スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

朝取りキュウリを料理する(レシピ4品)

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 狭いながらも我が家の菜園でキュウリの収穫が先週から始まりました。2品種で10株位しか植えていませんが、毎日、朝取りキュウリを楽しんでおります。無農薬有機肥料で栽培してますので、ヘタの部分まで苦みがありません。

   

 

 

 

 

 

 

 

   こちらはもっともポピュラーなときわ系の品種です。
tokiwa2.jpg tokiwa3.jpg
  いわゆるブルームレスタイプで、白い粉が吹いていないので艶やかです。白い粉はキュウリ本来のものなのですが、消費者が農薬と勘違いして過剰に反応するためにこのような品種が開発されました。収量も多く、作り易いので家庭菜園のみならず、農家でもよく栽培されています。

 

 

 

 

 

 もう一つは、四葉系のキュウリで、こちらはシワシワでですが、歯応えが抜群です。
su-yo1.jpg suyo2.jpg
  細長く胴中に縮緬のようなしわが寄っています。パキッと折れる硬さが魅力なのですが、日持ちが悪く市場から次第に消えてきました。皮が薄いので漬物用に細々と栽培されてきましたが、最近、その美味しさが見直されつつあります。

 

 

 

 

 

 

 さて、キュウリの食べ方ですが、早起きしてまだ朝露の付いた実をもいでかぶりつく。これが一番!!何もつけなくても、最高に美味しいのです。
suyo3.jpg
  これも事実ですが、これでは記事タイトル詐称になってしまいますね。^^ お約束どおり、お気に入りの簡単キュウリ料理をご紹介します。

 

 

   

 

 

 

 

 

 まず、簡単辛子漬け(左)と中国風叩きキュウリの漬け物(右)です。
kyuri-2.jpg kyuri-3.jpg

【簡単辛子漬け】 キュウリ3本を蛇腹に切れ目を入れてから、5~6cmに切ります。ビニール袋に麺つゆ大さじ2、醤油大さじ2、練り辛子小さじ1を入れてよく混ぜ、ここにキュウリを入れてよく揉みます。半日ほどで漬かります。一晩おく時は蛇腹にせず、調味液も薄めて下さい。

【中国風漬け物】 キュウリ3本をスリコギで叩いてから、一口大に千切っておきます。ビニール袋に醤油大さじ2、黒酢大さじ1、砂糖小さじ1、辣油小さじ1、粉山椒少々を入れてよく混ぜ、キュウリを入れてさらに混ぜ合わせ、1時間ほどで出来上がり。コウナゴのカリカリ炒めや刻み落花生などを天盛りします。


 

  

 続いて、辛口白和え(左)とジャジュック(右:トルコ風冷製スープ)です。
kyuri-1.jpg kyuri-4.jpg

【白和え】 キュウリ2本を薄く輪切りにし、塩少々を振ってしんなりさせます。煎り胡麻大さじ1を擂り鉢でよく摺り、水気を取った木綿豆腐5cm角も加えてさらに摺り、薄口醤油と味醂で甘みが強く感じない程度に調味します。これにキュウリを和えて出来上がり。彩りに人参を加えても良いでしょう。

【ジャジュック】 トルコの冷製スープです。キュウリ2本はフードプロセッサーで粗く刻むか、叩き潰してから包丁で粗微塵切りにしておきます。ボールで摺り下ろしたニンニク小さじ1/3、塩適量、プレーンヨーグル300ml、冷水100mlをよく混ぜ合わせ、キュウリを加えます。キンキン冷やして、上にエクストラバージンオイルを垂らし、大葉の千切りを盛ります。トルコではミントを使いますが、青紫蘇もよく合います。味付けや濃度はお好みで調整して下さい。

 

 

 

  今回は夏向きの冷製4品を紹介しましたが、大きくなり過ぎたキュウリの炒め物や煮物も美味しいですよ。折を見てご紹介します。

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/119-244f9727
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。