スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

Brasserie Note でフランス伝統料理(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 晩翠通りにありますブラッスリーノートさんはフランスの伝統的なお料理が気軽に頂けるご機嫌なお店です。かしこまって食べるフランス料理、いわゆるヌーヴェル・キュイジーヌ(nouvelle cuisine)ではなく、居酒屋感覚でフランスの日常料理が食べられます。そもそも、ブラッスリー(Brasserie ) は、ビールやワインなどを飲ませる大衆居酒屋という意味ですから。


 ブラッスリーノートさんは上杉にあるカフェエクレープリーノートCafe et Creperie Noteさんと姉妹店。仙台で一番ワインが安くのめる店造りをモットーに大衆価格のフランス伝統料理店+居酒屋さんを作り上げています。

 

 

 

 

 

 

 この日は酔亭よっちゃんで一次会のあと、雪崩れ込んでしまいました。それでもギャルソンが笑顔で迎えてくれます。
brasserie1.jpg brasserie2.jpg
 すみませんね。一次会で結構飲んできた後なんですけど。^^

 

 


 

 

 

 店内は隅々までフランスそのもの。厨房から漂う香りも異国情緒を醸し出しています。
brasserie3.jpg 
 こちらのワインのコレクションは凄いですよ。フランス全土から選りすぐったワインは、そのほとんどが無添加・有機ワインと来ていますので、堪えられないですよね。

 

 

 

 

 

 

 さっそくワインで乾杯です。
brasserie4.jpg 

テーブルワインなら、1000ml ボトル 3900円とお得です。

 

 

 

 
 
 

 

 

 まずはこのお店の人気商品パテ・ド・カンパーニュ(田舎風パテ)800円を頂きます。
brasserie6.jpg 
キュウリのピクルスがたっぷり添えられます。この気取らない盛り付けも癒されますね。

 

 


 

 

 

 

 

 華やかなニース風サラダ700円です。
brasserie5.jpg 
 このサラダは地中海に面したフランス南部のニースの名物。ゆで卵とツナとオリーブが入るのが特徴なんですが、オリーブが入っていなかったかな。シンプルなフレンチドレッシングで頂きます。

 

 


 

 

 

 

 

  パンも美味しいですね。バターやらパテやらをちょいと塗って、ワインで流し込みます。
brasserie7.jpg 
 実はこういうスタイルでワインをあおるのが大好きなんです。これに黒オリーブがあれば、もう言うことなし。パンは300円のチャージ料に含まれます。

 

 

 

 

 

 

 これも人気の帆立貝のタルタルソース1000円です。これもパンによく合います。
brasserie9.jpg 
 庄内人さんがレモンを絞って拵えてくれていますが、既にフライングの後が見えますね。^^

 

 

 

 

 

 

 これはエスカルゴのココット焼きガーリックパセリバター風味1200円です。
brasserie10.jpg 
 パセリとガーリックが効いたバターがワインとよく合います。これを三陸のアワビツブ(モスソガイ)でやったらどうなるでしょうか。たぶん、例のツメタガイが一番似ているかも知れません。^^

 

 

 

 


 

 

 気取らないでフランスの伝統料理を美味しくて安いワインで味わえるブラッスリーノートさんとカフェエクレープリーノートさんは仙台では貴重な存在です。同業者の方も食べに来ているという噂ですよ。今回は二次会で行ってしまいましたが、パーティープラン(2時間フリードリンク・大皿料理5品)も4000円からありますので、忘年会や新年会にも良さそうです。

 

 

 

 

 

 

Brasserie Note ブラッスリーノート 
                          
http://www.ma-cuisine-note.com

 

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町2-8-9
  • 電 話        :022-714-1550
  • 営業時間 :ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30) 火~土 18:00~02:00
                       (L.O.24:30) 日・祝 18:00~23:00(L.O.22:00) 
  • 定休日    :月・第3日曜日
  • 駐車場    :なし

 

 


