スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

丸ごと焼き玉葱

カテゴリー: 料理:野菜・果物

marutama1_20090330204142.jpg
 玉葱を皮も剥かずに丸ごとオーブンで焼いたことがありますか。このダイナミックな料理は旨味が封じ込められたまま加熱されるので甘みも強く、玉葱の力強さを感じることができます。そこで、根菜類の収納箱を漁っていたのですが、うかつにもかなり前の玉葱が3個も発掘されました。しかも、もうが伸びています。^^

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 このようになっても、周囲が硬ければ芯を除いて食べるのですが、これらは全体がゆるみ始めています。でも、捨てたりはしません。
marutama2.jpg marutama3.jpg
 芽が出た玉葱は土に植えておけば、しばらくすると葉玉葱として利用できるようになります。長葱の代わりに使ったり、ぬたや炒め物で食べると美味しいのです。


 

 

 

 

 

 

 

 さて、の出ていない玉葱は天地を少しずつ切っておきます。
marutama5.jpg
 天板の上での安定と食べやすくするためです。


 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、いよいよ丸焼きの開始です。180℃で30分でじっくり焼き上げます。
marutama6.jpg 
  実はこの後、10分後に里芋も加えて焼いてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 こんな感じで焼き上がりました。好い香りが立ち上ります。
marutama7.jpg 
 玉葱のお供として焼いた里芋ですが、なんかよいオーラを発してますね。玉葱は食べやすいように縦に切れ目を入れて食卓に運びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 そのまま、塩胡椒やポン酢でも美味しいのですが、今日はちょっと趣向を凝らします。
marutama8.jpg 
 ディップと言いますか餡と言いますかつけダレと言いますか、味付け用に2種類を用意しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらはミートソースです。いわゆるパスタ用のボロネーゼ・ソースです。
marutama9.jpg 
 玉葱や人参、マッシュルームを刻んで、オリーブオイルとニンニクで炒めてから挽き肉と水煮のトマトを加えて煮込み、塩胡椒で味を調えました。


 

 

 

 

 

 

 

 

 玉葱とミートソースの相性は非の打ち所がありません。
marutama11.jpg 
 当然ながら、ミートソースの構成要員ですから、合わないはずがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは和風で蕗の薹(フキノトウ)味噌です。
marutama10.jpg
 先日、採ってきたフキノトウで作った自家製です。作り方はこちらをご参照下さい。


 

 

 

 

 

 

 

 

 これはらしい一品になりました。玉葱が和風の感覚で味わえます。
marutama12_20090330204531.jpg
  
甘みが被るかと心配したのですが、フキノトウの苦味が引き締めてくれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ついでに焼いた里芋ですが、これが案外良い具合。
marutama13.jpg
 里芋の焼き芋はあまり馴染みがないかも知れませんが、少し締まった感じと香ばしさが里芋には新鮮です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あ、そうそう。これは先日採ってきたフキノトウのダシ酢醤油漬けです。
marutama14.jpg 
 これは私の最高推奨レベルの珍味です。フキノトウの鮮烈な香りがダシの効いた酢醤油と上手い具合に共演しています。縦半分に切ったフキノトウは軽く酢水で湯がいてから漬け込みました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 焼き芋は丸ごと料理するものですが、この手法はあまり他の野菜に使われていません。カボチャも詰め物をした料理はありますが、そのまんま焼いてみたらどうなるか興味深いですね。爆発するのか、中がトロリと餡のようになるのか・・・。^^ そう言えば、ナスも皮を犠牲にしてこんがり焼いた焼きナスは水っぽさがなくて美味しいですよね。

 

 

 

  お花見やりませんか!詳しくはこちらをどうぞ。

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト

大樹地のとろ味噌らーめん(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:ラーメン

toromiso1.jpg toromiso2.jpg
 以前のラーメン国技場が昨年(2008年)7月に仙台夜市となってから、はや9ヶ月が経ちました。夜市と言うだけあって、昼間は薄暗く、やっているお店も2軒ほど。今日は鍋屋博さんがお休みでらーめん大樹地さんしか開いていませんでした。


 

 

 

 

 

 

