スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

きそばたかみのせいろ(二日町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

  このお店は正直あまり知られてほしくないお店の一つです。理由は簡単、そばがめっぽううまいが、店が狭い。夏場の昼時には4つのテーブルが全て塞がります。

 

  初めてこの店を訪れたのは、知り合いが美味いと賞賛するラーメンが目当てでした。確かにラーメンはいわゆるおそば屋さんのラーメンで美味しかったのですが、隣のお客が手繰っていた二八の細切りが実に美味しそうでした。気になってその翌日に再訪問して驚きました。うどんや丼物、カレーライスまである何でも食堂風のそば屋でこんな美味しい手打ちそばが食べられるなんて。
 



 二日町パラディソ向かいの小さなそば屋たかみです。お店の外観からは、あの秀逸なそばを想像できません(失礼)。^^
takami1.jpg
  今日は寒さも厳しく正直、ラーメンで温まりたいなと弱気だったのですが、このお店を始めて記事にするのにそばを抜きには考えられません。暖簾を潜ると夏と違ってお客もまばら。でも、みんな手打ちのせいろや鴨せいろを食べていますよ。そうか、この時期に冷たいそばを食べに来る客は本当のそば好きなんだ。ラーメンを注文して危うくKYになるところでした。

 



 さっそく、手打ちせいろ(740円)を注文しました。出前もやっているので少し時間がかかります。
takami2.jpgtamami6.jpg
 テーブルに着くとすかさず、熱いそば茶が出されます。ありがたいことに、オーダーが入ってから本山葵をおろしてくれています。

 

 

 

 北海道、山形、宮城の厳選されたそば粉で毎日打っている二八はやや細めながら、強いコシがあります。
takami4.jpg
 そばの硬さが自分好み、つゆも甘さが適度でくどくありません。おろし立ての山葵も鼻に抜けます。せいろ各種は全て手打ちですが、その他のそばは機械打ちとのことです。本山葵はせいろに付きます。

 

 

 


 そば湯が出されるタイミングがピッタリ。よく観察されているんですね。
takami5.jpg
 そば湯も白濁してトロトロ。冷えた体が最後に一気に温まります。

 

 


 このたかみは、1965(昭和40)年6月の創業ということですから、43年間も現在の場所で美味しいそばを打ってきたんですね。気取らない巷の蕎麦屋さんでカレーライスもありますが、手打ちせいろの美味さはそば通を唸らせます。仙台の美味しいそば店のPRと県産そば粉の地産地消を図るために、2006(平成18)年に結成された伊達なそば喬友会(きょうゆうかい)にも加盟しているお店なのです。



 きそば たかみ


  • 所在地  :仙台市青葉区二日町10-25
  • 電話        : 022-222-4359
  • 営業時間 :(平日) 11:30~20:00 (土)11:30~19:00 (祝)11:30~17:00
  • 定休日    :日曜(祝日も休みの場合あり)
  • 駐車場    : なし



         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/353-278a42c1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。