スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

牡蠣グラタンをアツアツで

カテゴリー: 料理:貝類

 このところ、真冬並の寒さの日と幾分寒さが和らぐ日が繰り返しやってきます。寒さが身に染みる日は思わず帰宅途中のの光に吸い寄せられてしまいますが、休日の夕餉には鍋などを拵えて熱燗をグビッがピッタリですね。

 

 本日も良い牡蠣が手に入りましたので、鍋をと思ったのですが、前回も土手鍋で食べていますので、今晩はアツアツの牡蠣グラタンをハフハフいいながらワインで流し込むことにしました。

 


 材料は4人分で牡蠣20粒くらい、ベシャメルとマカロニはグラタン皿の大きさで加減して下さい。
kakigra1.jpgkakigra3.jpg
 最初に牡蠣とブラウンマッシュルームを油で炒めて、牡蠣がぷっくらしたら、半カップほどの白ワインを加えます。サッと煮てスープと具を漉し分けておきます。

 


 続いてベシャメルを作りますが、いつものようにハンディミキサーを使うので、楽々でダマなし、滑らかなソースが小鍋で出来ます。
kakigra4.jpgkakigra5.5.jpg

 ハンディミキサーを使ったベシャメル作りはこちらを参照して下さい。フライパンで作っている最中に不幸にしてダマが出来てしまった場合でも、ハンディミキサーで完全に修復できます。ハンディミキサーに関する詳細は下にあります。

 ベシャメルに先ほどのスープを加え、塩胡椒で味を調えます。これに、炒めた玉葱と柔らかめに茹でたマカロニを混ぜ込んでからグラタン皿に流し込みます。

 


 最後に、先ほどの牡蠣とマッシュルームを上に乗せてから、粉チーズ(パルメザン)とパセリの微塵切りを振りかけます。
kakigra6.jpgkakigra7.jpg
 オーブンで200℃、30分ほどで焼き上げます。オーブンはお気に入りのイタリア製、デロンギ・コンベクション・オーブンです。コンパクトなのに優れものです。詳しくはこちらを。

 


 焼き立てのあつあつを頂きます。最後に茹でたブロッコリーを飾ります。
kakigra8.jpg


 

 牡蠣にも表面に焦げ目が付いて香ばしい。熱々なので火傷にご注意。
kakigra9.jpg
 牡蠣は表面がカリカリ、中はふっくらで何とも言えぬ美味しさです。しあわせ~。。。

 

 グラタンだけだと、酒肴にもご飯のおかずにも単調なので、焼いている間に牡蠣フライも作ってしまいましたよ。
kakif1.jpg
 ちょっとカロリー摂りすぎですね。今晩はワイン2杯だけにしておきましょう、マグカップで。^^

 


 寒い休日は、ちょっと手間をかけて、温かい料理を家族で食べるのが最高ですね。心身共に暖まります。


口福はお金をかけずに手間かけて

 



  【ハンディーミキサーについて】stickmixer.jpg

 フードプロセッサーを使うほどの量でない場合、つまりカップ1~2杯を擂り潰したり攪拌したりする時にはこのマシンが大変便利です。特にマヨネーズレバーペーストビシソワーズバナナシェイクなどが少量でも気軽に作れますし、後片づけも楽に済みます。調理中の鍋の中で使ったり、一人分をコップで作ってそのままテーブルにといったことも出来るのが魅力です。

 各社から似たような製品が出されています。中でもスイス製のバーミックスが高性能のようですが、値段も高くなります。私はマルチシェフの
スティックミキサーを永年、愛用してますが、特に不便は感じません。用途別の替え刃が4種類とふりかけ用のミルも付いてますし、最近は価格も一万円以下で購入できるようです。
 なお、電動の泡立て器もハンディーミキサーと呼ぶことがありますのでお買い求めの際はご注意下さい。



 

        ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

 

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/293-2704c3e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。