 らーめん大樹地さんはラーメン国技場の時から入ってましたね。
toromiso3.jpg 
 でも、考えてみると入るのは初めてかも知れません。かつて、ラーメン店巡りを2年ほどやって、すっかり体調を崩したことがあって以来、ラーメンを食べ続けることは止めています。以前だったら、とっくにリサーチ済みだったんですが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 看板はとろ味噌らーめん800円。ちょっとヘビーな予感がします。
toromiso5-1.jpg  
 これまた、以前だったら、「ラーメンの基本は醤油味。他店との比較も醤油が原則!」という醤油主義であまり他の味は試さなかったのです。ですから、その店の自慢のラーメンを食べ損なっています。今日はこの店の個性であるとろ味噌を頂きましょう。


 

 

 

 

 

 

 

 店内は中央カウンターの周囲に丸椅子とボックス席が3つ。最初に券売機で食券を求めます。
toromiso6.jpg
 とろ味噌の他には、辛味噌、醤油、旨塩らーめんがあります。なんと、ライスは無料とのことです。


 

 

 

 

 

 

 

 これがとろ味噌ラーメン。800円は自分にとって高級の部類に属します。だから頼むぞ。^^
toromiso8.jpg 
 トッピングはノリに半熟味玉、メンマにバラ煮豚。それに炒めた玉葱、挽き肉と茹でキャベツともやし。さすが800円、具は豪勢ですね。


 

 

 

 

 

 

 

 この赤い唐辛子が、白いスープによいアクセントとなっています。ただ、スープは想像以上にドロリンとしています。
toromiso9.jpg 
 どちらかというと、天一系のドロリスープはあまり得意じゃないのですが、茹でキャベツが口を爽やかにしてくれます。


 

 

 

 

 

 

 

 麺は中太のやや縮れで黄色みも強めです。
toromiso10.jpg 
 
札幌より直送される「さがみ製麺」の玉子麺だそうです。あまり硬過ぎず、モチモチツルツルした感じは悪くないですね。


 

 

 

 

 

 

 

 

 ライスはラーメンのボリュームが予想されたので少な目でお願いしました。
toromiso11.jpg toromiso12.jpg
 麺を食べ終えたスープの底に挽き肉や炒め野菜が沈下していますので回収しながらライスにかけて頂きます。お、これだとドロリ感がよい具合ですね。いつも思うのですが、味噌ラーメンには穴あきレンゲを添えて欲しいです。

 


 

 

 

 

 

 このお店、年中無休で月曜以外は朝の5時までやっています。要するに酔客や仕事を終えたお水さん達のために一晩働いているんですね。国分町らしい営業形態です。このドロリンスープはかなりの長時間煮込んでいるはずなのでほぼ一日中鶏ガラや豚骨を煮立てているのでしょう。今度は対極的に塩ラーメンも食べてみたいと思います。そうか、スープも別に2種類取っているんだ。大変な努力ですね。妙に関心してしまいます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 らーめん大樹地


  • 所在地  :仙台市青葉区国分町2-7-5 仙台夜市内
  • 電話        :022-215-3558 
  • 営業時間 :11:00~15:00/18:00~翌5:00 
        (土曜11:00~翌5:00、日曜11:00~19:00)
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :なし

 

 

 

   

 お花見やりませんか!詳しくはこちらをどうぞ。

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ  ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
 

スパイスから作るキーマカレー

カテゴリー: 料理:肉・卵・乳

kimacurry1.jpg 
 ご存じキーマカレーですが、単体のスパイスから作ってみました。カレーの中では調理が簡単で失敗が少なく、パイスから挑戦するのでしたら入門編として適しています。キーマカレーキーマとは挽き肉のことですね。

 

 


 

 

 

 我が家でも子供達が好きなカレーは、細君が作る市販のルーを使った物なのですが、通常、私が作る場合はカレー粉ガラムマサラを使っています。
kimacurry2.jpg 
 カレー粉
を使う時は、小麦粉を炒める日本風カレー、ガラムマサラは他のスパイスと組み合わせてインド風カレーを作る時に使っています。
でも、これらも配合スパイスであり、ルーを使うのとあまり変わりせん。やはり、スパイス単体から作らないと達成感がありませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 近年、我が家では和食が多くなり、スパイス類も以前より消費速度が落ちてきました。スパイスラックに1年以上寝かせたままの小瓶も出始めています。スパイスは時間とともに香りも落ちますので、年に数回卸しを兼ねてカレーで消費します。この3つのスパイスカレーの主要構成メンバーです。
kimacurry3.jpg 

