スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

庭の梅で梅干しを作る (下漬け編:レシピ1)

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 庭の片隅に梅の木が植えてあります。まだ、人の背丈にも達しないチビですが、毎年、梅の実を100個くらい付けてくれます。

 

  

 

 まだ、青々としている梅の実 (5月28日撮影)
umebosi0.jpgumebosi0.5.jpg
   
 肥料もろくにやっていないのに、エライ奴です。品種は一応、紀州南高梅なんですけど、管理が悪いのかまだ若いのか、あまり大粒にはなりません。でも、これで毎年、美味しい梅干しを作ります。梅干し作りのタイミングは梅の実が黄ばみ始め、フルーティーな香りを放った頃です。

 

 

 

 

 梅干し作りは家人の担当なので、受け売りですが、レシピは以下の通りです。


 (1) 梅の実のへた(軸が付いていた痕)を爪楊枝で取る。
 (2) よく洗って、陰干しする。
 (3) 塩は梅の重量の12
~15%、我が家では天日干し塩を使います。
 (4) 漬け込み容器をアルコール(焼酎35度可)で消毒し、梅にも吹きかけて
    おく。
 (5) 梅に塩をまぶしながら収容していき、上から重石をする。
 (6)
ゴミやカビが入らないように、蓋もしくは買い物袋などを被せる。
 (7) 梅酢が上まで上がったら、重石を外す。・・・・・・・・・・・・ここまで下漬け
 (8) 赤い梅干しにする場合は、赤紫蘇を塩で揉んで加える。・次回報告予定
 (9) 梅雨が明けたら、三日三晩干して出来上がり。



 

 

 

 昨年漬けた梅干しです。表面はサラリ、中はトロリでご飯が進みます。
CA250014.jpg
 この梅干しは赤紫蘇で色を付けておりません。

 

 

 

 

 

 まず、容器に梅と塩を収容します。ちなみに我が家のは樹脂製の水槽です。
umebosi1.jpg umebosi2.jpg
 
透明な容器だと、中の様子が観察しやすく便利です。

 

 

 

 

 

 重石は一回り小さい密閉容器に釣りのオモリを入れたもの。2日もすると梅酢が上まで上がってきます。
umebosi3.jpg CA250002.jpg
 
この梅酢も、色々料理に使えて有り難いのです。

 

 

 

  あとはカビを生やさないように蓋をして、時折、天地返しをしたり、アルコールを噴霧して梅雨明けを待ちます。今年は空梅雨の予想なので、案外早く空けてしまうかも知れません。


 

   

 

 

 

       次回以降は7月上旬の本漬け編7月下旬の土用干し編の予定です。




 

【塩について】

 梅干しをはじめ漬け物の味には大きく影響します。できることなら、海水から作った天日干し塩を使って下さい。なお、天然塩は製造過程で様々な物質が濃縮されますので国産で汚染の心配のない海域のものをこちらで見極めてお求め下さい。
 

 


 

 

 

 

  ←頑張ってます。こちらもよろしくお願いします。m(..)m
 

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/106-2b3b8c3e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。