スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

鶏皮で酒肴になる煮こごりを作る

カテゴリー: 料理:肉・卵・乳

 先日、カレイの煮こごりをアップしましたが、壽丸さんが酒の肴にもいいよとコメント下さいました。なるほど、ペロンと口に含んで冷酒をキュッか、、、いいなぁ。ただ、うちの煮付けはちょっと濃い味付けなので、空口には向かないかもしれません。それでは、酒肴としてちょうどいい煮こごりを拵えてみましょう。



 

 あいにく魚は切らしていますが、買う気にもなれませんので、今日は鶏で作ってみます。みちのく赤鶏です。といっても皮だけですが、サッと湯がいて千切りにします。香り付けに生姜、大蒜、八角も準備します。
torikawa2.jpg
 そうです、この組み合わせは中華ですね。八角はかなり香りが強いので好みで。比較的香りが穏やかな五香粉の方が扱いやすいかも知れません。


 

 これらを醤油と味醂で調味して気長に煮ていきます。浮いてくるアクと脂はこまめに取ります。
torikawa3.jpg
 水分が飛んだ後で酒肴にちょうどいい味になるように加減します。煮詰めてからはゼラチンも薄まってしまうので水で薄めることは出来ません。鶏皮は崩壊寸前まで柔らかくして煮ても冷やすので硬さが戻ります。


 

 煮詰まったら、冷ましてから容器に流し込みます。完全に冷えるとこのようにプルプルになります。
torikawa4.jpgCA250179.jpg     
 取り残しの脂がポツポツと白く固まりますが、簡単に取れます。いわゆるゼリー寄せのように、四角く切ることができるまで硬くはなりません。また、常温では時間が経つと溶けます。もし、硬く仕上げたい時はゼラチンパウダーを補う必要があります。


 


 ガラスの小鉢に盛って涼しげに楽しみましょう。
CA250180.jpg
  
 あ、そうそう、この味付けだと日本酒には合いませんので、ビールか焼酎などでお楽しみ下さい。チュルンと口に含み、口の中一杯に広がる旨味が消えないうちにお酒の追い打ちをかけましょう。素材は安くても手間のかけ方で秀逸な酒肴は生まれます。



 


 香りを生姜だけにすれば和風の煮こごりとなり、冷酒にもピッタリ。鶏手羽を同様に煮込んで、骨を除いてから身をほぐして固めたものも美味しいですよ。
 



 


                       ← ご声援よろしくお願いします。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ゆい

URL | [ 編集 ] 2007/07/31(火) 07:55:01

おはようございますo(^-^)o
煮こごり、いい~ですね!☆

若い頃はしょっぱいゼリーなんて気持ち悪いーと思っていたのですが、今は大好きです☆

私もこのサエモンさんレシピで作ってみようっと( ̄▽ ̄)♪

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/07/31(火) 21:35:26

>ゆいさん こんばんは。

 煮こごりは美味しいですよね。もてなし用にちょっと
洒落て枝豆を散りばめても涼しげです。
 わたしは今でもコンソメジェリーが苦手なのですが、
どういうわけか、煮こごりは子供の頃から大好きです。^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/140-91129814
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。