 カレー(インド)を構成するスパイス類は作るカレーの種類や作る人により異なりますが、共通するスパイスは上のコリアンダークミンターメリックです。3人分のキーマを作るのでしたら、それぞれ小さじ山盛り1杯づつになります。

 

 

 

 

 

 

 

 この基本スパイスに、辛味のレッドペッパー、赤い色付けのパプリカ(奥の二つ)、香り付けのナツメッグクローブシナモン(手前の三つ)が入ります。
kimacurry4.jpg

 レッドペッパーは小さじ半分程度で様子を見て下さい。パプリカは好みの色になるように使いますが、ナツメッグ、クローブ、シナモンは入れすぎると渋味や苦味が出てしますので、小さじ1杯以内にしておきます。これにあれば、カルダモンを加えて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 スパイス以外の主な材料は香り付けとして、ショウガ、ベイリーフ、ニンニクです。具材としては挽き肉、タマネギ、トマトの水煮です。
kimacurry5.jpg 
 これらの他に調味料として、私の場合は、塩、醤油、ソース、チョコレート、ヨーグルトなどを使います。インドのキーマカレーは通常、のミンチを使いますが、口当たりはの方が柔らかで好きです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 始めにショウガ、ニンニク、タマネギを刻み、ホールのクローブはガーゼに包みます。
kimacurry6.jpg kimacurry8.jpg
 タマネギは多少刻み方が粗くても煮込むうちにとろけます。

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 サラダ油で炒めていきます。透明になるまで炒めたら、トマトの水煮と挽き肉を加えます。
kimacurry7.jpg kimacurry9.jpg
 この時火を止めて、トマトの水分で挽き肉をよくほぐします。加熱しながらやると固まります。

 


 

 

 

 

 

 

 

 挽き肉をパラパラになるまで炒めたら、スパイス類を加えます。クローブベイリーフも投入。
kimacurry10.jpg kimacurry12.jpg
 この時、隠し味の醤油とソースも大さじ1杯ずつ加えます。さらに、500mlほどの水を加え、ことことと焦げ付かないように煮込んでい行きます。


 


 

 

 

 途中でまた隠し味と色付けのチョコレートを加えます。
kimacurry13.jpg kimacurry16.jpg
 さらに煮詰めて行きます。カレーらしい濃度が出るまで大体30分ほどかき回しながら弱火で煮詰めます。

 


 

 

 

 

 

 

 濃度が決まったら、で味を決めて、レッドペッパーで辛さ、クミンで香りを調整します。仕上げにヨーグルトを大さじ1杯加えます。
kimacurry15.jpg 
 スパイスは煮込むと香りが薄れて丸くなります。そこで仕上げに再度、好みのスパイスを加えて、香りを際立たせます。ここでよく、ガラムマサラが登場するのですが、今日は単体スパイスで通します。

 

 

 

 

 

 

 

 薬味や副菜と一緒に食卓に運びましょう。ラッシー風のドリンクも作りましたよ。
kimacurry17.jpg 
 家庭では辛い物があまり得意じゃない細君と娘のために、辛さレベルを自分の50%まで落とします。物足りない時は卓上でレッドペッパー振ってます。^^

 


 

 

 

 お店と違って、カレーがたっぷりかけられるところが嬉しいですね。
kimacurry18.jpg 
 ライスにもターメリックを入れて炊き上げました。自分で言うのもなんですが、お店のカレーと変わりません。要するに、材料が揃えば、それなりに作れるインドの家庭料理ですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 副菜に青菜のヨーグルト和えと薬味にラッキョウショウガの甘酢漬けを添えます。
kimacurry19.jpg 
 オニオンスライスの酢漬けも合いますね。福神漬けを初めとするこういう薬味を添えて食べる習慣って、本場のインドの家庭でもあるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 これはラッシーもどきのドリンクです。ヨーグルトをサイダーで割りました。
kimacurry20.jpg
 ちょっとクリームソーダのような味で懐かしい味わい。辛いカレーの時には舌に優しい飲み物です。

