FC2ブログ

【御城下探訪:連坊小路】志のぶ本店の中華そば

カテゴリー: 外食:ラーメン

sinobu18.jpg  
 連坊小路から東九番丁に少し入ったところに酸っぱくない冷やし中華を食べさてくれるらーめん屋さんがあります。山形の冷やしラーメンとはまた違った味わいが魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日は連坊小路を散策してから、お目当てのラーメン屋さんに向かいます。ご存じのように連坊小路は地下鉄南北線五橋駅上の交差点から東に延びる通り沿いの町で、延長上には陸奥国分寺があります。
sinobu1.jpg sinobu2.jpg
 現在は小路というより、大路の道幅があります。仙台城下ではもしくはという地割りが普通ですが、小路は仙台八小路(やこじ)と言われるように数える位しかなかったようです。歩き始めるとすぐに東北新幹線の高架を潜ります。その下は東北本線の跨線橋となってます。

 

 

 

 


  

 

  跨線橋を越えてしばらく進むと大きな交差点に出ます。北に向かって新しい道路が延びています。幅広い中央分離帯は草むらとなってます。
sinobu3.jpg sinobu4.jpg
 この道路を北上すると榴岡でメルパルクの横を過ぎ、鉄砲町で国道45号線につながります。

 

  

  

 

 

 

 

 

 その次の交差点で連坊小路の東端になります。モリヤ菓子店さんの前には辻標(連坊小路・長泉寺横丁)がありました。
sinobu5.jpg sinobu6.jpg
 その斜め向かいは仙台一高になりますが、あちらは元茶畑になります。

 


  

 

 

 

 

 

 仙台一高を一周回ってみましたら、もう1本辻標(元茶畑・表柴田町)を発見しました。
sinobu7.jpg sinobu8.jpg
 この一高のある一帯は元禄の頃まで藩の茶畑として使われていたそうです。その後、侍屋敷となり、この地を元茶畑と呼ぶようになったそうです。

  

  

 

 

 

 

 

 先ほどの東北新幹線高架まで戻り、そのすぐ先を東九番丁へ入りますと、ラーメンの老舗しのぶ本店さんがあります。
sinobu9.jpg sinobu10.jpg
  
最近改築した店舗はモダンな日本蕎麦屋さんのようです。大正12年(1923年)の創業とのことですから元来、蕎麦屋さんなんでしょうね。

 

   

  

 

 

 

 

 

 店内もすごく綺麗です。献立も実にシンプルですよ。ご飯物はありません。
sinobu11.jpg sinobu12.jpg
 基本は中華そばと一年中食べられる冷やし中華です。それに具の量でチャーシューメンとメンマらーめんに変化しますが、これ以外はありません。この潔さがいいですね。中華そばに対する心意気を感じます。

 

 


  

 

 

 

 

  まずは基本中の基本である中華そば500円です。
sinobu13.jpg
 今どき500円ですよ。庶民の味方ですよね。お蕎麦屋さんの中華そばの雰囲気が残っています。 でも、決して鰹節の香りがするわけではなく、鶏豚系のスープです。


  

 

 

 

 

 

 

 厚いももの煮豚も2枚、細割きのメンマもしっかりと煮てあります。
sinobu14.jpg
 スープも癒し系の味で、やや甘味も感じます。生姜の香りもほんのりしますね。

 

  

 

 

 

 

 

 

 この麺が特徴的です。細くてストレートな麺が優しいスープにピッタリ合ってます。
sinobu15.jpg
 デフォが柔らかめと聞いていたので、硬めでお願いしました。そのためか弾力よりも歯応えが強調された感じです。

 

  

 

 

 

 

 

 恥ずかしながら、続いて冷やし中華そば500円です。^^
sinobu16.jpg
 この店の冷やし中華そばの最大の特徴は酸っぱくないこと。具と言いスープと言い、中華そばの冷製というのが適切な表現でしょう。山形の冷やしラーメンはスープも具も別あつらえになりますし。


  

 

 

 

 

 

 キュウリや錦糸卵の載った夏向きではなく、キリッと締まったを楽しむための食べ方という気がします。
sinobu17.jpg
 温かい中華そばより麺の弾力が出るまで茹でて、冷水でキュッと締めてありますので、麺の美味しさを味わうのならこちらの方が上ではないでしょうか。従いまして、ざる蕎麦と同じように一年中食べることができます。これを一人二杯食べる常連さんや二人で中華そば二杯と冷やしを一杯というカップルも見受けられます。

 

 


 

 

  連坊小路はその先の陸奥国分寺に24の僧坊(僧侶の居住施設)があったことから、連坊小路と呼んだそうです。 道路も広く小路のイメージはありませんが、通りから少しはいるとお寺さんや明神様があったりして街の歴史に触れることができます。この町で85年も暖簾を掛けているしのぶ本店さんの癒し系中華そば徐州楼とともに仙台を代表するラーメンと言えるのではないでしょうか。

 

 

 


 志のぶ本店

 

 

  • 所在地  :仙台市若林区連坊小路128
  • 電話        :022-222-3438
  •  営業時間 :11:00~19:00
  • 定休日    :日曜・祝日
  • 駐車場    :あり

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト



| ホーム |