スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【青森県三八地方】青森の滋味、せんべい汁と鯖の菊花巻

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

senbeijiru1.jpg
  先日、ちょろりさんご夫妻より青森県のお土産を頂きました。三八地方の郷土料理、せんべい汁のセットと八戸港に水揚げされるサバで作った〆鯖をこの地方の特産である食用菊、阿房宮で巻いた菊花巻です。早速、三八地方の滋味を味わってみましょう。ちなみに三八地方とは青森県の八戸市と三戸郡の6町村及びおいらせ町からなる一帯を指します。岩手県県境に接し、太平洋側なので雪も少なく、海山の恵みに溢れた地域です。青森県に来て、天気予報を見ると、三八上北、下北、津軽・・・と地域分けされていますね。


 ところで、この地域と岩手県北部にかけて一戸から九戸までの市町が存在しますが(四戸は現在ありません)、このとは、柵で囲んだ牧場や砦のような所だったようで、それが順番に出来ていったようです。その分布が面白いですね。地図で順番に見つけてみて下さい。ぐるっと一回りしますよ。^^

 

 

 

 

 


 せんべい汁は近年、B-1グランプリにも参加するようになり、すっかり有名になりました。このセットにはスープも付いていました。
senbeijiru3.jpg senbeijiru4.jpg
 せんべい汁の解説書もあり、その歴史が記載されています。米の栽培しにくい、この地方では江戸時代後期には独自の麦・蕎麦食文化が醸成されていたようです。その中で米や餅が原料の煎餅やあられに対して、麦せんべいや蕎麦せんべいが作られており、そのまま、間食として食べられるだけではなく、川魚や蟹、雉や兎の鍋にちぎって入れて食べていたようです。これが、せんべい汁の始まりとされています。


 昭和30年頃、汁の中でも溶けにくい汁物専用せんべいに改良されたのだそうです。この地方の郷土料理としてせんべい汁が紹介されるようになると、それまで食べる習慣がなかった家庭にも、せんべい汁が広まっていったそうです。汁は鶏や豚が入った醤油味がポピュラーですが、馬肉を使った味噌味やサバ缶やタラを使った塩味もあるそうでどれも魅力的ですねぇ。 

 

 

 

 

 

 

 

 一方、菊花巻〆鯖は近年、開発された加工品のようですが、食用菊阿房宮を使った巻物自体は郷土料理として既に定着しているようです。
senbeijiru5.jpg senbeijiru6.jpg
 菊花を食べる習慣があるのはみちのく越後くらいでしょうか。関東でも関西でもあまり聞いたことがありませんでしたね。阿房宮三八地方で栽培される食用菊ですが、蒸してから干したものでも香りと歯触りが良いのが特徴です。


 八戸のサバ八戸前沖漁場で主に大中型巻き網船によって漁獲されます。北の漁場なので他の海域と比べてサバの脂肪含有率が20~30%と高く、従って、EPAやDHAなどの高度不飽和脂肪酸も多く含まれます。八戸ではこの八戸前沖さばのブランド化を推進しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 では、さっそく添付のレシピに従ってせんべい汁を作ってみましょう。本日は、豚肉せんべい汁醤油味です。
senbeijiru7.jpg
 材料は人参、ゴボウの笹がき、糸こんにゃく、豚肉にキノコ類、長葱にキャベツです。白菜ではなく、キャベツを使うのが面白いですね。

 

 

 


 

 

 

 

 最初に根菜類と糸コンニャクから煮ていきます。続いて、長葱以外の材料を加えます。
senbeijiru8.jpg senbeijiru9.jpg
 調味液も付いているのですが、一応、昆布と田舎だしパックでダシを取っておきました。全てに火が通りましたら、スープを加えます。せんべい汁セットではない場合は、ここで、醤油と日本酒で調味するのでしょう。

 

 

 


 

 

 

 

 味が決まったらせんべいを割って加えます。ふやけてきたら長葱を加えて出来上がりです。
senbeijiru10.jpg senbeijiru11.jpg
 一面にせんべいが覆っているとビジュアル的に淋しいので、混ぜて彩りを整えてから食卓に運びます。

 

 

 


 

 

 

 

 本日は青森県三八地方の滋味、せんべい汁と鯖の菊花巻で軽く呑みましょう。
senbeijiru12.jpg
 これに田酒があれば、言うことなしですが、あれは青森市の地酒でしたっけ。^^


