スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

海鮮お好み焼き三陸風

カテゴリー: 料理:貝類

 先日、テレビで東京の下町のお好み焼きが紹介されていました。それはソースで食べるお好み焼きが普及する以前のもので、江戸前アサリ小柱(アオヤギの貝柱)を三つ葉と一緒に焼き上げて、醤油で食べるというものでした。これを見ていて、だなぁと憧れると同時に、無性に作ってみたくなり、早速、買い出しに出かけました。^^

 

 


 

 

 

 

 お好み焼きの生地には、山芋を半量ほど使い、ふわふわに仕上げます。三つ葉が入るところがなかなかにくいのです。
kaisenokonomi1.jpg
 直径20cm程のお好み2枚分で、薄力粉1カップに山芋15cm位が目安です。これに卵1個、だし汁1カップを用意します。具には三つ葉と好みの魚介類です。

 


 

 

 


 

 

 小柱は江戸前の特産ですが、こちらみちのくではちょっと手に入らないでしょう。そこで、三陸で作られているホタテガイを使います。
kaisenokonomi2.jpg
 ホタテガイはまだ赤い卵巣が残っていますね。ここも美味しいので使います。その他のシーフードはお好みで揃えて下さい。今回は冷凍のアサリのむき身と同じく小エビ、イカ、タコも加えました。

 

 


 

 

 

 

 

 まず、生地を作ります。摺り下ろした山芋に薄力粉、卵、だし汁を加えて、よく混ぜて、ぽってりとするくらいにまとめます。
kaisenokonomi3.jpg kaisenokonomi4.jpg
 山芋をたっぷり入れることでふわふわのお好み焼きになりますよ。

 

 


 

 

 

 

 

 お店屋さんのように、器に生地を入れ、その上に具材をたっぷり乗せます。これを各自がテーブルで混ぜ合わせて焼いていきます。要するに雰囲気作りですね。^^
kaisenokonomi5.jpg kaisenokonomi6.jpg
 シーフードたっぷりで、シーフード入りお好み焼きというより、シーフードを生地で繋ぎ合わせた料理といった感じです。

 

 


 

 

 

 

 

 よく混ぜた生地と具材をホットプレートで焼いていきます。焼けるまでの長く感じる時間も美味しさ向上の一つです。
kaisenokonomi7.jpg
 山芋が多いので、固くなりません。両面を焼いて、シーフードに火が通れば、出来上がりです。

 

 


 

 

 

 

 

 出来上がりはごく普通のお好み焼き。むしろ表面に具材が出ていないのでとても貧相。^^
kaisenokonomi8.jpg
 最近はモダン焼きのようなど派手なお好み焼きが主流なのでこのようなシンプルな顔立ちはちょっと物足りなく感じますね。

 


 

 

 

 

 

 

 この飾り気のないお好み焼きをさらに醤油でいただくのですから、さっぱりすることこの上なし。^^
kaisenokonomi9.jpg
 お好み焼きにソースが使われるようになったのはいつ頃でしょう。一銭洋食と言われたお好みの祖先には既にソースが使われていたようですから、大正時代には基礎が出来ていたことになります。お好み焼き用の専用ソースは戦後、広島でおたふくソースが開発されましたが、神戸のオリバーソースもその頃、濃厚なとんかつソースとして売り出され、主に関西でお好み焼きに使われていたようです。

 

 


 

 

 

 

 

 質素に見える外観とは裏腹に中身は豪華絢爛です。活ホタテにエビ、アサリ、イカ、タコが続々と飛び出していきます。
kaisenokonomi10.jpg
 これらの具材の美味しさをソースの濃厚な味に染めてしまうのは、やはり勿体ない。これには醤油がよく合います。三つ葉の香りもソースをかけたら台無しですね。質素に見えても中身は豪華、、、ですねぇ。これを伊達焼きと呼びたいですね。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 このシーフードのお好み焼き三陸の海産物だけで完成させてみたくなりました。なにか新しい料理が出来そうな気がします。つなぎである生地を極力抑えて、魚介類が主役の鉄板焼きのイメージですね。つなぎは山芋だけにしたらどうなるでしょうか。そうすると、もはやコナモンではなく、シーフード料理の一品となりますね。いつか材料が揃ったらやってみましょう。新・伊達焼き創製プロジェクトです。^^

