スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

鉄板系の変わり粉もん(コナモン)

カテゴリー: 料理:穀・粉類

 粉もんについての考察です。長くなるかも知れません。お急ぎの方はスクロールして料理のところからお願いします。

 


 
 粉もん(コナモン)とは、粉を使った料理の総称で関西を中心に広まっている呼び方です。放る物がホルモン、本当の物がホンマモンの世界です。あ、サエモンは違いますよ。^^


 コナモンお好み焼きたこ焼きが主流であるのは異論がないのですが、うどんやラーメン、パスタにパンまで含めてコナモンだとしているのは総花的すぎて深い探究や活動が出来ないのではと思います。麺類やパン類だけでも奥が深すぎるのに、粉を使えばすべてコナモンでは米食に対する粉食に相当し、相手が巨大すぎるように思えます。敢えてそれを提唱している背景には粉の消費拡大を目途としている粉屋さんがいるのではと疑りたくなります。もしかしたら、アメリカの指金か・・・・考えすぎですね。^^


 私的な考えですが、コナモンという言葉自体が関西弁であり、関西で花開いた粉食文化、すなわち、お好み焼きたこ焼きなどの鉄板・型焼き系統の小麦粉料理に限定すべきと思っています。もし拡大するにしても、食べる直前に小麦粉を水分で溶いて、焼くなり煮るなりといったスタイルの料理に留めた方が粉食の実質がわかりやすく、関西のコナモン文化に親しみが湧きます。

 

 いずれにしましても、粉もんの本場は関西以西であることは変わりません。関東にも好み焼きもんじゃ焼きが、さらに東北地方にかけては、どんどん(どんと)焼きがありますけれど、関西のような多様な発展を見ていませんし、こちらにも関西流の粉もんが普及し始めています。そのような中で、関西にはない関東で生まれた粉もんもいくつかあります。その一つは、近年リバイバルで多様な具材とともに流行してきたもんじゃ焼きですが、その他にもマイナーながら面白い粉もんがまだあります。


 浅草に染太郎という老舗のお好み焼き屋さんがありますが、この店の名物にパンカツと しゅうまい天というのがあります。東北地方では聞き慣れない食べ物だと思いますが、発想が面白く、味もそこそこ美味しいので以前から紹介したいと思ってました。

 

 両方ともトンカツや焼売が食べたいけれど、肉がまだ高かった昭和初期に少量の挽肉を溶いた粉でダミーを作り上げたのです。だったら、揚げたり蒸せば、より本物に近くなると思われますが、そこは天板焼き屋さんの意地でしょう。その辺の心意気がこの粉もんには込められており、それが新しい料理創造のエネルギーとなったのです。

 


 

 

 それでは、関東が元祖の粉もんを楽しみましょう。最初に、パンカツをご紹介します。主な材料は小麦粉、豚挽肉、パンとパン粉です。塩胡椒で軽く味付けます。
konamon1.jpgkonamon2.jpg

 生地の材料を水(またはダシ)で溶いて混ぜ合わせて、ぽったりとするくらいにまとめます。パンは8枚切りくらいの厚さが良く、それ以上に厚いとボリューム感は出ますが、カツらしさがなくなります。

 


 ホットプレートに油を塗り、パンを乗せて弱火にします。パンの下側が熱くなったら、ひっくり返して生地を塗り、パン粉を一面に振っておきます。
konamon3.jpgkonamon4.jpg

 生地が熱で少し固まり始めたら、鉄板に油を足してから、裏返します。染太郎では大量のラードで揚げるように焼いていきますが、ここは我慢して少量のサラダ油で焼いていきます。反対側にも同様に生地を塗り、パン粉を振ってから裏返し、両面とも焼き上げます。

 

 

 焼き上がりましたら、トンカツソースを塗って、マヨネーズと青のりで化粧すれば出来上がりです。
konamon5.jpg

 必ずしもトンカツと同じ味とは言いませんが、他の粉もんとは異なる肉料理の味わいがあります。全く不思議な食べ物です。

 


 トンカツの味なら、こんな食べ方もありでしょう。千切りキャベツを乗っけてみました。
konamon6.jpg




 続いて、しゅうまい天です。焼売の味がする粉もんです。なぜが付くのかはわかりませんが、江戸のお好み焼きメニューは野菜天げそ天などとを付ける店が多々あります。

 


