スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【塩竈市】塩釜仲卸市場で買い出しです

カテゴリー: 紹介:生鮮食材

nakaorosi0.jpg 
 塩釜仲卸市場は一般にも開放している水産物の卸売市場です。いわゆる都会の朝市とは異なり、プロ相手に早朝より営業しています。年末ともなると、県外からもバスの買い出しツアーが押しかけてきます。昨日、1年ぶりに探索に行って参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 場内は鉄骨むき出しの体育館のようです。初めてだとどこに何があるか分かりませんね。
nakaorosi1-1.jpg nakaorosi3.jpg
 長靴でなくても大丈夫ですが、市場ですので通路は濡れています。それなりの服装で行きましょう。今年から祝祭日も営業するみたいですね。ここ数年、塩釜仲卸市場は水揚市場と違って実に元気です。場内には観光バスの到着予定がアナウンスされます。まるで、観光地のような受け入れ体制です。

 

 

 

 

 

  

 

 

 簡単な案内図を作ってみました。場内は大きく4つのゾーンに区切られます。ちょうど、田の字のような区切りで南口左から反時計回りで魚類組合加工品組合鮮魚組合中央組合に所属する367店舗が商品を並べています。

Map.jpg   

 
   取り扱う商品は各ゾーンでかぶっている物もあるのですが、おおよそ以下のようになります。

     【魚類組合】      マグロを中心とした鮮魚類

     【加工品組合】     塩乾物、干物、練り製品、珍味類

     【鮮魚組合】      鮮魚、活魚、海老蟹、貝類、魚卵

     【中央組合】      鮮魚を中心に冷凍品や加工品


 中央の通路から東西に延びる通路を第1号売り場から第14号売り場としており、標識もありますので、気に入ったお店は番号売り場か覚えておくと良いですよ。

 

 

 

 


 

 


 塩竈は何と言ってもマグロでしょう。ひがしもの(近海ビンチョウ)のシーズンではありませんが、マグロが見事に捌かれていきます。
nakaorosi5.jpg nakaorosi6.jpg
 
巨大な出刃包丁でみるみる大きなマグロがブロックになって行きます。1~3号売り場の周辺では、このような解体作業が見られます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 中央通路を奥に進みますと左手が加工品の並ぶエリアとなります。
nakaorosi7.jpg nakaorosi8.jpg
 観光客のお土産に笹蒲がよく売れるのでしょうか、屋内唯一の電飾看板が目立ちます。干物類も種類が豊富でどれも美味しそうですね。サンマの開きは5枚でたったの500円ですよ。

 

 

 

 

 

 


 

 

 6号内場周辺です。乾物や珍味類がずらりと並びます。
nakaorosi9.jpg nakaorosi10.jpg
 これらの商品は、観光で寄ったお客さんでも安心して買えるのでしょうね。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 続いて中央通路の西側の鮮魚と活魚のゾーンです。8号から14号の売り場周辺の光景です。
nakaorosi10-1.jpg nakaorosi11.jpg
 魚はもちろんエビカニ、イカタコ、貝類ホヤなど、なんでもござれのゾーンで最も魚市場を感じるゾーンです。

 

 


 

 

 


 

 季節の鮮魚や活魚が種類豊富に並べられます。今ですとまだタラのシーズンですね。
nakaorosi12.jpg nakaorosi13.jpg
 ナメタガレイも年末年始を過ぎると安くなります。七ヶ浜に水揚げされたナメタが5枚でなんと1000円です。@@

 

 


 

 

 

 遠くロシアの活タラバガニから仙台湾の活マコガレイまでが顔を合わせるのもこの市場の楽しい所です。
nakaorosi14.jpg nakaorosi15.jpg
 市場はいつ来ても楽しいですね。特に、この鮮魚活魚ゾーンは四季折々に魚が異なり、海の季節の移り変わりを感じることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 