 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト

【角田市】高蔵寺と秘伝豆のずんだ餅

カテゴリー: 外食:その他

 このところ、すっかりお気に入りのバスツアー。今回は仙台・宮城デスティネーションキャンペーンで特別企画されているJRの『びゅうばす・みやぎ食べバス号』で仙南方面を食べ回ってきました。食べばす号によるバスツアーは仙南エリアの名所旧跡を巡りながら、それぞれで美味しい名物おもてなしを受けるという粋なツアーです。12月27日まで毎日、運行しています。


 主に県外からのお客様のために用意された企画なので乗車ポイントを仙台駅及び白石蔵王駅としています。ですが、もちろん県内の方々にもご利用できます。内容はこれから5編に分けてご報告いたしますが、12月は若干、内容に変更がありますので、詳しくはこちらをご覧下さい。なお、予約は出発の5日前までで、JR東日本の主な駅にある『びゅうプラザ』にお申し込み下さい。

 

 

 

 

 

 

 仙台駅を朝8時半に出発した真っ赤なびゅうバスは、東北新幹線の白石蔵王駅で東京方面からのお客さんをピックアップした後、角田市の高蔵寺阿弥陀堂に向かいます。
kakudazunda1.jpg 

 宮城に住んでいながら、今まで知らなかったのですが、高蔵寺の阿弥陀堂は日本に現存する平安時代の建造物26のうちの一つだそうで阿弥陀堂としては京都の平等院や三千院、平泉の中尊寺金色堂と肩を並べる歴史を有しています。

 

 

 

 

 

  山門はないのですが、石の階段を上り詰めた両側に杉の巨木があります。
kakudazunda2.jpg 

 左側は根元から3本に分かれいますが(1本は途中で折れている)、樹高27m、樹齢800年と言われています。右側のは、樹高25m、樹齢は550~570年だそうです。一対の巨木に構えられた阿弥陀堂を何百年も我々の祖先は見続けてきたのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 現在、DC期間中はご本尊の阿弥陀仏をご開帳しており、ご住職の説明の後、靴を脱いで阿弥陀堂に入ります。
kakudazunda3.jpg kakudazunda4.jpg
 左が本尊の阿弥陀仏如来座像で、高さは2.7m、透し彫りの飛雲光背も入れると5.2mです。現在は漆黒ですが、かつては金色に光り輝いていたと伝えられています。右も阿弥陀仏なのですが、かなり破損しています。 そのために、寄木造りの構造がよくわかり、幾つかの部分に分かれる様子が観察できます。

 

 

 

 

 

 

 高蔵寺の境内には今から300年ほど前に建てられた農家が保存されています。
kakudazunda5.jpg kakudazunda6.jpg
 旧佐藤家の住宅で寄棟造りの茅葺きです。家の中には囲炉裏があり炭が赤々と熾きていました。こちらの縁側でお茶やお菓子を頂きました。

 


 

 

 

 

 さらに少し歩いたところに民家風の旬味れすとらん入の坊さんがあります。
kakudazunda7.jpg kakudazunda8.jpg
 平成19年に出来たばかりの新しいれすとらんです。地元でもまだ、あまり知れ渡っていない穴場ですね。

 

 


 

 

 

 

 店内も明るくきれいです。高い天井には和紙で作られた丸い照明が並びます。
kakudazunda9.jpg kakudazunda10.jpg
 メニューを見ますと、トンカツやエビフライ、ハンバーグなどの洋食系の定食が1000円前後で頂けるようで替わり定食800円(平日のみ)もありました。

 

 

 


 

 

 こちらでは秘伝豆のずんだ餅が振る舞われました。
kakudazunda11.jpg 
 これをシソ漬け桜葉茶で頂きます。何で秘伝かと言うと秘伝という品種名の青大豆を使っているからなんですね。この豆は大粒で山形のだだちゃ豆のように香り高いのですが、皮が薄いのでそのままずんだに出来る特徴があるそうです。

