スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ゴーヤーチャンプルーを作りました

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 我が家の菜園でもやっとゴーヤー(ニガウリ)が大きくなってきました。もう少し大きくなりそうですが、待ちきれずに味見してみました。

gohya.jpggohya2.jpg
 普通のゴーヤーより太っちょのアバシゴーヤーです。最も原種に近く、食味が優れているらしく、今年初めて栽培してみました。沖縄方言でハリセンボン(フグの仲間の)のことをアバサーと言いますが、このゴーヤーは形がずんぐりしているのでそれに因み命名されたとのこと。


 初物のゴーヤーはやはりチャンプルーでいただきます。チャンプルーと言いますのは、沖縄郷土料理で炒め物のことです。ゴーヤチャンプルーより豆腐チャンプルーの方が有名ですね。また、チャンプルーは「混ぜ合わせる」と言う意味があり、チャンポンと同じ意味です。この言葉の語源は中国語ともポルトガル語とも言われ、諸説あるようです。

 学生時代には通算で90日ほど、沖縄本島をはじめ、慶良間、八重山に滞在したことがありますが、安くてボリュームのあるチャンプルーウチナースバ(沖縄そば)には大変お世話になりました。余談ですが、沖縄の食堂にはおかずという献立があります。興味津々、注文しますとごく普通の野菜炒め定食が出てきてびっくりしたことがありました。

 それに沖縄の味噌汁(みそじる)も具沢山で、これを注文するとご飯も付いてきます。よく笑い話で初めて沖縄に行った人が食堂でおかず味噌汁ご飯を注文したらとんでもない事態になったというのがあります。



   閑話休題


 

 さて、ゴーヤチャンプルーの作り方ですが、まず、ゴーヤーの両端の硬いところを少し切り落とし、縦半分に切り分けます。続いて、スプーンで種と綿を取り除きます。
gohya3.jpg

  ゴーヤーはその苦みが美味さなのですが、苦手な方は薄切りにした後、塩を降って数分おいてから、熱湯にさっと潜らせておきます。



 

 

 ゴーヤー以外の材料は、もやし、木綿豆腐、豚肉(薄切り)、卵、削り節です。なお豆腐は重石をして水分を減らします。
gouya3.5.jpggohya4.jpg

 沖縄の豆腐(島豆腐)は縄で縛って持ち運びできると言われるくらい堅いのですが、こちらでは手に入りません。そこで、なるべく堅い木綿豆腐を買い求め、それをクッキングペーパー数枚に包んで、上に重石をします。30分もすると水分も抜けてがっちり締まります。これを適当な大きさに千切っておきます。



 

 

 フライパンで胡麻油を熱し、豚肉、もやし、ゴーヤー、豆腐の順に炒めていきます。最後に溶き卵を掛加えてから醤油と胡椒で調味します。出来上がり際に削り節の半分を混ぜ合わせて完成です。
gouya5.jpggouya6.jpg



 

 

 盛りつけたゴーヤーチャンプルーです。
gouya7.jpg

  残りの削り節を天盛りしますと、湯気でクルクルと動き始め、見た目も楽しめます。

 



 

 

 おまけでもう1品。ゴーヤーのスライスおかかがけです。
goya2.jpg
 これが食べられれば、もう立派なGohyerです。^^




  

 

 ゴーヤーには抗ガン作用血糖値・コレステロールを下げる効果もあるらしいのですが、私は薬効を期待して食べるというよりその苦みの後から来る爽快感が堪らないの食べております。 それに青春時代の思い出にも浸れますし。


 

 

     ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ゆい

URL | [ 編集 ] 2007/08/27(月) 05:32:22

昔、コンビニで一度だけゴーヤチャンプルを食べて以来、一切口にしてないのですが;;やっぱり自分でちゃんと作るとおいしいのでしょうか。。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/08/27(月) 05:47:57

おはようございます。

ゴーヤチャンプルは簡単な料理ですから、誰が作っても同じで
しょう。
ゴーヤーの美味しさは苦味にあります。ビールも苦味がなけ
れば黄色い炭酸水みたいで美味しくないですよね。
でも、アバシを使って、上記の苦味緩和処理をすれば、かな
り、和らぎますよ。

ぽんぽん

URL | [ 編集 ] 2007/08/28(火) 09:51:22

サエモンさん、初めまして。
私は、約1カ月前に夫の異動にともない転居して来た、仙台ビギナーです。
「仙台情報ないかな~」と検索していて、こちらを発見しました。
ゴーヤ、仙台でも栽培可能なのですね。もっと南でないとダメなのかと
思っていました。こんな立派なゴーヤが作れるなら、
来年はマンションの狭い庭ですが、挑戦してみたくなりました。
苦さが身体に効く~って感じですよね。大好きです。
またお邪魔させて下さい。更新を楽しみにしています。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/08/28(火) 20:56:30

>ぽんぽんさん 仙台にようこそ。

 今年は仙台も暑くて大変だったでしょう。例年の東京以上
の気温でしたね。これから、温暖化でこのような年が多くなる
のかも知れませんが、その分、冬が暖かくなるのでしょうから、
冬の辛さは和らぐでしょう。

 仙台を始めみちのくには恵まれた自然と豊かな食材がありま
す。車で30分も走れば、山菜も採れますし、イワナやヤマメも
釣れます。市場に行けば新鮮な魚も手に入ります。
 さらに伝統的な料理法も数々あり、食いしん坊には魅力的な
地域です。

 出来る限り、食べ物情報を提供していく所存ですので、今後
ともよろしくお願いします。


PS
ゴーヤーは当地でも簡単に栽培できます。プランターでもよく育ちます。
ただ、人工授粉をしないと収量は減るようですね。
野菜の種を買うと袋の説明で判りますが、仙台は北関東辺りと同じ
栽培気候となってます。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/184-bea2e830
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。