 塩釜仲卸市場はずいぶん一般人にもサービスをしてくれるようになりました。市場のイメージも明るくなってきたように思えます。築地の場内の緊張した戦場のような空気ではなく、やはりみちのくの穏やかな雰囲気に包まれています。ターレットやネコ(大八車)が人を掻き分けて走ることもなく、落ち着いて買い物ができますよ。店舗数は減りますが、日曜や祝祭日も営業しておりますので、子供の見学を兼ねて水産物の買い出しはいかがですか。安くて、ためになって、帰ってからも美味しいですよ。次の記事では仲卸市場ならではお食事をご紹介します。お楽しみに。

 

 

 


 

 

 

 塩釜水産物仲卸市場  http://www.nakaoroshi.or.jp/

 

  • 所在地  :宮城県塩竈市新浜町1-20 
  • 電話        :022-362-5518 
  • 営業時間 :3:30~13:00(土曜~14:00、日曜祝祭日6:00~14:00) 
  • 定休日    :休市日はHPで確認して下さい。
  • 駐車場    :有り 500台

 

 

 

 

 

 

 

 

  ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト

【塩竈市】市場食堂新浜で自作のまぐろ丼

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

 nakaorosi1-1.jpg
  前記事に引き続き、塩釜仲卸市場からのレポートです。どこの魚市場にもその周辺に美味しい魚料理を食べさせてくれる食堂があるものですが、塩釜仲卸市場には楽しい食堂が入っていますよ。自分で海の幸を作って食べるという前代未聞の食堂です。まずはトッピングとなる具材の買い出しから始まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 塩竈と言えば、やはりマグロですね。周年に亘り、何種類かのマグロを扱っています。これは本マグロ、赤身も中トロも美味しそうですね。
shinhama2.jpg 
 もちろん、お値段もそれなりにします。後方のトレーに入っているすき身(骨はだけ)が気になります。販売していないところを見ますと、直接、特約店にでも行ってしまうのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 


 一方こちらは、大衆的なビンチョウやメバチです。色は淡いですが、立派なマグロです。
shinhama3.jpg 
 山かけとなっていますが、山かけにも使えるすき身ですね。しかも、一皿たったの300円。これを買って直ち場内の食堂へ向かいます。

 

 

 

 

 

 

 

 本日のミッションの目的は自分で作るまぐろ丼です。仲卸市場内にあります食堂新浜さんの暖簾をくぐります。
shinhama4.jpg 
 
買い出した材料を持ち込んでオリジナル海鮮丼を作って食べることができます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 場所は下の図のように正面の南口を入ってすぐ右手、1号売り場の東端です。
shinhamaMap.jpg 
 1号から3号売り場にはまぐろを扱うお店が多いので、すき身も置いてあることが多いですよ。

 

 

 


 

 

 以前はうどん、そばにカレーを扱う食堂だったのですが、近年、右のような自分で好きな海鮮丼を作るごはん汁セットをやってます。
shinhama6.jpg shinhama5.jpg
 観光客や一般人相手の趣向なのでしょうけど、楽しいことをやってくれますね。

 

 

 


 

 

 

 

 

 店内はカウンター6席でかなり狭隘です。厨房では佐藤さん一家が和気藹々働いております。
shinhama8.jpg shinhama9.jpg
 壁のスナップ写真には、テーブルで食べている光景が写ってますので、観光シーズンには外に臨時のテーブル席を設けるのでしょう。強面のご主人も実は優しい。休日は高校生の娘さんも一生懸命、働いています。接客も上手で将来はこのお店を背負ってくれるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 


 これがごはん汁セット、通称丼セット300円です。
shinhama10.jpg 
 千切り海苔がかかった丼飯に沢庵と味噌汁が付きます。後は自分でバンバンして下さい。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今、買ったばかりのマグロのすき身を盛り込んで行きます。
shinhama11.jpg 
 何人かでネタを買ってシェアすれば、豪華な海鮮丼が安くできますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マグロすき身丼味噌汁付き600円の出来上がりです。マグロの量はご飯と同じくらい。^^
shinhama12.jpg 
 醤油を垂らしながらワシワシ掻き込みます。山葵はカウンターにない場合がありますので、所望すると出してくれます。

