スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【女川町】ニューこのりの活穴子天丼 

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

 女川の町はずれに美味しい魚料理を食べさせてくれるお店活魚ニューこのりがあります。昔はドライブインの看板を挙げて、ボリュームが売りの食堂だったですが、近年はリーズナブルな海鮮料理屋として様変わりしました。

 

 

 活穴子の看板が目印です。店の脇には活魚水槽があり、ソイ類や穴子が活けてあります。
konori1.jpgkonori2.jpg

  大変失礼ですが、この看板の穴子。確かに下半身は穴子なのですが、首から上はどう見ても鰻にしか見えないのは私だけでしょうか? (画像クリックで拡大します)

 

 


 店内の壁にごちゃごちゃと貼られたメニューです。柱にも貼ってあります。^^
konori4.jpg
 この辺に昔の名残があって癒されるのです。今日はなんと言ってもこの店の一番人気活穴子天丼を頂きます。もし、冬だったら間違いなく鱈の白子天丼を注文するのですが。

 

 


 これです! 活穴子天丼1365円。 大きな穴子が丸々1尾揚げてあります。
konori5.jpg

 サラダ、香の物、イシガニの味噌汁が付きます。なかなかのボリュームです。

 

 

 

 穴子の他にもカボチャ、ナス、シシトウの天ぷらも添えてあります。どれも揚げ立ての熱々です。
konori6.jpg

 穴子はふっくらしており、臭みは全く感じられません。さすが、活物です。タレは少し濃い目ですが甘さが適度でした。

 

 

 

 天丼の他にはバチマグロの鉄火丼が美味しそうでしたし、ミンク鯨の刺身定食もありましたよ。女川方面に行かれた時には是非寄ってみる価値ありです。メニューが豊富なので事前にHPでチェックしておくことをお勧めします。


 
 


 活魚 ニューこのり   

  • 所在地  :牡鹿郡女川町小乗浜字小乗20
  • 電話        :0225-53-2134
  • 営業時間 :11:30~19:30
  • 定休日    :火曜日
  • 駐車場    :あり

 



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ       ←   頑張っております。こちらもよろしくお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ                         

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ゆい

URL | [ 編集 ] 2007/07/28(土) 04:13:53

おはよございますっ

いいですねこのお店!お漬物もサラダも両方出してくれるところも素敵☆

臭みがないってことはヌルヌルの下処理もちゃんとされているんですね♪v-7あれ、自分でやると面倒なんですよね。。v-15

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/07/28(土) 05:11:11

>ゆいさん おはようございます。

 ゆいさんは穴子を捌けるのですか?
大したものです。

 私はよく釣ってくるので年間何本か
捌いていますが、仰るとおり、穴子は背開きに
した後、何度も包丁で滑りをこそげ取る必要が
あります。

 それと、死後短時間で処理しないと消化管内の
内容物の匂いが肉に移ってしまうのです。
これはドンコなどにも言えますね。穴子やギンポ
が活物(正確に言うと活を捌いたもの)に限る理由
はここにあります。

ゆい

URL | [ 編集 ] 2007/07/28(土) 05:48:15

いぇ、丸々ではなく開いたものしかないです(;^_^A

包丁でヌメリとりした後熱湯をかけて更に取る、のがすごく面倒でした(T_T)

釣ってきたものを、となると更に気が遠くなります…(;_;)
穴子は外食に限ります(^^;

ぽん

URL | [ 編集 ] 2007/07/28(土) 14:07:38

こんにちは^^

ニューこのり、どこかで聞いたことあると思ったら、
大学の実習センターのすぐ近くでした♪
宿舎の食事があまりにひどく、栄養を摂りに何度か
行った記憶があります。

そのころはまだ「ドライブイン」の看板でしたが、
当時も穴子天丼がメニューにあったように記憶して
います。

今度女川に行く機会があったら寄ってみます!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/07/28(土) 16:27:21

>ぽんさん

 そのとおり、古くから皆さんに利用されてきた
ドライブインというより、食堂だったのですが、
今はすっかり魚料理さんで宣伝してますね。

 HPを見ると昔の面影はありません。トップページの
穴子の看板はまだ改良前なので鰻丸出しなところが、
笑えます。その後、茶色に塗り替え、斑点をつけて
穴子らしくしたのでしょう。

 ともあれ、冬場の白子天丼は絶品ですよ。
 

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/07/28(土) 16:41:30

>ゆいさん

 そうでしたか。
 普通、活物を捌くとなると自分で釣ってくるしか
ないですよね。

 煮魚を作る前の処理と同じで熱湯をサッとかけると、
粘液が固まって取りやすくなりますね。

私は面倒なので包丁かもしくは専用のスチールウール
で洗い流しながらやってました。

 近々、夕涼みを兼ねてハモ(穴子)釣りに行く予定
です。たぶん、白焼きか沢煮になるでしょう。













管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/147-247d2f17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。