3日、冷蔵でも7日で風味が劣化します。儚い美味しさだけに価値が増すのかも知れません。山形が産んだ上質な生菓子と言えますね。洋菓子の技術や材料を取り入れた改良和菓子もみちのくに普及してきていますが、このような世界に誇れる伝統的な銘菓も残していかないと日本の良さを見失ってしまいそうです。

 

 

 

 

 


白露ふうき豆本舗山田家
               
  http://www.mountain-j.com/sinise/yamadaya/

 

  • 所在地  :山形県山形市本町1-7-30
  • 電話        :023-622-6998
  • 営業時間 :9:00~18:00
  • 定休日    :火曜・第3月曜
  • 駐車場    :なし

 
 箱入り:330g600円、580g1000円、870g1500円

 

 

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
 

麺処定禅寺の和風豚骨つけ麺(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:ラーメン

  もと五福星だったところに今年(2008)オープンした麺処定禅寺さん。手打ちや十割の文字が目を惹く蕎麦屋さんですが、夜はなんと豚骨系のつけ麺も食べられるそうです。形態は似ていても、材料や仕込みが全く異なるふたつのそばをどうやってこなしているのか気になっていました。先日、飲んだ後にちょっと寄り道してきました。


 

 

  

 

 

 夜でもギンギラギンの麺処定禅寺さんです。手打ち蕎麦主体のお店ですが、豚骨つけ麺もあるんです。
wafutuke1.jpg
 定禅寺通りと国分丁も角にあります。以前、ここで五福星とパチンコ屋さんが手を組んでやっていたそうですが、五福星が手を引いたとの噂もあります。先日お昼に二八を頂きましたが、なかなか美味しかったですよ。
 

 

 

 

 夜の部のつけ麺はこのようにボリュームが3段階。並でも250g、飲んだ後には十分でしょう。
wafutuke2.jpg  
 しかし、爆盛500gを食べる人が1日に何人いるのだろう。

 

 

 

 

 

 和風とんこつつけ麺の並900円です。
wafutuke3.jpg 
 麺はキリンジより少し細いかな・・・というぐらいだから、極太の部類に入ります。よく噛まなきゃならないので顎が疲れます。飲んだ後にさらりという感じではないですね。酔いも覚めてしまいました。^^

 

 

 

 

 

 つけつゆは節の香りがビンビンで、よく見ると乾燥イサダ(ツノナシオキアミ)が入っていますよ。
wafutuke4.jpg 
 
あら、具がなにもないのかなと焦りましたが・・・・





 

 つゆの中には半熟煮卵半分、煮豚小1枚、メンマ数本が沈んでおりました。
wafutuke6.jpg 
 
場所が場所だけに高めの価格設定は理解できるのですが、その分、もう少し具にも配慮が欲しいところです。

 

 


 

 

 

 締めには蕎麦湯ならぬスープが出されました。
wafutuke7.jpg 
 カロリーオーバーだなと思いつつも、美味しかったので飲み干してしまいました。

 

 

 

 

 

 お店に入ったのが20時過ぎだったと思いますが、席はかなり空いておりました。午前2時まで営業しているお店ですので、これから飲んだ後の酔客が増えていくのでしょう。早くも回らない呂律(ろれつ)で店員さんに絡んでいるおじさんがおりましたが、店員さんだけではなく、周りのお客さんにも迷惑ですから謹んでもらいたいものです。酔客相手の商売はほんとうに大変ですねぇ。

 

 ところで、この店、夜来ても豚骨スープの臭いが感じられません。もっとも、周りには蕎麦をすすっているお客さんもいますので、あの香りがしたら興醒めなんですが、どこか他所で仕込んで搬入するようですね。

 

 


 

 


 麺処定禅寺


  • 所在地  :仙台市青葉区一番町4-10-11 
  •  電話 :022-721-0550  
  • 営業時間 :11:00~翌2:00(日祝~21:00) 
  • 定休日    :無休 
  • 駐車場    :なし(周辺に有料多数)

 

 

 

 


にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
 

今年も果実酒を仕込みました

カテゴリー: 料理:野菜・果物

   この時期、里山を歩きますと、色々ながなってます。紅葉前の彩りもなかなか多彩です。これはクサギという低木の実です。
kusagi1.jpg
 
真っ青な実に紫色の花弁のような美しい萼が目を引きます。ところが、この木には独特の臭いがあるので、臭木と言われるそうです。葉っぱを揉んで、しみじみ嗅いでみたのですが、そんなに嫌な臭いではありません。少しゴマの香りもするのですが、ゴムタイヤのようなギンとした臭いも感じます。でも屁糞葛(ヘクソカズラ)に比べれば、楽勝です。^^

 

 

  

 

 

 さて、こちらは私が勝手に里山の貴婦人と絶賛しているガマズミです。これの果実酒と言ったら、もう、高原を吹き渡るそよ風のように爽やかです。
kajitushu08-1.jpg kajitushu08-2.jpg
 
今年はガマズミの実りに適した気候だったようで、どの木もたわわに実を付けています。果肉は青リンゴのような酸味があって、山で口にすると喉の渇きを癒してくれます。

 

 

 

 

 

 

 実を房ごと摘み取って、一粒ずつ小枝から外していくのですが、結構、根気の要る仕事です。
kajitushu08-3.jpg 
 
きれいに洗ってから、異物を取り除きます。よく見るとリンゴのようですね。実の中には比較的大きな種が入っています。

 

  

 

 

 

 

 

 今年はがまずみをVODKAで漬けてみます。ボドカではありません、ウォッカです。ALC40%でいつもより強烈な果実酒になりそうです。^^
vodka.jpg
 毎度のことながら、私の果実酒には特定のもの以外、糖分は入れません。味の調整に必要な場合は飲む時点で加えます。浸透圧による抽出効果は多少遅くなるでしょうけど、時間をかければよいだけです。

 


 

 

  

 

 

 漬け込んで1日目の状態です。
kajitushu08-4.jpg 
 これがやがて、深紅のお酒へと変身するのです。

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 こちらは、半月ほど前の写真ですが、晩生種ラビットアイ系のブルーベリーです。今でも、毎日食べています。
kajitushu08-5.jpg kajitushu08-6.jpg
 
こちらも美味しい果実酒が出来るんです。

 

 

 

 

  

 初夏のノーザンハイブッシュ系と違って、粉を吹いたような外観が特徴です。
kajitushu08-7.jpg 
 
味わいもノーザン系よりやや軽く、酸味も甘味も薄く感じますが、果実酒にはあまり差がありません。

 

 

 

 

 

 漬け込んで1日(右)もするとアルコールにアントシアニン系の色素が抽出され始めます。
kajitushu08-8.jpg kajitushu08-9.jpg
 
この色素が目によいとのことですが、果実酒が出来るのは数ヶ月も先です。

 

 

  

 

 

 

 果実酒もコレクション的に漬け始めると、気付いた時には酒瓶に囲まれた生活となり、返って体には良くありません。一通り試してみて、自分に合っているなと思う数種類を毎年楽しみにしながら漬け込み、食前酒や冬のナイトキャップで楽しむのが良いのでしょう。自分には出来ませんでしたが・・・。^^

 

 

   昨年も浸けてます。     ガマズミ    ブルーベリー

                   

                   仕上がりはこんな感じ です。

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

むかごご飯と山芋の親子炒り

カテゴリー: 料理:山菜・筍・茸

 菜園秋野菜も種を植えてから約1ヶ月、そろそろ、収穫の時機到来です。夏野菜から秋冬野菜に移り変わるまでの1ヶ月間が我が家で最も野菜に飢える期間です。今日は初収穫、何にして食べましょうか。

 

 

 

 

 

  左は炒め物に適している雪菜です。右は今年、2回目の栽培のカキチシャ(サンチュ)です。
mukago1.jpg mukago2.jpg
 
雪菜は寒さにも強くこれから冬まで食べていきます。カキチシャも大きな葉っぱから掻き取りながら利用していきます。

 

 

 

 