 

 

 

 


 

 

 

 

 スパイスの棚卸しを兼ねたカレー作り。挽き肉のキーマカレーならスープストックも要らず、簡単に作れます。このカレーが余ったら、次の日にご飯を入れてよく混ぜるとドライカレー風になり、違った美味しさが楽しめます。カリカリに焼いたトーストに塗って食べても美味しいですよ。カレーは漢方薬の集合体でもあるのですが、それらの構成メンバーをよく知って香りの加減ができるようになると、楽しみも増えますよ。

 

 

 

 

        お花見やりませんか!詳しくはこちらをどうぞ。

 

 

 


← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

【女川町】名残のカキと走りのシラス

カテゴリー: 外食:寿司・魚貝類定食

ojika1.jpgojika2.jpg
   久々に女川町に仕事で来ています。霞のかかった春の海は眺めていると眠くなってきますね。

       

          春の海 ひねもすのたり のたりかな 

 

 という有名な与謝蕪村の俳句がありますが、春の穏やかな海で怪獣ヒネモスが水面をゆったりと遊弋している様を詠んだものとの解釈を試験で回答した学生がいたそうです。^^ ヒネモスは漢字で書くと終日であり、一日中ということですね。

 

 

 

 

 

 

 

  女川町は漁港の街です。今はコウナゴ(シラス)やイサダ(ツノナシオキアミ)の盛漁期ですね。
ojika3.jpg ojika4.jpg
 女川は石巻と同様、市場近くに美味しい食堂があります。ドライブンインこのりさん、マリンパルの古母里さん、三秀さん、金華楼さん、市場食堂さんなどなど、いつも迷ってしまします。 

 


 

 

 

 

 


 今日はまだご紹介していなかった魚市場そばの食事処おじかさんにしましょう。金華楼さんの並びですね。
ojika5.jpg ojika6.jpg
 3階建ての横長のアパートみたいな建物の1階にあります。駐車場は向かいの町営が30分まで無料です。

 

 

 

 

 

 


 登り旗にもありましたように、うに丼が人気なのですが、地物が獲れるのはもう少し先ですね。
ojika7.jpg
 もう4月ですが、まだカキフライが食べられるようです。

 

 

 


 

 

 

 

  定番メニューにもうに丼があるところを見ますと、周年、各地から取り寄せているのでしょう。春の便りしらす(コウナゴ)のお汁があるようですね。
ojika8.jpg ojika9.jpg
 女川港にもコウナゴのランプ網が水揚げしますので、新鮮のよいコウナゴが食べられそうです。だったら、釜揚げ丼もやってほしいなぁ~。^^

 

 

 

 

 

 

 

 迷った末に、名残のカキフライ定食1150円に走りのしらす汁300円を付けてオーダーしていました。^^
ojika10.jpg
 ちょっと、すごいボリュームになってますけど・・・。しらす汁も丼一杯だし。貧乏リーマンが、後先顧みず、一体何をやっているのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 このカキフライのすごいこと。大粒のカキが8個もやって来ました。^^ これは仙台では見られない光景ですね。
ojika11.jpg 
 とても個性的なカキフライです。薄い天ぷら衣に粗挽きの生パン粉がまばらに付いた感じです。ですから、食感はカリッではなく、ふんわりですね。さらに、ギリギリ生じゃないという絶妙な揚げ具合、カキ好きには堪りませんが、慣れないとちょっと生っぽいかも。

 

 

 

 

 


 副菜の冷や奴とつぼ漬け風の漬け物が口の中をさっぱりさせてくれます。
ojika12.jpg
 いやいや、それにしてもすごい量、カキ好きの拙者も最後の方はちょっとお持ち帰りにしたかったほどです。

 

 

 

 


 

 

 このしらす汁は絶品でした。初物の美味しさだけではなく、しらすの品質が素晴らしい。
ojika13.jpg 
 しらすは走りのためもありますが、まだ小型で、しかもお腹に餌が入っていません。餌であるプランクトンを飽食したしらすは腹部が赤くなるのですが、これは真っ白。よい時間帯によい群れを漁獲したのでしょう。

