スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【川崎町】青根温泉と石釜ピッツァ

カテゴリー: 外食:その他

 先週末は寒波が到来してこの冬一番の寒さになりました。こういう日には温泉に浸かるのが一番です。仙台は有り難いことに、1時間以内で行ける温泉が豊富にあり、低価格な共同浴場もあるので嬉しい限り。この日はまだ、浸かったことのない青根温泉にサッと出かけました。

 

 実は今まで青根温泉は遠刈田の奥で蔵王町だと思っていたのですが、川崎町の釜房ダムに流れ込む前川の上流に位置していたのですね。

 

 


 
 青根温泉じゃっぽの湯は、2006年4月1日にオープンしたばかりの共同浴場で正面は標高500mからの大展望となっています。周りは雪景色ですが、道路は乾いていました。
isigama1.jpgisigama2.jpg

 青根温泉は伊達家の湯治場(御殿湯)があったとのことで開湯以来、480年の年月が経過しています。入浴料は大人がたったの300円(子供150円)です。透明な単純温泉ですが、神経痛や筋肉痛に効くそうです。もちろん、源泉掛け流しの100%天然温泉です。弱アルカリ性なのでお肌すべすべ(ぬるぬる?)。L字型の浴槽はまずまずの大きさですが、洗い場が5つしかなくて順番待ち。木造の建物はまだ木の香がして、とても癒されますね。じゃっぽってこの辺りでいうお風呂のことらしいです。お風呂の湯???

 

 

 


 こちらはじゃっぽの湯の正面にある青根洋館です。明治から大正にかけての洋館を移築復元したものです。
isigama3.jpgisigama4.jpg

 1階は休憩室と青根温泉の情報展示室、2階はこの温泉で創作活動を行った歌謡界の巨星古賀政男の展示室となっています。あの名曲「影を慕いて」はこの地で作詞作曲されました。年中無休でしかも無料ですので、温泉のついでに是非寄ってみて下さい。

 

 

 


 さて、今日の目的はもう一つ。青根温泉を下ったところに変わったピッツァ屋さんがあると聞いてやってきました。廃校になった小学校の分校を改装した石釜焼きの本格ピッツァのお店だそうです。

 

 

 


 画家の千葉洋一さんご夫妻が経営するピッツァハウス石釜屋です。国内産小麦と天然酵母を使ったピッツァが人気です。
isigama6.jpgisigama5.jpg

 元は川崎小学校腹帯分校です。小学校をピッツァ屋にするとはなんという大胆なと思いましたが、本業の絵を描くためのアトリエが必要で買い受けたと後で伺いました。

 

 


 校舎の中はアーティスティックにペイントされていますが、なつかしい木の廊下や職員室の札にはじーんと来てしまいます。しばし、タイムスリップ。
isigama8.jpgisigama9.jpg

 この職員室が厨房です。ちなみにダイニングは第三・四学年という教室になります。^^

 

 


 職員室の奥は森の美術館と輸入雑貨の展示販売コーナーとなっています。ピッツアが焼けるまでこちらを見学します。
isigama.jpgisigama10.jpg

 店主の千葉さんの作品をはじめ石巻の木版画家岩渕欣治さんの作品も展示してありました。輸入雑貨はALL10%オフに釣られて、金属のアンティークなコート掛けを買ってしまいました。

 

 


 ピッツアは色々種類があります。大体どれもSサイズで900円、Mサイズで1200円です(チーズだけのスナックピッツァを除く)。
isigama11.jpgisigama12.jpg

 

 

 

  人気国産豚の自家製無添加ベーコンパプアニューギニアの天然エビとか・・・。これが、一編に楽しめるAミックスピッツァSサイズです。
isigama13.jpg
 Sサイズは直径20cmですが、一人で食べるとかなり満足。

 

 

 

 生地は厚めでふっくらしてますが、パリンパリンによく焼いてあり、実にクリスピー。決してアメリカのパンピザのようではありません。
isigama14.jpg

 久々に生地が美味しいピッツァに出会いました。エビもプリプリで美味しいです。チーズの下のオニオンとよく合っています。

 

 

 

 温泉に浸かって、帰りに美味しいピッツァを頂く組み合わせはなかなかですよ。気候の良いシーズンは校庭が車で埋まるほど混むようです。昼時を外した方が賢明です。そう言えば、校庭には石釜があったのですが、あの職員室内に石釜があるのでしょうか。木造だけにちょっと不安・・・

 

 


 おまけです。店内によく利用している玉松のぽん酢醤油が置いてありました。いつもは柚子ぽん酢を使っているのですが、うめポン酢を試しに購入。
isigama15.jpgisigama16.jpg
 帰って早速、湯豆腐に使ってみました。柚子のような鮮烈な香りはありませんが、ほのかな梅の香りが食欲を引き立ててくれます。もろみ酢も配合されているので少し癖があります。玉松のぽん酢醤油に関する記事はこちらをご覧下さい。

 

 

 


 じゃっぽの湯


  • 所在地  :宮城県柴田郡川崎町青根温泉9-1
  • 電話        :0229-87-2112
  • 営業時間 :6:30~21:30
  • 定休日    :未確認
  • 駐車場    :あり
  • 入浴料金:大人300円、子供150円
  • 泉質:単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉

 

 

 ピッツァハウス石釜屋

 

  • 所在地  :宮城県柴田郡川崎町前川松葉森山1-197 
  •  電話        : 0224-84-4083
  • 営業時間 :11:00~15:30(土・日曜は~17:45)
  • 定休日    :駐車場    :火曜、第2・4月曜   冬期間は土日祝日のみ営業
  • 駐車場:あり(校庭)

  

 

ロゴ横(圧縮)

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/335-6b7c7628
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。