スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【山形市旅籠町】萬盛庵の新蕎麦

カテゴリー: 外食:蕎麦

 先週末、山形市内を食べ歩いてきました。今回のテーマは新蕎麦、ラーメン、蒟蒻です。3回に分けて観光名所とともにご報告します。実はこの日、夏を思わせるような陽射しで暑いのなんのって、1日で市内を歩き回ったので、相当がおりました(疲れて憔悴しました)。


 山形市といえば、なんといっても霞城(山形城)は見逃せません。延文元年(1356)、斯波兼頼がその基礎を築いたとされ、その後、最上義光が文禄から慶長(1592~1615)にかけて、本丸、二の丸、三の丸が同心円状に配置された平城の原型を形づくったと言われています。現在は二の丸の内側が霞城公園とされており、復元作業も続けられていました。

 
  1991年に復元された二の丸東大手門。霞城の正門になります。
mansei1.jpgmansei2.jpg
 

 

 最上義光の英姿。
mansei3.jpgmansei4.jpg
 霞城の城主、すなわち山形藩主は10回以上も転地により変わっており、伊達家が長く治めた仙台藩とは大きく異なっています。

 

  城内では鑑賞菊の展覧会が開催されていました。立派な大菊の厚物と管物です。
manse5.jpgmansei6.jpg
 辺りに菊の香りが漂います。
さて、今回のミッションの目玉である新蕎麦をいただきに、大手門を出て旅篭町へと向かいます。

 

 山形市内の老舗の蕎麦屋、萬盛庵です。新そばの幕も出されていました。
mansei7.jpgmansei8.jpg

 良かったぁ、今年は暑いので、まだ新蕎麦が出されていないかと不安でした。萬盛庵は大正4年創業ということなので、かれこれ90年以上営んできた老舗中の老舗です。


 

 店内の南側には日本庭園があり、これを眺めながら蕎麦を手繰れます。最高の演出ですね。全国新そば会なんてのが、あるんですね。
mansei9.jpgmansei10.jpg

 休日でも11時半頃でしたので、まだ誰もお客が一人もおりません。完全な貸し切り状態です。見事な庭園なのですが、ガラス越しなので反射しています。ガラスの引き戸を開けようとしましたら、後ろから「開けないで下さい!」とピシッと叱られました。みなさんも注意してね。


 前から、やってみたいことがありました。蕎麦を待つ間に蕎麦屋の肴で日本酒をチビチビやることです。

 

 で、さっそく、純米酒の冷や(700円)と酒肴盛り合わせ(600円)です。
mansei11.jpg
 「蕎麦の前にお酒を飲みたいのですが、何か肴はありますか?」と尋ねますと、「えっ、飲むの?」という感じでした。蕎麦の前に飲む習慣は江戸だけなんでしょうか。それとも、昼間からアル中オヤジが紛れ込んできたと思われてしまったのかもしれません。^^でも、そんなの関係、、、ないです。


 

 お酒の銚子は杉の箱で意表を突かれましたよ。肴もちゃんと立派に用意されています。もってのほか、葉唐辛子の佃煮、むくり鮒です。
mansei12.jpg
 むくり鮒は、背開きにした小鮒を焼き、油で揚げてから、醤油と砂糖の甘辛いタレに絡めたものです。パリパリとした食感と甘塩っぱい味が冷や酒にピッタリ。なんでも、江戸時代、米沢藩九代目藩主・上杉鷹山が冬場の動物性たんぱくの補給源として推奨したといわれ、おせち料理にも使われていたとか。因みにむくり鮒の「むくり」とは「めくる」がなまったものだそうな。


 

 さて、いよいよ、新蕎麦です。もりそば(600円)、このような老舗にしてはリーズナブル。
mansei13.jpg
 太くてごつい田舎そばが主流の山形では珍しい、江戸風の二八です。山形の方からは、おやつのような蕎麦と言われているそうです。確かに田舎そば山盛り食べる県民性からすれば、江戸蕎麦はおやつかも。

 


 新蕎麦の緑がかった感じがよくわかりませんね。なにぶん、日なたで撮ったので・・
mansei14.jpg
 喉越しのよい蕎麦ですが、しっかりとした歯応えがあります。山葵は付きません。むしろ葱も要らないくらいです。蕎麦つゆは上品な甘さで細い蕎麦によく合います。麺量は少なめですが、これは江戸風蕎麦の場合は普通でしょう。麺食いの多い山形の基準では確かにおやつと呼ばれても仕方がないかも知れませんが。最後のそば湯は、ほとんど色がなかったです。当たり前ですよね。客はまだ一人だけなんですから。

 

 

 山形特産の紅花を練り込んだ紅花蕎麦が名物とのこと、ただし、これは要予約だそうです。




 萬 盛 庵

  • 所在地  :山形県山形市旅篭町1-3-21
  • 電話        :023-622-2167 
  • 営業時間 :11:00~16:00(売り切れ次第終了)
  • 定休日    :月曜(祝日の場合は翌日休)・第2日曜
  • 駐車場    :駐車場あり(店の前2~3台) 




にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ       ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ゆい。

URL | [ 編集 ] 2007/11/03(土) 08:08:47

おはようございます^▽^

美味しそうなお蕎麦ですねぇ。。こういうつるつるな感じのお蕎麦、すごく美味しそうです☆

サエモンさん、カメラ、デジカメにしましたか??昨日の記事辺りから何か雰囲気が違って見えるのですが。。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/11/03(土) 09:04:22

 おはようございます。

 そうか、ゆいさんは、田舎そばより更科や藪が好きなんです
ね。私は両方とも好きで、それぞれ、同一には比較出来ないく
らい別物と思ってます。

 今回のような旅しての取材や自宅での料理にはデジカメを使
うようにしました。ただ、日頃のランチと仲間との飲み会では、
使うのに抵抗があり、今まで通り携帯カメラです。デジカメ持
ち歩くのも少し面倒だし。












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/256-ea15ca6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。