スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

庭の梅で梅干しを作る (土用干し編)

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 7月8日に本漬けをした梅干しですが、やっと梅雨明けを迎え、日射しが戻ってきましたので、遅ればせながらの土用干しに移ります。今月1日には東北地方にも例年より9日遅い梅雨明け宣言があったのですが、その後も台風5号の影響でぐずついた天気となっていました。土用干しは三日三晩で一気に干し上げないといけないので、晴れが続く予報を首を長くして待っていたのでした。



 

  毎回繰り返しになりますが、出来上がりのまでのレシピは以下の通りです。 

 

 (1) 梅の実のへた(軸が付いていた痕)を爪楊枝で取る。
 (2) よく洗って、陰干しする。
 (3) 塩は梅の重量の12
~15%、我が家では天日干し塩を使います。
 (4) 漬け込み容器をアルコール(焼酎35度可)で消毒し、梅にも吹きかけて
    おく。
 (5) 梅に塩をまぶしながら収容していき、上から重石をする。
 (6)
ゴミやカビが入らないように、蓋もしくは買い物袋などを被せる。
 (7) 梅酢が上まで上がったら、重石を外す。・・・・・・・・・・・・ここまで下漬け
 (8) 赤い梅干しにする場合は、赤紫蘇を塩で揉んで加える。ここから本漬け
 (9) 梅雨が明けたら、三日三晩干して出来上がり。・・・・・
ここから土用干し




 

  今年は下漬けだけの無着色と赤紫蘇で本漬けを行ったものの2種類を作りました。
doyobosi1.jpg doyobosi2.jpg



 

 

  干し始めは、こんな感じの色合いです。
doyoubosi3.1.jpg

 干さなくても十分美味しそうですね。味見をするとまだフルーティーな香りが残っています。


 

 

 三日三晩も干すと、透明感が出てきます。表面にうっすらと粉塩が吹きます。
doyoubosi4.jpg
 この間、夕立やにわか雨にの襲撃をかわさないといけないので、気が抜けません。家人がですが。^^   台風5号の通過後はいきなり炎天下続きでしたので、良い土用干しとなりました。すっかり、ふにゃふにゃとなり、丁寧扱わないと潰してしまいます。とろけるように柔らかく、フルーティーな梅の香りがまだ残っている梅干しはご飯の最高の友ですね。



 

 

 

 

   出来上がりは、梅酢に戻さず、瓶入れて保存します。梅酢も別に保存して酢の物に用いたり、漬け物に使ったりして有効活用していきます。

   

                  下漬け編を見る

                本漬け編を見る

 

 

 

 

 

 

  ← こちらもよろしくお願いします。m(..)m

 

 

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/163-46774f96
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。