 主な材料は挽肉、小麦粉と微塵切りの玉葱、下ろし生姜少々と拍子木に切ったお餅です。生地はパンカツの時と同様、よく混ぜて、ぽってりとするくらいの硬さにしておきます。
konamon7.jpgkonamon8.jpg
 味付けに塩胡椒と香り付けに胡麻油を少々加えます。染太郎ではニンニクを入れるようですが、生姜の方が焼売っぽいです。

 

 

 まず、鉄板の上に餅で四角く、土手を作ります。これに生地を少しずつ流し込んで行きます。
konamon9.jpgkonamon10.jpg
 溢れる寸前まで流し込み、生地が固まったら裏返して、さらに焼きます。

 


 こんがりと焼き上がるといい香りがしてきます。これは焼売のように、醤油と辛子で頂きます。
konamon11.jpgkonamon12.jpg
 本当にこれは焼売の味がしますよ。肉と玉葱と生姜の香りが条件反射で焼売を連想させます。餅とのマッチングもベストですね。これは画期的な料理だと思います。

 

 

 最後に正統派のお好みも食べたくなります。関西のお好み焼きは大阪のぼてじゅうに代表される混ぜ焼き式と広島の焼きそばを入れた重ね焼き式(モダン焼き)に大別されます。どちらも好きなのですが、重ね焼きの方が様々な味や食感が楽しめ、キャベツの甘さも増すように感じます。

 

 

 で、留めの広島式重ね焼き(モダン焼き)です。具は基本の豚玉です。
konamon13.jpgkonamon15.jpg

 

 久々に粉もんを楽しみました。鉄板系粉もんは東北地方では冒頭に触れたましたように、どんどん(どんと)焼きとして広がりましたが、あまり発展はしなかったようで、後に関西系粉もんが広まるようになっています。みちのくは食材に恵まれた地域ですので、みちのくなりの粉もを創造できる可能性がありますね。

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

田辺 晋太郎

URL | [ 編集 ] 2008/11/07(金) 19:45:01

テレビ朝日『爆笑問題の検索ちゃん』北住と申します

サエモン様

突然のメール失礼致します。
私はテレビ朝日『爆笑問題の検索ちゃん』という番組を担当しております
田辺と申します。
この度、貴殿が運営管理されているサイトを番組内で使用させて頂きたく、ご連絡させて頂きました。
簡単な番組概要を以下に記しますので、ご検討下さいますよう、宜しくお願い致します。

番組名:爆笑問題の検索ちゃん
放送局:テレビ朝日
放送日:毎週金曜 24:45~25:15
出演者:爆笑問題(太田光・田中裕二)、小池栄子、ゲスト他
番組内容:
テレビ朝日『爆笑問題の検索ちゃん』では、日頃、気になる
キーワードをインターネットで検索し、ゲストの芸人にクイズ問題として
出題。正解数の多かったゲストを『検索ちゃんぴおん』とする番組。

使用希望サイトURL:http://bimitankyu.blog80.fc2.com/blog-entry-309.html
使用内容:“コナモングルメ”というキーワードでネット検索し、クイズを出題します。

正解VTR中に貴殿が運営するHPの一部(添付ファイルのページ)を使用させて頂きたいと考えております。

使用秒数:5秒程度

放送予定日:2008年11月14日(金) 24:45~25:15

誠に急なお願いではございますが、

11月9日(日)までにメールアドレスまでご返信を頂けないでしょうか?
ご多忙のところ、大変申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い致します。

尚、こちらの勝手な都合で誠に恐縮ではございますが、放送日の期日がせまっておりますので、ご返信頂けない場合は使用
させて頂きたく存じます。

以上、宜しくお願い申し上げます。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
株式会社テレビ朝日 編成制作局制作1部
「爆笑問題の検索ちゃん」
〒106-8001
東京都港区六本木6-9-1
担当:田辺 晋太郎(たなべ しんたろう)
TEL:03-6406-1193/FAX:03-3405-3704
携帯:080-5435-7767
mail:t-kensaku@tv-asahi.co.jp
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/309-75faa3d9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。