fc2ブログ

さよならラーメン国技場(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:ラーメン

 昨日でラーメン国技場が幕を下ろしました。2003年9月の幕開けにはかなりの人が押し寄せ、昼休みの時間内に食べて帰ってくることが困難なほどでした。そのため、ほとぼりが冷めるのを待って出掛けたものです。多い時には1日で1000人以上の入場者数を記録したそうですよ。

 

 


 2008年2月29日に閉店となった国分町の「ラーメン国技場仙台場所」です。
haji1.jpghaji2.jpg

 今年6月には、小さな居酒屋が並ぶ横丁風の複合施設に生まれ変わるそうです。そんなに利用していた方ではなっかのですが、いざなくなるとなると寂しいものです。

 

 

 

 7店舗が入っていますが、ばらさかはもう既に店を閉めていました。 
haji9.jpghaji8.jpg
 
どの店もほぼ満席になるくらい混んでいたのですが、12時半を過ぎると場内は閑散としていました。

 

 


 さて、最後にどれを食べようか・・・。天童や喜多方はいつでも日帰りで食べに行けるし、豚骨系も仙台にはかなり増えてきたし。となると、今後しばらく食べることができなくなりそうな新潟の燕三条系ラーメンの元(はじめ)でしょう。

 

 


 燕三条系のらーめん元です。仙台でもう、このラーメンが食べられなくなるかと思うと、もっと食べておけば良かったと後悔の念が・・・。
haji3.jpg
 燕三条系ラーメンにつきましては、前回訪問した時の記事に解説しておりますので、こちらをご覧下さい。

 

 

 

 これが、燕三条系ラーメン(中華そば)650円です。オプションの半熟卵100円を乗せています。
haji5.jpg
 背脂、岩海苔、玉葱の粗微塵切りが個性を出しております。折角の卵と煮豚が沈んでしまいビジュアル的に今一ですね。

 

 


 この太麺も特徴の一つです。これに茹で野菜が乗ればかなり二郎っぽくなります。
haji7.jpg

 仙台には二郎のラーメンがありません。ジロリアンにも注目される凛系の卍も遠くてそうそう行けません。二郎インスパイアの花月の新太郎(期間限定)も似ているだけにかえって差が気になりました。そこで、この燕三条は私にとって二郎の代償ラーメンだったのです。豚少なめ野菜ナシナシ煮干し風味の二郎ってところでしょうか。

 

 


 やはり人口100万都市では、この施設を維持するのは厳しかったのでしょうか。それとも地元のリピーターが付かなかったのでしょうか。修学旅行の季節にはずいぶん学生で賑わっていたのですが・・・。そういえば、始め頃は新横浜のラー博のように食べ比べができるようなハーフサイズがなくて観光客は不便を感じていたようでしたね。

 

 いずれにしろ、6月には飲み屋の横丁風複合施設が出来上がるようです。東一連鎖街も再開発が進められ、屋台も排除の仙台市ですが、今度の施設が新名所となることを願って止みません。

 

 

 

 前回の訪問  2007年10月10日   中華そば

 

 

 

 らーめん 元(はじめ)  ※2008.2.29閉店


  • 所在地  :仙台市青葉区国分町2-7-5KYパークビル1F
           ラーメン国技場仙台場所内
  • 電話        :022-212-5338
  • 営業時間 :11:00~2:00 (日曜祝日~22:00)
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :あり(有料)

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト



前ページ | | 次ページ

おお

URL | [ 編集 ] 2008/03/02(日) 20:06:09

しまった!
ラーメン国技場が閉まるとは聞いていましたが、すっかり忘れておりました。
残念。
最近はカラダのことを考えて飲んだ後の〆にラーメンは食べないようにしているのですが、お客が来た時に話の種に連れていきました。
「ばさらか」でしたか、とんこつラーメンが好きでした。どんぶりも小さくて飲んだ後にはピッタリ。
「らーめん元」は新潟県人としては食べていきたかったところですが、どんぶりが大きく少し辛かったのを覚えています。
帰省すれば食べられますし。

今度国分町でおいしいラーメン屋さんを教えてください。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/03/02(日) 20:37:12

 >おおさん

 そうでしたね。おおさんは新潟ご出身。本場のラーメンが食べられて
羨ましいです。福来亭や杭州飯店のラーメンを食べてみたいものです。
となりの富山ブラックも惹かれますね。

 二郎のラーメンが食べられない東北では、貴重な存在だった元を
失うのは忍びないのですが、ご当地ラーメンとは本来そうあるべきで、
地元に行って食べるからこそ、感激も一塩なのでしょう。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/383-89a7e5b0