スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

果実酒界の女王ガマズミ酒

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 果実酒というと梅酒があまりに有名で、とりあえず、これだけは毎年作っておられるご家庭は多いのではないでしょうか。これが長じると、イチゴやレモンから始まりカリン、ビワ、各種のベリー類、さらには天然の野イチゴやサルナシなどにと発展してしていきます。


 さらにはまると、キンモクセイなどの花やショウガやウイキョウなどの根、サルノコシカケなどの茸類にまで手を伸ばすと、もう果実酒ではなく本草酒の領域に踏み込みます。私はまだ未体験ですが、その先は冬虫夏草やマムシにまで到達するともう薬酒の世界が展開します。


 一時は30種類ほどの本草酒をストックし、床下収納に大小のビンがひしめき合っていましたが、いくら身体によいとはいえ、いつでも酒があるとついつい飲み過ぎて、かえって身体を悪くしているのでは思い、しばらく止めていました。


 9月中旬に戻りますが、裏山を散歩している時に真っ赤に熟したガマズミの実を見つけてしまいました。ガマズミはスイカズラ科の低木でほぼ全国の野山に自生します。そぞみと呼んでいる地方もありますね。秋には米粒ほどの実を房成りに付けますが、果肉は薄く、酸味も強いので、以前は山で喉が乾いた時にちょっと口に含む程度のお付き合いでした。


 ところが、この実の果実酒(ガマズミ酒)は作ってみて驚いたのですが、自分の中では最高峰にランクされます。あの芳香が蘇り、どうしてもまた漬け込みたい気持ちが押さえられませんでした。



 9月中旬に裏山で見つけたガマズミの実。
gama1.jpg

房成りになってますが、枝から外していくのがちょっと面倒です。



 何とか、両手いっぱいほどに集まったガマズミの実。35度のホワイトリカーに漬け込みます。
gama2.jpggama3.jpg
 集めた実はよく洗って、埃や小枝を取り除き、水分を拭き取って乾かします。通常、果実酒には氷砂糖などの糖分を加えますが、私は使いません。ベト付いた感じが嫌いなのと果実の持つかすかな甘さを感じ取りたいからです。

 


【2ヶ月後】

 


 床下収納で2ヶ月の眠りに付いていたガマズミ酒。今(11月23日)、目覚めの時を迎えました。
gamazumi11.jpggamazumi12.jpg
 この澄みきったルビー色の美しさ。イチゴやベリー類とは異なった神秘的な色彩です。何よりもその清々しい香り。まるで高原を吹き抜ける風のような爽快感があります。程よい酸味と仄かな甘味。これこそ、果実酒界の女王として他の追従を許さない気品に溢れる果実酒です。




 もう今年は時期を過ぎましたが、ガマズミの実は野山をよく探せば見つかります。来年是非トライしてみて下さい。自然が創り出す野趣の中の気品を知ることなしに果実酒は語れません。^^





にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ       ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

Shima

URL | [ 編集 ] 2007/11/24(土) 22:08:35

女王ガマズミ酒美味しそうですね。私も最近、日本酒、焼酎よりワインが美味しく感じてきました。
本日、本町の『おやじ(壽哲廸)』へ行ったところ、あいにく満席でした。渋々帰ろうとしたら、店員さんが、『倅』を紹介してきてきたのですが、低調にお断りして、『やんちゃぼうず』へ。ところが、ここも満席(涙)。三連休の中日だからでしょうね。人気店には人が集まります。でも、いいことですよ。むしろ、次回の期待が高まりました。
そんでもって、『鳥心』へ。なんとか着席!白子てんぷら、赤葱焼等頼み飲んでいました。
帰りに、『倅』前を通りびっくり!なんて雰囲気のある門構え。あんな一等地で。
忘年会(新年会)の店選び迷いますね(笑)。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2007/11/25(日) 07:40:45

 Shimaさん おはようございます。

私もワイン大好きですよ。ほとんど赤しか飲みませんが。
日本のフランス料理店の儲け主義的な飲まされ方ではなく、
イタリア的にテーブルにハウスワインがどーんとマグナムで
置いてあってさあ、料理と一緒に飲んでおくれ! という
のが好きです。

 次回の皆さまとの集まりは倅にしようと思ってましたが、
あのように人気店なのではたして。

 これから、遅出ですけど海に出て、食材調達に行ってきます。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/278-56bdc6f6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。