スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

再生した芹で芹蕎麦です

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 お正月の雑煮にを5束ほど使いましたが、その際にの部分を捨てないで水に浸けて活けておきました。すると強い生命力ですぐに新しい芽が出て、葉がすくすく伸びてきます。途中、何回か浄水器を通した水で換水しましたが、肥料はまったく与えておりません。

 

 


 左は約10日目、約15cmになりました。右は17日目の様子です。最も長い葉は30cmに達しています。
seri3.jpgserisoba1.jpg
 施肥をしないでもここまで育つのですから、液肥を与えればもっと成長が速まり、茎も太くなるのでしょうね。幾分、香りも穏やかなマイルドな芹に仕上がりそうです。

 

 


 それでは、今日はこれを使って芹蕎麦を作ってお昼にします。材料は以下の通りです。
serisoba3.jpg

 蕎麦は従兄弟が仙台駅前で蕎麦屋をやってますので、時々、生麺を頂きます。そばつゆは市販の液状のものも使いますが、昆布とパックの出汁の素で補強します。

 

 


 油揚げはカリッと焙って刻みにします。甘く煮付けたお揚げはどうも苦手で。
serisoba4.jpgserisoba5.jpg
 
この油揚げ迫力がありますよね。青木豆腐店(商店)の手揚げです。青木商店は宮城県柴田町船岡の豆腐屋さんですが、ここの豆腐を一度食べたら他のが霞んでしまいますよ。大豆の味が全面に出て、豆腐が豆から出来ていることを実感できます。特に青ばた豆腐はすごい。今度、詳しくご紹介します。

 

 


 きざみ芹蕎麦の完成です。柚子の香りを添えていただきます。
serisoba6.jpg


 三つ葉や芹の根は捨ててしまいがちですが、室内の窓際に活けておけば律儀にも、もう一度楽しみを与えてくれます。一粒で二度美味しい世代だけではなく、現代はエコ時代ですので、手軽に出来るリユースを是非やってみて下さい。

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/345-a6973fdf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。