スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

みちのく二大乾麺(稲庭・温麺)で鶏つけ麺を楽しむ

カテゴリー: 料理:麺類

 東北には伝統的な小麦系乾麺がいくつかありますが、特に有名なのは秋田の稲庭うどん宮城の白石温麺です。どちらも素麺を同一起源としますが、引き延ばす際に油を使わない点が特徴です。

 

 今日は欲張って両者の相盛りで鶏つけ麺を頂きます。
デザートに庭で収穫したビワとブルーベリー(ランコーカス)を添えました。
aimori1.jpg
 

 

 余談ですが、今、ビワは収穫盛期、今年は特に成りが良いです。ブルーベリーはノーザンハイブッシュ系の品種がやっと食べられるようになりましたが、ラビットアイ系(ティフブルー・パウダーブルー)はほんのりと赤みが差してきたばかりです。
biwa2.jpgrankokus6.30.jpg
PB.jpgTB.jpg



 白石温麺(左)は四季折々の食べ方が出来て便利ですね。稲庭うどん(右)
先日(6/26)購入した折れ麺です。aimori2.jpg

 


 鶏は岩手のブランドいわいどりのモモを使いました。熱々のつゆでキリッと
冷やした麺を頂きます。
aimori3.jpg
 醤油、味醂、酒、生姜で一口大に切った鶏を煮て、だし汁で伸ばし、味をつけ汁用に調整します。焼き葱も入れて、七味唐辛子を振りました。


 冷と熱が織りなす不思議なハーモニー。決してどっちつかずではなく、冷冷でも熱熱でも味わえない冷熱独自の境地を楽しみましょう。

 

    冷たい麺を熱々の汁で食べるつけ麺は夏でも美味しく食べられ、栄養補給にもなりますので夏バテ防止に最適ですね。これに野菜も添えれば文句なし。

 


    ← 頑張ってます。こちらもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ゆい

URL | [ 編集 ] 2007/07/08(日) 05:29:52

おはようです!v-410
自家製鶏つゆですか!すごいv-407
盛り方もおしゃれですね☆うちなんか茹でて皿にドーンですv-294

くろ田、最近知り合いにもすすめられましたv-343いってみたいですv-342

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/07/08(日) 16:35:29

 ゆいさん、こんにちは。

 今日も食材調達の行脚に行って参りました。
美味しくなるのは明日だからアップも明日ですね。^^

 くろ田はおまかせでホッピもしくはビールにボリュームのある煮込み、焼き鳥5本が基本セットだったように記憶しています。

 二階もあるらしいのですが、一階のカウンターはすぐに満席になりますね。一度は行く価値ありです。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/124-b0fcaf64
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。