 

 

 

 

 


 

 

 塩釜仲卸市場の片隅にある食堂新浜さんは小さなカウンターだけのお店ですが、次から次へと場内で働く人がやってきます。そして、みなさん口を揃えて「今日は何ですか?」と尋ねます。要するに貼り出されているメニューの他に日替わりの定食があるのです。お店で食べていく人もいれば、ほとんどの方が自分のお店まで配達してもらっています。そうです、新浜さんのもう一つの顔は、宅配給食センターなんですね。なかには、「ご飯300円分に、今日のおかず適当に200円分。」なんて言う注文にも笑顔で答えておりました。何かほのぼのとした空気に包まれた新浜さんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 塩釜仲卸市場  http://www.nakaoroshi.or.jp

 

 

  • 所在地  :宮城県塩竈市新浜町1-20  
  • 電話        :022-362-5518    
  • 営業時間 :3:30~13:00(土曜~14:00、日曜祝祭日6:00~14:00) 
  • 定休日    :休市場はHPで確認して下さい  
  • 駐車場    :有り 500台

 

 

 

 

 食堂新浜

 

 

  • 所在地  :宮城県塩釜市新浜町1-20-74 塩釜仲卸市場内
  • 電話        :022-363-3722
  • 営業時間 :5:00~12:00 
  • 定休日    :休市日    

 

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

変わったあん肝を作ってしまいました

カテゴリー: 料理:買い魚

nakaorosi1_20090301214424.jpg  
 塩釜仲卸市場に自作のまぐろ丼を食べに行った際、珍しいものを見つけました。アンコウの生のです。今まで、2回ほど他のお店で見つけて、いわゆる蒸したあん肝を作ったことがありますが、お店の奥さんから変わった作り方を教わりましたので、トライしてみました。果たして新たな味の発見につながりますでしょうか。


 

 


 

 

 


 あんこうの肝が袋にぎっしり詰まって1500円です。塩釜仲卸市場の2号売り場で見つけました。
ankimo2.jpg 
 小さく見えますが、家で重さを量ったら900gもありました。これで海苔巻きサイズの蒸しあん肝が2本は作れるでしょう。

 

 

 

 

 

 通常、蒸しあん肝は生のまま、ラップなどで棒状に巻いてから加熱します。つまり、ソーセージやケーシング蒲鉾と同じ作り方ですね。ところが、この生肝を買ったお店の奥さん蒸してから巻けと言うのです。初め耳を疑ったのですが、確認しても同じでした。魚を扱うプロが言うので、そう言う作り方もあるのかも知れません。

 

 
 そこで、いつもの作り方ではなく、最初に酒蒸しにしてから、ラップと巻き簀で形成し、冷蔵して作ってみたいと思います。もしかしたら、今まで食べたことのないような素晴らしい味と出会えるかも知れません。期待しながら、さっそく調理に取り掛かります。

 

 


 

 

 

 


 

 前処理の説明は下に書きますが、ちょっとグロいので、小さめの画像にしております。^^
ankimo3.jpg ankimo4.jpg ankimo5.jpg

 アンコウの生肝は、海水程度の食塩水でざっと洗い、太い血管や筋等を取り除きます。再度、食塩水でに浸けてよく洗い、水気を切ってから、日本酒を振りかけてしばらくザルに揚げておきます。この二度目の塩水浸けを醤油に替える方もいますね。いずれにしましても、通常はこのように前処理した肝を巻き簀で棒状に形成するのです。

 

 


 

 

 

 

 
 

