スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

サンマの赤ワイン煮バルサミコ風味

カテゴリー: 料理:買い魚

  戻りの暑さもたまにはありますが、みちのくの秋は確実に深まってます。数日前より庭の金木犀も香り始め、耳の奥には君の瞳は10000ボルトの歌詞が勝手にリフレインしております。歳がばれますなぁ。^^ まだ覚えています。

              作詞:谷村新司 / 作曲:堀内孝雄

       鳶色の瞳に誘惑のかげり    金木犀の咲く道を
       銀色の翼の馬で駆けてくる   20世紀のジャンヌ・ダルクよ      
          
       君の瞳は10000ボルト      地上に降りた最後の天使
       (くりかえし)


 さて先日、サンマの生姜煮を圧力釜で作りました。僅か20分で骨まで食べられるサンマの煮魚が出来ることをご紹介しましたが、今回は少し変わったオリジナルなサンマの煮物をご紹介します。三陸沖で獲れた戻りサンマを赤ワインとバルサミコ酢で炊いたものです。実際には存在しませんが、気持ち的にはプロバンス風です。



 三陸沖産の戻りサンマです。近場で獲れるので鮮度もバッチリです。
sanma-barsa2.jpgsanma-barsa1.jpg
 材料はサンマ(5本;5人分)と赤ワイン、バルサミコ酢、醤油、砂糖です。香り付けにニンニク、ローズマリー、ローレルを使いますが、ま、この辺は適当に。

 調味液(煮汁)の分量はサンマ5本に対して、赤ワイン(甘口)カップ1.5、バルサミコ酢大さじ3、醤油大さじ4、砂糖大さじ1、水カップ0.5です。



 サンマは頭と尾を落として半分に切り、内臓を抜き取ってからよく洗っておきます。圧力釜で調味液が沸騰したら、ニンニクとサンマを入れ、ハーブ類を乗せてから落とし蓋をして煮ていきます。
sanma-barsa3.jpg
 煮込み時間は圧力弁から水蒸気が吹き出してから、弱火にして15~18分です。火力が強いと皮が剥げて仕上がりが美しくなりません。煮込みが終わったら、火を止めて10分ほど蒸らします。煮汁は水分が多めになっていますので、サンマを取り出してから、バルサミコを小さじ1ほど足して煮詰め、とろみのついたソースとします。



 
 サンマの赤ワイン煮バルサミコ風味です。ソースを敷いて、周囲に焼いたエリンギとパプリカを添えました。
sanma-barsa4.jpg

 サンマそのものには、あまり濃い味を付けず、ソースで食べる感じです。バルサミコの甘酸っぱい香りとローズマリーの渋い香りが相俟って、和風の煮魚とは全く異なる料理となりました。もちろん、圧力釜で炊いておりますので、僅かな調理時間でも骨まで軟らかく頂けます。




 もう一枚、アップでいきます。艶やかでしょ。
sanma-barsa5.jpg
 圧力鍋があると、魚料理が楽しくなります。小骨を嫌う子供でも楽しく食べられる料理が簡単にできますよ。




 圧力鍋はサンマ、イワシ、サバ等の青魚の煮付けに俄然、威力を発揮します。それだけではなく、煮え難い牛スジやホルモンの煮込み作る時にも便利ですよ。もちろん、豆料理や玄米も短時間で軟らかく炊けます。美味しく綺麗に出来て、省エネにもつながる圧力鍋は良いこと尽くめです。




 圧力鍋には様々な種類がありますので、ご家庭の人数に応じてサイズを選ぶと良いでしょう。普通、1~2人分の料理には3.5L~4.5L4人分以上を作る事が多い家庭では4.5L以上圧力鍋が必要です(排気弁の関係で満タンには入れられない)。値段もピンキリですが、あまり安いものはそれなりですので要注意。10年以上は使うものなので、信頼出来そうな製品をこちらで見極めましょう。

 



         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

壽丸

URL | [ 編集 ] 2007/10/08(月) 09:07:06

おはようございます。
いよいよ戻りサンマの季節ですね。

サンマを煮たの、と言えば子供の頃、
栗比も来る日も、常備菜の甘辛く煮たのを「食べさせられた」
のを思い出します。
今ではたまに食べたくなる味ですが(笑)