 

 

 

 

 


  女川は地元に揚がる水産物を使った料理の食べられるレストラン食事処がたくさんあり、来るのが楽しみです。出来れば、二日位泊まって、地元の方々が利用する居酒屋で地元の魚で飲んでみたいですね。港町には全国チェーンの居酒屋は似合いません。ここ食事処おじかさんも夕刻19:30までは営業してますが、飲み客相手の営業はしていないようですね。さらりとこちらでビールをやらせてもらって、次に繰り出すのには良さそうです。

 

 

 

 

 

食事処おじか http://www.h3.dion.ne.jp/~ojika/

 

  • 所在地  :宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原504-12
  • 電話        :0225-53-2826
  • 営業時間 :11:30~15:00、17:30~19:30
  • 定休日    :不定休(月2回平日)
  • 駐車場    :向いの女川町営海岸駐車場(30分無料)

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

すすきのの大胆かつ繊細な料理(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 定禅寺通に面したビルの2階にありますすすきのさんはあまり人に教えたくない自分のお気に入りの居酒屋さんです。いや、居酒屋風の小料理屋さんと言った方がよいのでしょうか。以前、人に連れてきて頂き、その料理の大胆かつ繊細さに惚れてしまいました。

 


 

 


 

 

 

 

 定禅寺通と稲荷小路の角にありますNEビル2階の小料理すすきのさんです。
susukino1.jpg
 もう、三年ぶりくらいのご無沙汰でした。取って置きの人を連れて行きたいお店です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  店内に入ると、カウンター席とテーブル席があって、普通の居酒屋風ですが、奥に座敷もあります。
susukino2.jpg
 気さくな女将さんがキビキビと働き、お店をきちんと取り仕切っています。みなさん、美味しい料理で実に楽しそうに飲んでいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 突き出しは、フキノトウと青菜のお浸しとイカ大根
susukino3.jpg 
 
写真を取り忘れましたが、イカ大根は大皿に、どうだ!とばかりに盛られていました。よく味の染みたイカ大根は酒の肴に最高ですね。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 続いて、こちらの名物お造り豪快盛
susukino4.jpg
 ウニにホタテ、ホッキガイに中トロ、マダコの腹部(俗に頭)です。余計な飾りもなく、大胆に美味しい魚貝類が盛り合わされます。ホッキも輸入物ではなく、地元の物ですね。さっと湯通して、桃色が発色した瞬間が美味しいのです。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 こちらの親方は花が好きなようで、料理には四季折々のが飾られます。
susukino5.jpg 
 もしかしたら、女将さんの演出なのでしょうか。梅が終わって、桜が咲くまでの間には桃の登板ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 床の間の掛け軸の前にもピンクの百合が活けてあります。
susukino8.jpg
 こういう所に神経が行き届くのはやはり、居酒屋さんではなく、小料理さんなんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今日は奮発して、美味しい日本酒を飲み倒しています。
susukino6.jpg susukino7.jpg
 
綿屋の純米大吟醸と乾坤一の純米酒。次の日まで、たっぷり楽しめるほど飲んでしまいました。サラリ飲みを推奨しておきながら、全く情けない話です。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もっと料理も頼んだようなのですが、上のような次第でよく覚えていません。^^ もう1品はたしかフキノトウの天ぷらでした。
susukino9.jpg 
 
フキノトウももう名残ですね。山間部の雪の下にはまだ残っているのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 このすすきのさんは、あまり口コミで広がっておらず、常連さんがまったりと美味しい魚で飲むお店です。値段はそれなりで日本酒を飲み過ぎれば、片手は行くでしょう。でも、料理はボリュームがあり、大胆な盛り付けに驚かされ、花を添えられる繊細さに惹かれることでしょう。こういう大人向けの飲み処はそっとして置いた方が良いのかも知れません。

 

 

 

 

 

 


 小料理 すすきの

 

 

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町2-15-16  NEビル2F   
  • 電話        :022-224-1180
  • 営業時間 :17:00~24:00
  • 定休日    :日曜、祝日
  • 駐車場    :な し

 

 

 

 

     お花見やりませんか!詳しくはこちらをどうぞ。

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。