スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

マタタビの塩漬け

カテゴリー: 料理:山菜・筍・茸

 裏山もすっかり秋の気配がすっかり濃くなってきました。セミに代わって秋の虫の独壇場となっています。一雨降ると茸が一斉に顔出し、突然なんの予告もなく彼岸花が並んで立っていたりします。



 咲き誇る彼岸花。葉も枝もなくいきなり軸に花が着いている様は異様ですね。しかも、彼岸の頃に咲くのだから、不気味さも感じます。
higan1.jpghigan2.jpg


 さて、山の木々をよく見ると蔓性の植物に絡まれいるのをよく見かけます。この辺りだと、大概、マタタビであることのことが多いですね。



 このマタタビ、初夏の頃は面白い葉を出します。枝先の何枚かが白いのです。(6月23日)

matatabi1.jpg



 これは、花と同じ効果があり虫を引き寄せて、受粉の効率を高めようとしているらしいです。花の起源はこのような葉から来ているのでしょうか。




 この時期、マタタビには2種類の実がなっています。ドングリ状のとカボチャ状のとがありあます。
matatabi2.jpg
 ドングリ状の方のは本来のマタタビの実ですが、カボチャ状の実は寄生虫によって、変形してしまったもので虫えいと呼ばれています。ところが、この変形した実の方が有用成分が多く含まれるので珍重されており、値段もこちらの方が高くなります。


 

 マタタビの薬効は疲労回復、、、、マタタビを食べて「また旅」が出来るくらい回復するところから来ているとのことですが、諸説あるようです。猫にマタタビとも言いますが、試したことがありません。ニャンコがゴロニャンと恍惚に浸るらしい。これが人間にも効くのなら、数千年前には栽培品種になってますね。^^

 

 これくらい逸話の多いマタタビですが、今まで、口にしたことがありませんでした。今日の散歩で2種類併せて10個ほど採れたので何とか味わってみます。果実酒にするほどではないので、とりあえず塩漬けにしてみることにしました。


 10%の食塩水に漬けてみることにしました。
matatabi4.jpg



 【1週間後】



 ビンの蓋を開けると、ぷーんといい香りがします。爽やかなフルーツのそれに近い。塩水を舐めてみると、もちろんビリッと塩辛いのですが早くも旨味が抽出されており、調味料としても使えそうで実の味への期待感が高まります。


 まず、虫エイ(虫入り)の方から恐る恐る一口食べてみました。。。。
matatabi6.jpg
 少し青臭いがキウイのようなレイシのような爽やかな香りです。味は不味くはないが、美味くもない。口当たりはモソモソして食べていて不快になります。体に良いと思えば食える程度。だが、ぽつんと喉に刺すような辛さが、、、虫だろうか。


 また、旅をするエネルギーが湧き起こるような感じ、例えばオリーブのようなオイリーなものを予想していたが、全く外れました。単なる食べることのできる木の実という程度でしょうか。


 

 引き続き、正常な方の身も食べてみたが、、、ん!
matatabi5.jpg
 こちらは美味い。期待していたオリーブのような油分が感じられる。それでいてフルーツのような香りも同時に楽しめます。だが、最後にピリッと刺すような辛みは感じられます。この辛みは虫のせいではないようです。慣れるとこの辛みも美味しさと認めることが出来そうで、全体としては珍味と言えます。薬効は虫えいの方が高いのかも知れませんが、食用にはドングリ型の正常な身の方が勝っています。



 両者の断面図。
matatabi7.jpg
 マタタビはサルナシ科に属しますが、この科には栽培種であるキウイが含まれます。正常な方の身の種の配列が似ていますね。爽やかな香りはこのグループの特徴なのですね。




 それと興味あるニャンコへの効果はまだ試していません。ネットで調べて見る限り、涎垂らしてゴロニャンらしいのですが、我が家ではワンコを飼っているので、ニャンコが寄りつきません。そこで、ワンコの鼻先にマタタビを持っていったのですが、ピクリとも反応しませんでした。^^



            ←   こちらもよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ                           

 

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ゆい

URL | [ 編集 ] 2007/09/30(日) 06:36:56

マタタビって、食べれるものだったのですね。。@-@

しかし、ボコボコの方も試すなんて、サエモンさん、チャレンジャーですね^^;凄いです☆

虫、、虫食いなんですよね?(;;)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/09/30(日) 13:57:01

はい、虫食いです。でも、芋虫みたいのがゴロッと入っているのではなく、花の時にアブラムシが付くことによって変形するとのこと。

正常な実の塩漬けはいい肴になります。

壽丸

URL | [ 編集 ] 2007/09/30(日) 19:19:21

なはは
歳をとるといろんな「薬効」気になりますよね。
我が家は母方が田舎の出なので、
小さい頃から、マムシ、イカリソウ、その他諸々ありました。
子供なのに食べたり飲んだりしてました。

薬効で言ったら、イカリソウ=淫羊かくなんでしょうが、
苦くて酒には向かないもんなぁ

Shima

URL | [ 編集 ] 2007/09/30(日) 21:36:31

「虫えい」はなかなか衝撃的ですね。私も田舎育ちなので、よくマムシの干物なんか食べたものでした。ウチの爺さんなんて目の前でマムシを裂いて、生のキモ(胆嚢かな?)を飲み込んだりしてましたね。精がつくとかいって。先日も実家に帰った時、オヤジが3匹マムシ確保していて、久々の珍味を食しました。

ところで今週末の東京出張時のラーメン屋廻りですが、宣言していた「ラーメン二郎」には時間的、体調的(前日の懇親会なんかで・・・)に訪問できず、さりとて、まっすぐも帰れず、東京最終日にまずは「渡なべ@高田馬場」へ!味玉らーめんを注文。美味しかったのですが、『くろく』の限定で何度か食べた味でしたね(当たり前ですが)。その後、『らーめん不如帰@幡ヶ谷』へ。はまぐりスープのトリプルスープはなかなかの上品なお味でした。別物でしょうが、青葉区中江の『海味家』の甲殻類スープの方が強烈かな?なんて思いました。前回もコメントしましたが、仙台のラーメン屋も意識の高い店は全然負けてないというのが私の感想ですね。

東京初日に、私の好きな築地のカレー屋『中栄』に行きまして(3回目)、インドカレー(500円)は当然ながら、「野菜スープ」(300円)が絶品でした。意外と今回のNo1です(笑)。

サエモン@携帯

URL | [ 編集 ] 2007/10/01(月) 05:25:05

みなさま、おはようございます。

結構マムシとか、強烈なものが生活に溶け込んでますね。^^
>ことさん
未だに薬効よりも、美味いか不味いかが先になります。マタタビは日本のオリーブ、味も複雑で好きになりました。

>Shimaさん
レポートありがとうございます。現在、回線不通につき、詳しくは後にコメントします。

サエモン@アイカフェ

URL | [ 編集 ] 2007/10/03(水) 19:25:30

>Shimaさん

 おかえりなさい。
二郎残念でしたね。卍で雰囲気でも味わえれば良いのですが。
ちょっと違うんですよね。

 宮城のラーメンも頑張ってますよね。なにも学生相手の暴力的な
ラーメンや創作系の個性的なラーメンだけがラーメンじゃない。

 亘理のときわや食堂や塩釜の来々軒なんかも癒し系でいいですよ。
食べて疲れるラーメンもたまには良いですが、毎日食べても飽きない
ラーメンこそ真のラーメンかと思うことがありますよ。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/221-8c76721c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。