洋風に煮たの、美味しそうですね。
梅干の酸味代わりのワイン、バルサミコ酢、
相性バッチリでしょうね。
チャレンジしてみたいけど、圧力鍋が・・・(笑)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/10/08(月) 10:00:30

 おはようございます。

 雨模様で風もありますね。こんな日は誰も出られないと思うと妙に落ち着きます。^^ 
今週末は天気に恵まれると良いのですが。

 圧力鍋は絶対、お薦めです。普通、サンマの佃煮を骨まで食べられるくらい煮ると身から水分や脂が抜けてぱさつきます。
ところが、圧力鍋だとせいぜい15分ですから、身がしっとりしています。いわゆるさっと煮なのに、骨が軟らかいという不思議な感覚です。ただ、日持ちはしないのでしょうね。

 牛すじやホルモンには俄然威力を発揮しますよ。鶏手羽なんかも短時間でしっとりで骨から身が外れます。

 今日はいかがお過ごしの予定ですか?

ゆい

URL | [ 編集 ] 2007/10/08(月) 10:19:45

おほようございます^^

今回は洋風バージョンですかー☆

私も余ってるバルサミコ使い切りたいので作りたいです。

しかし圧力鍋。。;;思い切って買ってしまおうかな。。使い方簡単ですか?

危ないと聞いたことがあるのですが><;

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/10/08(月) 10:54:24

 おはようございます。

 名前の感じから和風専門のように思われていますが、
実はイタリアンは家庭料理ですが、本場仕込みなんですよ。
(`⌒´)!! エッヘン


 圧力釜は内部が高圧になるので、ある意味危険です。ですが、
過剰に高圧になった場合の安全弁、通常調理中の水蒸気を抜く
排気弁、それと、高圧時には蓋が開けられないようなロック
システムも装備されています。これだけ安全装置が付いていれ
ば、天ぷら揚げるより安全でしょう。


 初めの頃は、自分も排気弁からシューッと水蒸気が出始めると
2mほど離れて遠巻きにしていましたが、今は張り付いてとなり
のコンロで別な調理も出来るようになりました。^^

 使い方は基本的に普通の鍋と同じですが、蓋を閉める時、ねじり
ながらロックをかけるところが大きく違います。あとの手入れも普通の鍋と
かわりません。

壽丸

URL | [ 編集 ] 2007/10/08(月) 10:59:07

今日は家でおとなしくしてる予定です。
野菜を仕入れに元気君市場へ行く位かな?

昨日のアナゴ、煮たのを食べたい、っていうんで
炊きますが、白焼のつもりだったんで、頭捨てちゃいました・・・

今夜はそのアナゴに、メバルの唐揚げの予定。
アクアパッツァも食べたかったんだけど、
体がカリカリと油を欲してるみたい。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/10/08(月) 12:07:16

>壽丸さん

 豪華ですね~。最近、全然出ていないので、仙台湾の
沿岸魚に飢えてます。

午後にオフ会の準備で買い出しに行きますが、戻りカツオ
のいいのあったら、買ってきます。代償行動です。

 この休み中にまた、サンマの料理2品作りました。
イタリアンの新作も作ってみましたが、まずまず。今週末に
アップするように仕込みました。

玉子

URL | [ 編集 ] 2007/10/08(月) 17:43:22

今ね、近所の ばーちゃん「冷凍イカ」持ってきてくれたんよ。

昨日、「メバルとイナダのお刺身と・・・メバルのなめろ~」作って
お届けしたしたら、「 美味めがったよ~」って そのお礼だって。

さっ、今晩は、メバルの一夜☆(雨に打たれて 生乾き)で、
 晩ご飯食べようね~。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/10/08(月) 19:42:34

 >玉さん

 ずいぶん、御大将の船でよい思いしたんですね。
行きたかったのですが、所用がありました。

 ご老人に釣果をお分けするとは立派な心がけ。
冷凍イカでも開いて塩まぶして、紙にくるんで冷蔵庫に3日も
入れておけば、美味しい一塩干しになりますよ。
さっと焙って、熱燗でやれば八代亜紀が流れます。












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/227-080f1dfb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。