 

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト

アンティパスト・ナナシのワンコイン・パスタセット

カテゴリー: 外食:他麺類

774-1-1.jpg 
  仙台朝市
は仙台市民の台所、スーパーや量販店が至る所にできた現在でも、新鮮な魚や野菜を求めて、多くの人で賑わいます。平日の日中は老夫婦やプロの方が多く、土曜日は、観光客も入り混じって大変な繁盛ぶりです。その朝市の突き当たりに、大変リーズナブルなランチを提供しているイタリア料理店があります。以前、このブログをご覧頂いているMikawazinさんからの情報提供で早速行って参りました。

 


 

 

 

 

 

 スパゲッティのランチが、なんとワン・コインで頂けるアンティパスト・ナナシ(774) さんです。
 774-2.jpg
 仙台朝市西側口の斜め向かいにある薬局の二階になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ワンコインランチには日替りと月替りがあるようです。
774-3.jpg 774-4.jpg
 スパゲッティランチ以外ではライス付きのランチとサンドイッチがあるようですね。いずれも、サラダが付くようです(クリックで拡大)。

 

 

 


 

 

 

 

 

 店内は大きな窓があり、光が降り注ぎます。
774-5.jpg
 大きな液晶モニターも貼り付けてありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 オーダーしますと、すぐにフォークとスプーン、パルメザンやタバスコが運ばれます。
774-6.jpg
 一人なのに食器類がカゴで運ばれて来ると少し嬉しいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、すかさずサラダがやってきます。
774-7.jpg
 ワンコインなのに、ボリュームたっぷり。千切りキャベツ主体ですが、トマト、レタスが添えられ、ツナもトッピングされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ほどなく、運ばれましたスパゲッティでフルキャストです。
774-8.jpg
 とてもワンコインとは思えませんね。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 本日の日替りスパゲッティはペペロンチーノか、なすとベーコンのトマトソースでしたので、後者を選択。
774-9.jpg
 なすは一度素揚げしてあり、とろりとした食感でスパゲッティと口の中でよく馴染みます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 スパゲッティは1.4mm位でしょうか。茹でたてというわけではないようですが、十分ストライクゾーンです。
774-10.jpg
 昔の食堂や喫茶店のスパゲティはどこでも、まとめて茹でていたので、時間が経ったものに当たるとボクボクした感じがしたものです。むしろ家庭の方が茹で立てだったので美味しく感じました。時が流れて、国民総グルメ時代がやってくると、パスタはアルデンテでなければならないブームが起き、まだ芯のあるパスタを粋がって食べている人もいましたが、当のイタリア人だってカリカリするパスタは食べていませんでしたね。^^

 

 

 


 

 

 

 

 

 なんと、このワンコイン・ランチにはドリンクまで付くのです。
774-11.jpg 
 これまた、何種かから選べますが、ホットコーヒーでランチを締めます。

 

 

 

 


 

 

 

 

 どうですか、ワンコインでこれだけのランチが頂けるのですから、サラリーマンにとってはですね。^^ しかも、日替わり、月替わりのスパ3種類からチョイスできるのですから有り難い限りです。今後も底が延長する我が国の経済ですが、774さんのような救世主が続々降臨されることを祈っております。^^ ただ、いくら安いからって、安全が疑われる食品だけには手を出さないようにお願いいたします。昨年の騒動を風化させてはなりません。

 

 

 

 

 

 

 

 アンティパスト774(ななし)

 

  • 所在地  :仙台市青葉区中央4-4-2 丸寿ビル2階 
  • 電話        :022-267-0564
  • 営業時間 :11:30~15:00/17:30~24:00 
  •  定休日    :日曜、祝日
  • 駐車場    :  な し

     

     

     

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

うるいの芥子酢味噌

カテゴリー: 料理:山菜・筍・茸

urui1.jpg urui2.jpg
  今、我が家の庭は花盛り。色とりどりの花々が目を楽しませてくれます。左は高さ60cmほどのニワザクラ。手入れもしないのに、毎年、可愛い花を咲かせます。右は大好きなシャガ。庭の日陰に里山から移植しました。はるか昔、林の中に咲くこの花を見て、子供心にも美しいなあと見入ったものでした。