 水気を切った肝を蒸していきます。ステンレスのザルが蒸し器にすっぽり入りましたので、ザルごと20分蒸します。
ankimo6.jpg ankimo7.jpg
 蒸し上がったあん肝をちょこっと、ポン酢で味見です。これは美味い。通常のあん肝のように締まってはいませんが、オイリーでこっくりとした濃厚な味わいはまさに海のフォアグラです。このまま食べてしまいたい衝動を抑えて、さらに調理を続けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 蒸したあん肝をラップと巻き簀で巻いていくのですが、柔らかくて崩れやすく、扱いが難しいですね。
ankimo8.jpg ankimo9.jpg ankimo10.jpg
 それでも何とか巻き上げ、両端を止めて、さらにラップを巻いて、形成していきますが、なかなか、きつく締まらず、果たしてこれが固まるのかという不安に駆られます。外側をさらに巻き簀でくるみ、輪ゴムで止めて冷蔵庫で一晩寝かせます。

 

 

 

 

 


 

  一晩寝かせたあん肝を恐る恐る点検します。おやっ、思ったより硬く固まっています。
ankimo11.jpg 
 崩れた部分はレバーペーストのようになってますが、それがつなぎになって全体をまとめている感じでした。さっそく盛り付けてみますが、切ってみると崩れやすく、ペーストがべとついて、これまた扱いづらいですね。

 

 

 


 

 


 

 

 表面にべとつきはありますが、一応、見かけはあん肝ですね。
ankimo12.jpg 
 定番の紅葉おろしと青葱の細々を天盛りして、ポン酢をかけ回しました。

 

 

 


 

 


 

 

 肝心の味わいですが、これが何ともどう表現してよいかわかりません。
ankimo13.jpg 
 通常の生肝をケーシングして蒸したあん肝のように、スコッとした食感の部分もあるのですが、口の中でとろけるペーストの部分がなんとも妙です。何と言いましょうか、あん肝の一部を擂って和え衣として、それで細かく切ったあん肝を和えた感じです。

 

 

 

 

 


 
 仲卸の魚屋さんから教わったあん肝の作り方、初めは疑って調理に取り掛かりましたが、通常品とは異なるものの、何とかそれらしきものが出来上がりました。私は食材や料理にあまり先入観固定観念を持たずに、接してきました。従って、今まで食べたことのないあん肝でも、それはそれなりに楽しめるのですが、ただこれは、客観的に判断しても通常のあん肝の方が美味しいと思います。ただ、レバーペーストが大好きな方は、このようなあん肝も評価してくれるのではないでしょうか。


 

 

 

 

 

 

  ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

やまんの黒キーマカレー(一番町@仙台)

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

  仙台の東一番丁の三越近くには有名な横丁があります。西に延びる4本の横丁は、東一センター(東一連鎖街)と呼ばれて、戦後から60年近く、親しまれてきましたが、目下、再開発の工事が進んでいます。本年中に地下1階地上8階建てのビルになってしまうそうですが、せめて、1階は横丁風の飲食街にしてもらいたいものです。

 

 

 

 

 

 

 


  一方、東に延びる横丁は東一市場と呼ばれていますが、こちらは今のところ、再開発の計画はないようです。
yaman1.jpg
 このような一つの建物内に2本の横丁が併行しています。

 

 

 

 

 

 

   東一市場の東と西の入り口です
yaman2.jpg yaman3.jpg
 一番町側からの入り口はだるま薬局さんとなります。東側からは大衆食堂めしのかどやさんがある方の横丁にあります。

 

 

 

 

 

 


  遠くからもよく目立つ黒字にカレーの白文字。
yaman4.jpg yaman5.jpg
 小さなお店ですが、相当こだわったカレーが食べられます。


 

 

 

 

 

 

 

 正面左に張り出されている4種類のカレー(日替、チキン、黒キーマ、赤キーマ)が基本のようです。それにポークとミックスが加わります。
yaman6.jpg yaman7.jpg
 夜はカレーつけ麺やカレーラーメンもやっているそうですよ。

 

 

 


 

 


  店内はカウンター席だけで8席くらいでしょうか。
yaman8.jpg yaman9.jpg
  シートはクッションが効いて、グッと沈み込みますので、初めての人は最初ビックリするようですね。^^

 

 


 

 

 

 