 

 

 

 

 

 

 ずんだ餅は仙台のとはかなり違います。枝豆の粒子が刻んだように粗いのが特徴です。
kakudazunda12.jpg 
 地元のこだわりの豆を一番美味しい季節にずんだにして、冷凍しておくそうです。なぜ、擂り潰さないのかと伺いましたが、この方が豆の香りが味わえるからだそうです。これにもこだわりがあるのですね。


 

 

 

 

 

 口直しに付いてきたピーマンの漬け物が意外な美味しさです。角田特産の梅干しですが、塩分を少し抜いて食べやすくしてあります
kakudazunda13.jpg 
 
甘いずんだ餅には、このような口直しが必須アイテムですね。特に私には。^^

 


  

 

 

 

 

 シソ漬け桜葉茶はシソと桜の香りが相俟ってよいお味です。
kakudazunda14.jpg 
 
サクラの花の塩漬けをお茶替わりにすることがありますが、それに紫蘇の香りを加えるなんて大胆な発想です。

 

 

 

 

 

 宮城県に現存する最も古い木造建築に上がることができ、平安時代の阿弥陀仏も間近で拝むことが出来ました。まだ、新しいれすとらん入の坊さんでは秘伝ずんだ餅を頂きましたが、こちらは意外なことに洋食がメインのお店でした。入の坊とはそばを流れる高倉川の上流に入の坊の滝という小さな滝があることから、奥まったところにも僧坊があったのでしょうか。

 

 

 

 

 

旬味れすとらん 入の坊


  • 所在地  :宮城県角田市高倉字入の坊17-1
  • 電話        :0224-65-3339
  • 営業時間 :11:00~14:30
  • 定休日    :火曜日
  • 駐車場    :あり

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

【丸森町】齋理屋敷で郷土料理

カテゴリー: 外食:その他

  仙台・宮城デスティネーションキャンペーンの特別企画、『びゅうばす・みやぎ食べバス号』で仙南方面を食べ回っています。角田市の高蔵寺に続いて、白石市の齋理屋敷にやって参りました。ここでも郷土料理を振る舞って頂くことになっています。

 

 ご承知でしょうけど、齋理屋敷は江戸時代後期(文化元年1804年)に創業した豪商の屋敷で、当主が代々、齋藤理助を名乗ったことから、屋号を齋理となりました。呉服の商いから養蚕や醸造など幅広く手掛けて、たいそう栄えましたが、第二次世界大戦後に店を閉じ、昭和61年に屋敷と蔵が収蔵品とともに町に寄付されました。丸森町ではこれを調査・整理して昭和63年蔵の博物館齋理屋敷として開館しました。

 

 

 

 

 

 

 丸森町のシンボル齋理屋敷にやって来ました。
sairi1.jpg sairi2.jpg
 左は明治36年に建築された財宝を収納した蔵です。齋理屋敷では最も立派な造りです。右が齋理屋敷では最も古い蔵で嘉永元年(1848年)に建てられています。1階で店を営業し、2階に呉服(絹織物)や太物(麻・綿織物)などを収納したそうです。

 

 

 

 

 

 左は中央の庭と住居(正面は奥は質草を収納した蔵)、右は昭和2年自動車を購入した時の記念写真です。
sairi3.jpg sairi3-5.jpg
 住居は痛みが激しく、昭和63年に建て直しています。右の自動車に乗っているのが最後の齋理屋敷当主七代目の齋藤理助さんでしょうか。

 

 

 

 

 

 裏通りを隔ててまだ屋敷が続きます。
sairi6.jpg 
 左手の二つの蔵は文化財収蔵のために建てられた蔵で非公開。正面の二つの蔵は中庭の突き当たりにあった物を裏側から眺めています。

 


 

 

 

 

 洋風の新館(平成10年築)の中は展示室となっております。
sairi9.jpg sairi10.jpg
 昭和初期の齋理屋敷周辺の街並みが50分の1のスケールで再現されたジオラマは思わず見入ってしまいます。