 

 

 

 

 

 

 

 

 宮城だとはっと汁の雰囲気ですが、口にしますと、大きく異なることがわかります。始め、庄内麩か汁を吸った天ぷら衣のようなふわっとした舌触りですが、噛みますと以外に弾力があります。
senbeijiru13.jpg
senbeijiru14.jpg
 これは病み付きになる食感です。小麦粉が原料のせんべいですが、コナモンとはまるで異なるふんわり感が堪りません。これを色んな鍋で試してみたくなりました。

 

 

 

 


 
 

 

 

 

 切って並べただけですが、断面が美しい〆鯖の菊花巻です。
senbeijiru15.jpg
senbeijiru16.jpg
 これは絶妙な組合せですね。鯖自体が美味しいので〆鯖も秀逸ですが、阿房宮の爽やかさが鯖の脂と見事にマッチしています。

 

 

 

 


 

 

 

 

 もう一つ、これもちょろりさんからのお土産ですが、三戸郡新郷村のふるさと活性化公社で作っている飲むヨーグルト・ザ・プレミアムです。
senbeijiru17.jpg senbeijiru18.jpg
 これは驚きの美味しさでした。プレーンのヨーグルトは好きでよく食べているのですが、いわゆる市販の飲むヨーグルトは甘くて苦手なのです。ところが、これは濃厚でありながら、スッキリした甘さの新感覚です。


 新郷村ふるさと活性化公社ホームページによりますと、原材料は新郷村で取れた生乳に乳酸菌とオリゴ糖だけで、独自ブレンドの乳酸菌を使って48時間かけて熟成させているそうです。従来の倍以上の手間をかけてこそ、滑らかで深いコクが出せるとか。三八地域、恐るべしですね。^^

 

 

 

 

 この記事でご紹介いたしました青森三八の商品はこちらで通販されています。ご参考に。


     せんべい汁

   

   菊花巻

   

   新郷村飲むヨーグルト

 

   

  


 三八地方の美味しさもよくわかりましたが、それをしっかり押さえていて、お土産にしてくれるちょろりさんも食のツボを知ってますねぇ。三八地域にはまだまだ美味しいそうなものがありそうです。ゆっくり探索してみるのも面白そうですね。冒頭にも書きましたが、一戸から九戸までをぐるっと回りながら、地元の食材や郷土料理を味わう戸巡りツアーなんてのもよさげですね。^^

 

 

   

 


← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
スポンサーサイト

釣り立てネウ(アイナメ)でAquapazza

カテゴリー: 料理:釣り魚

aquapazza1.jpg
  だいぶ寒くなってきましたが、寒さはまだまだ序の口、本格的な寒さがやってくる前に、釣りを楽しんでおきましょう。ということで、先週末にはネウ釣りに行って参りました。ネウアイナメの方言で、真夏と極寒期以外は浅場でもよく釣れます。よく釣れますが、家族で食べる分だけ持ち帰りましょう。今月下旬には産卵が始まりますので、特に大型魚の多獲は自分たちの楽しみも奪うことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ネウの顔をよーく見ますと、けっこうひょうきんな顔をしていますね。
aquapazza2.jpg
 その割には性格が獰猛で、釣り上げるまではかなり暴れてくれます。強い引きの割には型が小さくてがっかりすることもあります。ビール瓶を超えるサイズになりますと、トルクフルな引きで竿がグングン引き込まれ、釣り上げるまでこちらの心臓もバクバクします。^^

 

 さて、今日はこのネウをどう料理しましょうか。そう言えば、先日、鳥勝+サルーテさんで食べたAquapazza(アクアパッツァ)が大変美味しゅうございました(関連記事)。あれを家族にも是非食べさせてあげたいので、このネウでサクサクっと作ってみましょう。

 

 


 

 


 

 

 

 

 アクアパッツァは白身の魚を炒めてから、水で蒸し煮にする料理です。魚以外の主な材料はアサリ、トマト、ニンニクです。
aquapazza3.jpg
 これにオリーブオイルと塩胡椒があれば、とりあえずそれらしくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 もし、こだわって本格的に作りたい場合は、これらの材料を揃えて下さい。
aquapazza4.jpg
 緑または黒オリーブ(魚の色彩を考えて)、ポモドーリセッキアンチョビーケッパー(ケイパー)セージが入ると、俄然イタリアに近づきます。中でもポモドーリセッキ(ドライドトマト)アンチョビーは南イタリア料理の味の基本ですので、是非用意したいものです。アンチョビーは缶詰が手に入りますが、ドライドトマトは自分で作ってしまった方が速いでしょう。夏であれば太陽の力で乾し揚げる(こちら)のがよいのですが、この季節ですとオーブンで作ります(こちら)。