 

 

 


 

 

 

  こちらはユリ科ギボウシ属のオオバギボウシ。やや湿り気のある所に自生する多年生草本です。・・・と言うとなんですが、山菜で有名なうるいです。
urui3.jpg
 これも庭の池端に植えて以来、毎年、律儀に生えてきます。初夏には清楚な薄紫色の花を連ねるオオバギボウシは、和風の庭園によく合うため、斑入りの葉など様々な品種改良がなされました。

 

 

 

 

 

 

 

 葉っぱを少し頂いて初物のうるいを楽しみましょう。
urui4.jpg
  
うるいは全くクセがなく、アクもないのので、野菜感覚で料理できます。シャキシャキとした歯触りが魅力の山菜です。

 

 


 

 

 

 

 歯触りをなくさないように、沸騰した湯に茎の方からさっと通したら、すぐに引き上げ、冷水に放って色止めします。
urui5.jpg
 茎と葉では厚みが違いますので、茎の方から湯に浸けて、20秒ほどしたら葉の方も湯に通します。葉の色が変わった瞬間が引き上げのタイミングです。

 


 

 

 

 

 

 さて、うるいにかける芥子酢味噌を作ります。赤味噌、キビ糖、練り芥子、お酢に濃いめのだし汁が材料です。
urui6.jpg
 溶けにくい砂糖の場合は、だし汁に先に溶いておきます。味噌と芥子を混ぜ合わせ、だし汁とお酢を少しずつ加えながらトロリとする位に伸ばします。

 

 


 

 

 

 

  初物のうるいを家族で有り難く頂きます。この山菜は初めての方でも何の抵抗もなく頂けます。
urui7.jpg
 以前はこのシーズンにはよく山で山菜採りをしていたのですが、最近は春先のフキノトウくらいでしょうか。

 

 

 

 

 


 

 庭のうるいですが、気持ちは野山を駆けめぐります。
urui8.jpg
 酢味噌和えも美味しいのですが、時間が経つとうるいが萎えてしまいます。この食べ方だとシャキッとしたうるいを酢味噌に付けながら食べるので最後まで歯触りが楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 うるいは比較的見分けやすい山菜ですが、よく似た毒草もあります。同じユリ科にバイケイソウという植物があり、若葉はうるい行者にんにくとそっくりで毎年、犠牲者が出ています。アルカロイドを含み、強い毒性があります。かつては殺虫剤としても使われていたことがあります。詳しくはこちらをご覧下さい。

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

【大崎市三本木】道の駅deひまわりづくし

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

himawari1.jpg
  4号線を北上して、大崎市三本木からお届けします。旧三本木町は昭和30年代まで亜炭採掘で栄えた町でした。亜炭とは質の良くない石炭のことで、当時の家庭や学校でよく使われていました。仙台でも小学生の頃までは、風呂を亜炭で焚いており、夕方には特有の臭いが漂いました。あの臭いが懐かしいですね。現在の大崎市三本木亜炭の重厚なイメージをチェンジすべく、ひまわりの町として生まれ変わりました。高台から三本木の向こうに船形連邦やまなみを眺めることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 国道4号線を北上し、鳴瀬川を渡るすぐ手前に道の駅やまなみがあります
himawari3.jpg himawari2.jpg
 亜炭記念館も併設されていて、広大な敷地の北側に道の駅があります。

 

 


 

 

 

 


 

 

 県内の道の駅にすっかり定着した農産物直売コーナーです。himawari5.jpg himawari6.jpg
 我が家の畑はまだ端境期なので、いつものように買い込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 


 三本木の新しい特産はひまわり関連の食品です。
himawari4.jpg 
 ひまわりは主に種子とそれから搾出されるオイルが様々な製品に使われますね。

 

 

 

 


 
 

 

 

 