 

 

 

 

 

 郷土料理のパネルがありました。
sairi7.jpg sairi8.jpg
 左が鯉、鰻、鮎などの川魚料理。左は新しい感覚で創製した郷土料理とのことです。

 


 

 

 

 

 さて、それでは郷土料理を頂きます。右上のお茶は桑茶だそうです。

sairi13.jpg 
 新館の隣に建てられた伝統工芸体験施設“習の蔵”で頂きました。桑茶は青汁を思い浮かべましたが、臭みもなく普通に飲めました。

 


 

 

 

   

 

  油麩と原木椎茸の煮付けです。
sairi15.jpg 
 どちらも適度な味付けで、口の中でダシがジュワッと広がります。

 

 

 

 

 

 

 こちらが豆腐の田楽です。もろみが乗せてありますね。
sairi16.jpg 
 豆腐はよく水分が抜いてあり、驚くほどしっかりした噛み応えがありました。

 


 
 

 

 

 

 

 左は柚子巻き大根、右は紫蘇ラッキョウです。
sairi17.jpg sairi18.jpg
 どちらもお茶請けに最適な漬け物です。柚子巻き大根の上品な味と形は正月料理に添えても良さそうです。

 

 


 

 

 

 

 郷土料理を楽しんだ後は入り口の店蔵の一階にあります土産物店を物色します。
sairi19.jpg sairi20.jpg
 漬け物やお麩など伝統的な物の他に、丸森町が北限だとされるイノシシのカレーもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 私が気に入ったのがこれ、赤紫蘇の葉の千枚漬け。さっそく帰っておむすびにしてみました。
sairi21.jpg sairi22.jpg
 我が家でも梅干し用に赤紫蘇を栽培していますが、このように手の平サイズまで大きな葉にはなりません。千枚は入っていませんけど、17枚(60g)でした。^^

 

 

 

 

 

 

 

 蔵の博物館として公開されている齋理屋敷は、当時の蔵を残しつつ、収蔵品を分類整理して、蔵ごとにテーマを持たせて展示しています。嫁の蔵、童の蔵、業の蔵など、七つの蔵と住居、新館で九つの建物を見学できます。今回の郷土料理は特別企画で出されたのものです。なお、店蔵の二階は大正ロマン風の喫茶店になっており、コーヒーが楽しめます。

 


  
 

 

 

 

蔵の郷土館齋理屋敷http://www.marumori.net/sairi.html

 

 

  • 所在地  :宮城県伊具郡丸森町字町西25
  • 電話        :0224-72-6636
  • 営業時間 :9:30~17:00
  • 定休日    :月曜日
  • 駐車場    :あり(通りの向かい、大型可)

 

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

【白石市】白石城で生温麺

カテゴリー: 外食:他麺類

siroisi1.jpg
 仙南方面のバスツアー、3番目の目的地は白石城です。白石城は別の名を益岡城と言いまして、白石市の中心部にある益岡公園内に復元されました。

 

 

 

 

 

 びゅうばす・みやぎ食べバス号は、丸森町の齋理屋敷を後にして、白石市の白石城にやって参りました。大手二階門(左)と天守である三階櫓(右)が復元されています。
siroisi2.jpg siroisi3.jpg
 白石城は中世末期までは地元の豪族白石氏の居城でしたが、その後、伊達氏、蒲生氏、上杉氏と城主が代わり、関ヶ原の合戦直前、伊達政宗がこの城を攻略し、再び伊達藩の城となりました。その後、家臣の片倉小十郎景綱によって大改修がなされ、明治維新まで260年余り片倉氏が代々居城しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 大手門の前で城主の片倉小十郎さんが出迎えてくれました。右はゲームソフトの片倉小十郎です。
siroisi4.jpg siroisi5.jpg