 

 なお、オリーブは種ありのものを用意して下さい。種抜きは味も抜けています。このグリーンオリーブは小豆島の初物で、ちょろりさんご夫妻からの頂き物です。セージは庭に植えておくと丈夫で便利ですが、手に入らない時はイタリアンパセリを使いましょう。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 今日は26~28cmのネウなので、尾頭付きで調理します。大きな魚の場合は切り身にしますが、尾頭付きの方が卓上での見栄えは良いですね。
aquapazza5.jpg
 鱗を丁寧に落とし、内臓を取り去り、よく洗ってから水分をキッチンペーパーでよく拭く取っておきます。背骨に沿って張り付いている腎臓もきちんと掻き取っておきましょう。掃除が終わりましたら、軽く塩胡椒をしておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初に微塵切りのニンニクをオリーブオイルで炒めて香りを出します。
aquapazza6.jpg
 本日はドライドトマトを漬け込んでいた旨味と香りが移ったオリーブオイルを使っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初に魚の両面に軽く焦げ目を付けます。
aquapazza7.jpg
 フライパンに3尾入れると、返しが難しいので、2丁で格闘しています。^^ ネウの身は加熱すると崩れやすいので、返す時はフライ返しで丁寧に扱います。この後、蒸し煮にしますので、中心まで加熱する必要はありません。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 表面に軽く焦げ目を付けたネウは一つのフライパンにまとめて、その他の材料も加えます(レモンとセージは除く)。
aquapazza8.jpg
 フレッシュトマトドライドトマトの両方を使いますが、ドライドトマトフレッシュとは全く別物と思って下さい。生のカツオと鰹節くらいの違いがあります。ドライドトマトはグルタミン酸が濃縮してフレッシュより良いダシが出ます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 フライパンを加熱して、白ワインを注ぎます。本来は水なのですが、今日はゴージャスにワインだけで作ります。ワインを注いだら、直ちに蓋をして蒸し煮にします。分量は適当ですが、2/3カップくらいです。
aquapazza9.jpg aquapazza10.jpg

 Aquapazza
(アクアパッツァ)のAqua(アクア)はイタリア語で水のことですが、Pazza(パッツァ)は気が狂ったとか、可笑しいという意味です。熱したフライパンに水を注いだ瞬間、怒り狂ったように大きな音を立てるからなのでしょう。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 10分ほど蒸し煮にしたらできあがりです。ネウを崩さないように丁寧取りだし、アサリ、トマト、オリーブなども彩りよく盛り付けます。最後にセージを散らして、レモンを添えます。
aquapazza11.jpg
 フライパンに残った蒸し汁を少し煮詰めて、塩胡椒で味を調えてから、魚に回しかけます。最初から銘々に盛り付けても良いのですが、ちょっと豪華に大皿に盛り付けました。いい感じでしょ。パーティーやおもてなしには演出効果抜群ですよ。

 

 

 

 

 


 

 

 

 本日の夕餉はにわかイタリアン。全く下戸の細君が珍しくワインを飲んでみたいと言い出しました。 ^^
aquapazza12-1.jpg

 時間があれば、これにパスタかフォカッチャでも作るのですが、釣りから帰っての作業ですから、これが限界。寒かった海の話題でワインを煽ります。

 

 

 

 


 

 


  

 

 取り分けたネウアクアパッツァです。尾頭付きの場合は断然、箸の方が食べやすいですね。目の下や胸鰭の付け根の美味しい筋肉は箸でなければきれいに取り出せません。
aquapazza13.jpg
 最近、娘も魚の食べ方が上手になり、食べ終わった後は立派な骨格標本が残ります。^^ それにしても、このソースの芳醇なことと言ったら喩えようがありません。アサリ、ドライドトマト、アンチョビー、そしてネウから出たスープが渾然一体となって実に深い味わいです。

 

 

 

 

 

 

 


