スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【仙台市秋保】たまき庵のざるそば

カテゴリー: 外食:蕎麦

   仙台の奥座敷、伊達家ゆかりの湯の街・秋保温泉のそのまた奥にこだわりの蕎麦屋があると聞いて、ドライブがてらにぷらっと行って参りました。何でも、「主人の気分で毎日味が変わる」などという貼り紙まで貼ってあるらしい。ちょっと緊張。^^

 


 秋保温泉を越えて、山間に入ると道路の脇には鬼百合が咲き競っておりました。強烈な香りが漂っています。農家の庭先にはもう桔梗が咲いていました。
20070729111627.jpg20070729111640.jpg


 やっとたまき庵に着きましたが、あいにく、この日は外壁塗装工事中でした。閉店かと思いましたが、ラッキーなことにやってました。
tamaki1.jpgamaki2.jpgtamaki2.5.jpg
 ん~、これはこだわり蕎麦屋の外観ではないですよね~。ロッジかお土産物屋の佇まいでしょうか。しかも、カレーうどんが蕎麦より上ですか~(左画像クリック)? 件の貼り紙は見つけられなかったのですが、騒ぐ子供はご遠慮、、、、まぁこれは当然です。ただね、店内に入ると塗装のシンナーの匂いが充満してます。こんな状況で蕎麦を食べさせるなんて、、、と戸惑っていましたが、5分もすると感じなくなりました。・・・ えっ、大丈夫かな?


 

 
 こだわりメニューによりますと、蕎麦はさらしな、そば、十割の3系統です。
tamaki3.jpg
 
さらしなと十割は容易に想像できるけど、その間のそばは範囲が広すぎます。でも、ここに店の個性が出るのかも知れません。

 

 

 というわけで、ざるそば755円を頼んでみました。
tamaki4.jpg
 すぐに供されるお茶は、この時期だけでしょうけど、きんきんに冷えたそば茶でした。これは良い趣向ですね。サービスに当たる店員さんも感じが良くて、高飛車な感じはまるでありません。肝心の蕎麦ですが、みちのくにしては麺はかなり少なめです。でも、山葵は本当に生を摺り下ろしたものでした。いや~これは、そのまま食べても旨辛い。

 

 

 蕎麦は角がしっかりしていて硬めです。
tamaki5.jpg
 これは凄い。繋ぎは一割以下でしょうか、蕎麦粉独特の硬さが感じられます。画像ではわかりにくいのですが、透明感もあります。同じ並そばでも相当良い粉を使っているのでしょう。噛むほどに蕎麦の香りが楽しめます。

 

 

 麺だけではなく、つゆも美味しいのですが、もしかしたら、さらしなから田舎まで同じではなく、それぞれでつゆの配合を変えているかも知れません。この辺のところは、そのうちに確かめてみましょう。仙台牛が乗ったカレーうどんも気になりますしね。^^ 

 


  たまき庵 

  • 所在地  :仙台市太白区秋保町馬場大滝8-1 
  • 電話        :022-399-2120
  • 営業時間 :11:00~17:00  そばが無くなり次第閉店(15:00頃)
  • 定休日    :不定休(要確認)
  • 駐車場    :あり

 

 


にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ       ←   励みになります。こちらもどうぞよろしくお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ                           

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ゆい

URL | [ 編集 ] 2007/07/30(月) 05:37:05

カレーうどんがウリのお店なんですかね??^^;

わたしお蕎麦に関する知識は全くなくて、最近興味を持ち始めたのですが、通の方はやはり白っぽいのより黒い麺を好むのですか?

壽丸

URL | [ 編集 ] 2007/07/30(月) 07:44:38

たまき庵、初めてでしたか?
工事中は残念でしたね。
昔は、あれほど高飛車な張り紙などなく、
タバコも普通に吸える観光地の蕎麦屋だったのですが、
味の良さが(自家製粉です)評判を呼ぶようになってから
あんなになっちゃいました。

でも味の良さは変わらないので、行きますけどね(笑)
更科食べましたか?凄いですよ、正真正銘芯の芯だけ!

ここ、実はうどんが昔から隠れた人気で、蕎麦とはまったく違う汁です。

で、カレーうどんは最近出来たメニューですが、
繁忙時にはなかったりする幻のメニューです。
(というか、繁忙期は蕎麦しか出さない!)
牛すねを長時間煮てあり、シチューを思わせる味は
一回食べてみる価値ありです♪

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/07/30(月) 12:41:12

>ゆいさん こんにちは
 カレーうどんについては私は食べたことがないので
わかりませんが、上の壽丸さんのコメントではかなり
美味しそうですね。寒くなったら行ってみましょう。

 そばは人により好き好きですよ。さらしなが吟醸酒
だとしたら、田舎はどぶか濁り酒。私は挽きぐるみで
やや細めに打ったのが好きです。


>壽丸さん
 一昨日も好釣だったようですね。私も昨日行くつもり
だったのですが、その前日の肉体労働が効いて、朝、起
きれませんでした。^^

 たまき庵、正確に言いますと、20年くらい前に一度
入っているのですが、高い蕎麦屋だなぁという記憶しか
ありませんでした。

 色々な評判がありますが、美味いから話題になるので
しょう。今度はお薦めのさらしなとカレーうどんを試し
てみます。 
 
 

ぽん

URL | [ 編集 ] 2007/07/30(月) 20:42:58

おいしそうですが、確かに量が少なそう。
男性にはちと物足りないかもですね。
ともあれ、そんなにおいしいのなら蕎麦好きとしては見過ごせません^^
家から近いので機会があったら行ってみようと思います♪

土曜日よろしくお願いします。
15時まで仕事なので、終わり次第急いで向かいますので!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/07/31(火) 06:10:04

>ぽんさん

 おはようございます。
江戸系の蕎麦はどうも昔から高くて少ないのがひとつの
スタイルのようなところがありますね。足りなければ、
もう一枚って感じで。

 確かに良い原料を吟味して作っているので、あれくらい
の価格になっても不思議ではないのでしょう。ただ、山形
や岩手に行くと日常食の感じが強く、そんな値段は付けら
れませんし、量も食事として満足が行くくらい供されま
す。もちろん、三番粉の田舎蕎麦ですが、高い蕎麦屋は
さらしなや藪だけではなく、連動して田舎も高くなってい
るような・・・

 土曜日? はてなんだろう。

 











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/154-e0aadea6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。