FC2ブログ

岩切蕎麦切処 かみのやの新そば(岩切@仙台)

カテゴリー: 外食:蕎麦

kaminoya1.jpg 
 仙台から利府街道(県道8号仙台松島線)を北東に走ると岩切で七北田川に行き当たりますが、橋の手前を左折して、川沿いにしばらく走るとなんとものどかな風景が展開します。そんな河畔のロケーションに人気の蕎麦屋さんがあるんです。

 

 

 

 

 

 

 

 その蕎麦屋さんは岩切蕎麦切処かみのやさんです。七北田川の古名、冠川を掲げた看板になにかこだわりを感じます。
kaminoya2.jpg kaminoya3.jpg
 ただこの佇まいは蕎麦屋というより、どう見てもペンション風民宿にしか見えないのです。もしかしたら、そのような物件を買い取ったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 ただ、建物の左側にある入り口の周囲は思い切り和風です。
kaminoya4.jpg 
 入り口に至る途中の喫茶室が何ともアンバランスなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 このお店は2階の座敷からの眺望が売りらしいのですが、その不思議なグリーンの喫茶室を選びました。この不思議な喫茶室も中に入ると、意外と落ち着きます。
kaminoya5.jpg kaminoya6.jpg
 何故かと言いますと、佇まいを眺めているうちに次々とお客がやって来て、入り口より二階の座敷に上がっていくのです。きっと会食でもあるかと思い、空いている喫茶室を選んだのでした。私の他の初めてのお客さんもどっちには行って良いのか迷っています。

 

 

 

 

 

 

 

 さて、かみのやさんでは、機械製麺のざる蕎麦と手打ちの二八蕎麦が基本のようです。
kaminoya8.jpg 
kaminoya7.jpg
 しかも、副菜や漬け物も付くようで、なかなか良心的ですよ。この日は北海道上川郡和寒町産の新蕎麦とのことです。

 

 


 

 

 

 

 

 ニシンの山椒漬けや棒タラの甘露煮も常備されているようです。
kaminoya10.jpg 
 お土産用もあるようで、なかなか商売熱心です。でも、山椒漬けは季節に頂きたいですね。

 

 

 


 

 

 

 

 本日は手打ち二八の新蕎麦800円を頂きます。味わいのある皿盛りですね。
kaminoya11.jpg 
 副菜には茄子の炒め煮と野菜の浅漬けが付きました。薬味の葱は細々に切ってあります。

 


 

 

 

 

 

 麺量はまずまず、きちんと食事になりそうです。
kaminoya12.jpg 
 やや太めの並蕎麦でしょうか。

 


 

 

 

 

 

 

 二八ですので、口当たりは幾分柔らかです。
kaminoya15.jpg 
 つゆもすっきり、味は薄目です。ですので、深めに浸けて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 〆の蕎麦湯ですが、、、、
kaminoya16.jpg 

 えっ、これさら湯というくらい透明でした。昼時は過ぎてお客さんもいっぱい入っているのですが。良くとれば、いつも新鮮なお湯で蕎麦を茹でていると言うことでしょうか。

 


 

 

 


 かみのやさんでは国内産の玄蕎麦を季節により選り分けて使ってますので、いつでもベストに近い蕎麦が頂けます。二八と言ってもお店によりずいぶんと差がありますが、こちらのはかなりソフトな部類に入るかも知れません。つゆもきつくないので多めに浸ける必要があります。窓から見えるのどかな風景にピッタリのお蕎麦だと思います。こちらのご主人はパソコンにも明るいようで店内には無線LANも装備されています(詳細は下記HP)。

 

 

 

 


岩切蕎麦切処 かみのや http://kaminoya.hatiju-hatiya.com/

 

  • 所在地  :仙台市宮城野区岩切字畑中2-6 
  • 電話        :022-255-8618  
  • 営業時間 :11:00~18:00
  • 定休日    :月曜
  • 駐車場    : 5台位

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト



| ホーム |