  アクアパッツァという調理法は、フライパン一つで出来る尾頭付きの魚料理としては実に合理的と言えましょう。表面に焦げ目を付け、あとは蒸し煮にすることで中までしっかり熱が通ります。香ばしさには欠けますが、アサリ、ドライドトマト、アンチョビーなどから出た濃厚なスープが魚全体を包んでくれます。スープが濃厚なだけに、魚は白身が合いますね。ネウの他にスズキ、タラ、ホウボウ、カナガシラ、マゴチ、イシモチ、カレイ類でも美味しく出来そうです。今年のクリスマスに如何でしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

沖縄の調理器具しりしり器

カテゴリー: 料理:野菜・果物

sirisiri1.jpg
  学生時代は春休みを沖縄で過ごすことが多かったので、沖縄食文化には人より少し詳しいかなと自負していました。と書きますと、なにか金持ちのぼんぼんのように思われてしまいますが、実際はテント生活や集会所を間借りしたりの貧乏旅行だったので、宮廷料理など見たこともなく、自炊と大衆食堂のおかずやスバが日常食でした。


 

 それでも、いろいろな沖縄料理を食べ漁ってきたつもりだったのですが、過日、秘密のケンミンSHOWで、沖縄県民は人参しりしりして食べるというのが放映されました。それは沖縄のごく普通のお総菜とのことでしたが、全く食べたことも聞いたこともなかったのでショックでした。その人参しりしり、作るためにはしりしり器なるものを入手しなければならないのですが、テレビの影響力は凄まじく、ネット上でも売り切れ続出、やっと、ほとぼりの冷めた頃に適正な価格で買うことができました(こちら)。さっそく、しりしり器を使っていろいろしりしりしてみたいと思います。

 

 


 

 

 

 

 

 ところで、このしりしり器ですが、ただの野菜スライサーに見えますね。そうなんです。日本全土で売られている野菜スライサーと同じなんです。
sirisiri3.jpg sirisiri4.jpg
 実は私も既に持っております。左側は四半世紀前から使っているボックス型のスライサーです。結婚する時、実家で使っていたものを譲ってもらいました。^^ では、なにが違うのか。それはスライスされる野菜のです。すなわち、削る刃の幅(穴の径)が、市販される多くのスライサーでは5mmなのですが、買い求めたしりしり器8mmです。

 

 

 5mmと8mmでは食感がまるで異なります。麺類で想像してみれば3mmの差がいかに大きいかわかると思います。私も持っている5mmのスライサーですと、仙台雑煮のおひき菜金平などを作る時に適しています。でも、8mmのスライサーは私も初めての経験なのでどうなるか楽しみです。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

  取説によると、人参の他に大根や玉葱、ジャガイモなんかもこれでしりしりするらしいです。青パパイヤというのが沖縄らしくて嬉しくなりますね。
sirisiri2.jpg sirisiri1-2.jpg
 ところで、人参しりしりという沖縄の郷土料理は、このしりしり器しりしりした人参をチャンプルーにしたものです。しりしりとは、すりすりの沖縄方言で、スライサー作業の擬音語のことです。今まで、沖縄でこの料理に出会わなかったのは、これは家庭のお総菜であって、外食するものではないのでしょう。一度だけ、貧乏学生を不憫に思って、ご自宅に招かれた御仁がおりましたが、その時、出された青パパイヤの炒め物がしりしりだったのではないかと今になって思い起こしております。

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 それでは早速、しりしりしてみましょう。青パパイヤはさすがに手に入りませんが、取説にあった人参、大根、玉葱、ジャガイモをしりしりします。
sirisiri6.jpg
 野菜類は皮を剥き(人参と大根はよく洗ってそのまま)、食べやすいように6~7cmに切っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 まず、しりしりの代表選手、人参です。
sirisiri7.jpg
 これは、意外と力が要りますね。ですので、野菜が薄くなってくると指をしりしりしてしまう危険性があります。人参のように硬い野菜は刃との接触面積を減らして(幅を狭く切って)、力があまり入らないようにした方が良さそうです。ご覧の通り、乱雑な感じの細切りとなりますね。幅や厚みが一定でないのは、まだ慣れていないからかも知れません。

 

 

 



 

 

 

 

 

 