 これはひまわりアイスとひまわりのナッツ(種子)。
himawari7.jpg himawari8-1.jpg
 ひまわりのナッツはカボチャと同じく、最近、スーパーでもよく見かけるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 気になっていたのは、ひまわりのソフトクリーム。
himawari9.jpg himawari10.jpg
 くせのない胡麻のような味わいでとても濃厚でした。ちなみに地蔵さまソフトとは、胡麻と小豆のミックスだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 売れていますに思わず釣られたひまわりワッフルです。
himawari11.jpg
 ひまわりオイルを使って焼いたワッフルとのことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 中央部にひまわりのナッツが散らしてあり、一部にチョコレートがかけてあります。
himawari13.jpg
 ひまわりオイルが使われているためか、少しオイリーな感じですが、よくある普通のワッフルでした。

 

 

 

 

 

 

 

 三本木は夏になると、その本領を発揮します。畑一面のひまわりは壮観ですよ。近くのひまわりの丘で眺めるのが最高です。道の駅やまなみの食事処では、ひまわりラーメン、菜の花そばを食べることができます。併設の亜炭記念館では、坑道を再現し、亜炭の採掘や精製の様子が紹介されていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 道の駅やまなみ http://www.sanbongi.jp/

 

 

  • 所在地  :宮城県志田郡三本木町三本木字大豆坂63-13 
  • 電話        :0229-53-1333  
  • 営業時間 :9:00~20:00(物産館)、11:00~18:00(食堂)
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :118台(大型23 普通94 身障者用1)

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

みたての日替そばランチ(二日町@仙台)

カテゴリー: 外食:蕎麦

  以前、仙台市役所西側の定禅寺通近くに十割そばで有名なみたてというお蕎麦屋さんがありました。更科と藪の中間くらいの白さで十割なのにあまり角張らずスルスルと喉越しの良い蕎麦が美味しかったのですが、残念ながら昨年(2008)閉店してしまいました。お昼のそばランチはたいそうな人気で昼時はサラリーマンでほぼ席が埋まっていました。

 

 

 


 

 

 

 先日、市役所近くの二日町で十割そばののぼり旗を見つけたので、しげしげと観察すると、なんと、みたてさんでは、ありませんか。閉店ではなく、移転だったようですね。
mitate09-1.jpg mitate09-3.jpg
 以前の佐正凱洋ビルにあった時は、エレベータで二階に上がると、入り口までに石畳が敷かれた通路があって驚かされたのですが、今度もビルの二階ですが、普通の蕎麦屋さんの佇まいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 道路の立て看板によると以前のように人気のそばランチはまだ健在のようです。
mitate09-2.jpg mitate09-4.jpg
 そばランチ(700円)は3種類あります。すべて、ザルそばまたはかけそばとのセットでミニサイズの日替り丼、天丼、とろろご飯から選びます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 この日は、日替りミニ丼が高菜チャーハンでした。そばはもり・汁どちらかを選べます。
mitate09-5.jpg 
 この日は何となく汁蕎麦が食べたい気分だったので、温かい蕎麦を選びました。汁そばにもそば湯が付いてきますよ。食後のお茶代わりでしょうか。それにしても、こちらの店員さんは元気で対応が早いのに感心します。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 卓上に天かすが置いてあり、自分の好みでトッピングできます。
mitate09-6.jpg 
 貧乏性なので無料だと、ついついかけ過ぎてしまいますね。^^ おそばは以前のように色白で喉越しの良いタイプです。十割ということですが、なぜか二八に見えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 この高菜のチャーハンもしっかり作ってあります。
mitate09-7.jpg 
 パラパラでかなり本格的です。味付けもお蕎麦やさんの炒飯とは思えないくらいです。

 


 

 

 

 

 

 

 今日の日替りミニ丼高菜チャーハンでしたが、ミニ天丼やとろろご飯も魅力的です。ざるそばとミニ天丼のセットが一番よく出ていたように思えます。そばは食べたいけど、それだけじゃ物足りない向きにはぴったりのセットです。汁蕎麦に蕎麦湯が供されたのは始めての経験ですけど、食後の口直しにちょうどよかったです。

 

 

 

 

 

そば酒房みたて

 

 

  • 所在地  :仙台市青葉区二日町3-32 深松ビル2F
  • 電話        :022-213-1914 
  • 営業時間 :11:30~14:00/17:00~24:00 
  • 定休日    :日曜祝祭日
  • 駐車場    :な し

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。