 このやまんさんの名物はキーマカレー、黒と赤がありますが、赤が激辛です。
yaman10.jpg 
 本日は激辛に絶えられるコンディションではないので、黒キーマカレーを頂きます。

 


 

 

 


 

 

 サイドには水で晒した玉葱と福神漬け。
yaman11.jpg 
 玉葱もスライスではなく、ザクザクしています。適度に辛味も残って、噛み応えもあって、ザク切りも良いものです。

 

 

 

 

 

 

  キーマカレーは挽き肉のカレーなのですが、挽き肉以外にはレーズンくらいしか見つかりません。
yaman12.jpg 
 そのため、ダイレクトに肉の味わいが楽しめます。黒キーマは普通の辛さですが、私は辛味の感受性が高いのでこめかみ当たりから汗が出ます。様々なスパイスの香りが花開きますが、少し渋みを感じるのはクローブ(丁字)でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 もう既に様々な方が、紹介し尽くしたやまんさんですが、やはり紹介したくなりますね。平日の昼時は席が埋まっているですが、この日は休日だったので最初、マスターと一対一になり、緊張しました。^^ 寡黙な方なのであまり話しかけても悪いかなとも思ったりして、おとなしくしていましたよ。そうなんです。このお店は日曜もやっていますので番ブラついでに利用することができますよ。

 

 

 

 

 

 


 やまん

 

  • 所在地  :仙台市青葉区一番町4-5-19 東一市場内 
  • 電話        :非公開
  • 営業時間 :11:00~24:00 
  • 定休日    :月曜 
  • 駐車場    :   なし

 

 

 

 

 

 

 

  ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

【石巻市】中国料理揚子江のランチセット

カテゴリー: 外食:その他

yosuko1.jpg
  寒々とした大河の畔。この日は風が強く川面が波立っていました。今日は旧北上川の川辺を走っています。さすがに二県にまたがる大河川、この迫力ある川幅と水量にはいつも見入ってしまいますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この川のそばに石巻で人気の中国料理屋さんがあります。石巻の人なら誰でも知っている揚子江さんです。
yosuko2.jpg 
 お昼はほぼ満席になりますよ。駐車場は店の左右にたっぷりあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 陽射しが降り注ぐテーブル席の他に座敷もあります。何でも美味しいので来る度に悩んでしまいます。
yosuko3.jpg yosuko4.jpg
 このアーチが中国っぽいのですが、中は畳です。厨房の方からは、放課後のグランドのように気合いの入ったかけ声が聞こえてきます。オリジナルな麺類や鯨の焼売なんていうのもあります。

 

 


 

 

 

 

 

 

 本日は3種類あるランチセットからCランチ(各840円)をチョイスしました。
yosuko5.jpg 
 
ご飯はこの茶碗に2杯分がお櫃で供されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 主菜の一つは豚肉と筍の細切り炒めです。
yosuko6.jpg 
 こういう中華の炒め物は本当に白飯に合いますね。中国の歴史が作り上げたお惣菜には敬服です。

 

 

 

 

 

 


 

 

 もう一方の主菜は大きな焼売が2個。
yosuko7.jpg 
 とても一口では食べられないサイズです。ふんわりとして美味しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 鶏のダシがバッチリ効いた玉子スープ。
yosuko8.jpg 
 中国料理屋さんの善し悪しはスープで何となく分かりますね。

 

 

 

 

 
 

 

 私の記憶では、この揚子江さんは十数年前に改築し、現在のような郊外チャイニーズレストラン風になりましたが、それ以前は町の中華屋さんという感じで、安い、うまい、ボリュームで人気がありました。もちろんグレードアップした今でも、本格的中国料理としては大変リーズナブルなお値段で美味しい料理を頂けます。二階に広い座敷もあるようなので、中華で宴会も良さそうです。

 

 

 

 

 

中国料理揚子江

 


  • 所在地  :石巻市不動町2-1-1
  • 電話        :0225-96-1717
  • 営業時間 :11:45~21:00(ランチ ~15:00)
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :  44台
     


 

 

 

  ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。