スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

干物をとことん楽しみます

カテゴリー: 料理:水産加工品

 昨日、女川のマリンパルサンマの干物(丸干し・みりん干し)とメヒカリの一夜干しを買ってきました(前記事)。さっそく焼いてご飯で食べると小躍りしたくなるくらいの美味しさでした。特にサンマのみりん干しは従来のお菓子のように甘い飴で煮詰めたような物と違い、ふっくらジューシーで甘さほんのりの絶品でした。ご飯との相性は当然、ピッタリ。そこで、ご飯と組み合わせて何かしてみようと思い立ち、あれこれ試してみました。

 


 マリンパル女川で買ってきた干物あれこれ。
himonosusi2.jpg

 上からメヒカリ(アオメエソ)、サンマ丸干しと件のサンマみりん干しです。

 

 

 サンマのみりん干しはふっくら焼いて箱寿司に、丸干しは焼いた後、背骨や小骨を丁寧取り除いて巻き寿司にします。
himonosusi4.jpghimonosusi3.jpg

 みりん干しは焼きすぎると硬くなるので要注意。こまめに焼き色を観察します。丸干しは焼いた後に、腹側から開いて、骨と鰭を全て取り除き、元のように合わせておきます。なお、みりん干しには芥子、丸干しには山葵を使いました。

 

 


 サンマ干物寿司の完成です。
himonosusi5.jpg

 丸干しの片方は裏巻きにして、白胡麻をふりました。

 

 


 サンマみりん干しの箱寿司です。
himonosusi6.jpg
 
艶やかで鰻か穴子の蒲焼きのようにも見えますね。サンマの塩焼きの美味しさと蒲焼きの甘辛さが同時に味わえる欲張り箱寿司になりました。


 

 

 サンマ丸干しの海苔巻きです。
himonosusi7.jpg
 
これは予想的中の美味しさです。サンマの塩焼きと開き干しのちょうど中間の美味しさを持つ丸干しはご飯に合わないはずがありません。それらがスナック感覚で手軽に楽しめる一品になりました。酒席の場合はおしのぎ替わりになるのではないでしょうか。


 

 

 同じくサンマの丸干しの裏巻きです。
himonosusi8.jpg
 
まぁこれは、彩りを添える役目ですね。海苔の代わりに薄焼き玉子でも味わいが変わって良いかも知れません。サンマの脂と焦げの香ばしさが意外と酢飯と合うんですよ。

 

 

 

 メヒカリは思いつかず、さっと空揚げにしました。
himonosusi10.jpghimonosusi11.jpg
 水揚げしたてのメヒカリなら、三枚に下ろしてにぎり寿司が美味しいのですが、干物では当然無理。空揚げの熱々をホコホコ食べるのが一番です。干物だけに絶妙な塩味が全体に回り、最高の酒肴です。


 

 

 サンマのみりん干しも丸干しもご飯との相性が最高で、これは外せない組み合わせです。でも、お茶碗でご飯を食べながら干物を食べると、これは食事になります。飲兵衛としては、夜はどうしても飲みたいのですが、この組み合わせも楽しみたいという欲張った発想から酒肴となる干物飯を考えてみました。ご飯は飲むなら食うな、食うなら飲むなが自分の中の原則なんですが、この掟を破ってしまうことになりました。^^

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ 

 

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2008/03/03(月) 08:59:24

★サンマみりん干しの箱寿司,美味しそうですねエー
女川の名物にしたいくらいですね!
生でいただける季節は秋刀魚鮨、それ以外はみりん干し箱鮨
女川のみなさんどうでしょう!?
それにしてもさすが師匠
< ご飯は飲むなら食うな、食うなら飲むなが自分の中の原則なんですが‥> 私も見習わなくてはなりません‥。
じゃあ、ご飯食べないから‥ もう一杯!ってな調子ですもんね。

jun

URL | [ 編集 ] 2008/03/03(月) 09:42:37

すごいですね。
自分でこんなに作られるんですか。
このブログを読んで見つけた「みのむし」に先日行ってきました。結構会社の近くでしたので。
料理は全て美味しく頂きました。ただ、値段も、、、でしたね。
でも東京からきたお客さんとかを連れて行けるお見せが出来て良かったです。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/03/03(月) 21:45:58

 >びーえむあいさん おばんです。

 はい、美味しかったです。でも、あのみりん干しじゃないと駄目です。
もしかしたら、新鮮なサンマを買って、開き干しにしてからサッと味醂を
塗って焼いた物の方が美味しいかも知れません。

 箱寿司は無限の可能性がありますね。ご飯に合う物だったら何でも
(水分の多い物はちょっと・・・)いけますよ。食材が豊富な宮城だったら
すぐに100種類はできるでしょう。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/03/03(月) 22:00:35

 >junさん 初めまして?

 料理は独学ですが、好きだと知らないうちにそこそこ出来るようになります。
しかも創造性が楽しめ、視覚だけではなく味覚という感性に訴えるアートと
言えるでしょう。しかも、食べてしまえば、画像でしか残らない儚さも良いですね。


 みのむしは私も特別な日に、特別な人しか案内しません。リーズナブルな
晩酌セットもあるのですが、小銭を貯めて、本当に魚がわかる方を案内
するためのお店として使っています。美味しい魚を食べさせるお店は他にも
たくさんあるのですが、あの食環境は簡単には作れません。

 要するに持て成し用に使いたいお店で日常使いしたくないのです。こんな
こと書くと、お店には迷惑かも知れませんが・・・

ぴぐ

URL | [ 編集 ] 2008/03/04(火) 00:11:41

昔?よく食卓にありましたよ。焼きすぎは、禁物ですよね(^^)
田芋は、すぐにとけてしまうんですよ(+_+)
サエモンさんの食事は、仙台だぁ!と懐かしいです。南の島に帰り、すばを早速食べました。イラブチャーのお刺身も。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/03/04(火) 06:18:42

  >ぴぐさん おはようございます。

 そうですか、田芋は駄目ですか。
イラブチャーは初めて食べる時に若干抵抗がありました。
何せあの色ですからね。ツノマンやミーバイはすんなり頂けました。
アバサーの鍋も美味しかったなぁ。

つーとん

URL | [ 編集 ] 2008/06/22(日) 00:01:09

はじめまして。
塩釜の飲食店で検索したらこちらにワープしました!
興味深深でいろいろ拝見しましたが、ほんとにスゴイですね!
ご自分でも、美味しそうなお料理つくっちゃうんだから!
またお邪魔します(^・^)♪

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/06/22(日) 06:40:59

  >つーとんさん 初めまして。

 いやいや、単なる下手の横好きですよ。(^^;)
食いしん坊が高じると誰でもこんな感じになるんでしょう。

 塩竈にも美味しいお店は結構ありますね。隠れた名店を
探すのは楽しみです。今後とも、ご閲覧お願いいたします。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/381-7ea1d57f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。