 ホウレンソウと春菊です。秋の葉菜類の定番です。
mukago3.jpg mukago4.jpg
 
完全無農薬栽培だからえぐみもなく、生のままサラダで食べられます。

 

 

 

 

 

 

 今年初挑戦中の暮坪かぶ(左)と毎年定番の大根です。小指から人差し指くらいに育ってます。
mukago5.jpg mukago6.jpg
 
栽培が難しいと言われる暮坪かぶもここまで育てばあとは何とかなるでしょう。大晦日には暮坪そばを食べるのが楽しみです。毎年、定番の大根も今年は麹でニシンやサケと一緒に漬けてみようと思っています。

 

 


 

 

 

 

 無農薬ですから当然、虫も食べに来ます。つぼみ菜を貪るキリギリスの仲間アシグロツユムシです。
mukago7.jpg 
 『いいんだよ。商売じゃないから穴が開いても。』 でも、あまりひどいと摘み出しますが・・・。^^

 


 

 

 

 

 

 生け垣に絡み付いていた蔓にはむかごがたわわになっていました。
mukago8.jpg 
 山芋を植えた記憶はないのですが、どこからかむかごが飛んできて、勝手に生えたのでしょう。ということはこの蔓の根元には山芋があるわけで2年後くらいに掘り出してみましょう。

 


 

 

 

 

 

 瞬く間に丼一杯くらいのむかごが手に入りました。
mukago9.jpg 
 むかごはご存じのように、山芋の蔓になる小さな塊(小芋)のことで、親芋同様、食用となります。今日はこれでむかごご飯を作りましょう。

 

 


 

 

 

 

 ご飯とむかごを炊き合わせて、里山の味わいむかごご飯を作ります。
mukago10.jpg mukago11.jpg
 
酒と塩を少々とだし昆布を入れて炊き上げました。ホクホクした芋の炊き込みご飯のようになります。

 


 

 

 

 

 

 こちらは床下収納にあった山芋むかごを炒め合わせて、山芋の親子炒りを作ってます。
mukago12.jpg mukago13.jpg
 
ニンニク少々で香り付けて、軽く塩を振ります。少量の油でじっくり炒りつけて山芋の両面に焦げ目を付けます。山芋はシャリシャリ感を残しながらネットリ感を引き出すのがコツですね。むかごは爪楊枝が刺さればOKです。 これは酒の肴としても最高ですよ。

 


 

 

 

 

 生のホウレンソウと春菊、カキチシャはカリカリに炒めた熱々のベーコンオイルをかけてサラダにします。
mukago14.jpg
 秋口の初摘み葉菜は柔らかくてサラダにピッタリ。ベーコンからの塩味が足りない時には軽く塩をして下さい。

 

 

 


 

 

 

 今日はむかごご飯山芋の親子炒り菜っぱサラダ豚の鋤煮で夕飯です。
mukago15.jpg 
 鋤煮が本来メインですが、今日の主役はむかごなんです。鋤煮にも取れ立て春菊をたっぷり入れて頂きます。

 

 


 

 

 今日は菜園の葉菜類の食べ始めの日だったんですが、思わぬ発見で、むかごの料理も堪能できました。 季節ごとの味覚っていいですよね。本来、当たり前だった味わいの季節変化が、現在は高度な栽培技術、冷凍保存技術、はたまた輸入によって周年供給されるようになりました。これは消費者のニーズに応えた結果だそうですが、そのため、人々は食べ物のを忘れ、一部では安全が犠牲となりました。


 各食材のを忘れると食べ物が生き物であることすら感じなくなります。そのため、食べ物を育む自然への関心をも薄れさせ、自然を護り資源を持続的に利用していかねばという気持ちもなくなります。


 現在、EUや北米では消費者サイドから自然を護りながら生産した食材を選択する気運が強まってます。そのような食材・食品にはエコラベルを始め、様々な認定ラベルが貼られています。日本にもやがては浸透してくるものと思われますが、そんなことより、まずは身近なところの自然の恵みから体感してみましょう。里山に行くのもよいですし、野菜を育ててみるのもよいでしょう。

 

 

 

 

 ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。