  続いて、大根ですが、今、我が家の畑でも収穫盛期。みずみずしい大根をしりしりします。
sirisiri5.jpg sirisiri8.jpg
 
掘り立ての大根は水分が多くて柔らかいので、楽にしりしりできます。スピードが出すぎて、これまた危険です。^^

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 このあと、玉葱やジャガイモもしりしりしましたが、玉葱は包丁と違って、切断面が粗いので細胞の破壊も多く、目に堪えます。(TT)
sirisiri9.jpg

 玉葱とジャガイモは球形なので、仕上がりの長さがばらばらになります。どのしりしりも粗い刃で削ってますので、表面がざらざらしています。これは、味が染みやすいという特徴でもあり、包丁切りとは違った舌触りも期待できますね。それに、この太さも今までにない食感となるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初は人参と大根を金平にしてみます。人参しりしり人参だけでしたが、大根も旬ですので、一緒に炒め合わせます。
sirisiri10.jpg sirisiri11.jpg
 胡麻油で炒め、味付けには市販のつゆと醤油を使います。

 


 

 

 

 

 

 

 

 仕上げに七味唐辛子を振って、出来上がりです。
sirisiri12.jpg
 掘り立ての大根を使ってますので、人参と一緒に炒めますと先に火が通ってしまい、シャキッとしませんね。少し置いて水分を飛ばしたものを使った方が良いのかも知れません。市販の大根なら問題ないでしょうけど、大根は少し遅らせて炒め合わせた方が間違いないでしょう。通常の金平より太いので人参を食べている実感が強いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、玉葱とジャガイモですが、さて、どうしましょう・・・。そうだ、この組み合わせは、pommes de terre a la lyonnaise(ポテトリヨネーズ)ですね。
sirisiri13.jpg sirisiri14.jpg
 旨味を加えたいので、冷蔵庫にあったウインナーソーセージを同じように切って入れています。オリーブオイルでニンニクの微塵切りを炒めて香りを出し、しりしり野菜が焦げ付かないように炒めていきます。味付けは塩胡椒だけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これは通常のポテトリヨネーズより細切りですので、違った料理のように出来上がります。
sirisiri15.jpg
 細かい分、ご飯との馴染みがよく、ご飯に乗せて、混ぜ混ぜしながら食べていくのにちょうど良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 今夜はしりしり三昧の夕食です。我が家では本当に野菜が多い食生活を送っています。
sirisiri16.jpg
 それでも、健康診断で引っ掛かるのですから、いかに酒量が多いかということでしょうね。^^

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 このしりしり金平しりしりリヨネーズは、常備菜としても重宝です。野菜がいっぱい食べられます。
sirisiri17.jpg
 特に人参のしりしりは太い割には人参臭さもなく、子供でも美味しく食べることができます。いい歳した大人で人参嫌い~なんて言っている方には、是非これを食べさせたいですね。^^ 

 

 

 

 

 


 


 

 

 その後、人参と卵の正統派人参しりしり作ってみました。
sirisiri18.jpg sirisiri19.jpg
sirisiri20.jpg
 
 学生時代、沖縄で自炊生活をした時、お世話になったランッチョンミートSPAM)も加えます。沖縄の離れ小島では肉は貴重品。その代わりどこの共同売店でもランチョンミートは売っていました。懐かしの味として加えてみました。実際、沖縄でもランチョンミートやツナ缶を加えた人参しりしりもあるそうですね。


 

 作り方はサラダ油を敷いたフライパンでしりしりした人参と拍子木に切ったランチョンミートをゆっくり炒め、人参の歯応えが残る程度に火が通ったら、溶き卵を鍋肌で炒め合わせます。卵とじではなく、炒り卵風にした方が美味しいですね。味付けは塩胡椒です。8mm幅の食感が新鮮で我が家では人参の消費量が上がってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sirisiri0.jpg  ところで、SPAM(スパム)は数あるランチョンミート缶の中でHORMEL(ホーメル)社の登録商標なんですが、不名誉なことにスパムメールの語源ともなってます。イギリス人はこれがお嫌いなようで、スパム料理ばかり出てくる料理屋を揶揄した番組(空飛ぶモンティ・パイソン)が放映されて以来、執拗に送られてくるメールをスパムメールと呼ぶようになったそうです。

 学生時代は常に空腹だったので、スパムがごちそうでしたが、その後、嗜好が変わり、あまり好きじゃなくなりました。私だけだと思いますが、次男専用の缶詰の香りとちょっと似ているように感じ始めたからです。今日は懐かしさから使ってみましたが・・・。