  両者の違いに関する言及は省略して、殿の案内に従い、本丸の中へと入ります。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 急な石段の登城口に続き、これまた、後ろにひっくり返りそうなくらい急な階段を上がると大きな広間に出ます。
siroisi6.jpg siroisi7.jpg
 ここは武器を格納するエリアだそうで、ここから、攻めてくる敵を狙い撃ちするのだそうです。

 

 

 


 

 

 

 天守からの眺めは素晴らしいですね。白石市内が一望できます。
siroisi8.jpg siroisi9.jpg
 右の芝生のエリアに、平屋の表御殿や武道の稽古場などがあったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

  さて、こちらでのおもてなしは隣接する歴史探訪ミュージアムでお受けします。
siroisi10.jpg siroisi11.jpg
 こちらでは立体ハイビジョンシアターで白石城にまつわる作品を2編見ることが出来ます。1階の食堂では名物の白石温麺を食べることもできます。

 

 


 

 

 

 

 おもてなしにはもちろん白石温面が登場します。小粒なナメコがたくさん入った温かい温麺です。
siroisi12.jpg 
 温麺は冷たくして頂いても温麺なのでややこしいのです。

 


 


 

 

 

 

 こちらでは、市販されている9cmに切って束ねた乾麺ではなく、生麺を食べさせてくれます。
siroisi14.jpg  
 透明感と表面の滑らかさがまるで違います。仙台でも生麺が手に入ると嬉しいのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 こちらは野菜のたまり醤油漬けとまいずと呼ばれる発酵飲料です。
siroisi15.jpg 
 この漬け物は小十郎パリパリ漬けとしてお土産物になっています。問題はこのまいず、、、甘酒が時間が経って乳酸発酵が進んだような甘酸っぱい味です。

 

 

 

 

 

 

 デザートに仇討ち饅頭という菓子が付きました。
siroisi16.jpg siroisi17.jpg
 ずんだ餡の饅頭なのですが、1/6の割合でハラペーニョ入りの激辛餡になっているそうです。実は私が大当たり。恥ずかしいので、何食わぬ顔して食べていましたら、向かいに座った知らない年配の女性から「あなたの当たりでしょ」と見抜かれてしまいました。理由を聞くとこめかみから汗が流れていたそうです。鋭い観察力に脱帽です。^^

 

 

 

 


 

 こちらの食堂では様々な温麺が頂けますよ。一部を紹介しますね。
siroisi18.jpg siroisi19.jpg
 しかも、全て生麺使用なので、日頃の温麺とは全く違う温麺を味わえます。

 

 


 

 

 白石温麺の生麺はやはり、白石に来て味わうのがよいのかも知れません。白石の街並みを散策して、お城からご城下を見渡し、温麺を頂く。この組合せが一番でしょう。ところで、白石城伊達藩にあったわけですが、一国一城が原則の時代に二つの城を持てた伊達藩はある意味凄いと思います。


 

 

 

白石城(管理事務所) http://www.shiro-f.jp/shiroishijo/

 

  • 所在地  :宮城県白石市益岡町1-1
  • 電話        :0224-24-3030 
  • 営業時間 :9:00~17:00(~16:00;11~3月)
  • 定休日    :年末年始
  • 入城料: 大人300円、子供150円
  • 駐車場    :あり

 

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

【七ヶ宿町】吉野屋で冷やし街道そば

カテゴリー: 外食:蕎麦

sitigashuku1.jpg 
 びゅう・食べばす号
は白石市から七ヶ宿町へとやって参りました。まだまだ、食べ歩き(走り?)は続きます。

 

 

 


 

 

  と、突然、股旅姿の地元ガイドさんが登場、滑津大滝へと案内してくれます。
sitigashuku2.jpg sitigashuku3.jpg
 この渡世人さんはゆり太郎さんと申します。てきぱきと案内誘導をしてくれます。

 

 

 

 

 

