スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【蔵王町遠刈田】中華亭分店の中華そば

カテゴリー: 外食:ラーメン

 遠刈田日帰り温泉食べ歩き第3弾は中華そばです。遠刈田に訪れると必ず寄って食べていくのが中華亭分店の中華そばです。中華亭は白石の街中に本店がありますが、今まで2回訪れて2回とも休業日(2回目は臨時)でした。相性が悪いのかなぁ・・・

 

 

 温泉街までは道路に雪はありませんでしたが、烏帽子スキー場の方へ入ると銀世界になりました
chuka1.jpgchuka2.jpg
 今年はこれでも雪が少ない方らしいです。スキーをやらなので、冬の山の様子がよくわかりません。

 

 

 
 黄色い店が木立の中に忽然と現れる中華亭分店です。
chuka3.jpg

 店内に入るとぷーんと煮干しの香りが漂います。休日には11時半の開店同時に満席になります。

 

 


 人気の中華そばは550円です。味噌や塩がなく、醤油一本でやっている姿勢が好きです。
chuka4.jpg





 魚、鳥、豚が渾然一体となったスープが魅力的です。以前よりが多くなって醤油の香りが少し穏やかになったような気がします。
chuka5.jpg
 そういえば、魚の香りもあまり前面に出てこなくなったようにも思えます。美味しいことには変わりがありませんが、現代流に進化しているのでしょうか。煮豚は肉の歯応えが十分楽しめる硬さで、脂身の少ないやや厚めのが2枚。メンマも細く割いてあり、煮豚同様、上品な味付けとなってます。

 

 


 

 独特のコシがある自家製中細ストレート麺が人気です。
chuka6.jpg

 麺線は角ですが、やや白めの麺は温麺を生んだ白石の伝統を踏まえているのでしょうか。スープとよくマッチしていてスルスルと食べてしまいます。

 

 


 ここの中華そばはいつ食べても美味いですね。脂は多くなったようですが、今でも癒し系の範疇でしょう。仙台方面にも分店が出来れば、嬉しいのですが、こちら方面に来て食べるからこそ感動も多いのかも知れませんね。

 

 


 中華亭分店

 

  • 所在地  :蔵王町遠刈田温泉字七日原478-1
  • 電話        :0224-34-4262
  • 営業時間 :11:30~16:00
  • 定休日    :火曜日
  • 駐車場    :  あり

ロゴ横(圧縮)

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

Shima

URL | [ 編集 ] 2008/01/22(火) 20:47:22

私も本店と分店2回ずつ訪問していますが、分店の方が好みです。
本店の方が脂っこく感じます。

本日、『本竈』新店舗に行ってきましたが、以前よりは格段に美味しくなっているように思います。
(dancyuに載ったからじゃなくて・・・)。ホント仙台も旨い店増えたと思います。

今度はらーめん屋さんで飲みたいですね(笑)。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/01/22(火) 21:30:24

>Shimaさん

 本竈は裏の方へ引っ込んじゃったのですか?
地図で見ると利府街道から離れましたね。

 かつて二回ほど行きましたが、良くできたラーメンという
印象です。昼時通りかかると絶望ですので、その後
入りそびれています。

 飲むのでしたらラーメン屋より海鮮館や利佳菜館のような
大衆中国料理屋さんはどうでしょう?

ぱんだ(親)

URL | [ 編集 ] 2008/05/10(土) 07:03:24

サエモンさんおはようございます。この記事を読ませていただいて、私もついに行って見ました。
折角「昼は混む」という貴重なコメント頂いたのに、読まずに出てしまい、店の前で向かいの林など眺めながら30分、立ってました(笑)

でもさすが。林の中でも行列できる店だけのことはありました。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/05/10(土) 07:53:25

>ぱんださん

 でしょう。美味しいですよね。
流行の創作系のラーメンではなく、伝統的な
中華そばでありながら、現代でも通用する逸品ですね。
本物はいつの時代でも評価される良い例だと思います。

 思い出したら、食べたくなりましたよ。^^












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/339-1f2d8685
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。