スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【塩竈市】初詣で初ラーメン 

カテゴリー: 外食:ラーメン

 まったく不謹慎なタイトルで恐縮です。ただ単に初詣に出かけて、お昼にラーメンを食べただけのことです。本日(2日)は鹽竈(しおがま)神社のそばに住んでいる上司にお呼ばれされましたので、初詣は塩釜ですることにしました。


 混雑が嫌いなので初詣はいつも近所の小さな神社で済ませているのですが、今日は東北鎮護・陸奥国一之宮と言われる鹽竈神社に詣でます。相当混んでいるだろうなと思って、9時頃には本塩釜駅に着きました。

 

 

 神社に向かう道すがら、周囲を散策します。白松が福袋やってます。それと塩釜と言えば、浦霞ですよね。
hatumode1.jpghatumode2.jpg
 商店街は半数以上が閉まってました。大手量販店の誘致で街が活性化するといった予測もあったようですが・・・

 

 


 昔ながらの佇まいを残す丹六園です。創業は享保5年(1720年)というから老舗中の老舗です。現在、銘菓志ほがまと陶器類を販売しています。
hatumode3.jpghatumode4.jpg

 志ほがまはもち米の粉に砂糖と塩水、青じそを加え、型で押した干菓子で天然記念物の塩竈桜が刻印されています。藻塩焼きによってできる塩をイメージして作られたもので、 海藻に見立てた青紫蘇の細々が散りばめられています。

 


 
 鹽竈神社の表参道に到着。階段は202段あるそうです。ちょっとすくみますが、地下鉄の階段で鍛えているので大丈夫でしょう。
hatumode5.jpghatumode6.jpg

 看板にもあるように、ご老人にはちと辛いかも。前半の石段が歩幅に合わなくて歩きにくい感じですが、後半は普通の階段状になるのでペースがつかめます。ま、途中の灯籠の所で一息入れると良いでしょう。

 

 


 階段を上り詰めると唐門が見えてきます。その奥正面に左右宮拝殿があります。いつ見ても背筋が伸びる感じがします。特に階段の途中から唐門が徐々に見えてくる光景は心打たれます。
hatumode7.jpg



 社殿の左宮には武甕槌神(たけみかづちのかみ)、右宮には経津主神(ふつぬしのかみ)が守っているとのこと。
hatumode8.jpg
 朝も早いためかまだあまり混んでいません。中国から来られた団体さんもいて、熱心に説明を聞いてましたが、なんと言っているのかまるでわかりません。^^

 

 

 こちらは鹽竈神社と並んである志波彦神社です。一森山の頂上に二つの神社があるわけで、1回登ると2カ所で初詣ができます。
hatumode9.jpghatumode10.jpg
 志波彦神社は元は仙台市の岩切にあったそうですが、明治7年に鹽竈神社の別宮本殿に移され、昭和13年に現在の神社が建立されたそうです。

 

 


 ここの境内にはお団子屋(えびや)さんがお店を出しており、いつも参拝客で賑わっています。
hatumode11.jpg

 えびやさんでは三色団子、味噌おでん、甘酒が人気ですが、甘い物があまり得意じゃないので素通りしました。

 

 

 鹽竈神社から降りて、商店街を少し歩きますと御釜神社があります。
hatumode13.jpghatumode14.jpg
 
この神社は日本最古の製塩手法であった藻塩焼製塩の際に使う釜を4つ奉っています。この神社が元の鹽竈神社であり、伊達政宗により慶長12年(1607年)遷宮されたそうです。

 

 

 さらに北に歩きますと、不思議な鳥居が。。。奥がいきなりトンネルです。浪切不動尊と書いてあります。海で過ごすことの多い私には縁起の良い不動尊です。
hatumode15.jpghatumode16.jpg
 東北本線の下を潜ると、そこには小さな社がありました。古くから港町だった塩釜ですので、この不動尊も弘法大師の伝説の浪切不動明王がまつられているのでしょうか。 

 

 

 さて、早く出てきたために、お呼ばれの時間まで3時間以上あります。お腹もかなり減ってきたので、軽く何か入れておきましょう。そうそう、塩釜と言えばあれを食べたくなります。

 


 やってました。来々軒です、ここの中華そばはものすごく癒されるのです。
rairai1.jpgrairai2.jpg

 四半世紀前、まだ、このお店が建て替え中でプレハブでやってた時に初めて食べて以来、好きになりました。新しいお店にはカウンターがないので一人の時は相席なります。

 


 ごくシンプルないわゆる伝統的中華そばです。魚系のだしの香りが最初に伝わってきます。
rairai3.jpg

 スープはあっさりしているのですが、ついついまた飲みたくなる不思議な魅力があります。具の煮豚も茹で豚のよう感じですが、しっかりと味は染み込んでいます。他にはメンマとネギだけですが、今時、480円で食べさせてくれるのですから有り難いですね。

 


 麺は僅かに波打つ細麺で、デフォルトは柔らかめです。いつも、硬めでお願いしてます。
rairai4.jpg

 この麺は伸びやすいのですが、優しいスープに大変よくマッチしてます。全体的にボリュームは少なめですので、がっつり食べたい向きには大盛りをお薦めします。

 

 


 このお店、かつては丼物もあるなんでも食堂だったのですが、現在は麺類以外は炒飯とライスだけになりました。麺類はラーメンの他、チャーシューメン720円、モヤシそば620円、タンメン620円で各大盛り100円増しとなります。

 

 

 

  来 々 軒

 

  • 所在地  :宮城県塩釜市海岸通3-2
  • 電話        :022-364-8944
  • 営業時間 :11 : 00 ~ 17 : 00
  • 定休日    :金曜
  • 駐車場    :約3台分

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

 

 

 

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/320-168765c5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。