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 沖縄の野菜スライサー、しりしり器楽天のこのサイトで買えますが、前記のように5mmと8mmがありますのでご注意下さい。好みもありますが、8mmの方が野菜を食べている感覚が楽しめます。この8mmしりしりした人参とサツマイモをかき揚げにしたら旨そうだなと今思い付きました。表面がざらついているので、衣の絡みも良いはずです。果物なんかもしりしりするとどうなるか、試してみたくなりました。しばらく、我が家ではしりしり生活が続きそうです。^^

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

佗び助で忘年オフ会開催(立町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

wabi1.jpg
  この日、X'masのデコレーションで華やかな仙台の街に歓声が上がりました。既に確定していたベガルタ仙台の7年ぶりのJ1昇格に加えて、J2も初優勝という快挙でステージを終えました。今夜は忘年オフ会なんですが、べがさぽ先輩は当然ながらスタジアムから意気揚々駆け付けて来られることと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 毎年、藤崎百貨店前の交差点には巨大な光りのツリーが飾られます。
wabi2.jpg wabi3.jpg
 このツリーから路上にDreaming ★Christmasの文字が映し出されます。最初、見た時は路面に描いてあるかと思ってしまいました。^^

 

 

 

 

 


 

 

 さて、本日の会場は国分町の喧騒から離れた立町の佗び助さんです。風写さんの母屋ですね。
wabi4.jpg
 わびすけを変換しますと、侘び助の文字が出てきます。これではなく、佗び助です。夜は暖簾が出るのでわかりやすいのですが、昼間は気付かずに通り過ぎてしまうでしょう。まさに、仙台の隠れ家的居酒屋さんです。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 店内はこぢんまりとしていますが、随所に和風の装飾が施され、和服の女将さんや店員さんとよく調和しています。
wabi5.jpg wabi6.jpg
 席数はカウンター席を入れて20名くらいでしょうか。本日は貸し切りですが、繋げたテーブル席に20名は少し窮屈でしたね。
 


  

 

 

 

 

 

 

 

 

 さっそく、ベガサポ先輩のご発声で乾杯となり、宴はしめやかに開かれました。突き出しはモズク酢蟹身の天盛りです。
wabi7.jpg
 本日は無理を言いまして、持ち込みありで5野口で収めて下さいとお願いしております。ただね、このオフ会のメンバーの酒量は只ならぬものがあり、途中でお店側が恐れをなすことがよくあるのです。^^

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 軽く自己紹介の後、漢方に詳しいちょろりさん奥様から頂いていた屋久島の春ウコン錠を服用してもらいます。そこまでして飲むかと突っ込まれそう。^^
wabi8.jpg
 本日は初めて参加されるタイガーさんはるはるさんwakameさんの3名を入れて、総勢20名の大宴会となりました。乾杯時には19名だったのですが、実はこれはサプライズ。10月に成田に転勤されたおおさんが参加してくれると連絡が入ったので、みんなには内緒にしておきました。少し遅れての到着にみんなが、え、え~っ!!。あはははは、大成功でした。^^

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 べがさぽ先輩がスタジアムからもってきた応援カードを鯛さんがご披露。
wabi9-1.jpg
wabi10.jpg
 それにしても鯛さんは可愛いお顔とは似合わないショッキングな絵柄を身に付けてます。このアンバランスも魅力なんですが・・・。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 お料理も大皿でバンバン出されます。最初はトロカツオのカルパッチョ風
wabi11.jpg
 こちらのお店では日本料理の親方が包丁を握っているのですが、このような現代風の料理もこなされます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 続いてはつぼみ菜の和え物と蒸し海老です。
wabi12.jpg
 この色の取り合わせが華やかです。目でも楽しませるように配慮されています。

 

 

 


 

 

 

 

 

 これはイタリア風なチキン料理。次々とコンテンポラリーな料理が出されます。
wabi13.jpg
 炙ったもも肉にトマトソースが実によく合っています。彩りも豪華でクリスマスにも使えそうですね。

 

 

 

 


 

 

 

 

 ピンボケですみませんが、こちらのお店では昨今話題の宮寒梅(純米)を用意して下さいました。
wabi14.jpg wabi15.jpg
 一方、右はなおさんが新潟から運んできた鶴齢の辛口雪男(青木酒造)です。普段用の本醸造で1.8L1800円くらいとリーズナブルですが、切れの良いさらりとした飲み口は馬鹿にできません。かすかな鄙びた米の香りと僅かながら塩気を感じました。重い思いをして持ってきて下さり、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 卓上やカウンターの上には現代風なデザインの行燈が柔らかな光を放っています。
wabi16-1.jpg wabi17.jpg
 猪口も薩摩切子のグラスで演出されています。細かいところにももてなしの心意気を感じます。