 滝までは階段をひたすら下りていきます。
sitigashuku4.jpg 

 行きはよいよいなのですが、帰りはそれなりの覚悟が要ります。日頃、階段や山を歩き慣れていない年輩者にはちょっときついかも知れませんね。

 

 

 

 

 

 

 滑津大滝は高さは10m位しかありませんが、幅が30mもあって大迫力です。
sitigashuku5.jpg 
 白石川の上流にある二段階に落ちる名瀑です。遊歩道が川岸にあり、滝のすぐ横まで近づけます。が、かなり水飛沫を浴びました。^^

 

 

 

 


 

 

 バスで少し戻ったところに、安藤家(旧本陣)があります。本陣とは街道の宿でも大名や幕府の役人などが利用した高級宿のことです。
sitigashuku8.jpg 
 七ヶ宿街道は幕藩体制時の主要な交通路、七つの宿場が配置されたとのこと。かつて、出羽国諸藩が参勤交代にこの街道を通り、安藤家を本陣として利用したとのこと。現在は民家として、安藤家の方がお住まいになっています。DC期間中、家の周囲を見学させて下さっています。

 

 

 

 

 

 裏からの風景はなかなか見ることが出来ません。
sitigashuku11.jpg sitigashuku10.jpg
 蔵の上の方にという文字が見えますね。防火の願いを込めて書かれているそうです。

 

 

 

 

 

 

 さて、七ヶ宿町では名物のおそばをこれまた歴史のある吉野屋さんでいただきます。茅葺き屋根がその歴史を語っています。
sitigashuku12.jpg 
 旧本陣安藤家の真向かいにあります。創業は江戸時代末期だそうで、旅人に酒や甘酒、握り飯、草鞋などを売る店として賑わっていたそうです。

 


 

 

 

 

 地元のそば粉を使っているようですね。しかも、新そばが頂けるようです。
sitigashuku13.jpg sitigashuku14.jpg
 こちらのお店ではいつの頃からそばを出すようになったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 この季節は冷たいそばを天ざるともりそばに絞っているようです。
sitigashuku15.jpg 
 本日は紙で隠されている冷やし○○そばを頂きます。

 

 


 

 

 

 これが、冷やし街道そばです。キクラゲの葉山葵和えが絶品でした。
sitigashuku16.jpg 
 実はこのお蕎麦、定価1200円なんです。今回バスツアーは5ヶ所で食べまくって交通費込みで4700円なんですよ。一体どこで誰が負担しているのでしょうかね。^^

 

 

 

 

 

 

 ともあれ、この街道そばの美しさは見入ってしまいますね。
sitigashuku16-2.jpg sitigashuku17.jpg
 山菜はすべて地元産というこだわり。天に盛ってある葉山葵の細々を混ぜて食べると実によい感じなんです。

 

 


 

 

 

 お蕎麦はやや平たく打ってあります。ややソフトな感じから二八か三七かと思います。
sitigashuku18.jpg 
 ダシの美味しさが素晴らしい。すぅーと抵抗なく飲めるくらい美味しいです。

 

 

 

 

 

 

 寒い季節の冷やしなので最後の蕎麦湯が有り難いですね。
sitigashuku19.jpg 
 冷やして温めるのですからお腹も大変です。この季節、お店では冷やしそば類を外していますが、ツアー客用に大量な数をこなすには冷やしじゃないと伸びてしまいますよね。

 

 

 

 


 中山七ヶ宿街道はかつての要路でしたが、現在はそば街道としても有名になりつつあります。ガソリンも安くなってきましたので、今度はマイカーで蕎麦の食べ歩きでもやってみたくなってきました。食べばす号の旅はまだ続きます。お腹の方もぼちぼち限界に近づきつつありますが、次の目的地、遠刈田へ向けて出発です。

 

 

 

 

 吉野屋

 

 

  • 所在地  :宮城県七ヶ宿町字滑津33
  • 電話        : 0224-37-2455
  • 営業時間 :11:00~16:00
  • 定休日    :水曜
  • 駐車場    :あり


 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。