スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

春告げ食材 ふきのとうを頂きます

カテゴリー: 料理:山菜・筍・茸

 我が家の小さな庭で蕗の薹(ふきのとう)を見つけました。毎年、きちんと春の訪れを知らせてくれます。自分で植えたのではないのですが、家を建てた当時、頂いた茗荷の株に紛れ込んできたようです。庭のふきのとうが顔を出すようになると、その2週間後くらいに山のふきのとうが収穫時期を迎えますので、良い指標になるのです。

 


 庭の片隅に顔を出したふきのとう。春を告げる食材です。そう言えば、朝、今年初めてウグイスの鳴き声も聞きました。
hukitou1.jpg
 ふきのとうはフキの花蕾で、つぼみが開くと中から薹が立って花が咲きます。フキよりも苦みが強いのですが、待ち遠しい春の味覚です。この苦みが胃腸に良い作用をもたらすらしく、冬眠から覚めた熊はふきのとうを飽食するとのことです。冬眠中に鈍った胃腸に喝をいれるためか、それとも雪解け直後で他に食べる物がないのか、よくわかりせんが。

 

 


 大小併せて、10個ばかり採れました。初物ですので、ありがたく頂きましょう。
hukitou2.jpg

 山でたくさん採ってきた時は、ふきのとう味噌を作るのですが、今日はこの数ですから、何にしましょうか。

 

 


 さんざん考えて、やっぱり定番の天ぷらと味噌汁の薬味になりました。
hukitou3.jpg
 料理していてもキッチンに春の香りが立ちこめます。やはりこの香りを嗅がないと春の実感が湧きません。

 

 


 春の味覚 ふきのとうの天ぷらです。油で苦みも和らいで、食べやすくなります。これには天つゆや塩より醤油がよく合います。
hukitou5.jpg
 この爽やかな香りと苦み。毎年、これが楽しみなんです。天ぷらネタとして、自分の中でベスト3に入ります。まだ開いていない堅い蕾より、開きかけたものの方がカリッと揚がって美味しいですよ。丸いものは上から切れ目を入れて揚げましょう。

 

 


 続いて、海の春告げ食材フノリと豆腐の味噌汁にふきのとうの細々を散らしました。
hukitou4.jpg

 普段の味噌汁が見(味)違えるように、春の逸品になりました。天ぷらを撮影している間に沸いてしまい、フノリが溶けかけたので、後から足しています。怪我の功名で、納豆汁のようなとろみが加わり、これはこれで美味しい味噌汁となりました。

 

 

 


 ふきのとうは近年、栽培物もあるようですが、基本的には早春の味覚です。これが一年中出回るようになったら、興醒めです。季節ごとに旬の食材が出回るのを楽しみにしながら暮らすのって、経済的にも環境的にも健康的に精神文化的にも良いことの方が多いと思うのですが、如何でしょう。

 

 


         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

orizururan

URL | [ 編集 ] 2008/03/12(水) 11:27:32

こんにちは サエモン様
『あっ☆もう ふきのとうを食べちゃってますね☆』早ーい☆
お庭にふきのとうが顔をだすなんて、なんてステキなのでしょう☆!!
ウチは田舎だからでしょか・・2月の中旬には顔を出していましたよ♪ もちろんUPしてあります♪
・・ところで ふきのとうの栽培モノが有るとは初耳でした。
やっぱり、おっしゃるように興ざめしてしまいそうです。・・

あ 海草の類の煮えて とろとろになったの ワリと好きです☆ えー気持ち悪い☆といわれる事もありますが、子供の離乳時期にそうして食べさせたせいか、子供も未だ トロトロの海草の類が好きですね☆ あはは(笑)

ぽん

URL | [ 編集 ] 2008/03/12(水) 19:07:39

市場にはかなり早い時季から栽培物の各種山菜が入荷します。

そのうち栽培物が年中出回るようになったらなんだか興ざめです(>_<)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/03/12(水) 20:04:27

 >orizururanさん こんばんは。

 2月の中旬にフキノトウが出るとは、ずいぶん早いですね。
特に今年の2月は寒かったですから。きっと、陽当たりがよい
所なんでしょうね。
このあと、山の秘密の場所にいって、バッケ味噌用のフキノトウを
採りに行きます。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/03/12(水) 20:09:21

 >ぽんさん ご無沙汰です。

 山菜も儲けるために露地栽培の旬を度外視した栽培がされています。
そのために、エネルギーも消費して。ここは消費者も少し自覚して、なるべく
本来の時期以外の食べ物を遠慮するような努力が必要ですね。

 サンマだって、8月に食べなくてもいい。真冬にイチゴを食べなくても大して
困らない。待てばいいのです。自給率以前の問題ですよね。

ぴぐ

URL | [ 編集 ] 2008/03/12(水) 23:06:32

先日、帰省した際にふきのとうの天ぷらを頂きましたが、まだ香りが・・・
母の手作りのバッケ味噌が春には届きます(^^)
フノリ・メカブは、我が家には定番でした!母の実家が宮城の小さな島でしたから。南の島は、日没が遅くなりましたよ!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/03/13(木) 05:33:31

  >ぴぐさん おはようございます。

 南の島には、フキは自生していなかったでしょうか?
そうだとしても、他に美味しいものがたくさんありますしね。
そうそう、東北より西になる地方は日没が遅いのですが、
その分、日の出も遅く朝はいつまでも暗かったイメージが
あります。

 ただ単に同じタイムゾーンの東の端と西の端による時間差
なんですけど、移動したばかりの時はかなり違和感がありますね。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/395-3d94f2ef
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。