 

 

 

 


 

 

 

 

 酒が進むうちに堅さもなくなり、みなさんとろけ始めます。^^ 初参加のはるはるさんwakameさん玉さんと旧知の仲のよう。
wabi18-3.jpg
 このオフ会は酒と美味しいものが大好きな人が集まりますので、みんな似たような嗜好を持つた方ばかりです。初対面でもすぐに打ち解けます。溶け過ぎる人もいますが・・・。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さて、ここで口直しに野菜サラダ。
wabi19.jpg
 クリスピーなクラッカーも乗って、美味しそうなのですが、これは食べ損ねてしまいました。よって、ドレッシングの味は不明です。すみません。

 

 

 

 


 

 

 

 ここで真打ち登場。佗び助さんの名物料理、セリ鍋です。なんと根っこも食べるのです。
wabi20.jpg
 一同唖然。大丈夫か・・・?と不安がっている方もいます。常連の風写さんが、ゴボウだって根っこを食べるでしょとクールで、もっともな解説にみなさん妙に納得しています。仙台セリと合鴨の取り合わせは不味いはずがありませんが、初めて見た根っこの鍋には度肝を抜かれました。

 

 

 

 

 

 


 


 合鴨のダシが利いた汁で根付きのセリをさっと煮て頂きます。
wabi21.jpg wabi22.jpg
 根っこの感触が思ったより柔らかく、もやしのような感じでした。当たり前ですが、根っこにもセリの香りがあるのですね。そう言えば、タイではパクチー(コリアンダー)の根っこも利用しています。セリ科の植物は根っこも利用できるですね。

 

 

 


 

 

 


 

 

 締めはうどんとなりました。合鴨のダシで食べるセリうどんは絶品でした。
wabi23.jpg
 この鍋は佗び助さんの名物として、絶大な人気があることがよくわかりました。セリの美味しい季節になりましたので、我が家でもやってみたいと思います。

 

 

 

 

 

 


 

 

 さて、宴たけなわではございますが、ぼちぼちお開きの時間が参りました。
wabi24.jpg
 たしか一本締めで締めたような記憶の断片が残っています。もうこの時点で4合ほどは飲んでいるでしょうね。^^

 

 

 

 

 

 

 

 当然、皆さん飲み足らず、雨の中を国分町方面へふらふらと行進していくのでありました。
wabi25.jpg
 二次会は特に設定していないのですが、毎回、迅速に設定されます。^^ みなさん、それぞれお気に入りのお店を持ってますからね。

 

 

 

 

 


 

 

 仙台食べ物ブログ仲間と釣り仲間の連合オフ会もこれで4回目。花見、暑気払い、ハゼ釣りと様々な行事を通じて杯を重ねてきました。老若男女、職種も全く違うメンバーで実に楽しく飲んでくることができました。みなさま、本当にありがとうございます。来年もまたよろしくお願いいたします。かなり酔ってますが、忘年会はまだまだ続きます。二次会は次の記事をお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 


佗び助 http://homepage1.nifty.com/nda/wabisuke.htm


  • 所在地  :仙台市青葉区立町6-16
  • 電話        : 022-217-8455
  • 営業時間 :17:00~11:30LO(土曜~10:30LO)
  • 定休日    :日曜
  • 駐車場    :なし

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

 



隠れ家ダイニング甚家で二次会です(一番町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 立町の佗び助さんで盛大な一次会(前記事)を繰り広げた後、一行は雨の中をふらふらと千鳥足で二次会場へと目指しました。到着したのは一番町の隠れ家ダイニング甚家さんでした。(この写真は甚屋さんの紹介サイトより拝借しました。)
jinya0 
 ここはなおさんのお気に入りなのでしょうか。酔っぱらいながらも洒落たお店だなと感心していました。二次会向けの料理8品100分飲み放題付きコースがあり、なんと2680円。飲放でも3千円からお釣りが来るのですよ。二次会なので料理は多すぎるように感じますが、飲み放題でないと我々は安心して飲めないのです。^^

 

   


 

