スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

船岡の桜と団子(柴田@宮城)

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

 宮城もいまや、桜の花の真っ盛り、各地から満開情報が届きます。今日はみちのくでも屈指の桜の名所であり、日本さくら名所100選にも挙げられた柴田町の「船岡城址公園桜祭り」とそのそばを流れる「白石川堤一目千本桜」を楽しんできました。まだ残像がピンクです。^^
それでは、満開の桜をお楽しみ下され。



 船岡城址公園

  船岡城は山本周五郎の小説「樅の木は残った」の主人公である原田甲斐の居城でしたが、伊達騒動以降は柴田宗意が城主となり、幕末まで柴田氏が居城としました。小高い山にはソメイヨシノが800本植えられているとされ、山全体がピンクに染まる様は迫力がありました。

sakura1.jpgsakura2.jpg

 中腹の広場ではイベントも行われており、出店が所狭しと立ち並びます。そこで、団子を仕入れてもうひと登り。急な坂道を観音像のある山頂まで歩いて登ると一汗かきますが、その甲斐は十分あり、眼下に見下ろす絶景に疲れも癒されます。

   レンギョウとのコンビネーション            眼下に見下ろす白石川
sakura3.jpgsakura4.jpg


花より団子ではなく、花も団子もです^^ 山登りで疲れたら甘い物もいいですね。
ずんだ(枝豆の餡)の団子が入っているところがみちのく風です。

sakura5.jpg


白石川堤一目千本桜

  山を下りて、船岡駅の高架を渡ると阿武隈川の支流白石川の堤に出られます。大正時代に植樹された樹齢90年の巨木は迫力満点。両岸に5km以上にわたって桜が並ぶ様は絢爛豪華。JRの東北本線が並行して走っており、この季節は電車も徐行して乗客の鑑楼と桜を背景にした電車撮影へのサービスを行っています。

    お城を思わせるJR船岡駅               駅を越えると桜の巨木が
sakura6.jpgsakura7.jpg


      これぞ一目千本桜               延長5Km、堤の桜トンネル
sakura8.jpgsakura9.jpg

 駐車場は土日に限り、柴田町内各所に設けられます。両方の桜を楽しむ場合は、中間地点の役場周辺に駐車するのが良いでしょう。白石川へは船岡駅を渡ってしか行けません。



にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へにほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ  ←こちらもよろしくお願いします。
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/25-51fb3f02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。