 

 


  まだ、ビール飲む人いますか~。。。 は~い。 というシーンだったと思います。この部屋は甚屋さんのはなれになるそうです。
bounen09-1.jpg
 もう既にエンジンは全開ですからね。大半の方がスタートから日本酒をどんどん飲み倒されていきます。^^

 

 


 
 

 

 

 

 

 

 最初から鍋が出てきます。甚屋さんの名物、特製水餃子鍋
bounen09-2.jpg
 さんざん飲んできた後でもつるりと入ってくれます。いいですね、水餃子。

 

 


 

 

 

 

 

 こちらは本日のカルパッチョ、今日はサーモンイクラ親子のコラボです。
bounen09-3.jpg
 あれあれ、一次会の佗び助さんと料理の構成がなにか似てきたぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 


 続いて鶏の唐揚マスタードソースです。これは美味しかったですね。唐揚げがさっぱり頂けます。
bounen09-5.jpg
 これも、ソースが違うけど佗び助さんの鶏料理と雰囲気が似ています。

 

 

 

 

 


 

 

 

 カリカリじゃこが乗った和風サラダです。
bounen09-4.jpg
 ここまではかなり被ってますね。もしかすると、この季節の宴会では、鍋物を核に、魚のカルパッチョ風、鶏の唐揚げに洒落たソース、クリスピーなトッピングしたサラダは定番なのでしょうか。このほかにも、出汁巻き玉子やピッツァも出たはずなのですが、残念ながら全く記憶がありません。^^

 

 

 

 

 


 

 

 

 これは、追加で注文した焼きおにぎりだったそうです。写真は撮ったけど記憶なし。^^
bounen09-6.jpg
 しかし、みんな、こんなによく食べたよね。わたしゃ後半戦はほとんど飲んでばかりでしたよ。だから、深酔いするのですが・・・・。^^

 

 

 

 


 

 

 

 

 さて、二次会も無事に終了し、クリスマスが近い商店街をふらふらと家路に付きます。
bounen09-7.jpg
 この後、三次会までいった猛者もいたそうですが、さすがに、もうついて行けないですね。かつては飲み明かしたこともありましたが、近年はそこまで飲んだら、何かの伝説を残してしまいます。^^

 

 

 

 

 

  


 

 夢のような一番町を歩いていますと、突然、ネイティブアメリカンが二人で演奏をしていました。こりゃ~かなり酔っぱらったなと、その場では思いましたよ。
bounen09-8.jpg
 次の日、写真に写ってましたので、あれは幻覚ではなかったのだとわかった次第です。^^ このあと、大名マークさんご夫妻に送られて、無事に帰還。お陰様で暑気払いと違って、ちゃんと布団で寝られました。ありがとうございました。

 

 
 

 

 

 

 

 本当にお酒が強い方ばかりが集まってますね。要するに類は友を呼ぶで、飲兵衛には飲兵衛が集うということでしょう。今回、初めて参加された、タイガーさん、はるはるさん、wakameさん、ビックリしたでしょう。こんな感じの活性の高い飲み会を野や海や街で繰り広げています。これに懲りず、また、ご参加頂けるよう、お願いいたします。成田からシークレットでご登場頂いたおおさん、ご協力ありがとうございました。

 

 ベガサポさん、白陽さん、大名マークさんご夫妻、くまささん、風写さん、玉さん、遠ちゃん、壽丸さん、庄内人さん、コメットさん、ぱんだ(親)さん、なおさん、ユケユケチュウさん、鯛さん(順不同)。。。みなさま、本当にお疲れ様でした。是非、よいお年をお迎え下さいませ。

 

 当オフ会と船頭会の連合オフ会もすっかり定例化しました。こうなると、もう連合ではなく、この会は、海街うまいもの会か、海族街族飲兵衛会とでもしてまとめた方が良いように思います。皆さまから、楽しい会の名称を募集いたします。

 

 

 

 

 


 隠れ家ダイニング甚家


  • 所在地:仙台市青葉区一番町4-2-13 エビスヤ会館3F  
  • 電  話: 022-266-2629   
  • 営業時間:17:00~翌1:00 (金、土、祝前~翌2:00)  
  • 定休日:無休 
  • 駐車場:なし(周辺に有料多数)

 

 

 

 

 

 ホットペッパーで予約しますと、様々な特典がありますよ。是非、ご活用下さい。

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。